おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

初体験 40℃超え〜(^^♪

 今年の夏はこれまでに経験した事が無い40℃超えの気温
他の地域では40℃超えの記録もかなり有りましたが私がまさか
体験するとは思いもよりませんでした
お隣の岐阜県多治見市は暑い事で有名ですがまさか まさかの
名古屋市での40℃超え人の体温を遥に超える気温です

DSC_1273-Fc_450


思い出せば今年の春先から 気温が異常に上昇して4月頃から
とても暑い日が有りました
まだ桜が満開で桜の撮影に出掛けた日は気温28℃にもなり悴んでいた
体が一気に伸びたように感じた日でもありました
桜の撮影にでて 一杯汗をかき短時間で切り上げて帰る事になりました
思えば夏の暑さへの序章であったかも知れません

桜の季節を過ぎて次は藤の花の時期です
今年も楽しみにしていましたが矢張り 季節の進み方が早くて
藤祭り開催の4月21日は既に満開状態で例年に比較すれば
随分早い開花であったと後から知りました
と言うのも4月21日頃は息子の件で多忙にしていた為藤祭り
最初の日に出掛けられませんでした

6日ばかり遅れてお目当ての会場へ行きましたが
既に最盛期が済んでいて 満開の綺麗な所は見る事が出来ません
暖かさにつられて2週間くらい早い開花 同時に最盛期
形の整った藤を探し出すのに苦労しました 地元の人も
例年になく早い開花に驚いた様子でした
最近はお城の藤も手入れが行き届かないのか?以前の様な
咲き方が有りません 


DSC_1058-Fc_450


藤が駄目なら次は花菖蒲・・・と思いお目当ての場所に電話したり
しましたが そんな頃には大分暑い日が多かったです
思い余り出掛けてみましたが まだ池には水も張ってしません
作業していた人に尋ねましたがどうも今年の花菖蒲は
余り良くないですよ〜と言う趣旨の事を言いますが素人の私には
良く判りません
暫く経過して私は花菖蒲の事を事務所に尋ねました

回答は 今年は余り咲いていません 良くないです との
回答でした
作業している人の言葉と一致していましたが これも気候の
精かなぁ〜と思いました 全体に花菖蒲の出来が良くないと
言う結論になりました 何だか何時もの年と変わってしまい
花菖蒲も綺麗な花を見れませんでした


DSC_1503-Fc_450


夏日が異常に早くから始まり何となく昔の様な春の季節に
寒暖の差が有り過ぎて困惑していた事も事実です
確かに昔の様に日本の四季がはっきりとしていた頃とは違います
春や秋の期間が短く早くから暑くなり 残暑も長い
それで又秋の期間が短くなると言う事になります
困るのは衣服の調整です
重ね着をしたり また何時までも薄手のコートが片付けられなくて
困った事もしばしばです

それで梅雨の時期となりましたが極端に雨が少なく恵みの雨は
何時降るかな?と思った事も有りますが これはこの地方だけの
事で 大雨が長引き水や土砂災害の出ている所もあり大災害と
なった多くの地区の人々には過酷な暮らしの始まりと
なってしまいました
日本は何故こんなに災害が多いのかと考えこむこともあります

然し世界に目を向ければ異常なほどの雨の降り方やスケールの大きな
火災も発生しています いずれも異常気象の精と思われます
地球の温暖化と言う事が原因らしいですが自然に対しては
人は無力な事も判ります
暑さの感覚も最近では35℃はかなり平気になりました
平成元年 物凄く暑いと思った日初めて35℃を経験しました

それ以後から日本各地で夏の暑い日の記録が塗り替えられています
お隣の多治見市の夏はさぞ暑かろうと思っていましたが
今年名古屋も初めて40.3℃の記録を出しました
アスファルトの道を歩くとき むんむんとした熱気が伝わり
ただ事ではない事を察します
40.3℃の前の日 この日も39℃以上有りました

暑くて暑くて・・・
振り込みが有り郵便局でATM使いました 所がこの日朝から
時々機器が止まり郵便局はバタバタしていたようです
私の振り込みは自動的に成立していましたが 次の手續が出来ず
職員さんを呼び確認作業をして貰いました
お釣りが出ません 朝から何となく不調が有ったようです
ATMは大変便利ですが一度不調になると何ともなりません

ATMは止まる 後の業務は人の手任せとなりますが仕方ないです
私はATMの中の釣銭を残したまま家に帰る事になりました
業務終了後ATMの中を確認してからでないと 釣銭は渡してて貰えません
朝から稼働しているATM 暑さの精でストライキを起こしたのかな?
そんな事も思いました
万が一無人のATMだったら途方に暮れてしまいます


DSC_1348-450


お釣りが出てこず翌日郵便局へ受け取りに出掛けました
その日が名古屋40.3℃の日です 地下鉄から地上に出た時の熱気は
これまでに味わった事が無い異様な熱さでした
周りを見回しましたが人っ子一人歩いていませんそれも一番暑い
二時頃を避け午後4時に自宅をでました
それでも暑くて!!

郵便局には職員だけがいてお客は皆無でした
この暑さででは!!
翌日が土曜日で事務はお休みそれで金曜日の業務終了近くに行きました
街が死んだように静かですまだ午後5時前 暑いですが買い物を
しなくてはならず考えて地下街へ入る事にしました
誰もが暑い所を避けて地下街です
あぁ〜40℃超えは辛いなぁ〜と感じた一日でした


DSC_2351-c-450


暑さの精と言えば私も失敗をしていました
確りと金額のボタンを押して振り込みをしたつもりで居ましたが
振込先の銀行から電話が掛かり 先日の振り込みで1円が不足しています
早急にお振込みを願います と言う内容の電話でした
私としたことがこんなミスをしていて 恥ずかしく思いましたが
結果が出ているので私のミスです
それで本当の話 一円の為に 態々再度 一円を振り込みました
お笑い草にしかなりませんが 一円の振り込みに手数料が200円以上

人様にはこのミスについては恥ずかしいので誰にも話していませんが
やはり自分のこの夏の初めての経験としてこのブログに書き込む事に
決心をしました 年は取りたくないですが已むを得ない出来事でした
暑さと ATMの不調で戸惑ったことと自分のミスで 一円を
振り込んだ事 これは忘れられない出来事となっています
まだ書き込みたいことが有りますが 次の更新にしたいと思います
他愛もない独り言ですが 酷暑の夏も終わろうとしていますので
健康に気を付けて暮らしたいと思います


469b0de8[1]


Recovered_JPEG Digital Camera_20472-50




最近の出来事〜(^^♪

 このブログの他に私が参加している 写真共有サイトがあります
いぜんはこのライブドアーでも写真投稿サイトが有りましたが
諸般の事情から閉鎖してしまいました
ライブドアーピクスと言うサイトでしすが最初に投稿しだしたのが
ライブドアーピクスでした
閉鎖されたので今参加している フォト蔵 へ移動しました
大勢の会員が参加中で私は2007年頃から投稿をしていました
今年7月7日にフォト蔵で ピックアップ を頂きました
ピックアップは私にはとても遠くて厚い壁に思えて居ました
今回幸運にも ピックアップして頂き 素直に嬉しく思っています
↓↓↓ の画像がピックアップして頂いた私の画像 女郎花です


DSC_0903-Fc_450



ピックアップ頂いて 友達リンクしている方から おめでとうの
コメントを頂き大変ありがたく感じておりました
色々個人的な事情もあってこれまでに お休みをした事も何度か
ありました そんなお休み状態でも 或るお友達は殆ど毎日私のコーナーを
訪問して下さいました お友達は有難い存在です
殆んどの人が本名を名乗らず HNですがそれでも頂くコメントを
拝見する時 お人柄が判って来ます

これまで趣味らしい事殆どしていませんでしたが このカメラに嵌り
外出の時はどんなカメラでも持ち歩くようになりました
上手くなりたい気持ちは有りましたが 初歩的な所で壁にぶつかり
悩んでしまう事随分有りました
でも何事も 継続は力 とも言いますので 進歩は叶わなくても
続けてみようと思いながらの日々でした
📷撮影を私より遥に遅い年齢で開始された方も有り
個人的な感想ですが随分励みになり心強く思ったことも有りました

趣味の事は年齢に制限がある訳でもなく 始めた日からコツコツ
努力を重ねれば自然に様になって行く様にも思えました
兎に角 始めた日が 吉日と思えば良いと考えます
上記の写真共有サイトに私が投稿を続けて居る事は何方にも
話していません 言うなれば自分一人だけの楽しみ方です
Pcさえ有れば自分の好きな時間に何時でも投稿できる自由さが有ります

息子達も私が日々何をしているのか詳細は知りません
ブログ開設していることぐらいは知っていると思いますが幾ら
家族と言っても 読んで欲しいとか 写真見て欲しい と言う趣旨の
発言はしたことが無いです
関心があれば言われなくても見る筈です

そして私も息子たちのPcに関わる事を聞いたことも有りませんし
関わろうともしていません


DSC_0792-Fc_450


そして最近の最も嬉しい事として
長男が2月15日にテキサス州で交通事故に遭い日本に帰国してリハビリの
生活を続けて居ましたが7月下旬に赴任地へ戻る事となりました
親として事故の模様を知らされて以来眠れない日が何日も有りました
大変心配もしましたが漸くの事で職場復帰が出来る見通しとなり
何より喜ばしい事と感じております

数えてみれば2月中旬から5ケ月にも及ぶ欠勤は普通の事故であれば
殆ど不可能な時間です
その間企業の全面的な支援の元に再起をかけてリハビリに賭ける
日々が続いていたのです 毎日がスパルタ式のリハビリで体が
空く時間は限られていました 会いに出かけてもリハビリに出掛けていて
短時間だけの面会になった事もしばしばです
5月下旬にリハビリ専門病院を退院して日常生活に慣れ乍ら通院
かなりの努力を重ねていた模様です


DSC_0795-Fc_450


新盆の時期に先祖の供養のお経をあげて貰う事になっています
今年は交通事故で帰国中であった為お経に会って赴任地へ戻る事に
した模様です
赴任地へは企業の社員が夏休みを終えて戻る同じ航空機で一緒に
戻る予定と伝えてくれました スーツケースは持たずに帰国して
いる為 今回新調して荷物を整え職場へ戻ります
未だに杖を使わずには歩けない状況らしいのですが大腿骨の骨折
それに伴う外科手術もあり已むを得ません

知り合いの人が時々息子の状況を尋ねてくださいます
以前にバイクで事故に遭い同じく大腿骨骨折をした人の話をして
くれます 自宅の宅配の係りの人ですがバイクで事故に遭った人の
治り具合が良くない事を伝えました
息子の現状は色々推察すればまだ 良好な方向と思わなくては
なりません バイクで事故の人は事故後2年以上かかり漸く
びっこを引かず歩くようになったと
 息子さんはまだ回復が早い分ですよ〜と言いました

DSC_0798-FC_450



息子さんの回復は未だ早い方〜と言われ多少は気が休まったです
怪我をした脚に力が無くて十分歩けない状態から早く脱出して欲しいです
事故後気を失う程の痛さも経験した頃の事は本人しか判りません
大変な経験をした訳ですが全て運が良い方向であった為 生かされました
後僅かで赴任地へ戻りますが15日 先祖供養の読経に会う為寺院へ
一緒に出掛けました
乗用車の運転は可能になり私を迎えに来てくれました

以前は黒い色の乗用車に乗って居ましたがこの度心機一転
留守宅に置く車を買い替えて居ました
話が行ったり来たりしますが息子はまだ杖を手放しては歩けません
骨折した左手の指は大方真っ直ぐになっていますが 握力が無く
杖を持つ手に力が入らないようです
乗用車は勤務地へ戻れば企業指定の物が支給されると思います
勤務に付けば単身赴任の為自分で食料は調達しなくてはなりません

広いテキサス州 やはり乗用車無しの生活は成り立ちませんが
もう二度と事故に遭わないで欲しいと願うのは家族全員同じです
2018年 2月に発生した交通事故で4ケ月の間日本に帰国して
リハビリ生活に専念しました
このリハビリのお陰で何とか全治に向かって進みだした気がします
きめ細かな指導と本人の努力も有りますがこれは日本の良さです
まだ何度かリハビリの病院へ通院する事になっていますが
今後の可能性に賭けたいと思いました

DSC_0864-Fc_450


事故から身を護られて生きている自分の事について 最近では
遠いご先祖に思いを馳せる言葉を口に出すようになりました
目に見えない所できっと自分を護って下さったで有ろう ご先祖に
感謝の気持ちを十分持っている様に見受けました
私の妹や弟達 夫々息子を何度か見舞っていて呉れています
弟達の見解は記録写真を見て 良く生きていてくれた
と言う感想ばかりです

妹や弟達も命が有った事を大変喜んでくれています
入れ替わり血のつながりの有るものが見舞う事で元気付けられ
回復の原動力になったとも思っています
目に見えないご先祖とのつながり 叔父や叔母の存在は時代が
過ぎても変わらない事柄です
後は職場復帰して クリスマス休暇に自力で日本へ帰れるかが
問題です

DSC_0884-Fc_450



春3月 桜の季節に帰国してはいても 先の見えないリハビリ暮らし
その為に桜を見る事も無く ちらり 病院の桜を見ただけと言います
テキサスでは桜は咲かないと聞いています
折角の日本の桜も今年は十分見る事は出来ませんでした
桜の季節花は季節が変わる毎に次々咲き出します
息子に会う為に豊田市内の病院へ良く通いました バスでは2区
歩いても20分程なのでバスの時間が合わない時は歩きました

豊田市内の道すがら季節を感じる花が道端に咲いています
そんな光景を時々は撮影しながら結構楽しみました
撮影に出る時間が無い為の工夫です
気持ちには余裕が無くて 只管息子に会う為の歩きでした
もう今は豊田市内のあの道を歩くことは無くなりましたが私の
今年の出来事と思い出として心に残ります
私は事故の記録写真を見て以来 何日も眠れない夜が有りました

夢の中では全く 誰 と言う事が判らないまま私が懸命に
話しかけて居ましたが誰も口を利いて呉れません
夢枕に出て来たのは誰だったのか?今でも判りませんが多分
ご先祖の誰かと思いたいです
この夢の件に付いては妹には話しました
妹は 確かにそれが目に見えないご先祖だろう と言います
本当に忘れられない一年になりそうです

DSC_1112-Fc_450


桜から桔梗の花へ それだけ長い時間を日本に居た訳です
日本の夏が暑い暑いと言いますが テキサスやメキシコも暑いそうです


469b0de8[1]


Recovered_JPEG Digital Camera_20472-50





書きたくないけれど・・・(^^♪

 最近このブログも更新が遅れに遅れています
この件に付いて書こうか書くまいか?と随分迷いましたが
やはり自分の思いを何処かに書き残すことも大切かなぁ〜と思い
些細な出来事でしたが思い切って書き込む事にしました




DSC_4244-Fc_450



この数年の間に以前の友達や知り合いの顔ぶれが少しずつ変わっています
それは何方にも言える事で環境が変われば人との関りも変わります
そんな中 途中でサークルに入ってきた人たちが有りました
サークルは女性の数が少なく男社会のイメージです
私は女性が増えてきたことで気分的に安心した面も有りました
発足以来女性は僅かに3名男女が半分ずつが理想的ですがこればかりは
思うに任せません

何のサークルか?と言えば写真教室の集まりです
これまでに亡くなった方は別として自分から辞めて行った人は有りません
毎月一度の撮影会 一度の研究会 皆さんに会えるのは月2度です
かなりの年齢になってサークルの皆さんと足並みをそろえる事は
体力的な問題もあり誰でもOKとは行きません
幸い体のどこも痛くない為同じように参加が可能です


DSC_4261-Fc-450



勿論自分の趣味として始めたカメラなので出来る限りの事は
して行きたいと思っています
或るベテラン会員さんの話では シャッターは出来る限り沢山切り
カメラに慣れる事が大切 と教えて呉れました
自分なりの画像しか出来上がりませんが趣味が何もないより
多少生き甲斐が出来てきます
そんな中 仲良くしてね!! 仲良くしてね!!と寄ってきた
女性が有りました

何時もお洒落にしていて年齢には見えない元気さです
彼女が身に着けていたネックレス 赤いペンダントトップの玉が
可愛かったので私は 褒めました 随分褒めました
すると お気に入りでしたらお作りしますよ〜と 言う返事です
最初から材料費込みで ¥*.***ですと告げました
それ程高い事も無いので作って貰う事にしました
彼女のネックレスのペントップは赤い球が20舒幣紊詫りました
見た眼とても可愛いネックレスでした


DSC_0518-Fc_450



趣味でアクセサリー作りをしていると言う彼女の娘さん
どんな感じに作って貰えるのかとても楽しみになりました
作家が作るオリジナルの蜻蛉玉は確かに高いし風合いも良いです
その作家さんの事を思えば安くて手っ取り早いアクセサリーです
日常に使うので貴金属でなくても一寸したアクセントになれば
それで良いと考えています
そんな気安さからお願いをした訳です

お気に入りでしたらお作りますよ〜と言う言葉に反応した私
その様に言われたから作って貰う事にしたまでです
高価で見栄えのするものは世の中に幾らでも有りますが一つずつ
手作りと言う事に魅力を感じた事は否めません
それはそれで良いのですが
実際に出来上がり手渡されるときに実物を見て大変驚きました
彼女が付けていた物と比較すればペンダントトップの玉が
半分くらいの大きさでしか有りません

材料費が高騰したので値段が高くなりました・・・と言います
材料費が高くなり彼女と同じ大きさのペンダントトップで有れば
私は納得したでしょうがそれが違いました
平気でその小さなペンダントトップのネックレスを差し出し
高くなった値段を平気で言いだしました
当初聞いていた値段より ¥1000も高く請求します
まぁ 請求されればその通り支払うべきと思い支払いました



DSC_0556_Fc_450



友達として付き合っていたつもりでしたが何となくこの事で
嫌な気分になりました
最初に提示する値段として 自分の手数料も込みで提示すれば
それ程値段を高くする必要も有りません
仲良くしてね〜と繰り返した言葉は何であったのかなぁ〜
僅か¥1000と言えどもビジネスでない限り取るべきでは無いと
思うのだけれど・・・
目先の現金がちらつき先が見通せない彼女

貧相なネックレスを受け取った私はその時はあまり
感じませんでしたが日が経つにつれて怒れて来ました
怒れて来た時点で私は次第に彼女への言葉が少なくなり
距離を置くようになりました
頻繁に掛かってきていた電話にも出なくなりました
メールも出しません
良い年をして 仲良くしてね〜の言葉は稚拙です
いい年をしているなら 宜しくお願いします では??


DSC_0563-Fc_450



カメラ教室の誼から親切に撮影に誘って下さる方も有りました
3人が一度に無料で入場できるチケットを持っている人からの
お誘いです もう一人入場出来るので彼女を誘いました それは
チケットの持ち主と相談の上誘ったのです
約束の日の時間に彼女は突然もう一人の人を連れてきました
それは彼女の判断だけで連れて来たのですが一人分は入場料が
必要となります 何故チケットの持ち主の了解を得なかったのか?
今もって不可解な彼女の行動でした 自分の思い通りにしたい人

チケットの持ち主は乗用車で名古屋まで迎えに来て下さいました
そんな風な事が幾度となく有りその度にもう一人の人も一緒です
撮影のためのカメラの設定やら色々教えても頂きました
愛知・岐阜・三重と一緒に撮影に出掛けました しかし有る頃から
彼女はもう一人の人と誘い合って季節ごとに色々と撮影に出掛け
研究会では同じ場所での撮影作品が出てきて??となりました
自分が人様から受けた親切な行為については知らんふり
自分たちの方面にも撮影に来ませんか?等一度も言いません

撮影に関してはお互いさまで 受けた恩は何かの形である程度は
お返しするのが普通の事かと思いますが全く意に関せずです
チケットの持ち主も余りの自分勝手に相当 お冠です
人の親切を 当たり前と考える生き方には大いに批判的な
心情を私にポツリと話してくれました
皆 大人の対応で表立っては何も発言しませんが 思い切り
人柄を観察した様で今後は 関わらない とも言います
嫌な感じですね〜



DSC_0069-Fc-450



私との会話が途絶えた事で彼女は所属の会のトップに当たる人に
sumikoさんのご機嫌が悪いので・・・と注進!!
何故自分のしたことを棚に上げてそんな事を会のトップに話すのか?
不思議で仕方有りませんでした
今年になって色々トップと話した結果 私が不機嫌な事が漸く
理由が判り納得なさいました 漸く話が繋がったようです
お互い行動や発言には注意する様にと結論付けました 
彼女の事は他からも不評が届いている事
私に話してくださいました

その様にして世の中を泳ぎ 良い顔ばかりしてその実 本音は
何も心が籠っていない そんな人から 仲良くしてね〜と
言われても仲良くする筈が有りません
会のトップからは sumikoさん 彼女の生き方が間違っている事
  教えて上げて下さい と言われましたが私にはそんな親切も
  根気も有りませんので 距離を置き付き合います と
  言いました 
僅か1000円の金額の事で心が狭いと言われそうですが それは
友達としての良心が無いので 気持ちを閉ざします

親しき中にも礼儀 と言う言葉が有りますが 友達として長く
付き合いたいと思うなら制作料は利益なしの覚悟でなければ
先の見通しは明るく有りません
娘さんが将来アクセサリー作家として暮らすためには
受け取った人が喜んで付けて呉れる事が望ましいです
私は意に反したことをされたので 一度は付けましたが
それ以来全く身に着けて居ません
約束をしても二度三度と破られて待ちぼうけ・・・

過去の金銭無しの事柄でも意外にルーズな面がある様です
教室の人達もそろそろ彼女の本性が見えてきても良さそうです
全く無言でやり過ごすことは有りません
おはようございますとか こんにちは〜 の挨拶はしています
先ほどから もう一人の人と 書き込んで居ますがそれは
サークルの男性会員です
彼は妻帯者ですが大抵の人は彼と夫婦と思い込んで居ます
あの人たち 夫婦別姓なの?と私に聞いた人も有ります


DSC_0185-Fc-450


一息入れて季節の花をご覧ください ↑ ↓

DSC_0204-Fc-450




人生は色々 生き方も色々 人様から疑問を持たれる様な
生き方は如何なものかと思いますが これも人 夫々の考えです
以上の文言をブログに書き込もうか?どうしよう?と迷いました
何も書き残さなかったら 何もかも記憶の彼方へ押しやられます
嫌な思いをしましたが 私は些細な金銭の事で人の品性の欠片の
粗末さを垣間見た様に思い 貴重な人生勉強をしました

469b0de8[1]


Recovered_JPEG Digital Camera_20472-50




最近思ったこと〜(^_-)-☆

 最近の女性の体格が目覚ましく大きく立派になった事を感じます
これまで自分がそれ程背丈が低いとは思っていませんでしたが
最近は私より大きな女性が沢山いる事を感じます
恐らく170cmは有るかと思いますがとても大きく感じます
中高生も大方体格が良くなり大柄な子が多い時代です



DSC_9417-Fc_450












戦前戦後を通して今の時代は生活する環境が大きく変わりました
圧倒的に多かった畳と正座の生活足が痺れ様とそれを乗り越えるのが
日本人女性として当然の事の様に思われていました
私もそんな環境の中で育った一人です
食事の時 寛ぐとき 殆どが畳の部屋での事でしたから当然正座が
普通の事でした
膝を折り正座する文化は多分日本にしかない事と思います

考えてみればそんな中で生活すれば体の成長にも影響しかねないと
今から思えば思いつきます
私も世の中の生活スタイルが変化して行く中座敷で正座する事が
殆ど無くなり椅子に腰かける暮らしが多くなっている事に
気が付きました
正座するより遥に苦痛が有りませんので快適です

昔の女性は立ち上がる時も自然に立ち上がっていたようですが
これは日頃の立ったり座ったりの繰り返しで筋力が
強かったのかなぁ〜と思ったりしています
今では私も頑張って正座しても30分が限度の時間に思えます
落ち着いて縫物をしたりすれば殆ど終日正座しっぱなしです
昔出来たた事が今は出来ないです

正座と言えば最近ではお茶会での正座が目一杯ですね〜
私が右膝の骨折で一時不調であったことも有りお茶会へも
行かなくなりました
右膝の骨折で全く正座が出来なかったのですが2年以上かかり
漸く僅かな時間から正座が可能となったのです
色々有りますが今は殆ど正座も苦痛ではなくなり安堵しています




DSC_9315-Fc_450

今年の藤は駆け足で最盛期を迎えました ↑↑↑


DSC_9422-Fc_450

藤を撮影に出掛けた時は殆ど終わりかけて残念でした↑↑↑

DSC_9233-Fc_450




最近では茶道のお稽古に通う人もめっきり減ってきていると
聞いています華道も同じ傾向にある様です
形にとらわれる事 形式や格式を嫌う若い人も多い様です
私が育った時代はお茶 お花 裁縫 料理 は婚前のお稽古の主な事
これが一通り出来ないと恥を掻くと言う時代でもありました
今は?と言えばその様な修行みたいな事は殆どしていない様に感じます
自分で衣服を縫うと言う時代は終わったようです

社会人となって働き給料を得て自分の好みの物を幾らでも買える
時代となっているから自分で縫い上げる必要は無くなっています
職業としてファッションに携わる専門家は別として何でも出来る
女性でなくてもよい時代になってきています
女性の職業も細分化されて専門職が色濃く出されている時代です
そう言えば若い人たちの事ばかり言ってはいけませんね
私も最近では殆どが自分のサイズに合う既成の物を購入です

若い女性の体格が良くなったことを先ほどから書き込んで居ますが
10年ほど前に比べると女性の靴売り場では 26cm と言うサイズの
靴が陳列されているのを見かけます
靴のサイズも男性と変わりないほどのサイズの伸び方です
中学生のころから 24cmのサイズを購入していましたが当時は
大きなサイズと言われましたが今では普通のサイズでワイズも普通です
もう一つ婦人靴での変化はつま先が何センチもある厚底の靴の出現です

厚底の靴は殆どが若い女性で一寸だけ背丈が低い人が購入の様です
厚底の靴は確かに背丈が高くなり周りより一段と身長が高く見えます
でも一つ間違えば怪我をするのではないかと 見ていてはらはらします
脚を挫き捻挫でもしたら大変です要らぬお世話ですが止めた方が
懸命だと思いますが流行には勝てないようです
若いと言う事の特権でしょうね〜
以前はピンヒールを履いていましたが最近では殆どローヒールです



DSC_3618-Fc_450

今年も自宅の芍薬が咲きました

靴と言えば我が家は男児ばかり
二人ともかなり大きな靴のサイズです学生時代はスニーカーばかり
社会人となってからはそれなりの靴を買っているようです
次男は靴に関してはかなりお洒落な物を持っていますが長男は無関心です
婦人靴程ではないでしょうが紳士靴もそれなりの流行は有る様に感じます
健康は足元からとも言いますので靴は大切な体の一部 充分歩ける
靴選びも大切です

私の感覚としては余り値段が安い靴は買わない様にしたいと思っています
嫌になって直ぐ捨てる様なことはしたくないし充分歩きたいからです
購入時に多少は高いと思っても何年も愛用すれば愛着も湧きます
自分の体の一部なので苦痛の無い事が一番です
医師から一日5舛亙發ようにと進言されています私の健康寿命を
考えての言葉と思い 出来る限り歩くようにしています
中高年の健康度は足腰からとも言われていますので医師の言いつけは
守りたいです



DSC_3622-Fc_450

芍薬は咲き出して10年ほどになりますが毎年牡丹が先です

今年の新年度の自治会の有るあ集まりに参加をしました
聞こえてくるのは出席しなかった人たちの近況の噂話です
お歳もお歳ですからお一人で集まりに出てこれなくて当然です
お歳よりと言う年齢は95歳以上です
この冬に102歳までお一人で暮らしていらした女性が娘さんに
看取られ旅立たれてと言う事が判りました
102歳までお一人での暮らしは余程の気丈夫な方でなくては
出来ません

そこまで生きなくて もそこそこ元気に生きたいと感じました
その方は2〜3年前までは近所へ買い物にもお一人で出掛け
炊事もなさっていらしたとか
そう言えばご近所の女性と良く街中へ地下鉄で出掛けて
喫茶店巡りをしたりランチをしたりして楽しんでいらした事を
思い出しました
人生最後まで楽しんでこそ 人生なのですね


最後のフレーズ 人生最後まで楽しみたい これは
私自身の事でも有りますが今年2月15日)(テキサス州時間)午前
4:30分 長男は交通事故に遭遇し大腿部骨折 手の指骨折と
大変な事に出会ってしまいました
それで歩くことが出来なくなり今は回復段階と言う見解から
元に戻れるようにリハビリをしています
一歩間違えば私より先に逝ってしまう程の大事故その時点で
人生は無くなります

人生の終盤を自由な時間を持ち楽しむことも不可能となります
そんなことを思えば今現在はリハビリ生活で辛い思いをしていますが
何れは元の様に自力での歩行も可能です
夜間睡眠中に痛めた傷跡から
痛みが発生して眠れなくなると言います
多分毎日の厳しい訓練が実を結び回復できるものと信じています
まだ時間はかかりますが努力と忍耐の時です

この事故が原因で治療するために日本へ戻ってきていますが
彼がこの地に居る事で何時でも会いに行くことができ親としては
大きな安心材料です
この事を聞き事故の模様を知らされてから暫くは睡眠中に
夢をよく見て私が夢の中で男性らしい人に必死に話しかけて
居るのですが相手は全くの無言で す〜〜うっと 遠くへ
行ってしまいます

それが誰で有ったのか特定が出来ませんが確かに男性二人です
そんな夢を何度も見ました
息子に会い その顔を眺めては 生きていて呉れて良かった!!
と思います
私は最近精神的にも安定してきたのか夢は見なくなりました
息子も気持ちは前向きでリハビリを頑張っています
周りを見渡せば息子より遥に重い症状の人も必死にリハビリを
しています

若い女性で交通事故が原因とも聞いていますが義足で歩き
リハビリ頑張っています
言語に障害のある人も沢山います 症状に合わせてリハビリを
して回復することを目的とした専門の病院です
事故に遭った事は不運でしたが今はしっかりと休養とリハビリに
専念して企業に復帰して欲しいと願っています
九死に値する様な事を潜り抜けた生命 ご先祖に守られたことを
忘れない様に。。。



DSC_9201-Fc_450




469b0de8[1]


Recovered_JPEG Digital Camera_20472-50



一ヵ月以上経過して〜(@_@)

 新年1月2日に長男は中部国際空港を出発して勤務地へ
戻りました
新年になってこちらは益々寒さが増し辛い冬を過ごしています
年末クリスマス休暇を取って帰国していた息子です
帰国すれば何時も待っている会社の先輩後輩がいます
常に何処かに休暇の挨拶に出向き多忙でした



DSC_2795-c_450











休暇と言えども親や兄弟に逢う事は時間を遣り繰りしての
事になっています
新年には家族揃って会う事も出来ず私は年末に家族全員の顔合わせを
する様にしていました
それでも時間が不足しているのか僅か3時間ほどの時間しか
話す事が出来ません
次の予定が待っていて出掛けなくてはならないのです


でも何処からもお呼びが掛からない様な事では淋しいです
ミニ歓迎会みたいなことが息子の時間が許す限り有るのです
考えてみれば本人も家族も大変ですが今は我慢です
赴任してから満6年以上が過ぎました
自動車産業の一翼を担う企業であれば忙しい事は理解しています
長期赴任はこれで2度目になりますが1度目の時は妻も一緒でした
そこでも5年以上勤務して長女が誕生しています

若い時の苦労は体力もありそれ程気にはなりませんが
今は加齢して若い頃とは違います
長女の教育が有り一緒に連れて行くつもりでしたが
英語力の不足で高校からは受け入れが出されず止む無く日本に
残り日本人としての教育を受けて居ました
海外で誕生して幼稚園は現地の幼稚園に通っていたので
当座は聞く・話す特別不自由はしなかったと聞いています

4才6ケ月程で日本へ帰国した孫はとても綺麗な発音で私は
成る程 成る程と感慨深げにその様子を眺めて居ました
帰国して日本の幼稚園へ行く様になりましたが
息子夫婦は一ヵ月で英語をすっかり忘れて地元の方言を上手く
話す田舎の女の子になっていたと嘆きます
幼児の頃は大人が困難な英会話も見事に自分の物にしていますが
忘れる事も超一流の早さです

そんなことから息子夫婦の苦労が始まりました
カナダ人の英語教師を紹介され教えて頂く事にしてもう少し
言葉を思い出して欲しいと願っていたようです
事は思う様に行きませんね〜
完全な日本の子供になってしまって変な言葉の言い回しは
直ぐ覚えて親を落胆させます
何故カナダ人かと言えば赴任先がカナダに隣り合わせ

カナダの人と接する機会もかなり有ったように聞いています
買い物もカナダまで出かけたり色々です
当時は今の様に携帯電話も普及しておらず連絡はKDDの
国際電話に頼るしか有りませんでした
今回の赴任は家族を残して単身赴任なので私は不安が
有りました
食事の事から洗濯や買い物まで自分でしなくてはなりません



DSC_2690-450











お互いが単身赴任と留守家族で頑張った結果今年3月21日
大學の卒業式を迎える事が出来私はとても嬉しく思いました
それで日頃何もしてあげられなかった祖母として心ばかりの
お祝いの品を贈っておきました
4月からは社会人として一般企業で働きます
3月22日息子から お祝い届いた とお礼の電話が有りました
その時娘に変わる と言いましたが私は何故孫が電話に出る??
と不思議に思ったのです

?と思いながら孫とも話しました
お父さんに変わる と言って再度息子と話しました
それからが大変でした!!
実はねお母さん僕テキサスで交通事故に遭っていたんだと
淡々と話しますが何故孫が電話に出たり声が近いのかまだ
気が付かず不思議な気持ちでした
2月中旬テキサスの空港へ視察に来ていた企業の上司を送る
途中に反対車線から居眠り運転の乗用車にぶつけられ・・・



DSC_2748-1_450











現地時間午前4時30分と言いました
まだ夜明け ぶつかるまで身構えてどうにも避け様がなく衝突
周りには物凄い衝突音がしたと言います
周りの民家から住人達が出てきて事故の大きさに驚いたとか
誰かがレスキュー隊に連絡をしてくれレスキュー隊の人の助けで
運転席から救出されたと言います
身動き出来ず体には激痛が走り自分では何ともならなかったと
言いました

私は息子の赴任先の事については行った事も無いし全く判りません
車の運転席が日本と違い左側であること位しか理解をしていません
し若い頃赴任した頃から国際免許証は取得しています
なので普通にアメリカ国内では運転が出来る訳です
テキサスはアメリカ国内なので上司を空港へ送り届ける所でした
勤務先はメキシコ国内でメキシコでは運転を禁止されていて通勤には
現地人プロのドライバーが送迎に当たっています
息子には何の過失も無い出来事で大きな貰い事故となりました
レスキュー隊はどれ位の時間で来てくれたのか定かでは有りません

事故発生から片側3車線の道路は完全に封鎖して事故処理に
当たったと聞いています
息子は運転席で正面衝突の形で事故に遭っていますが40マイル程で
走行していたと言いました
直ぐに病院へ搬送されたそうですが暫くの間意識が途絶えて居たと
話しますがそれは衝突で負った怪我の精とも言います
男の子が痛くて痛くて何を言ったのか?何を喚いたのか不明


DSC_3001-c_450













3月24日次男が私を病院へ連れて行ってくれました
次男も私と同じく事故を知ったのは私と同じ日でした
2月中旬現地での出来事は留守家族には連絡が有ったそうですが
私と次男の所へは1ケ月以上経過してリハビリの為に
帰国してからの連絡でした
事故発生当時に知らせなかったのは高齢の親に心配を掛けたくない
と言う息子の配慮で有ったと理解しています

帰国しても自力で歩く事も出来ませんし階段の昇り降りも
出来ませんので仕方ありません
気を失った原因は 大腿骨骨折と衝突した時の打撲 手の指の
骨折等です
交通事故は日本も同じですが健康保険は適用されません
増して異国の医療制度は日本とは違い戸惑いもかなり有ったようです
何も知らずに居た訳ですが大変な事故に遭っていた事を知り気持ちは
揺れ動いてしまいました



DSC_2832-Fc_450












3月24日に帰国中の息子に会い事故の内容を本人から聞き出せ
また事故の記録がスマホに保存されていてその時の模様が詳細に
判りましたし跡形もない姿の事故車の記録も見せて貰いました
この状況で人は生きて居れたのか!?と言う程の酷さです
安全装置が全て働き奇跡的とも思える中で命が助かりました
激痛に耐えてまた慣れない環境の中で良く忍耐をして呉れたと
心から思いました

お母さん心配は要らないよ〜 手術は成功したし歩く為の
リハビリをするから と明るく言います
この子の強さは誰から授かったのだろう!!と感じました
健康な体を先祖から授かりそれに増して神仏のご加護が有ったと
思わずには居れません
安全装置は純日本製です
日本の技術が評価される場面でも有りました

若い子達は余り人にだけ与えられる霊魂については肯定的では
有りませんがこの事故を通して私は改めて霊魂の存在を
認めたい気持ちになりました
神様仏様 ご先祖様のご加護は確かに有ったと信じて居ます
一応現地テキサスで治療を受けて回復段階なので完全な
回復が出来る様にリハビリ専門の病院で治療しています
近所ではこの事はお隣の人には話しましたが他には
話していません

生きて帰国できた子を私の姉妹兄弟は見舞ってくれています
入れ替わり見舞いの人が絶えなくて息子も元気が出て来た様に
感じます
肉親が見舞う事は一番の見舞いかも知れません
時間を見ては私も見舞っています
赴任先に戻る時は自力で歩くことが出来る様になって元気に
仕事に戻って欲しいと思っています



DSC_3032-Fc_450











因みに居眠り運転の子は20歳
無保険でこれまでの事案から 運転はして行けない 人物として
ブラックリストに上がっている子だったようです
親の目を盗み親の車に乗り事故を起こしたのです
この子とは全く話もしなくて 氏名も判らないまま
息子とは無関係で事故処理が進んでいます
企業や警察・保険会社(企業の)は20歳の子の詳細は全て把握しています
ただ息子が個人的に係りたくないと考え相手の事を知ろうと
しなかっただけです
あの国は皆が豊かで良い暮らしをしている様に思いがちですが
事故を起こした様な人は他にも幾らも居ると聞きました

全て企業に支援をして頂き労災も適用されるようで後は
回復を待ちたいです
急激に足の筋力も低下して来ていますのでこれからが大変です
これからは助かった命を慈しみ謙虚な気持ちで働いて
欲しいと思います
息子から聞いた話で私は眠れない夜が度々となっていますが
が不摂生な人間の怖さを知った次第です

息子運転の乗用車は企業指定支給の日本車 日本車でなかったら
あちらへ行っていました



469b0de8[1]


Recovered_JPEG Digital Camera_20472-50


時は過ぎて・・・(^^♪

 先回のブログの更新は・何時だったっけ?
年も明けて一寸時間が経ったら友達の女性の風引きをもらい受け
暫くの間苦戦を強いられていました
それが1月中旬の事で 直ぐ治ると思い込んで居ました
世の中それ程甘くは有りません


DSC_7318-c_450











風邪引きが治りかけて安心したのも束の間で再度体調不良の日が
やって来ました
季節の変わり目の体の痛み?かなぁ〜?と思って居ましたがどうも様子が
変でしくしゃみが出る鼻水が出る 頭が痛い我慢が出来ないまでも
それは苦痛が伴いました
一度は医師の診察を受けようかなぁ〜と思いましたがクリニックへ行けば
インフルエンザの人が来る筈です
本物のインフルエンザになってしまったらそれこそ困ります
温かくして安静にすることで乗り切ろうと考えました
熱も38度位でしたのでインフルエンザではなさそうと思いました


風邪引き状態でぐずぐずしていても季節は確実に春へと向かっています
2月初旬節分を迎えた頃は寒さも厳しく本当に春が待ち遠しい気持ちでした
例年に比べ寒さが体に響きかねない状態に私も気持ちは春への心だけが
空回りでした
生きている限り毎日が全く好調な日ばかりとは限りません多少の下り坂は
有っても寝付くような事は無い為自然に時間をやり過ごしています
厳しい寒さと感じてはいましたが当地区では雪は降らず安堵しました
関東地方は情報でしか知りませんが大雪で大変なご苦労で有ったようです
寒さには勝てず終日ファンヒーターのお世話になる事も度々です
それだけの暖房で済めば有り難い事です



DSC_7346-c_450











最近は冬のコートも昔と違い水鳥の羽毛を使用して仕立てたとても
暖かく冬場の必須アイテムとなっているダウンコート
コートの値段も幅広くて一寸高目の物も出回っています
ウールが高級品とされていた時代は去りお手頃価格で購入できる
商品も溢れんばかりに売り出しています
ダウンコートを着始めた頃はクリーニング業者に頼んで居ました
当時はダウンコートは 特殊だから と言う理由で料金は高く驚いた
記憶が思い出されます
所が暫く経過して息子の話を聞き納得しました
息子家族はダウンコートの羽毛は 水鳥の物だから普通に自宅で
洗濯しても構わないと教えてくれました

最初は一寸怖い気もしましたが駄目もとで自分で洗濯してみる事に
なりました
その頃はシルク洗い洗剤を利用していましたがその後通販でウール
シルク等が洗える洗剤を発売しました
その洗剤はTvでデモンストレーションをして誰でも安全に自宅で
洗濯が可能な事を教えて居ました
クリーニングから戻ってきた物は何とも言えない石油の匂いに似た
匂いがして不快感が有りましょた
通販で見た洗剤はその後私も買い自宅で殆ど洗濯をしています
1000cc程で5000円以上の料金でしたがその量で随分長い事使えます


DSC_7395-c_450











シルクのストールやウールのショールどれもクリーニングに出せば
全て洗濯料金が付いて回ります
冬の女性のお洒落グッズマフラーやショール数えれば馬鹿になりません
長年の主婦の力の見せ所です
万能と言っても良い洗剤の出現でクリーニング料金は断然かからなくなり
私に取っては洗濯が楽しみです
息子の一言でダウンコートの羽毛は自分で洗えることを知り大変な
経済効果です
これからダウンコートの洗濯を始めますがお彼岸のお中日になっても
真冬並みの寒さなのでダウンコートを着ました

桜の開花宣言も有ったのに寒の戻りとは酷な事です
冷たい雨に打たれながら咲きかけの桜はどうなるのかしら?
真冬並みの寒さでは花見に出掛ける気も起りませんが気分は少しだけ
春本番に向かっているみたいです
今年も早咲きの桜 大寒桜が咲いています名古屋市内でも色んな所で
咲いていますが私のお薦めは 名古屋市政資料館の庭に咲く大寒桜です
日頃は閑散として庭も大寒桜が咲き出すと見物の人達で絶え間ないです
今年も待ちに待った大寒桜が咲きました
私は市政資料館で今年の桜の初撮りをしました
これで今年も花のシーズンが始まりますので忙しくても花を見る事が
楽しみです 



DSC_7374-450











2〜3年前にも桜の開花時期に真冬の様に寒い時が有りました
桜は咲いても実際にはまだまだ寒いのですね〜
染井吉野が満開になるころ堀川では名古屋友禅の友禅流しが
行われます
川の中での作業は冷たい水に晒されて厳しいでしょうね〜
桜の時期の事を思い出しました
友禅流しの頃ダウンコートを着て桜や友禅流しの撮影に出掛けました
思い返せば今年だけが寒かったわけではないのですね〜
そろそろ寒さや雨ともお別れをして心地よい春風に吹かれたいです
繰り返しになりますがこれから私の洗濯の季節です
ダウンコート表面は汚れて居なくても羽毛が排気ガスなどを吸い込んで
とても汚れています

どれ位汚いかと言えば・・・
水に洗剤を溶かし洗濯のダウンを入れ先ず空気を抜くために押します
ダウンを押しながら空気を抜くときに汚れが出てきます
全く空気が抜けたらそのまま5分ほど放置します
それで5分の間に汚れを出し切ります真水が灰色やもっと濃い色と
なって変化します
ダウンコートの中はそれ程に汚れているのですね
5分経過したら脱水しますが高速回転で約5秒で止め再度真水に
潜らせ濯ぎます
真水に潜らせたら又脱水 高速回転で5秒 それで洗濯もの取り出し
干します

随分水分を含んだままですが
その水分が洗濯ものの皺を伸ばす役割をしてくれます
アイロンは殆ど不要でしょう
こんな手順で毎年冬季に来ていた物を殆ど洗います
従ってクリーニングへの支払いは0円に等しいです
自宅で自分の物だけ洗えば他所の家庭の物と一緒では無い為それこそ
一番の安心です
洗い上りは匂いも無く実に快適です
一度は洗剤を購入で投資しなくてはなりませんが
それは安心安全への第一歩でしょう



DSC_7399-c_450











つまらない書き込みばかりしましたが
先回のブログ更新は 1月半ばの事で随分長い事さぼっていました
気には掛かって居ましたが唯時間だけが過ぎて行き無気力になった
私だけが居ました
さぼった事を体調不良に押し付けたはいけませんが実際にはなにも
したくない時を過ごしていたのです
節分が過ぎ愈々春
待っていたはずでしたがブログ更新には至らず自分自身が情けない
気持ちになっていました
山坂有り と言った所でしょうか?

更新が遅れ遅れの中でもブログへご訪問頂いて居り誠に
有り難うございます
何時も取り留めの無い事ばかりで代わり映え致しませんが細々でも何とか
更新をして行きたいと思っています
名古屋市政資料館の大寒桜を見て桜の撮影もしてみたくなりました
今回のブログの画像は全て資料館の大寒桜です
長雨が続き撮影した3月17日が最高に綺麗な咲き方でした
天気がはっきりしない3月20日資料館で研究会が有り桜を見ましたが
もう盛りを過ぎた感がいたしました
たった一日だけの快晴の日に大寒桜に出会えてとても感動しました

DSC_7431-c_450












この先お城やお堀端に咲く染井吉野
お天気も回復して暖かくなってくれると有難いです
名古屋城も後暫くで現在のお城は改築される予定になっています
昭和30年代に戦争で焼失した国宝名古屋城をいち早くRC工法で
再建しましたが石垣等の耐震が施されていない為RC工法から
再度木造建築で再建することになっているようです
見慣れた現在のお城も解体される見通しです
そんなことも有り見慣れた今のお城や周りの桜も撮影して置きたいと
思っています
木造で再建されるまで5年ほど掛かるようです
新しいお城も見てみたいです



469b0de8[1]


Recovered_JPEG Digital Camera_20472-50




年も改まり〜(^_-)-☆

 遅れ遅れのブログの更新です
年が改まって早くも10日以上となりました
年末気持ちだけが空回りしてやらなくてはならない事も
全くお座なりの状態で過ぎてしまいました

DSC_2203-Fc_450












何の事も無い普通の事柄が最近は怠けてしまいます
先ず健康に生きる事が肝心と思う様になりました
自治会の女性たちの様子を見て骨粗鬆症に悩む人や
循環機能が著しく低下している人色々です
毎日が家の中でTvがお友達の人が多いのです

足が痛い・腰が痛いは挨拶代わりに成りつつあります
最近はどの家もかっての様な食べ物に困る時代では無くなりました
栄養面についても充分気を付ける事が出来る時代となっています
どの家庭もそれ程食べ物に格差が有るとは思えません
それでも各々の体質に依って足や腰が痛むように
なって行くのかなぁと考えてしまいます

自宅の畳の縁に躓き転倒し大腿骨を骨折した人もあります
整形外科病院へ3ヶ月以上入院治療した人も知っています
入院すれば一時は寝たきりの状態になり当然の事ですが
筋力は落ちてしまいます
中高年の女性が一度大きな骨折事故をすると大変苦労します



DSC_2040-Fc_450











苦労している間はまだ生きていると言う証拠なので安心です
新年になって同級生のご主人から挨拶状が届きました
それは同級生が昨年12月に永眠したとの挨拶状でした
信じ難い知らせに一時はその葉書を呆然と見つめてしまいました
暫く前に街中のデパートの出入り口で彼女を見かけました

その折声を掛ければ良かったのに黙って後姿を見送りました
その後クラス会にも欠席していた事を思い出しました
彼女は女の子二人の母親でした
長女は養子縁組をした男性と結婚平穏な生活をしていました
所がお孫さんが小学校低学年の頃長女の人は若くして
くも膜下出血で急逝してしまいました

それ以後一家のまとめ役としてお孫さん達の面倒を
見なくてはならなくなり身体的に辛い主婦業に戻りました
長女の代役として毎日が大変だったようです
随分前のクラス会に出席した折2度目の主婦業の話を
困惑した様子で話していました



DSC_2116-Fc_450











何時も一番豪華なアクセサリーを身に着け輝いていた人です
それが長女を失ってから心身ともに疲れて以前の様な優雅で
穏やかさは消えて居ました
今から思えば長女を送ってしまいその痛手が尾を引いていたと
思えてなりませんでした

同年代で一緒に学んだ仲間として何時の間にか一人二人と
生涯を閉じて行く事を考えると生きて明日が有る事に
感謝をしなくてはなりません
生まれたら必ず何時かはこの世から去る日が来ます
これは必ず訪れる宿命ですから受け入れなくてはなりません

最後の姿がどの様な姿で居られるのか?それは今も判りません
少なくとも寝たきりの状態が長く続くような事は回避したいと
思いを巡らしています
生まれて以来多くの人と関りを持ちながらの暮らしでしたが
余り訃報は聞きたくない心境です



DSC_2044-Fc_450











それは誰もが何時かは訪れる身体の衰えや飛躍しますが
人生の終焉
普通に会話が出来て普通に物忘れが有り自分で認知症かなぁ?と
考える人はまだまだ大丈夫に思えます
その時がいつ訪れるかは神様だけがご存知の事ですので
現状維持で生活できていれば大変喜ばしい事と思われます

DSC_2198-450










私がお世話になっている或る医療機関の事務を担当している
女性は何時も顔を合わせると
 sumikoさんご自分で街中へ出てこれてご自宅へ帰れるのは
 健康な証拠です と言います
彼女の祖母は何処へ出掛けるにも保護が必要で全く自分では
何もできないと言います

日常は彼女の母親が全てサポート役に回り何処へでも付いて
行くと話します
最近では家族の顔もまだら暈けで情けない状況と言います
誰もが何時かは経験する老いの姿ですが出来れば老いても
自立して暮らしたいと願わずには居れません

もう友達が逝った事は考えない事にしました
自分の健康の事を考えて寝たきりにならない様な生活の
工夫をしたいと思いました
知り合いと時々会い世間話に花を咲かせ脳を活性化し
毎日良く歩き足腰を丈夫にする事を考えました

寒さの真っ最中時には風引きの状況の時も有りますが
そんな時は無理をせず体力を温存し回復を待ちます
実際の所低体温症で悩んでいた私ですが或る医師の勧めで
一日決められた距離を歩き低体温を克服したいと考え
いま取り組んでいる最中です



DSC_2239-Fc_450











幸いな事に毎日決められた距離を歩いても膝や腰が痛いと
思う事は有りません
思えば大変恵まれています
同じ年の友達は膝が痛くて一人では外出出来ません
家の中ばかりの生活は却ってストレスがたまりそうです

例えばの話 昔の街並みと今とでは少なからず変化が有ります
その変化を見つめながら歩くのも不思議と楽しさが有ります
きっと変化を見つけた時の私の脳は活性化しているに違いたいと
思いたくなります
他愛もない自己満足に過ぎませんがこの他愛もない事が有る意味
私の健康を支えていると考えます


469b0de8[1]


Recovered_JPEG Digital Camera_20472-50

慌ただしく〜続き (^^♪

 先回の更新から随分時間が経ってしまいました
11月の声を聞いてから紅葉や黄葉が始まり秋の景観を追って
毎日がお天気と相談しながら近場ですが撮影にでました
秋が短く急激な冷え込みに悩まされましたが今年のもみじは
昨年に比較してみればとても綺麗でした



DSCN1675-Fc450











本当は京都へ出掛けたいと思いましたが日程的に立て込んで
一寸無理と判り京都は諦めました
近場でも中々綺麗に紅葉している所が有りそれはそれで結構
楽しめました
紅葉黄葉何れも季節の変わり目で記録に残したい場面が幾らも
有ります

11月1日には年賀はがきが発売され近所の郵便局に予約が
して有りその頃から年末の慌ただしいモードになっていました
年賀状の作成はしなくてはならず先の事を考えるとその多忙さに
参っていました
それでも人に頼む事はせず例年通り自分で年賀状作成したいと
考えて居ました

追い詰められた様な気分になりましたが何とかなると思いながら
の生活でした
年賀状の事は絶えず頭から離れませんが目先の紅葉や黄葉も
楽しみたいと欲張りな事も考えて居ました
幸な事に名古屋城や名城公園中心街の公園などは地下鉄や
徒歩でも出かけられそれだけは恵まれて居ました



DSCN1698-FC_450











今年の秋一番良かったのは 私が所属の会が企画した
滋賀県 東近江市にある永源寺のもみじ狩りでした
滋賀県は一寸遠いですが参加者が20人程でマイクロバスを
チャーターして出かける事が出来ました
以前滋賀県の 湖東三山に出掛けましたがその近くで
人出が多い古刹です

紅葉は見たいし忙しさは営年以上となっていて気持ちだけが
早まります
永源寺は公共交通で行く手段は無いわけでは有りませんが
話を聞いただけで 無理と判りグループに参加で良かったです
お馴染みの顔ばかりの参加者ですが唯紅葉を見るだけの人が
多いですがサークル活動でご一緒の人は皆カメラ持参です



DSCN1830-Fc450











限られた時間内で目に付くものを心残りなく撮影しようと
夫々紅葉の場所へ急ぎます
重なり合う紅葉や銀杏の色合いは都会では見る事が出来ない
貴重な被写体です
絶え間ない人の流れが有ると言う事は近隣の人からこのお寺が
愛されている証拠かと思いました

古いお寺の屋根に紅葉の葉っぱが落ちている様子は正しく
日本の秋の光景を代表するものと感じます
日本建築と黄葉はとても良い愛称です
今年の秋は真っ赤な紅葉を見て日本に生まれて良かったと
しみじみ感じました
何度となく見てきた秋の光景ですが今年は格別と素直に
感じた私でした

紅葉も昨年は余り良い色では無かったことを記憶しています
その年の気候により色合いにも変化が出てきてしまうようです
もみじの紅葉には堪能しましたが銀杏の黄葉には少々苛立ちました
銀杏の生産日本一と言われる愛知県 稲沢市 祖父江町此処へは
毎年黄葉の撮影に出掛けています
早くから気にかけて居ましたが出掛けた時はまだ黄葉とは
言い難く真っ青な葉っぱでした

友達からも まだ青いよ〜と聞いていました気が実際に
出掛けてみて驚いたのは本当に黄色い銀杏が少ない事でした
夫々ばらばらの状態です
11月末日になってようやく黄葉が見ごろとなっていたとの事
その原因は10月に来た2度の台風と長雨が原因とか
銀杏の撮影は何となく消化不良で終わりました



DSCN1681-Fc450












色々有った今年ですがもみじや銀杏の葉っぱの色付きを
追いかけて元気に外出出来た事は自分にとって嬉しい事でした
同級生や近所の奥さん方皆さん足が悪く又循環器系の疾患に
掛かり殆ど家の中での暮らし
その事を考えれば超恵まれた私の秋から冬へ掛けての行動は
皆の羨望の的となりました

何時からか判りませんが私は低体温に悩まされていました
毎月一度医師の生活指導を受けています
そんな中から低体温を改善するために毎日 歩きなさい と
言われていました
医師が進言する様に私は 歩こう!! と決心をして
毎日医師の立てた目標通り歩きました

一日 一万歩 と聞き最初は困難と思いましたが意外に
実行してみると苦労は無く目標に達するだけ歩けます
日常生活の中でのほんの僅かな時間を歩く事に充てるだけで
低体温も改善されれば嬉しい事と考えています
歩き乍ら小さなカメラ持参で市内のウオッチングは
中々楽しいものが有りました



DSCN1732-Fc450












所用で時々JR名古屋駅方面へ出掛けます駅前の銀杏の木
この所の寒さと強風の為葉は落ちました
矢張り12月も半ばとなれば全くの冬景色です
一寸淋し気な街中の景観ですが暫くは冬景色です
巡る季節に喜怒哀楽を感じながら毎年同じように過ぎて
行きます
歳末助け合い運動が以前は頻繁に行われていましたが
最近は 海外の子供への支援を要請する募金集めが盛んです

先日もたどたどしい日本語で話しかけてきた女性が有りました
彼女はボランティアで来日して募金活動に参加をしています
募金と言われても私にはその様な余裕はなくお断りです
クレジットカードから毎月決まった金額を拠出して欲しいと
言いますが容易く応じる訳には行きません
日本の人の為の 助け合い募金は 最近無くなりつつ有ります
日本人が裕福になったとゆう事なのでしょうか?



DSCN1664-Fc450











慌ただしい暮らしの連続でしたが季節の変わり目等に多少の
体調不良らしい事も有りましたが寝込む事なく
過ごせて概ね良い年で有ったと考えています
年末になり家の中の整理整頓をしなくてはなりませんが
未だ実行に至っておりません
このブログの更新が遅れに遅れているのは 歩く事に
時間を取られブログ更新にまで手が廻らずでした

秋のもみじ狩りとても良かった事を付け加えて今回の
更新を終わります



469b0de8[1]


Recovered_JPEG Digital Camera_20472-50















慌ただしく〜♪

 気が付けば今年も既に11月です。
慌ただしく過ぎて行く時間の事を考えると、唯今年は
天候が余り良くなかった事が思い浮かびます。
5月から夏日が現れ、本当に戸惑いました。
夏はどれ程の暑さになるのかと?心配でした。


DSC_4870-c-_450












年々暑さや雨の降り方が物凄く各地で水害が発生し
とても気になりました。
そう言えば自分が子供の頃は今の様な雨の降り方は無かったし
夏の暑さも精々30℃〜32℃位まででした。
最近では35℃と言う日が何日も現れ日本の最高気温が
40℃を超えた事も記憶に新しいです。

盛んに地球温暖化が進行していると言われていますが
真夏の酷暑や時外れの寒暖の差は体に響きます。
私の同級生に聞いても同じく気候が変動して体が思う様に
付いて行かない、とぼやきます。
今は高齢な人より若い人の方が体の変調が顕著の様にも
感じます。

気候が安定しない為気分が優れず体調不良を訴える人の事
時々聞きます。
と言う事となれば、体調不良は高齢者に限った事でなく
生きている全般の人に影響していると考えた方が良さそう。
何故こんなに気候が一定しないのか?


DSC_4950-c_450












思い出すのが少し遅いのですが、気候が目まぐるしく変わり
衣服の調整が中々難しく色んな衣服が出しっ放しです。
こんな事ではいけないと思いつつ、ついつい片付けが後回しの
悪い癖が擡げています。
暑かったり寒かったりで体も吃驚の陽気には参りましたね。
彼是する間もなく時は容赦なく過ぎて行きます。

良い気候に誘われて、紅葉を見たり秋の薔薇を見たりして
日中は忙しいです。
黄葉も薔薇も今を過ぎれば来年までお預けになります。
適当に太陽に当たり健康維持にも努めているつもりですが
片付けの事を考えると物が多すぎる事に気が付きます。
では、片っ端から捨てて行けば良いと思いますが決心出来ず。


DSC_5051-c_450











それは確かに私の怠慢に過ぎませんが、兎角人間は楽しい事を
優先させる癖が有るようでご多聞に漏れずです。
同級生の友達から、私と同じような事を言う人が何人も居る事が
判っています。
足腰が痛くて滅多なことで外出しないとも聞いています。
家の中ばかりで毎日Tvとお友達で、世間の動向をとても
良く知っています。

タレントさんの不倫騒動から政治家の動向まで本当に良く
知っています。
私が外出中に良く電話が掛かってきていますが出られません。
帰宅して改めて私から電話をすることにしています。
話は尽きず60分は当たり前の電話となりますが、歩けない人は
電話で話をするしか交流の道は無いのでしょう。

そんな電話の中で、やはり話題になるのは気候が不安定で
体調が揃わない事など真剣に話します。
誰もが気に掛ける健康状態ですが、個人差が顕著に現れます。
歩かない人はどうしても足の筋力が自然に衰えて行きます。
室内でスクワットでもすれば良いと思いますがそれもしません。

何とかして歩けるようになりたいと努力すれば次第に足腰も
強くなれると思うのですが本人はその気が有りません。
夫々の考え方なのでそれは本人任せと言う事でしょう。
娘さんの運転を頼りに何処へでも連れて行ってもらう事を
当然の事と思っているようです。



DSC_5084-c_450











一年でも健康寿命を延ばしたいと思うならそれなりの努力が
要求されます。
私は時間が有れば歩くようにしています。
人の体は使う程に耐久力もついて来ますし足腰に筋力も自然に
付いて来ます。
自分の力だけで動けなくなったら?と考えると気が重くなります。
今は病気さえなければ100歳の人でも十分歩く事が出来るそうです。

そこまで行かなくてもこの先数年でも足腰丈夫で生きられたら
どれ程の幸せかと言う事を考えます。
病院に入院して治療を受けながらの長生きは出来れば回避
したいと思います。
長生きしても寝たっきりでは何ともならず悲しいです。
元気に暮らしてある日突然何処かへ行ったかのように
消えて行く最期は望む所です。



DSC_5166-c_450











100年生きられる時代になって本当に良い時代と思います。
元気で有れば100年生きる事に意義を感じます。
病と言っても体の病では無く昨今では65才以上の人に
見られる認知症の状態。
これは不可抗力の感じがしないでも有りませんが友達の中で
50才半ばで認知症で家族が介護に苦しんだ様子も知っています。
勉強が良く出来て真面目な人に限ってそんな病に悩むのです。

本人は何も判らなくなり配偶者の理解と協力が必要となります。
そんな病にも掛かりたくないし考える程に先の不安が過ります。
これから先の課題は 健康寿命に有るのかなぁ〜と立冬の夜に
思いました。
慌ただしく過ぎた一年弱ですが慌ただしいと思える事は
自分が元気な証拠かも知れません。
有難い事です。



469b0de8[1]


Recovered_JPEG Digital Camera_20472-50






情報化社会なのに〜(~_~;)

  9月末頃から気が付いていましたが、急に日没が早くなり
外出していても気が揉めます。
時間を上手く使う事が出来ず何時もアタフタとしています。
10月半ばとなり日の入りが午後5時20分台となりました。
これで、今年も後僅かとなったと言う実感がして来ました。
何となく見ているTvですが、意外な形での買い物が増えました。



DSC_4021-c_450











通信販売が意外にお値打ちで有る事が理解でき、ちょこちょこと
購入する様になりました。
配達の人も有る程度地域で限定されて、お互い顔見知りで安心です。
所が最近数年間この地区の担当だった人が来なくなり変わりの人が
宅配に来てくれます。

私が不在で有れば必ず「不在表」がポストに入れて有ります。
時間的に短時間の時間差で有れば、電話をすればその日の内に
宅配完了です。
夫々携帯電話を持ち、電話番号が掲載して有ります。
確実に本人に通じれば事は確実です。

所が宅配の仕事は過酷なのか職員の入れ替わりが頻繁です。
慢性的な人不足なのか?暫くの間見知らぬ顔の人ばかりが
来ていました。
つい先日の事、配達を指定しなかったので不在の時に来ました。
掲載の電話番号に連絡しましたが、全く通信出来ません。


DSC_4154-450











土曜・日曜になり益々連絡が難しく困りました。
パソコンには既に配送したと連絡して来ています。
発売元はスパコンで商品と顧客の管理を確実に行っています。
それが消費者の待つ末端の所で混乱しているのです。
10月10日発送していて、まだ届いていません。

何時かは届くだろうと考えますが、今回の商品は食品なので
一寸遅れると困ります。
私の予定として写真教室の撮影会とか歩くイベントとか
不在の理由は様々です。
タイミングが悪くて不在の時の宅配は一番困ります。


DSC_4124-450










宅配の人が残した電話が通じない事が一つの引き金となり
ズルズルと配達が遅れて行く様に感じます。
特に慣れない土地へ来たドライバーは困ると思いますが
やはり一刻も早く地理と顧客の位置を記憶する事かも
知れません。

最近は空き家なのかどうか?と言う事も余り判らない状態です。
多分宅配の人も不在が多いので困っていると言う事でしょう。
10年一昔とも言いますが世の中の情勢も変化をして来ました。
そう言えば10年前はそれ程宅配便の利用や配達も無く静かでした。
情報化時代となり、若い人たちがネットを利用し何でも買います。

その影響も有り宅配の人は多忙になるとも聞いています。
そして慣れない不特定多数の顧客の対応に疲れ果て直ぐに弱音を
出して簡単に退社してしまうとのことです。
中年の宅配の人達はそうした若者の後始末を何人かで分け合い
何とか営業を堅持しているとの事です。



DSC_4095-c_450










宅急便の大手の会社では、本社の他に会社以外の人に
業務を委託している場合も有るとの事です。
これまでに大手の会社で自営業が衰退して収入の道が途絶えた
人達が心機一転宅配の委託をしていた人の話も聞いています。
高齢になってからの委託業は体力的に困難でしかも電子機器を
使わなくてはなりません。

パソコンも触ったことが無い人には無理な話ですが、手書きの
時代は終わっていました。
今は電子機器も触れる人でないと、宅配業者として働けません。
その点、若い人はメカに強く何の抵抗も無く電子機器を
使いこなします。

不在表に必要事項を書き込みポストへ投函して行きますが、その
後連絡が取れなくなる事には困惑します。
情報化時代となり何かと便利では有りますが、一番簡単な
電話連絡が出来なかった事に、とても不便さを感じました。


DSC_3996-c_450










何時も薄手の生地の会社の制服で飛び回る宅配の人達。
暑さでぐったりする夏も大汗を掻きながら街中を飛び回ります。
暮らしを立てる収入を得る為には已むを得ないかも知れません。
私が依頼した商品は代金は「着払い」なので、必ず来なくては
ならないです。

何時も着払いにしている理由として、クレジット払いは
何か起きた時の事を思うと、現金払いが一番良いと
考え商品と交換で代金を払っています。
料金を回収しなくてはならない為、必ず届けに来ます。
お金の合計が合わなくてもいけませんし、考えれば責任が
重い仕事です。

配達日が指定出来なかったのは、単に私の個人的な理由ですが
今後は必ず配達日を指定・時間帯も指定しようと思います。
僅かな電話連絡の行き違いで販売元の発送日から7日間も遅れ
待ち時間が長すぎます。
人気商品なので発売と同時に宅配業者も超多忙になるのかも
知れません。



469b0de8[1]


Recovered_JPEG Digital Camera_20472-50



livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile

sumiko

Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ