おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

March 2007

幣辛夷を追いかけて・・・5

aeb4c55f.jpg塀辛夷を追いかけて・・・

今年は年が明けて暫くは暖冬気味でした。
この所幣辛夷に魅せられて、早くから気に掛かっていました。
幣辛夷の名前を覚えたのは、2005年開催された、愛・地球博が
切欠となりました。
渥美町方面に自生してはいますが、そこまでは、中々出かけられません。

優しいピンク色がとても可憐な印象です。
名前と、何処に有るかを知った2005年から、写真を撮る様に
なっていました。
愛・地球博の瀬戸会場にも同じのが有るのですが、名古屋市内で
万博に際して記念植樹をした物で充分です。

暖冬気味で、早くから蕾が育ち、開花は早いと思いました。
3月になり、寒気団が来て、寒の戻りで寒い日が続きました。
これで、一寸咲く時期が遅れたようです。
出かけたいと思うと、空模様が怪しくなり、曇り空。
青い空が背景でなければ、幣辛夷も引き立ちません。

青空が出てきた時に、思い切って出かけて幣辛夷を撮って来ました。
これが、最後のチャンスでした。
上手くは撮れませんでしたが、追い続けた今年の幣辛夷を
ブログに載せる事にしました。





久し振りに見た夕日5

d995b99b.jpg久し振りに見た夕日

最近は日没が遅くなって来ました。
お使いに出た夕方の事、帰り道で久し振りに日が落ちて行く
所を見かけました。
住宅地なので四方八方に電線が張り巡らしてあります。
丁度、空が茜色になって、お日様が最後の輝きを放つ時です。

道を歩きながら、この時間に外へ出ている事は滅多に無いので
日没寸前の所を撮ってみました。
夕焼け空が綺麗でした。
場所を変えて、電線など無い所で、撮ってみたくなりました。
今度は、がんばって朝日を撮ってみたいです。

街中では色んな障害物が有って、思う様に行きませんがこれも
仕方の無いことかなぁ・・と、妙に諦めが早い所も有る私です。
自宅近くの家で、木蓮が毎年咲きます。
木蓮の花は外側はピンクの濃い色で、内側はミルク色の様な
白っぽさです。
花は結構でかい物が咲いています、私の両手のひらを広げても
まだ大きいと感じます。

自然界は確実に移ろっています。
街中でも注意をして見回してみると、色んな発見が有り
生活の中にアクセントがつきます。
これから、桜も見たいし、忙しくなって来ますね。
これも、健康に恵まれた結果なので、喜ばしく思います。






500回、投稿の記録5

04aef4fe.jpg500回、投稿の記録

ブログへの500回の投稿の記録を記します。

自宅の牡丹に今年も蕾が付きました。
これから、日々の変化が楽しみです。
芍薬の台芽を切り離しましたので、今年の花はどんな風に
咲いてくれるか、期待をしています。
芍薬は芍薬で植木鉢に移動して植え替えました。
それも、元気に芽吹いています。

植物は強いのですね。。。

気が付けば・500回の投稿!!5

4d31f9ec.jpg気が付けば・500回の投稿!!

ブログを開設して、昨年12月15日に一年が過ぎました。
そして、気が付いたら、この投稿で「500回目」の投稿になっていました。
それは、自分の記録が出てきますので、気が付いた迄です。
管理ページが無かったら、こうした記録は判らず、通り過ぎて
居た事でしょう。管理ページでは「499」となっていますが
この書き込みを投稿して「500回」と云う事です。

良くも、悪くも、淡々として、余り面白みが無いブログですが
今日まで続けて来れた事を大変嬉しく思っています。
見ず知らずの方が、若しかして読んでいて下さる、そんな可能性も
無いとは限りません。
考えてみれば、夢のようなブログワールドです。

知らない内に、大勢の方と交流し、お友達も増えました。
何よりの心のより所でもありました。
絶えずコメントをお寄せ下さる方々がいらっしゃる、その
お陰をもちまして、自分でも驚きの「500回目の」ブログへの
投稿となりました。

お出で下さる皆様は、いつも私の励みになっております。
拙い事しか投稿出来ませんが、健康が許す限り、続けて行きたいと
願っております。
お出で下さる皆様には、心より厚く御礼を申し上げます。
今後とも宜しくお付き合いの程、願い申し上げます。

何気無く咲く菜の花と管理ページの記録をお見せします。

私のブログの「おいりゃーすわせ〜」のバナーを
ベテランひな形作家でもあり、著名な書道家でもいらっしゃる
コチさんにお願いして作って頂きました。何時もは、貼り付ける所が
無く、リンクを貼って下さる方に使って頂いていましたが、今回改めまして
バナーのご紹介をさせて頂きました。もう一つ、作って頂いていますが
また何時かご紹介をさせて頂きます。コチさん、有難うございました。



sumiko-koti

ういろうの味5

b474cdbd.jpgういろうの味

ういろうは、外良又は外郎と書かれ、名古屋の地に育まれ四季を彩り
節目節目を祝い親しまれています。
私達が知るういろうと、云えば、名古屋には色々なういろう屋さんが
有ります。
どのお店の物も食べた事が有ると思い込んでいました。

特に、愛・地球博のお土産コーナーでは外郎が名古屋土産として
売れに売れた事は記憶に新しい所です。
中部国際空港の土産品コーナーで、新しい発見をしました。
殆ど宣伝をしていないので私はしりませんでした。
「餅文総本店」云う店が中部国際空港内に出店していました。
早速購入したらその店のパンフレットを呉れて「伝統の味」と
してありました。

帰宅してから伝統の味のカタログを読んでみました。
初めてその由来が判り知識が増えました。その内容とは・・・。

今を遡る事約600年前、安応年間に元の国の礼部員外郎の職にあった
陳宗敬が日本に帰化した時に伝えた秘薬「透填香(とうちんこう)」が
様々な変遷を経て尾張の時代の
餅屋文蔵に伝えられたのが、始まりとされているそうです。
以来餅文はこの秘伝を受け継ぎ、ここ名古屋の地にその風味を
絶やすことなく護り続けています。

これは、新発見でした。
正に外郎の源はこの餅屋文蔵に有ったのでした。
この歴史有る店を中部国際空港が見逃さなかった事は
流石でした。

晴れていたので・・・5

62dcefaa.jpg晴れていたので・・・

昨日の朝、外を見たら晴れていたので、久し振りに常滑の
中部国際空港へ行く事にしました。
今年になって夫はギックリ腰になり、毎日が苦労でした。
それで、旅行にも出かけられず、近場をチョロチョロ歩くだけでした。
偶には、飛行機が離発着する所が見たいと、云っていました。

常滑に空港が移ってからは、そんなに頻繁に飛行機を見に
行く事は出来ません。
自宅からは、都市高速で走れば、約1時間で空港へ着きます。
小牧市に空港が有った頃は、思いつけば、国際線のラウンジで
飛行機を見て過していた事を思い出します。

空港に行くと、何時も何か心が華やぎます。
次は何処へ飛び立てるかなぁ・・・。
何処かへ行きたいなぁ・・・。
そんな事を感じながら、飛び立つ飛行機の無事を祈ります。
逆噴射をかけて、着陸寸前の飛行機には、お疲れ様・・・。
無事に降りて来てくれて、有難う・・・。
そんな気持ちです。

オープンデッキには春休みになった精か、子供さんの
姿が多く見受けられました。
昼食を済ませて、一寸だけ店を見て歩き、早めに帰途に
就きました。
往きは都市高速道路で、交通事故が発生して渋滞に
巻き込まれました。
無謀な運転で事故を起せば多数の人に迷惑を掛けます。
料金払って、ノロノロ」運転では、都市高速の意味を
成しません。
そんな事を感じました。




捏造改ざんオンパレード3

5acf1c9e.jpg捏造改ざんオンパレード

発掘あるある大辞典は私達は大変興味を以って見ていました。
特に痩せる為の番組で私達が実際に取り入れて食用した物があります。
「衝撃、味噌汁で痩せる」の番組を見て、早速実行しました。

一向に効果が出ないけれど、日本人の伝統食として食べ続けて
おります。
改めて、伝統食の素晴らしさを知りました。
捏造と聞いて、驚きはしましたけれども、朝の味噌汁は
美味しいので毎朝頂いております。

新聞、TVで報道されると私達は直ぐ信用してしまいますので
充分な調査をした上で、報道して貰いたいと考えます。( ̄へ ̄メ)


写真は、捏造ではありません。
自宅のアマリリスもう咲き出しました。
葉っぱが出てこない状態で花の茎が伸びて開花です。
葉っぱは何時出てくるのでしょう。
不思議な咲き方をするアマリリスです。
左の写真は3日ほど前です、チョットだけ花びらが
開きかけています。

フィギュアスケート世界選手権5

dc0de22c.jpgフィギュアスケート世界選手権

昨日女子フリーで日本の、と云うより愛知県出身の三選手が
大活躍をしました。

安藤 美姫選手は昨年のトリノの冬季オリンピックでは15位と惨敗。
年末の日本選手権では方を痛め、もうこれで滑走は断念するのかと
思っていました。
幸いにも世界選手権出場の切符を手にして、今回の
世界選手権大会に再挑戦をしました。

トリノでの屈辱をバネに必死になって猛練習に取り組みました。
スケートを最初に教えて貰った、門奈裕子コーチに再び師事して
崩れたジャンプを立て直しました。
更にトリノオリンピックで金メタルを獲得した荒川選手の
振り付けや指導も担当した、ニコライ モロゾフコーチからは
自分らしさを表現する振り付けを指導され、今回の世界選手権の
金メタルへの道を歩みました。

勿論、ミキティーばかりでは有りません。
浅田真央選手は銀メタル、中野友加里選手は5位入賞と
ミキティーの他の二選手も大健闘しました。
この三選手全て愛知県出身です。
今やフィギュア王国愛知、と云っても過言ではありません。
深夜までミキティーの出演するTV見ていました。

皆、がんばれ。。。
私達は、この若い三選手に声援を送っています。
次はヴァンクーバーで競って下さい。
そして、日の丸が見たい。


春の選抜高校野球大会5

aab927e4.jpg春の選抜高校野球大会

春は選抜から〜
言い古された言葉ですが本当に選抜高校野球が始まると
春らしくなって来ます。
長く続いた昭和の時代、勿論私達も昭和の生まれです。
3月23日に開幕した、第79回選抜高校野球大会の出場選手達は
今大会から、全て「平成生まれ」になったと聞きました。

昭和に別れを告げ平成を迎えた私達。
当座はこの先10年は長いだろうなぁ〜、と思っていた事が
もう今年は平成19年です。
昭和は遠くになりました。
時代は変わっても、相変わらず高校野球に熱い視線を送り続ける
私達です。

平成になって、大会の雰囲気も少しずつ変化の兆しが出てきています。
先ず、昭和の時代では観客席に応援のチアガールが出る事は
有りませんでした。
男子生徒の、男っぽい応援が会場内を揺るがしました。
今はチアガールが全盛で華やかな雰囲気が出て来ました。

平成生まれの子供達ばかりで甲子園でプレーする光景は
時の流れの速さを感じてしまいます。

写真は昨年の大会で撮った物です。
バックネットを通して見る春の空、甲子園の照明等です。

自転車置き場有料化・その後3

e32f0f3a.jpg自転車置き場有料化・その後

地下鉄最寄駅周辺は、自転車が乱雑に置かれて歩行者の妨げに
なっていました。
駅の近くに住む人でも、駅の直近へ自転車を乗り捨てて地下鉄に
乗り継ぎます。
これは、皆がやっているから「平気」だったのです。
しかも、無料で置く事が出来ました。

今年二月から自転車置き場は「有料」となりました。
勤めの人も学生も見分けは付きませんが、一回置く度に
「100円」費用が掛かる様になりました。
有料化して、暫くは以前からの放置自転車が随分無責任に
置いてありましたが、最近になって、完全に近い形で
撤去が出来ました。

一回百円の出費は一ヶ月2000円はかかります。
1km以内に住む人は、駅まで歩けば良いのです。
自分の健康の為でもありますね。
所が、良く周辺を観察してみると、意外な穴場が有りました。
それは最寄駅に一番近い「歩道橋の下」に皆自転車やバイクを
無料で置く様になりました。

駅前の歩道は、自転車置き場の有料化で、すっきりとしました。
でも、歩道橋の下は無料なので自転車が増えて来ています。
いたちごっこ、とはこんな事を言うのでしょうか。

写真左は有料の自転車置き場、右は歩道橋の下。

あいち花フェスタ・55

f3bd2e42.jpgあいち花フェスタ・5

花フェスタから、テーブルコーディネイトの写真を貼り付けます。
華やかで素晴らしいセッティングです。
結婚の披露宴はこれから、こんな形の花を中心とした
テーブルコーディネイトが実現したなら素晴らしいですね。
見ているだけで、ワクワクして来ます。

そして、花嫁さんはお色直しで豪華なロングドレス。
そんな感じがする展示物でしたが、ふんだんに使われた
蘭の花の数は数え切れません。
女性は、自分が着なくても、こんな豪華なドレスに見立てた
展示物を見ているだけで、充分納得するものです。

花フェスタは夢が有って素晴らしい場所です。

結婚披露宴を連想する様な写真です。

あいち花フェスタ・45

13c5a4b4.jpgあいち花フェスタ・4

また、あいち花フェスタの画像です。
昨日は夫の誕生日でした、幾つになっても誕生日は気分が違います。
最近はバースデーケーキを買う事も無く、淡々としています。
普通の健康状態で誕生日を迎えられた事に感謝をしています。
人生、僅か50年といった時代とは異なり、医学も進歩して来ました。

生活習慣病さえ無ければ、年は年なりで生きて行ける良い時代です。
そんな時代に沿って、私達も毎年ナゴヤドームの花フェスタへ
出かけるのです。
ここには、非日常の空間が有り、心も癒されます。
美しい花を見て、しばし日常の生活から逃避するのも暮らしの
知恵です。

又来年もあいち花フェスタに出かける事が出来れば
嬉しいです。

癒しの空間、そんな感じの展示物を撮って来ました。

あいち花フェスタ・35

a164485f.jpgあいち花フェスタ・3

蘭展、最優秀賞の作品
近くで撮った物です。
ピンク色の蘭は、花の正面が大変判り難いものですが
私は淡いピンク色の綺麗さに感動しました。
全体で見ると、風にたなびきながら成長したのかな、と思う様な
流線型が印象に残りました。

縞縞模様の蘭も、大きく撮ってみると
中々魅力的です。
花フェスタでは、色んな発見や面白さに出会える
場所でもあります。
年には関係なく、皆が毎年会場へ足を運ぶのは
夫々に心に残る何かが有るからでしょうね。

あいち花フェスタ・25

abea5610.jpgあいち花フェスタ・2

あいち花フェスタの会場では、名古屋国際蘭展の作品も展示中でした。

一般の部で最優秀賞「クイーン オブ オーキッズ賞」受賞の蘭です。
流石にこの作品の前には人だかりがしていました。
淡いピンク色がとても印象的でした。

もう一点の受賞作品は個性的で、これも大変人気がありました。
詳しい事は判りませんが
一般、商品性・香りの3部門で蘭の魅力を感じさせる展示です。




あいち花フェスタ5

あいち花フェスタ

名古屋ドームが出来て10年になります。
それまでは吹上ホールでの名古屋国際蘭展は開催されていました。
ドームが出来て以来蘭展もドームで開催となりました。
フラワーディスプレーコンテスト、テーブルコーディネートコンテスト等
色々な花を使った空間が出来上がっていました。

勿論来場者の多くは花は勿論ですが、特に「蘭」がお好きな人が
多く見受けられました。
ドームは普通は野球の観戦にしか行きませんが、蘭展はプロ野球の
選手達が活躍するグラウンドへ降りる事が出来る数少ない機会です。
毎年感じる事は、外野のフェンスが物凄く高い事です。
昔のナゴヤ球場の外野のフェンスは低くて、手を出せば選手と
握手が出来るほどの距離でした。

フェンスを見上げながらプロの選手達のパワーの凄さを思い知りました。
そして実際にフェンスの前に立ってみて、鳥肌が立ちました。
話が逸れましたが、色んな事が思い浮かびますが。。。
外野のフェンスの高さに見とれる私、本当は「蘭を見に」来たのでした。
ドームの大きさからして、色んな催事に使われます。

蘭展が終われば、もう直ぐそこにプロ野球の公式戦が待っています。
今年はどんな展開になるのか、プロ野球も眼が離せません。
3月21日迄は、花好きな人の為の催事です。
決して安くない入場料を支払っても毎年行きたくなるのは
花が本当に好きなのか、又はドームが好きな人かのどちらかです。

蘭ばかりでなく、色んな花の展示が有り、甘い香りの中
一日を楽しみました。
蘭の種類には詳しくなくても、綺麗で、良い香りがして
気持ちが癒されればそれで充分だと感じました。
展示をする人達の苦労を考えれば、見せて頂ける事は
有り難い事です。

ナゴヤドーム開館10周年記念「フラワードーム2007」あいち花フェスタ、
会場内の光景と、展示中の蘭。



お彼岸ですね・・・5

9c3e2324.jpgお彼岸ですね・・・

暑さ寒さも彼岸まで・・・と、云われていますが今年は一寸ここへ来て
様子が変って来ました。
本来なら、暖かい陽気に誘われて、ご先祖様のお墓に参る所です。
一度は墓へ行きますが、この寒さではお手上げです。
寒さから遠のく基準がお彼岸であるのに、この寒さは皮肉です。

何度も春の足音を聞いた様な気がしていますが
実際にはその足音が遠くへ行ってしまった感じがしますね。
花たちは、一斉に咲き出しています。
外は時を違えたような寒さでもデパートの中は春爛漫の感じです。
買い物の途中で、春の花の寄せ植えを見つけ撮ってみました。

お彼岸が来る度に私は先に旅立ったご先祖の事を思い出します。
黄泉の国から彼岸にはその魂が戻るとも云われています。
願わくは、もう一度夢にでも出てきて欲しい人達ばかりです。
昨日は次男が家族でお供えを持って来てくれました。
息子達も何れは私達を見送る立場ですが私達が元気な内は、趣味に
生き甲斐を感じて気持ちを活性化しながら生活したいものです。



JRナゴヤタカシマヤ内で撮影した寄せ植えです。

有形文化財に指定?5

7dd3c826.jpg有形文化財に指定?

当地の報道では昨日写真の「観覧車」が有形文化財に指定されたと
云っていました。
ご覧の様に小さな観覧車ですが、この観覧車が何故有形文化財かと
云えば、それは日本で最も古い観覧車となったからだそうです。

名古屋栄の三越屋上に設置して有ります。
今は三越と名前が変りましたが,前身は「オリエンタル中村百貨店」と
云いました。
もっと遡れば、広小路通り本町で「中村呉服店」として店舗を
構えていました。

観覧車は現在の三越の屋上に設置された当時はお客が絶え間が有りませんでした。
たった、4分の空中散歩に夢中になりました。
時代が変り栄周辺にも高層ビルが出来て観覧車から市内を
一望する事は不可能になって来ました。
皆の夢と希望を乗せて回り続けた三越の観覧車も今は営業を
中止しています。

私達も観覧車が有る屋上へはもう行くような事は無くなりました。
屋上の遊園地に設置された観覧車が「有形文化財」に指定されるとは
感慨深いものがあります。
今は所々鉄サビがでていますが、日本最古の観覧車として
手入れをすれば、また動いてくれる日も来るかも知れません。

偶然2月24日に絵画展の帰途三越に立ち寄りました。
エレベーターの乗る場所を間違えて最上階の、屋上へ
行ってしまいました。
それで、この写真の出番となりました。



心身共に鍛えて・・・2

efc87094.jpg心身共に鍛えて・・・

正規のプロ野球選手になる為に野球少年は日々練習に精進しています。
アマチュアの選手達は保護者である親から貰う金銭は別として、
第三者からの金銭の授受は禁止されています。
今回その禁止されているアマチュア選手に対して金銭を
与え続けたプロ球団が判明しました。
野球フアンの一人として大変残念に思っております。

「知らなかった事にしておいて〜」等など、口裏合わせもしていたいた
事も判って来ました。
選手自信が知らなかった、親だけが知ってて貰っていたとしても
同義的に」許される事ではありません。
表面に出て来ない、金銭に纏わる誘惑はしっかりと
断ち切らなくてはなりません。

隠蔽工作は許されません、これは社会全体にも云える事です。
プロ野球選手を目指す皆さんは、晴れてプロ選手として
公認される迄は、アマチュアとしての理念を忘れないで下さい。


写真は昨年の中日ドラゴンズ秋季練習の光景です。

緋寒桜5

c7b66eaf.jpg緋寒桜

緋寒桜は咲いていますが、この所の寒の戻りで日中は気温が上がりません。
太陽の姿も余り見る事が出来ず、気が滅入ります。
桜は早咲きのものは既に開花していますが、寒さに震えている様に
感じてしまいます。
市内の中心部に白木蓮や緋寒桜が一斉に咲きだしています。

季節が一旦暖かくて、そのまま春になると思っていたら
大変な寒さがぶり返しています。
暖かい頃に咲いていた緋寒桜は既に新芽を出しているのも
見かけました。
気象台も桜の開花宣言の訂正をしたり、大わらわですね。
この寒さは未だ暫く続く様な事を云っていますので結局は
時期が来ないと咲いてくれないと言う事になります。

この、緋寒桜を撮りに行ってビルの間から吹き寄せる強風に
驚き寒さに耐えかねて、地下街へもぐり込みました。
三月も既に中旬です、そろそろぽかぽか陽気になって欲しいですね。
気象予報士は「冬のコートはまだ片つけないで・・・」と言ってました。
一度は春色のコートを着ようと思いましたが、やはりこの寒さでは
着る事が出来ません。

航空機の不具合・・・5

f37b59ad.jpg航空機の不具合・・・

一昨日の航空機事故、私が知ったのは無事胴体着陸をしてからの事でした。
まさか高知空港の周辺で、前輪が出ないと言う事態が発生しているとは
夢にも思っていませんでした。

無事胴体着陸でぃたから良かったものの、機長はその決断をするに至る迄は
色んな思いが頭の中を交錯したのではなかったかと思っております。
空の安全については、これまでの貴重な経験から万全の注意を払って運航
していたものと信じています。
しかし今回の事故は、安全装置も作動せず前輪が出て来ないと云う状態は
設計面での不備が有る様におもえてなりません。

着陸の寸前に事故を起こしたあの中華航空の教訓も有ります。
度々航空機を利用する機会がありますが着陸するまでは絶えず
不安をかかえて居るのが乗客の心理です。
飛行機は上昇する時より下降する時の方が危険度が高いと云われています。
どの機長も慎重に取り組んでいると聞いております。
今回の故障した飛行機を操縦した機長は冷静沈着で素晴らしい
パイロットだと感じました。
思えば、一時は恐怖を覚えましたが怪我をした人も無く安堵しました。


高知空港に胴体着陸した同じ機種と思われる写真がありましたので
貼り付けます。
着陸寸前の航空機は撮るのが難しいです。

旅の思い出・25

7f1ddcd7.jpg旅の思い出・2

先日掲載しました旅の土産物、ガラス玉のネックレス。
PICSでは、撮り方を写真のベテランさんから、
色々教えて頂きました。

最初は室内で撮りましたが、今回は戸外で、しかも逆光で
撮ってみました。
室内で取った時は、くすんだような色合いに見えました。
戸外で撮ると、綺麗な紅い色が出ました。

更に、逆光で撮ると「尚、輝きを増す・・・」と教えて頂き
実行してみました。
逆光で撮るのは、私にとっては中々難しい事でした。
思う様に撮れませんでしたが、一応、逆光で撮る事に
トライしてみました。
皆さんに教えて頂き、少しずつ知識も付いてくれば
嬉しい限りです。何時も、トンチンカンな事ばかりですが
駄目もと、でがんばりますので宜しくお願い致します。

これは、室内で撮ったものです。



送るかたち・3

3e34814f.jpg送るかたち・・・

また、ご近所のおばあちゃんの話になりますが・・・。
一昨日告別式でした、遡って亡くなった日が3月8日で9日は友引。
そんな事もあって、11日が告別式となりました。
ご近所の事ですし送りたいと思っていました。
所が、ご家族の意志で葬儀は「家族葬なので,訃報は廻しません」と
申し伝えが有りました。

最近はこうした形式で家族を送る家も増えて来ました。
最後にタクシーに乗せる手助けをしたのが、私との別れと
なりました。
自治会長には「亡くなった」事実と
「家族葬」である事を伝えるのみで、周辺も静かです。

息を引き取ってから、自宅へは戻らず、葬議場に安置してあった
模様です。
送る形も最近は変って来ました、何れ近所には知れて行きます。
今は知っているのは近隣の三軒だけですが、何かやり切れない
淋しさが湧き上がってきます。



寒の戻りで幣辛夷もまだ満開ではありませんでした。

名古屋国際女子マラソン5

0158aaf8.jpg名古屋国際女子マラソン

毎年3月の第二日曜日は「名古屋国際女子マラソン」となっています。
昨年は雨に祟られ、選手も気の毒でした。
今年は好天になる様にと祈っていましたが、生憎の寒の戻りです。
日中でも気温は上がる様子が無く、見物には二の足を踏む人も
中には有りました。

TV中継が有りますが、やはり実物を見たいと思い、自宅近くの
通過地点まで行く事にしました。
雨こそ降っていませんが、冷たい北西の風に選手達は苦労をして
コース取りを考えたと思います。
瑞穂競技場を出発して、先ず西風の洗礼を受け走り続けます。
今日は、東を向いて走る時だけ追い風になりました。

気温8.6℃。3月にしては寒いマラソンの日です。
曇りがちな空は中々体温を上昇させてくれないみたいです。
折り返し地点を過ぎてから、毎年ドラマチックな展開に
なって行きます。
選手達がひたひたと立てる足音の中に、女王になる為の
執念を感じ取ります。

実際の競技を自分の目で見る事は素晴らしい事です。
あの姿を見て、エネルギーが伝わり自分までもが元気に
なれる様な気分がして来ました。
2007年の女王は、橋本 康子選手名古屋では五度目の正直で
女王の座を射止めました。弘山選手は2位、大南選手は3位。
選手の皆さんの健闘を称えます。


誰が今回の女王になるか、ブログの写真ではまだ判りませんでした。





07-03-011
私が見ていた地点ではゼッケン18番の人が先頭でした。



07-03-011
結局、優勝はゼッケン13番の橋本 康子選手。後姿しか撮れませんでした。

牡丹の芽が5

0a01c2fb.jpg牡丹の芽が

今年も牡丹の芽が出てきました。
昨年は牡丹の花が終わる頃に、横から芍薬が咲き出して
一体何だろうと近所の人に聞きました。
「台芽」と云うらしいのですが、牡丹の台芽になっているのだと
聞きました。
それを放置すると、牡丹の成分が芍薬に吸い取られて
牡丹が貧弱になるとも聞き、今年は大変不安でしたが
芍薬の芽を思い切って土を堀り返し、牡丹の根元から
切り離しました。
大きな根っこに既に芍薬の芽が育ちかけていました。

素人で何も判りませんが、切り離すと良いと、園芸の本に
書いてあった事を思い出しました。
もう牡丹も駄目だろうと、諦めていましたが、
芽が育ち初めて来ました。
牡丹が元気に咲いてくれる事を祈っています。

旅立ち・・・3

65007a31.jpg旅立ち・・・

先日タクシーに乗せるのに大騒動した近くのおばあちゃん。
あの時私は助けを求められて、その様子を見て困りました。
タクシーの運転手は「ヘルニアを患っている」と言って手を
貸そうとしませんでした。
火事場の馬鹿力とは、よく言ったものです。
おばあちゃんの上半身を私が受け持ち何とかタクシーに乗せました。

しかし、私はその時唯ならない様子を観察していました。
吐く息が既に危機が迫っている匂いがしたのです。
私は瞬間的に「今回は、戻れないかも・・・」と直感しました。
当たらない方が良いのですが、おばあちゃんは、急変して
旅立って行かれました。

近所で生きている間に最後に会ったのは、
私と云う事になります。
色々な事が思い出されて来ますが、自分が本当に
幸せだったと思える様な生き方とはどんな生き方なのか
未だ私には結論は出ません。

sumikoさん、綺麗だわねぇ・・・と言ってもらった
何時か咲いた自宅のカサブランカ、おばあちゃんに
手向けます。玉すだれはおばあちゃんの家に
咲いていたものです。
何れも時期ハズレですがおばあちゃんを偲んで
ブログに貼り付けました。

合掌。



早咲きの桜5

61c244ec.jpg早咲きの桜

花屋さんへ行く途中で見つけた、早咲きの桜です。
今まで暖冬で余り寒い日がありませんでしたが、この所
寒の戻りで寒い日が続いています。
丁度通りかかった時、急に雲がかかり少し暗い画像に
なりました。
今年初めて見た桜です。

桜の木近くにはこごめ桜が咲いていました。
これも毎年撮っていますが、今年は早めの開花ですね。
清楚な小ぶりなこごめ桜、見慣れた花ですが
何時まで見ていても飽きません。

この寒さが通り過ぎたら、またゆっくり花を撮りに
行きたいと思っています。

近所のよしみ〜3

de10b84c.jpg近所のよしみ〜

昔から日本では「向こう三軒両隣」と言ったものです。
また、遠い親戚より近くの「他人」とも言います。
地域社会の中で、お互いに困った時には助け合う精神が
必要不可欠だと思います。
家族構成も、家風も違う近所同士ですが、最近は隣同士でも
何日間か、消息が判らない事もしばしば有ります。

昨日は、お隣のお婆ちゃんが又体調不良で動けません。
入院させる為にタクシーを呼んだものの、タクシーの運転手は
ヘルニアを患い、重いものは持てないといいます。
それで、慌てて私に助けを求めて来ました。
あの、おばあちゃんは確かに重い人です。

昨年の夏の事を思い出しました。
救急車の要請が余りにも多い為、今回はタクシーで
連れて行こうとしたようです。
タクシーに乗せるまでが大変でした。
こうした高齢者を家で介護、介助する事は限界が有る様に
感じました。

しかし、私達も何時かその様になって行きます。
元気に年を重ねて行きたいものですね。
昨日は、大変疲れました、何をする意欲も無く終日力が
抜けた状態でした。


写真は、土佐水木です。

無免許運転・・・3

c3914f2a.jpg無免許運転・・・

6年間もの長い年月、無免許でオートバイを運転して
郵便配達をしていた20歳代の男性が居りました。
今は、普通自動車免許証では50佞離ートバイしか運転出来ない
事になっています。
この男性は総排気量90佞離ートバイは運転出来ません。
運転するには普通自動二輪免許が必要なのです。

就職する時普通自動車免許を所持している事は判っていました。
郵便配達には、彼は当然50ccのものしか乗れないにもかかわらず
90佞離ートバイで配達業務を行っていました。
偶々、右折禁止の所で右折をしてしまい、警察官に免許の提示を
求められ、運転中のオートバイが不適格な物であり「無免許運転」と
されてしまいました。

道路交通法違反をしていなければ、何時までも普通自動車の免許証で
90佞離ートバイに乗り続けた事でしょう。
道路交通法には従って貰いたいですね。
乗って良い物、乗れない物の区別はしっかりとした自覚が必要で有る事が
良く判りました。
郵便配達の業務は大変責任の重い仕事なので、従事する人達については
免許証の確認を行うべきかも知れません。


写真は古代エンドウ。
紅いえんどう豆がなります、花がとても綺麗です。

早く咲きすぎて・・・5

0d957ce5.jpg早く咲きすぎて・・・

夏から秋にかけて咲く野ボタンが何と今咲いています。
先日、蕾かなぁ・・・と思って見てみたら本当に「蕾」でした。
昨日は朝から雨でしたが、野ボタンが咲いていました。
暖冬だからなのか、何で今咲きだしたのか全く判りません。
他には一つも蕾は来ていませんから、きっと一輪だけ
間違えて咲き出したのでしょう。

余り手入れをしてない植木ですが春が来ると花を
咲かせてくれます。
昨年はハナミズキに虫がつき、一寸哀れでした。
今年はその影響も有ってか、花芽が少ないようで
残念に思っています。

野ボタンが三月に咲き出す事は予想外の事でした。





07-03-05

どこにも春が・・・5

3fa0b530.jpgどこにも春が・・・

まだ寒さの戻りが有るかも知れませんがどこにも春が訪れました。
デパートの飾りつけも春のファッションにイメージチェンジです。
春の衣服を見に纏ったマネキンを見ていると、心がときめきます。
マネキンは極端に細身に出来ていて、私たちの憧れの的です。
時代と共にマネキンの顔付きが変って来ています。
ここは日本なのに、何故か国籍不明の欧米風の顔立ちに
してあります。

若い頃のスリムな体型には戻れそうもありませんが、何とか
標準的な体型を維持できたら嬉しいです。
重いコートを脱ぎ捨てて、颯爽と街を歩けたら
尚嬉しい事です。

紅い色の沈丁花も咲き出しました。



livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ