おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

御衣黄〜(^^♪

何年か前から私は「黄緑色」の桜「御衣黄(ぎぃこう)」に魅力を感じ
名古屋城に有る御衣黄をまだ蕾の頃から追い続けた事がありました。
名古屋城の中には本来は3本の「御衣黄」が有ったのだそうですが
一般の人が容易く見られるのは2本だけです。
1本は急峻な石垣の辺りに有り、素人では寄り付けない所とも
聞いていました。
お城の東門の近くに1本と、二の丸茶席の裏手に1本あります。



今年の御衣黄、気候の精か?少し早目の開花です。↓↓↓
156-b_500



何れも見易い良い場所に植えられています。
周りの緑に溶け込んでしまい、中には「これは何?」と言った事を
仰る方も中には有るようです。
見かけない色の桜なので、関心の無い人は素通り状態です。
桜はすべて「ピンク色」と思い込んで居る人が圧倒的に多いのです。

今年はお城の染井吉野が全盛の頃を見逃してしまい残念でした。
染井吉野が散り始めた頃に出掛けた所、例年より早く
「御衣黄」は咲いていました。
まだ蕾もある状態で、勿論花弁は「黄緑色」で綺麗です。
然し黄緑色の綺麗な時期は、ほんの僅かな時間しか有りません。

開花して2〜3日は綺麗な黄緑色ですが、花びらにピンク色の
筋が現れその後は次第に色が変化して薄い「ピンク色」です。
里桜の一種と聞いていますがとても珍しい桜です。
毎年の事ですが桜の時期が来るとこの「御衣黄」を撮影したくて
お城へ通います。

又来年この桜を撮影に来れる様に、健康で過ごしたいです。





7f3a46f16139f81917de.gif


今年の牡丹〜(ーー゛)

知らない間に新芽が出て来ていた牡丹。
毎年この時期には知り合いの方も我が家の牡丹を楽しみに
しています。
狭い所ではありますが、何かが植えてあり、何かが花咲くと
自然に「ちらり」と覗き込みながら家の前を歩いてゆく人もあります。
花の数が今年は少なくて一寸「がっかり」でした。



雨に祟られた我が家の今年の牡丹。↓↓↓
003-1_500



蕾が出来て、後少しで開花すると言う時に所用で不在でした。
自宅へ戻った時牡丹は「半部咲き」でしたが翌朝開花していました。
早く牡丹の開花を撮影したいと思いましたが、また生憎の所用で
一日不在となりました。

翌日は無情にも「雨」。
諦めなくてはなりませんでしたが、何とタイミングが悪い事でしょう。
雨に打たれて、花びらは見る影も無く私は大変気落ちしてしまいました。
それでも今年の牡丹、どんな姿でも撮影しておこうと気を取り直しです。

花弁は極端に「薄くて」雨にも又強い日射にも弱いのです。
色々所用が出来てタイミングが合わず「哀れな」牡丹しか
撮影出来ませんでした。
花の命は短いと言いますが、本当に今年はあっ気ない牡丹でした。





8893c0ab.gif

メタセコイヤ〜(^^♪

桜開花宣言以来、毎日桜の事ばかり考えて居ました。
ぱっと咲いて、ぱっと散る桜に心を寄せるのは私一人では
無い筈です。
近場でも色々桜は見られますが偶には遠征して桜を楽しみたいです。
桜・桜と言っている間に、自然界は次々と新しい命を生み出しています。
先日まで全く「枯れ木」の様だったメタコセイヤが猛烈な勢いで
「あっという間に」新芽が出て来て樹木の形をして来ました。




072-t_500



気が付かない間に他の木々も「新緑」の体制になって来ています。
自然の力は大したものだと、つくずく感じました。
そうこうしている間に、桜はすっかり葉桜になってしまいます。
次第に気温も上昇して来て春は去り初夏がやって来ます。

寒暖の差に泣かされた今年の春でしたが、この先の夏に向かって
気候はどんな傾向になって行くのでしょうね。
後1週間もすれば、あの薄っすらとした形しか見えない「メタコセイヤ」も
立派な 葉っぱを付けて堂々とした樹木になるでしょう。

春に三日の晴れ間無し、とよく言われますし又「三日見ぬ間」の桜かな
とも言われて来ました。
時の移ろう速さを昔の人は良く観察していたのですね。
最近は「地球温暖化」の傾向も有って日本ばかりでは無く世界規模で
災害に繋がる事態が発生しています。

やはり地球温暖化は阻止出来ないのでしょうか?!





8893c0ab.gif

桜は終盤ですが〜(^^♪

名古屋城へ早い所行けば良かったのですが、染井吉野が散って
一寸淋しい時期に行きました。
お堀の石垣は大改修工事が続き思う様に石垣も撮影出来ません。
お城の中から北に位置する「名城公園」の枝垂れ桜を
撮影する事にしました。
染井吉野が満開の頃はきっと大勢の人達で賑った事でしょう。




149-e_500



染井吉野の満開は今年は「京都」で見物しました。
これから桜前線も北上して行きますが、思えば桜も長い事楽しむ事が
出来ますね。
桜前線について北国へ出掛けたらどんなにか楽しいだろうなぁ〜と。
でも、欲張ってはいけませんね・・・、花見に出掛けたくても良かれない
友達もいます。

脚が痛くて歩けない為です。
そのことを思えば近場は一人ででも行かれますし、遠くは友達と出掛け
随分楽しい思いをしています。
脚が痛くない事は、歩こうと思えばいくらでも歩けます。
そぞろ歩きをしながら桜の撮影、健康に恵まれ友達に恵まれこれ以上の
事を望んではいけないと思いました。

染井吉野は終わりましたが、序に季節も移ろいます。
季節が移ろえば季節の景観や咲く花の種類も変化して行きます。
季節の移ろいと共に、毎年の事ですが花を追い続け夢中になって
上達出来なくても色々撮影して自分だけの楽しみにしています。
桜の開花を待ち侘びましたが、咲いてしまえば散るのは速いです。
又来年ですね〜。

これから先は新緑の候、新緑は気分を落ち着けます。
眩しく輝く新緑も大変魅力が有ると思います。
忙しさは相変わらずですが、「忙しさ」が私の元気の源かも?。





8893c0ab.gif

桜の時期は忙しい 2〜(^_-)-☆

先回の書き込みに続き桜の時期の私の忙しさを書き込みます。
ブログの更新する時間も無く長い事放置してしまいました。
動きが鈍くなったのと、時間の使い方が合理的でない為でしょうか。
いずれにしても最近はこのブログの更新も儘ならっず悩む所です。
桜が咲き出すまでは「ワクワク」しながらまっていました。
所が咲き出すと、何処も「一斉です」から忙しくなってしまうのです。
近場は何時でも出掛けられると言う安心感が有り今年は
名古屋城へ出掛けるのが一寸遅くなりました。



今年の名古屋城の桜はこの大島桜しか残っていませんでした。↓↓↓
107-q_500



既に染井吉野は全盛期を過ぎて残念でしたが、同じころ今年は
京都で染井吉野の「満開」を見学して来ました。
京都は比較的近いと思うのですが、地理不案内なので何方かと
一緒で無いと困りますので何人かの友達と一緒でした。
何処もかしこも人・人・人・ですれ違う時も肩を触れ合わない様注意です。

近くても中々出掛けられなかった名古屋城とこのブログの更新。
気には掛かって居ましたがとうとう今日まで延び延びになりました。
京都では6日は好天気に恵まれましたが、翌日7日は朝から
バケツをひっくり返したような雨の降り方。
偶さかに京都へ来るとこんな事なんですね〜。

名古屋城の染井吉野はそんな理由で見る事が出来ませんでした。
これからお城の桜も種類が変わり里桜が咲き出します。
まだま桜を楽しむ機会は有りますので又」お城へも
行くつもりです。
現在名古屋城の天守閣の建て替えを検討している様ですが
昔の木造のお城に戻って欲しいと思って居ます。

「お城の建て替えより他にもっとする事が有る筈」と言うご意見も
有りますが折角のお城「木造」の姿に戻って欲しいです。
日本の文化ですから昔の優れた建築技術を復元して欲しいと
際立った観光資源の無い名古屋の活性化に一役買って貰えれば、と
一人の市民として思います。
何でも「名古屋飛ばし」は寂しい限りです。






7f3a46f16139f81917de.gif

桜の時期は忙しい〜(^_-)-☆

4月1日に実家の弟の妻から電話が有りました。
実家は地下鉄の終点「藤が丘」。
駅から桜並木を歩いて実家までは約10分程です。
「4月3日、香流川の桜見物に来ませんか?」とお誘いがありました。
川の名前だけは知っていましたが、私の家からはかなり離れているので
桜の隠れた「名所」とは知らずに居ました。
数年前から一緒に見物に行こうと、話はしていましたがその時期に
色々親族の不幸が有ったり思う様に出掛けられませんでした。




054-4_500



お城の桜や堀川の桜は極々近いのでいつでも一人で出掛けられます。
急な お誘いでしたが「これはチャンス!!」と思い出して出掛けました。
弟夫婦はこれまでに何度か「香流川遊歩道」を歩きその素晴らしさに
桜を「堪能」したと言い続けていました。
次第に桜が見えだしてその数の多さに私も驚きました。

歩いても、歩いても立派な桜のトンネルは続きます。
名古屋市内でもこんな所が「有ったのか!!」と驚くばかりです。
隠れた「穴場」として弟達はこの桜並木の遊歩道をこよなく愛しています。
「大分歩くから・・・」とは言われていましたので、カメラは
フルサイズのは持って行きませんでした。

日本に生まれて、こんなに綺麗な染井吉野を見物出来てとても幸せを
感じます。
そして、一時期、脚の関節が痛くて長時間は歩けなかった弟もしっかりと
歩くことが出来ました。
桜見物で約9舛亙發ました。

何れは誰もが老いて行きますが、歩く事が出来る間は出来る限り
歩くこと、それが体を丈夫にする基本的な事柄と考えます。
満開になれば、儚さを残して散って行きますが、それが日本人が
感じる「ものの哀れさ」かも知れません。
立派な桜、来年も同じ所を歩きたいです。


香流川の桜どれも立派ですが、形の良い樹木もかなり有りました。↓↓↓

047-3_500







8893c0ab.gif






時は巡り〜(^^♪

比較的長期に楽しめる「山茶花」や「椿」ですが何とした事か?
気が付けば昨年暮れから咲いていた山茶花もうっかりとして
撮影をしていませんでした。
そして次は「椿を・・・」と思いながら暮らして居ましたが気が付けば
春真っ盛りとなってしまいました。
山茶花や椿に関心が無い訳では有りませんが、何をしているのか?
判らない間に時間だけが過ぎて行ってしまいます。
友達と合えば、お互い同じ様な事を言います。
「一年が知らない内に過ぎて行くわね〜」と。




152-15_500



それで私も良い訳をするわけでは有りませんが友達と同じく
時だけが「早く」通り過ぎてしまいます。
思えば、つい先日年賀状の作製や寒中「お伺い」の葉書を
出したばかりですが時は既に「4月」です。
さくら・桜!!と叫んでいる内に「あっという間に」桜も終わりです。

どれだけ時間が有ったら「満足」出来るのかなぁ〜!?と
思い込んでしまいます。
花の開花時期は毎年自然の摂理に従って順序良く咲き出します。
その季節が巡る時に現代人は「花粉症」と言う厄介な現代病に
悩まされて、体調不良の人が多い事が気に掛かります。

季節が巡る度に綺麗な花を愛でる事が出来て嬉しい事です。
桜前線は次第に北上して行きます。
桜前線を追って旅に出るのも私の夢では有りますが実現出来たら
それこそこの上ない、時の巡りの賜物でしょう。
東北地方の桜の時期は大分遅いようですから一度実現不可でも
考えて見る価値は有りますね〜。





8893c0ab.gif

さくら咲く〜(^_-)-☆

余り安定していなかった天候のお蔭で体が付いて行けず
困った時期も有りました。
早咲きの桜「大寒桜」が咲き出した頃は、寒さに震えた時も有りました。
暖冬とは言え、冬は花も枯れて殺風景で気持ちも明るくは
有りませんでした。
日本人の心には太古の昔から桜の美しさがDNAとして刷り込まれて
要る様に感じます。
誰もが好きな「日本の桜」
花だけ咲いて「実」が出来ない事に欧米の人達は余り「関心」を
持たなかったとの話を聞いています。




081-8_500



日本人は桜の花を眺めて「愛でる」だけで、美しさに酔いしれて
満足をしています。
「さくらんぼ」が出来なくても花だけを見て心豊かに過ごせる民族は
或る意味幸せだと思います。
桜が咲き出せば、文句なく何処かへお花見に出かけます。

近場でも幾らでも桜の名所が有りますので、この時期は楽しみです。
3月30日に近くの「堀川」へ出掛けました。
まだ4分咲ほどの状態でしたが、開花している「染井吉野」も
見かける事が出来ました。
何と言っても「染井吉野」はすっきりとした「美しさ」が際立ちます。

寒暖の差が激しい今年の春先でしたが、嬉しい桜の開花です。
お天気次第でお城へも出掛けたいし、中々忙しいです。
今の時期、お城は海外からの観光客でごった返している事でしょう。
海外から来て貰うのは歓迎したいのですが、私の見る所余りマナーを
守らず大声で所構わず話すことが気に掛かります。

桜の花は「パッと咲いて」「パッと散る」儚さが有りますが
日本人の「潔さ」を象徴しているのかも知れません。





7f3a46f16139f81917de.gif

電子レンジで〜♪

最近数えてみたら、色々食器を落としたりして割っています。
これまでの暮らしの中で結婚式の引き出物、その他の記念品として
他所様から頂いた陶器類が多く有ります。
考えて見れば暮らしをスッキリさせる為に数は必要な「分」だけで
充分です。
使わないお皿や茶碗など「戸棚」から取り除いたらすっきりとします。
昔の陶器は電子レンジ用には作られていません。
つい、うっかりとして使うと陶器は「ダメージ」を受けます。




003-u_500


電子レンジに使用できる陶器は自宅では意外と少なく同じ物を大切に
使って居ました。
何処かの結婚式の「引き出物」だったと思いますが一枚、二枚と
割れて「最後の一枚」を重宝に使って居ました。
然し大分前から「ひび」が入り使える時間は長くは無いと思って
居ましたがとうとう私が床に落として「割って」しまいました。

長年使い慣れた電子レンジ用のお皿でしたが、お別れです。
この前はテーブルの上に有ったガラス製品を割ってしまい
一寸注意散漫でした。
所がサラダ用に使うガラスの器を不注意にも電子レンジで加熱
結果「パリン」と割れていました。

1週間の間に3個の割れ物を出してしまいました。
使わない食器は戸棚に「退屈そうに」していますので、何となく
淋しい気がしています。
使わいで飾ってあるだけのコーヒーカップ等飾っておくだけでは
却って勿体無いです。

割れ物は次の「不燃物」回収で持って行って貰うつもりです。
頻繁に使う電子レンジなので、耐える食器は必要かも知れません。
自宅は都市ガスを廃止して相当な年月が経過します。
IHクッキングテーブルと電子レンジは私に取っては安全で
大切な生活用品。

オーバルタイプの「お皿」電子レンジ用に買い増そうかなぁ〜。






7f3a46f16139f81917de.gif

時の流れで〜(^^♪

戦前戦後を通して「各町内会」には「婦人会」と言う女性の
会が有りました。
戦前は「大日本帝国婦人会」と言った名前で「向こう三軒両となり」の
精神で殆どの家庭の主婦が参加をしていたと実家の母や夫の母から
聞かされていました。
戦後は「婦人会」と言う名称に変わり年末の「募金」運動に参加したり
街中の清掃奉仕など色々活動する機会が有りました。
つい最近の事ですが「婦人会」の名称から「女性会」と言う名称に
変わりました。




105-z_500



「女性会」も次第に会員数が減少して一時は存続の危機があり
一度退会した昔の会員にカムバックして貰って凌ぎました。
最近では働き盛りの女性は殆どが「仕事を持ち」日中不在です。
在宅の女性は殆どが高齢女性ばかりとなりました。
昔、私も長い事「婦人会」の仕事を任せられていましたが、程々の
所で役目を辞退しました。

私が任されていた頃は会員数は50名から60名程有りましたが
現在では頑張って集めても精々20名程です。
これでは後継の役職をお願いする人も無く長い事思案した挙句
今年度を以って学区の女性会から「退会」することになったそうです。
自治会も高齢者が多くて役職をお願いするのも色々問題点があり
人材不足に悩んでいる様です。

「働きに出る」意志が強い若い女性を無理やりに拘束するわけにも
行かず、とうとう女性会は「廃止」する事になりました。
病気がちな人、絶えず骨折騒動で入退院を繰り返す人と健康面で
問題を抱えている人も少なく有りません。
少子高齢化時代と言われて久しいですが今年も町内からは
小学校への入学の児童は無かった様に聞いています。

一寸淋しい思いがしますが、時代の流れには逆らう事が出来ません。
増えるのは「コインパーキング」ばかり。
何時の間にか家屋が無くなって居る事も少なくは無い昨今です。





7f3a46f16139f81917de.gif

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ