おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

知り合いと〜(^^♪

同じ町内の知り合いの女性と「お茶に行こうか?」と何時も
話して居ます。
悪いけれど近所には「お洒落な」コーヒーショップは有りません。
「何処でもいいから行こうよ!!」と誘われてはいます。
誘った方もそれなりに忙しくしていて、本格的に連絡を取って
「行く」態勢になりません。




041-1_500



何処のコーヒーショップがサービスが良いのかも知らない私達。
勿論、最近特に名古屋の「モーニングサービス」が話題となって
情報番組でも取り上げています。
態々朝から「満腹」状態になる様な事を、日々続けていたらそれこそ
肥満体型になって行きそうです。

事実、朝からご夫妻で喫茶店へ通い続けコーヒーのお店の事は
とても詳しい人が居ました。
結果、奥さんは肥満になり、何度も転倒を繰り返し何度も骨折
入院生活を送る事になってしまいました。
色々考えれば、シニアになれば、欲望のままに「食べない」事が
一番安全な事かなぁ〜?と思う様になりました。

大変な世の中になりました。
喫茶店も常連客を他店に取られまいとして、必死にサービスを
している様です。
「お茶しない?」と誘われてから、かれこれ一ヶ月になります。
昔からの気心の知れた町内の人ですが、単に「お茶だけ」の
お誘いですが中々出掛けられません。

べったりくっついての「友達」より、偶さかに会って四方山話を
楽しむのが一番いい事かも知れません。
私も自分の趣味の事をしていると、驚くほど色々と予定が入って
身動きが出来ない時も有るのです。
知り合いの人達は私が「カメラ弄り」している事余り知りません。
私も自分から言い出す事でも無いので「知らんふり」です。

その内に何処かで会えば、その時が「お茶」のチャンスです。
そんな時まで待とうと思います。





7f3a46f16139f81917de.gif

四月下旬に〜(^^♪

四月下旬になって昨年末以来久し振りに息子から電話が
掛かりました。
音沙汰の無いのは「無事な証拠」とも言いますが4ヶ月も連絡が無いと
一寸心配します。
時間差が有る場所からの電話なので、いつも真夜中に掛かります。
息子は「朝」と言いますから時差は一寸辛いです。




035-2-500



今は20年程前に比べれば通信の手段も大変便利になり
昔の様に「国際電話」を使わなくても「携帯電話」で間に合います。
これだけは大変便利だと感心をしています。
今、勤務中の所から、今年は帰国出来るだろうと私も心待ちに
していましたが、実は場所を変わり引き続き時差のある場所での
勤務になると連絡をして来ました。

紛争地で無ければ「良し」と考えてはいましたが、中々思う様に
事は進みません。
日本以外の所で勤務する事は、日本の社会事情と異なる事が
多く有る様です。
一年に二度帰国出来れば良い方で、仕事に追われています。
昨年末は、一寸したクレームが出て現地社員を連れて帰国し
対策に追われていました。

年末、本来は「クリスマス休暇」の名目で帰りますが昨年は
「休暇」所では有りませんでした。
会社の「辞令」一枚で、生活の為に働かざるを得ない現実は
厳しいです。
もう十分年月も経過していたので「場所の移動」と聞いて
「後何年向こうで暮らすのかなぁ〜?」と心もとない気持ちです。

次に行く場所は余り経済的に恵まれた所では無い為食生活に
ついて心配になりました。
それでも比較的元気そうな声をしていましたので、取敢えず
それだけは安心しました。
幾つになっても親と子は年齢差は変わる筈が無く、息子が
幾つになっても「私の子供」です。





8893c0ab.gif

4月も終わり〜(^^♪

待ち侘びた4月の桜の時期。
待ち侘びた分、随分桜を見た様な気がしています。
3月下旬から花が開くまでのワクワク感は幾つになっても
変わりません。
暖冬であったとは言え、矢張り冬の間は気持ちも「重い」です。
厚いコートも脱ぎ捨てて、春の服装に・・・と、思った途端
寒の戻りが来たりして中々体が順応しませんでした。


059-15_500


誰かの発案で、初めて一泊の撮影旅行をすることになり
サークルの人は殆どが参加して京都の春を満喫しました。
人出が多い事は覚悟していましたが、海外からの人の多さに
相当な戸惑いを覚えました。

楽しい撮影旅行でした。
所用で個人的にまた京都へ出掛けたり結構な今年の春でした。
カレンダーの予定表を見れば、殆ど予定が入り忙しさを
物語って居ました。

初めて大阪造幣局の桜の「通り抜け」も経験しました。
造幣局の通り抜けは「4月14日」で終了していますが「見学」と言う
事で造幣局の内部を見学させて貰い人混みの無い「通り抜け」。
これは予め会の方から「見学申し込み」をしていたものと聞きました。

通り抜けには70万人以上の人が押し寄せ、すごい人気で有ったと
聞きました。
4月も末日になってしまいました。
花、桜、と思いながら暮らして居る内に4月は「駆け足」で
過ぎて行きました。

桜も終わり既に「新緑の候」です。
毎年の事ながら、季節の移り変わりの速さに置き去りにされそうです。





8893c0ab.gif


弟からの電話〜(^^♪

昨日昼食を済ませてゆったりとして居たら電話が鳴りました。
弟です。
「今日は何処にいるの?」と聞いて来ました。
まだ出掛ける前でしたので「今は家に居る」と答えました。
滅多に電話を掛けては来ませんが珍しい事です。



4月3日、弟夫婦と一緒に見た香流川の桜、背後に見えるのは
東名高速道路です。↓↓↓

063-m_500



染井吉野が真っ盛りの頃、4月3日に弟が住む家から
ほど近い「香流川」沿いをさくらさんを見ながら歩いたばかりです。
時間を観ては弟夫婦は市内の寺院や神社へ出掛けている様で
歩く事で健康を維持している様に感じます。

弟の電話の内容は良い事では有りませんでした。
弟の乗用車の「ナンバープレート」が前後ろ外されて盗難に遭い
乗用車に乗れない事で困っていたのだそうです。
私が住む区内の警察署に盗難に遭った「プレート」が見つかり
保管されているので「取に行く」と言う話です。

今は実家の家屋の改築中で弟夫婦は仮住まいの最中です。
乗用車も仮住まいのマンションの駐車場に持って行っています。
地下鉄終点「藤が丘」の周辺の住宅地、それも奥まった仮住まいなのに
悪戯なのか判りませんがナンバープレートを持って行ってしまいました。
警察署には午後3時30分に来てほしいと言われていたそうで
私は警察署まで出掛ける事にしました。

プレートは乗用車の販売係の人が手配をして呉れるそうですが
掛かる経費は「2万円」盗まれたプレートは再度使わないとの事。
警察署でで会い、何処かでお茶でも、と言う事で少し先まで
出掛け色々話をして来ました。
陸運局で番号を更新して漸く運転が出来るのだそうです。
悪い事をする人が居るものだなぁ〜、と思いました。

まだ乗用車の本体に傷を付けられなかっただけ「良かった」と
思わなくてはなりません。
ナンバープレートは市内僻地に放置してあったそうです。
弟に取っては災難でした。
でも、一ヶ月の内に2度も会えて私は嬉しかったです。





7f3a46f16139f81917de.gif


やっとの事で〜(^_-)-☆

昨年9月頃2020年開催の「東京オリンピック」の
エンブレムが発表されました。
オリンピック開催地らしいイメージかな?と決定した作品を見ていました。
これでオリンピックも準備が一つずつ前進するのかなぁ、と一息。
所が発表されて一ヶ月程でそのエンブレムは「盗作疑惑」か?と
海外から指摘され一旦公表した作品を白紙撤回しました。
デザインの世界商標登録などで何かと、誰かの作品と重なると
駄目なんですね。
決定のデザイナーは若手の気鋭の男性。
まさか、調べれば彼が色々似た様なコピー作品を世に送り出している人とは
知りませんでした。




078-a_500



選考の過程も不透明と言う不評を買い、次に新しいエンブレムを
選考する為には「透明性」「国民参加」を重視しての再出発。
7か月の時間を掛けて昨日4月25日午後「新・エンブレム」発表と
なりました。
事前に選考委員や多数の意見を聞き、最終「4点」の作品が公開
されておりました。
この4点の作品から「1点」が選ばれることになりました。

透明性を重視した事や多数の国民の意見を聞き取った事は良かったと
感じました。
事前に公開された「4点」の作品どれも夫々優れたデザインでした。
以前のエンブレムの件も有り選考には慎重な調査が行われたと
聞きましたが、決定して良かったです。
東京在住の「野老(ところ)朝雄氏の作品
「組市松紋」に決定しました。
この市松紋、日本の伝統的な文様で3個の形の違う市松模様の
組み合わせで「繋がって」行きます。

これまでのオリンピックのエンブレムの概念を打ち破る「すっきり」とした
また「日本らしさを強調」する誰も真似の出来ない作品と思いました。
ゴタゴタ続きの東京オリンピックの準備段階、先ず懸案の
エンブレムの決定は明るいニュースです。
カラフルでは無いと仰る方も有るでしょうが、以前の他国の大会の
エンブレムに似た感じの物も有りました。
やはり「組市松紋」が選ばれるべくして「選ばれた」と思って居ます。
まだまだ難問は残っています。

肝心のオリンピックスタジャムのデザインは決定しても
「聖火台」を何処にするのか?決まっていません。
こんなことしていて2020年に間に合うのかな?
「東京」に決定したときの歓喜は何処へやら・・・。
難問山積!!
この先どの様にして難問を解決して行くのか?注目しています。
借金王国日本で、果たして2度目の「東京・オリンピック」招致を
するべきであったのか?一寸考えてしまいます。






7f3a46f16139f81917de.gif


町内の付き合い〜(^_-)-☆

先日新年度の自治会の総会がありました。
私はかねてから依頼されていましたので「出席」する事にしていました。
最近は同じ年頃の人でも体の具合がよく無くて「自治会」とは
余りお付き合いをなさらない方も増えて来ました。
10時30分からの総会でしたので余り急がなくても良いとのんびり
構えていました。
当日の朝、ついつい油断をして「二度寝」をしたばかりに
時間ぎりぎりまで「寝坊」をしてしまいました。




170-k_500



一緒に出掛ける事になっていた人に慌てて「寝坊」してしまった事を
告げて、先に出掛けて貰う様に頼みました。
一寸恥かしかったですが、遅刻はせずギリギリセーフでした。
総会に出て来れる人は大方お元気な方ばかりです。
近くでも中々顔合わせが出来ず「一年に一度」の集まりみたいに
なりました。

お互い同じ様な年頃の子供達を育てていますので、同級生や
一つ違いのお子さんのある人ばかりです。
遠方から引っ越しをして来た人達は意外に地元の人達となじまず
親しくなろうともしません。
夫々子供達も実家を離れて暮らす時代になり親世代は只管忍耐でしょう。
時代が変われば「こうなるのかな?」と誰もが口にします。

自治会の総会は「名目」だけで、後は気の合った人同士でランチに
出掛ける算段をしていました。
自宅から一寸離れるだけで、全く知らない事が多いです。
食事処も「どんな」店が有るのか判らず皆が「行こうか?」と言う
お店に行く事になりました。
食事後は解散して今度こそ「本当に気の合う」人と又コーヒーブレイク。

流石に今年は御年「100歳」の女性の出席は有りませんでした。
100歳の女性は殆ど毎日「一人暮らし」です。
週に何度か娘さん達が訪ねて来て、細々とした事は片付けて
帰るそうです。
100歳の一人暮らし、余程健康で無くては出来ません。
100歳のおばあちゃんは、昔は子供相手の駄菓子屋とお好み焼きを
生業としていました。

皆がこのおばあちゃんの様な健康を望んで居ました。
100歳まで生きれる人は、それこそ「稀」と思いますが彼女は
病気らしい病気が無かった事が長寿の秘訣であったかも知れません。
昔は良く「人生僅か50年」と言われた時代とは隔世の感が有ります。
元気であればこのおばあちゃんの様に100歳まで生きたいと
思わないでも有りませんが突然何かが起きる事も否定できません。

夢は大きく、100歳のおばあちゃんに「肖りたい」と
食後のコーヒーを頂きながら話をして来ました。
夕方「sumikoさん、今日は有難う家のかあさんもsumikoさんに会えて
喜んでいました、私の家に遊びに来てね」と電話が掛かりました。
そのご主人はかなり若い頃に「脳梗塞」で倒れずっと奥さんが看病し
サポートをしています。
すんなりと会話が出来ませんが、それでも「遊びに来てね」と
電話して来ます。

暇を見て一度お訪ねしようと思って居ます。





7f3a46f16139f81917de.gif

御衣黄〜(^^♪

何年か前から私は「黄緑色」の桜「御衣黄(ぎぃこう)」に魅力を感じ
名古屋城に有る御衣黄をまだ蕾の頃から追い続けた事がありました。
名古屋城の中には本来は3本の「御衣黄」が有ったのだそうですが
一般の人が容易く見られるのは2本だけです。
1本は急峻な石垣の辺りに有り、素人では寄り付けない所とも
聞いていました。
お城の東門の近くに1本と、二の丸茶席の裏手に1本あります。



今年の御衣黄、気候の精か?少し早目の開花です。↓↓↓
156-b_500



何れも見易い良い場所に植えられています。
周りの緑に溶け込んでしまい、中には「これは何?」と言った事を
仰る方も中には有るようです。
見かけない色の桜なので、関心の無い人は素通り状態です。
桜はすべて「ピンク色」と思い込んで居る人が圧倒的に多いのです。

今年はお城の染井吉野が全盛の頃を見逃してしまい残念でした。
染井吉野が散り始めた頃に出掛けた所、例年より早く
「御衣黄」は咲いていました。
まだ蕾もある状態で、勿論花弁は「黄緑色」で綺麗です。
然し黄緑色の綺麗な時期は、ほんの僅かな時間しか有りません。

開花して2〜3日は綺麗な黄緑色ですが、花びらにピンク色の
筋が現れその後は次第に色が変化して薄い「ピンク色」です。
里桜の一種と聞いていますがとても珍しい桜です。
毎年の事ですが桜の時期が来るとこの「御衣黄」を撮影したくて
お城へ通います。

又来年この桜を撮影に来れる様に、健康で過ごしたいです。





7f3a46f16139f81917de.gif


今年の牡丹〜(ーー゛)

知らない間に新芽が出て来ていた牡丹。
毎年この時期には知り合いの方も我が家の牡丹を楽しみに
しています。
狭い所ではありますが、何かが植えてあり、何かが花咲くと
自然に「ちらり」と覗き込みながら家の前を歩いてゆく人もあります。
花の数が今年は少なくて一寸「がっかり」でした。



雨に祟られた我が家の今年の牡丹。↓↓↓
003-1_500



蕾が出来て、後少しで開花すると言う時に所用で不在でした。
自宅へ戻った時牡丹は「半部咲き」でしたが翌朝開花していました。
早く牡丹の開花を撮影したいと思いましたが、また生憎の所用で
一日不在となりました。

翌日は無情にも「雨」。
諦めなくてはなりませんでしたが、何とタイミングが悪い事でしょう。
雨に打たれて、花びらは見る影も無く私は大変気落ちしてしまいました。
それでも今年の牡丹、どんな姿でも撮影しておこうと気を取り直しです。

花弁は極端に「薄くて」雨にも又強い日射にも弱いのです。
色々所用が出来てタイミングが合わず「哀れな」牡丹しか
撮影出来ませんでした。
花の命は短いと言いますが、本当に今年はあっ気ない牡丹でした。





8893c0ab.gif

メタセコイヤ〜(^^♪

桜開花宣言以来、毎日桜の事ばかり考えて居ました。
ぱっと咲いて、ぱっと散る桜に心を寄せるのは私一人では
無い筈です。
近場でも色々桜は見られますが偶には遠征して桜を楽しみたいです。
桜・桜と言っている間に、自然界は次々と新しい命を生み出しています。
先日まで全く「枯れ木」の様だったメタコセイヤが猛烈な勢いで
「あっという間に」新芽が出て来て樹木の形をして来ました。




072-t_500



気が付かない間に他の木々も「新緑」の体制になって来ています。
自然の力は大したものだと、つくずく感じました。
そうこうしている間に、桜はすっかり葉桜になってしまいます。
次第に気温も上昇して来て春は去り初夏がやって来ます。

寒暖の差に泣かされた今年の春でしたが、この先の夏に向かって
気候はどんな傾向になって行くのでしょうね。
後1週間もすれば、あの薄っすらとした形しか見えない「メタコセイヤ」も
立派な 葉っぱを付けて堂々とした樹木になるでしょう。

春に三日の晴れ間無し、とよく言われますし又「三日見ぬ間」の桜かな
とも言われて来ました。
時の移ろう速さを昔の人は良く観察していたのですね。
最近は「地球温暖化」の傾向も有って日本ばかりでは無く世界規模で
災害に繋がる事態が発生しています。

やはり地球温暖化は阻止出来ないのでしょうか?!





8893c0ab.gif

桜は終盤ですが〜(^^♪

名古屋城へ早い所行けば良かったのですが、染井吉野が散って
一寸淋しい時期に行きました。
お堀の石垣は大改修工事が続き思う様に石垣も撮影出来ません。
お城の中から北に位置する「名城公園」の枝垂れ桜を
撮影する事にしました。
染井吉野が満開の頃はきっと大勢の人達で賑った事でしょう。




149-e_500



染井吉野の満開は今年は「京都」で見物しました。
これから桜前線も北上して行きますが、思えば桜も長い事楽しむ事が
出来ますね。
桜前線について北国へ出掛けたらどんなにか楽しいだろうなぁ〜と。
でも、欲張ってはいけませんね・・・、花見に出掛けたくても良かれない
友達もいます。

脚が痛くて歩けない為です。
そのことを思えば近場は一人ででも行かれますし、遠くは友達と出掛け
随分楽しい思いをしています。
脚が痛くない事は、歩こうと思えばいくらでも歩けます。
そぞろ歩きをしながら桜の撮影、健康に恵まれ友達に恵まれこれ以上の
事を望んではいけないと思いました。

染井吉野は終わりましたが、序に季節も移ろいます。
季節が移ろえば季節の景観や咲く花の種類も変化して行きます。
季節の移ろいと共に、毎年の事ですが花を追い続け夢中になって
上達出来なくても色々撮影して自分だけの楽しみにしています。
桜の開花を待ち侘びましたが、咲いてしまえば散るのは速いです。
又来年ですね〜。

これから先は新緑の候、新緑は気分を落ち着けます。
眩しく輝く新緑も大変魅力が有ると思います。
忙しさは相変わらずですが、「忙しさ」が私の元気の源かも?。





8893c0ab.gif

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ