おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

November 2008

四季彩の輝き5

昨日の土曜日、日数的には薬も無くなっている?時だし
整形外科へ最近の体の様子を報告に行きました。
先日の転倒事故の件で、自然に痛みも薄らぎ少し位は
歩ける様になっています。
国民健康保険を使うについては、余程注意しないと
使い過ぎに繋がります。

安易に健康保険を使ってはいけないと、思っています。
我慢の範囲以内の痛みであれば、自然に回復して行きます。
余分な医療費は使わない様にと心掛けています。
最近は介護保険料も支払っていますが、支払っても
自分は「使いたくない」と考えています。
整形外科へ行く時、公園の中を通ります。

11時30分迄に受付をして貰えば良いので、時計を見ながら
公園内の綺麗な黄葉を眺めていました。
然し、眺めるだけでは不満です。やはりカメラで撮影です。
気分転換も兼ねて、これ位の事は良いでしょう・・・。
四季を彩る木々を見て、自然の素晴らしさを今更ながら
実感しました。
この時期は一年で一番木々が彩りに輝く時。
2008年の黄葉はもう少し撮り続けてみたいと
思いました。


y



















r


















紅葉楓の葉っぱとは少し違います。紅葉楓や、いろは紅葉の葉っぱは
葉の先が五つか七つに裂けています。
この木は唐楓(トウカエデ)で、葉の先は三つに裂けています。
本当は「楓」の文字も他の文字を使うのが正しいらしいのですが
このパソコンの変換では出てきません。



v



















私が、綺麗だなぁ〜、と思って立ち止まれば
他の人も同じく、立ち止まって景色を眺めています。
皆、感じる事は同じなんですね〜。


sumiko-koti

山茶花は日本の固有種 ☆-(^_-)-☆5

今年も咲き出しましたね。
山茶花。
山茶花はツバキ科、ツバキ属です。
日本固有種で、花は白の「一重咲き」でしたが
江戸時代から品種改良が行われて
赤い色や八重咲きなど300種以上の園芸品種が
作られました。
海外にも多数輸出されたそうです。

子供の頃、小学唱歌で歌った山茶花。
垣根の垣根の回り角
焚き火だ焚き火だ落ち葉焚き
あたろうよ あたろうよ
北風ぴーぷー吹いている?

こんな歌詞ではなかったのかしら?と
さび付いた頭の中が格闘しています。
子供らしさ、あどけなさが伝わる日本の誇る
素晴らしい唱歌だと思います。

最近はと言えば、この山茶花の唱歌より
山茶花の宿・・・(あどけなさの世界を
想像しにくい歌詞の内容)が平気で子供たちまで
口ずさむ時代。歌詞の「意味が判っての事か?
私の子供時代は唱歌、さざんか、の時代。
山茶花の宿はご法度。
そうでしょ?
違いますか?

s
















↑↓両方とも日本固有種の一重の白い山茶花です。

s

















s


















↑写真の白い山茶花、これは八重咲きの山茶花で、既に
品種改良がなされてからの花と思いました。
赤い山茶花が品種改良で生まれたものとは知らずにいました。
では、ツバキ科同士の椿と山茶花の違いをどうやって見分けるのか?
悩む所ですね。
私は我流で、椿は花の落ち方が一度に落ちて、山茶花は花びらが
一枚ずつ落ちてくる。
それ位の事しか知らないで過ごしています。

綺麗な花を眺めて過ごせれば、それだけで充分ですよね。。。


sumiko-koti

やはり辛い、私・・・ (ーー;)3

24日の朝、自宅で転倒した私ですが、骨にはヒビは
入っていませんでした。
もう、時間も大分経過しましたが、やはりまだ体全体に
違和感があります。
整形外科の先生は「暫くしたら、リハビリ始めるよ・・・」と
仰いました。
ヒビも入ってないのに、どんなリハビリをするのでしょうね。。。

余り歩かないで静かにしていると、足腰が弱って来る様な
気がしてなりません。
筋肉痛なら、歩いて体を動かした方が良い事は理に叶っています。
お天気さえ良ければ、少し歩いて来たいと思っています。
痛み止めの薬品は出来るだけ控えたいと思いますが
西洋医学の先生は傷むといけないから「痛み止め飲んで下さい」と
仰います。

人間はある程度耐えられるなら、そこまでは薬品に頼らず
自らの自然治癒力で回復させた方が良い様に思います。
でも、医学に関しては素人の私の個人的な判断では危険な時も
有りますので、医師の指示を守る事は大切でしょう。


k


















以上の様な理由で、身近な写真しか掲載できません。
今年も変わった色合いの菊が咲いていました。
茶色に近いような色合いですが、私のカメラでは明るい
色が出ています。


sumiko-koti

一寸の時間に・・・\(◎o◎)/!3

またまた不覚を取ったお話です。
家の防犯設備の強化をしたいと思い、相談に乗って貰っている
人が有ります。
忙しい中、下見に来て下さり、ほんの僅かな時間
玄関先の路上に車を止めました。
外を絶えず注意しているのですが、またまた不覚にも
巡視員に違反切符を貼られてしんまいました。

私の家の事で来て頂いたのに、こんな事になって・・・。
私の気分は大変申し訳なく、重いものになっていました。
余り来ない巡視員ですが、間が悪いと、貼られてしまうのですね〜。
車の近くで、立ち話をしていたら・・・。
たら・・・。
れば・・・。の話は結果論に過ぎず
実際に外で立ち話をするべきでした。


p


















写真は近所の公園の今。
秋の公園も色付いた木々が綺麗です。


p


















もう直ぐ12月だと言うのに、まだアメジストセージ綺麗な
色をしています。だんだん花の寿命も長くなっていく様に
感じます。温暖化の精?


sumiko-koti

不覚にも・・・ (@_@;)3

過ぎてしまえばの話ですが・・・。
実は24日の朝、実家へ法要に出かける前、身支度をする時の事です。
自分の部屋へ行く途中、コードを不注意にも引っ掛けて
転倒してしまいました。
捨て身になった体は突然胸や腹を下にして倒れ込んでしまいました。
暫く、息が出来ない程のショックが有って、何ともならず
そのままの姿勢でじっとしていました。
約10分ほど、動くに動けず、困りました。
体には何故か背後に痛みが走ります。

あぁ〜、大変な事になったなぁ。。。
時間は迫るし、SOSを息子に出しました。
高速道路を使い、飛んで来てくれました。
体は痛くて、自分では車の運転は無理と判断しました。
何でもない事ですが、転倒して骨折した人の事を知っています。
以前、階段から転落した時の痛みとは、痛みが違って多分
何とも無いだろう〜、と自分では考えていました。
階段から転落した時は、1時間以上全く動けない状態でしたから。

整形外科でレントゲン撮影ををして貰いましたがヒビも入っておらず
一先ず安心をしました。
兄弟達も心配をしていましたので、何とも無かったこと
伝えておきました。
寄る年波には勝てず・・・とは、よく言ったものです。
シップを貼っていますが、次第に痛みも収まっていく事と
思います。
不覚を取りました。


pp






今年もポインセチアが店頭に出回りました。
年末にかけて華やかさを演出する事でしょう。
2008〜2009の年末年始は、何もしない事にしています。
今年はまだ喪中の為静かにしていなくてはならないのです。


sumiko-koti

曽祖父と祖父を知らない子達5

私からすれば実の父親と祖父の事です。
父は若くして他界しましたので祖父は不本意乍ら、
逆仏を見る事になりました。

あの時の悲しみは、家族全部が今以て忘れる事が出来ません。
後を追う様に祖父も亡くなりました。
それで、昨日は父と祖父の法要が実家の弟が施主となり
執り行われました。


弟の子供達始め、私の父親と祖父の事を知らない子達が
多く居ます。
先祖の供養は生きている人のつとめとして、行わなくては
なりません。
私が子供の頃は、法要は大勢の人達が集まりました。
今は代も代わり、私達直接の子供と実家の子供達だけが
参列して寺院で追善供養の読経をして貰いました。

最近は法要等でしか滅多に会えない兄弟達です。
無事に父と祖父の法要を済ませ、一区切りしました。
因みに父親の命日は「1月1日」なので、寺院の都合も
兼ね合わせ、早目に執り行いました。


c


















弟の愛犬チョコ。
人が大勢集まったので、ゲージの中でご機嫌斜めです。


c


















弟の愛車、フォルクスワーゲン。
よく分かりませんが、V8気筒の車だと言っていました。
彼はカーマニア、今までに何台乗り換えた事か・・・。
ナンバー消す事を条件に写真撮って来ました。


sumiko-koti

記念日が重なるって・・・5

昨日は11月23日(勤労感謝の日)。
その日に何年か前に私達は結婚式を挙げました。
当時の事とて、親族だけが集まる、質素な挙式と披露宴でした。
快晴の日で、寒い朝でした。
淡々とした私達の平凡でも平和な暮らしが続き、人並みに
幸せな気持ちで過ごしておりました。
毎年「11月23日」は二人だけで、ささやかな
結婚記念日のお祝いのワインを頂いていました。

所が今年は「23日」はまた格別な記念日が
出来てしまいました。
23日は、夫が旅立った悲しみの記念日です。
希望を持って夫婦となった日と、居なくなった日と
同じ23日が重なるなんて、運命の悪戯としか
考えようが有りません。
昨日は、複雑な思いで一日が過ぎて行きました。

息子達が来てくれました。
「一人になっても、結婚記念日は来るよ〜」と言って
バウムクーヘンを買って来て呉れました。
心の中で結婚記念日を祝い
心の中で鎮魂の日である事も思いながら
私にとって「23日」は本当に特別な日である事
実感した一日でした。

r
























y
























東京から三重県の実家へ帰省した帰りに、一番初めに仲人を
引き受けたご夫妻が立ち寄り、参詣して下さいました。
忘れずに来てくださった事が大変嬉しく、昔話に花が咲きました。
でも、一人足りないんですよね〜。


彼の家族は、二人の息子さんは
フランクフルト、ブリスベーンに住み国際派の
家族です。
勿論成人するまでに父親の勤務先に家族が
帯同していましたから、突然の海外暮らしではありません。
息子に逢いに行くにも航空券が要るので〜、と笑っていました。



私たちが結婚した11月23日も写真の様な紅葉が真っ盛りの頃でしたね〜。

sumiko-koti

珍しい花・発見!! ☆-(^_-)-☆5

朝晩急に寒くなって来ました。
そういえば、もう11月も下旬になっていますからね〜〜。
所用で区役所まで行きました。
最近は自宅から徒歩ばかりで出かけます。
何年か同じ学区に住んではいても、隅から隅まで知っている
訳ではありません。

散策を兼ねて徒歩で行くと、思わない所で嬉しい発見も
あるのです。
快晴の日でしたので、街中で民家の軒先まで伸びた植物。
しかも、小さな提灯かな?と思う様な花が咲いていました。
思わず見とれていました。
「奥さん、この花綺麗やろ?」と近くで作業をしていた
塗装業の男性が話しかけて来ました。

「綺麗ね〜」と言いながら、若しかして花の名前知っているかも
知れないと思い聞きましたが
「俺、全然しらねぇ〜」と言います。
そして、親切にも花の有る民家の奥さんを呼出して呉れました。
その奥さんも、全く分からず名前を知らないまま何年も
見ている、と言いました。

ネットで調べて頂きました。
今は質問を受け付けて、教えてくださるサイトが有ります。
早速質問して回答を待ちました。

アオイ科のアブチロンで
斑点入りの葉っぱに特徴があるとの事で
「カニングトンサリー」と言う品種だと推察する、との事でした。
幅広の傘タイプの花です。
よく見かけるランプ形をしたアブチロンとは、形が違うので
全く違う花だと思っていました。


aa






正面から見た所とまだ蕾の所。

aa







快晴の空にはよく映えます。
遠くからでもよく目立ちます。横顔も撮って来ました


a  綺麗な斑点が入った
  葉っぱです。
  実はこの綺麗な
  葉っぱに見とれて
  いました。
  何時かこの家の
  奥さんに分かる様に
  写真を添えて花の名前を教えて差し上げようと
  思っています。
  黙ってポストに入れてきても良いし・・・
  花の名前が分かれば、きっと喜ばれると思います。


sumiko-koti

やはり苦しい?3

アメリカ発の金融危機で世界中が大騒動です。
日本もそのあおりを喰らって、株価も下降線を辿り
日経平均が8000円を割り込んでいます。
不況、不況と言い出してから気が付いたのですが
毎月支払う新聞購読料の領収書と一緒に、新聞店が
地域へのサービスとして一寸した冊子や展覧会のチケットを
配布しています。
同時に決まって、ごみ収集用の指定袋を
20lのものを、可燃用、資源用の袋を各2枚ずつ計4袋を
サービスとして配布していました。

所が最近は何故か、各1袋ずつに削減されていました。
新聞店にも色んな事情がある事は分かっています。
私は早くから購読料は毎月自動引き落としにしていて
集金の手間は掛かりません。
一軒集金する毎に、50円の手数料を集金人に
支払うのだそうです。

新聞店にしてみれば、有り難いお客です。
集金の家も自動引き落としの家も一律のサービスでは
一寸おかしいと思いました。


g
























g
























世の中不況でも、季節だけは移ろいます。
銀杏の黄葉が綺麗です。
先行き不透明な世の中でも、こうした銀杏の黄葉を見ていると
不思議と気持ちが癒されるのは、私だけでしょうか。サービスの
袋が2袋になったのは、やはり新聞店も苦しいのですかね〜


sumiko-koti

不快な一日〜3

そんなに怒る事は無いと言えば、無いのですが
早朝から、投資話の電話が掛かって来ました。
女性の声でしたが、金額の単位が半端ではなく
その話を聞いただけで「お金はありません!!」と
断りました。

それくらいのお金が無いのかと、言わんばかりの
口調に腹が立ちだして、
「ですから、そんなお金全く有りません!!」と
再度断りました。
執拗な勧誘でしたが、一切関心が無い為
こちらから「電話、切りますよ!!」と言って
切りました。

この不景気な時代に、正体の分からない人と
話はしたくありません。

一日、不愉快でした。。。

p  
  不快な時は
  楽しかった時の
  思い出の品を
  見ると良いです。

  2005年、愛・地球博で
  買い与えたジュースの
  入れ物、まだ有りました。
  孫娘はピカチューの
  大ファンでした。
  

sumiko-koti

まだ走っていました〜3

今年のプロ野球も全ての日程を消化してシーズンオフとなりました。
地元・中日ドラゴンズは怪我人や北京オリンピックの為に
選手のやり繰りに苦労をしました。
結果、CSでは巨人に破れ、日本シリーズ出場はならず
連覇の夢は絶たれました。

地元に生まれ育った私たちからすれば、Aクラスに入れば
良しとしたい所です。
現在FA宣言をした選手たちの今後の動向が気にかかります。
一時は野球生命を絶たれるとまで思われた,某選手は、救済して貰った
恩義とか、感謝の気持ちを何時の間に忘れてしまったのか、残念です。

救済して貰って、息を吹き返した選手は、球団に対して
感謝して一生懸命プレーしてこそ人としての評価が上がると
感じます。
現代っ子は、恩義も、情も全く関係が無いと
思っているのでしょうか。
もう少し成熟した思考の持ち主だと感じていましたが・・・。
咽元過ぎれば〜〜。


d


















ドラゴンズのラッピング列車、まだ走っていました。
到着すると、ドアーが開きます。


d


















ドアーが閉まると、選手のプレーしている姿が分かります。
選手の名前も分かるようになっています。
ドアーが閉まると直ぐ発車です。
この僅かな時間に撮らなくてはならず、中々難しいです。

FA宣言は権利ですから、行使も止むを得ませんが
訳ありの選手は、一寸頭を冷やして、
自分の事を考えるべきです。

そうでないと地元のフアンの期待を裏切り
失望を与える事になってしまいます。。。


sumiko-koti

時期が来れば・・・5

aa






写真↑は左が11月7日の撮影です。右が11月17日の撮影です。
先日ご紹介しました、何時までも元気な朝顔のその後です。
僅か10日間の間に、写真右のような元気の無い末期の姿に
なっていました。
10日間は短いようですが、植物にとっては変わり目の時間で
有ったのかも知れません。

同じお宅の写真ですが全く違った印象がしますね。。。
もう朝顔も頑張る力も無くなりつつあります。
そうですよね〜、11月も後僅かで下旬突入ですからね〜。
ご苦労様でした、朝顔さん!!
また、来年も咲いてくださいね。


b  朝顔がやがて
  終わり
  次は季節の花木瓜が
  咲き出しています。
  季節は確実に
  冬に向かっていますね。


 sumiko-koti

突然は困ります〜3

風邪気味で整体の先生の所へ行く事が遅れています。
定期的に調整をして頂かないと、まだ私は万全ではありません。
全て、これまでに遭遇した、交通事故の後遺症から来る体調
不良です。
外見は普通ですが薬品ではどうしても直らない部分がある訳です。
出掛け様と、家の戸締り、セキュリティー、その他見回して
『OK』と思った時、玄関のチャイムが鳴りました。

予告電話も無く突然訪れた、ある知り合いの営業マンでした。
夫が主に付き合っていましたが、今は私に代わりました。

突然の訪問で、整体の先生の所へ行けなくなりました。
突然、と言う事は、幾ら暇人の私でも困りました。
私なりに一日の予定が有るのですから。。。


p


















p



















p  突然の訪問でも
  怒る訳にも
  行かず
  我慢の子です。
  携帯電話から
  電話して来ても
  それ程の
  時間は
  掛かりません。


  営業をする人は
  必ず
  電話連絡して
  確実に会う事を
  前提にして
  行動しています。


  若し、私が
  出掛けた
  後だったら
  二度手間です。



時にはそんな日も有りますね・・・。
近くの名城公園の紅葉、綺麗です。


 sumiko-koti

おじさんを偲んで・・・2

毎月町内の子ども会の資源回収があります。
平成になってから、ずっと同じ回収業者が町内の子ども会の
資源回収の日に岐阜方面から来ていて呉れました。
道中、渋滞に巻き込まれる事を懸念して、早朝家を出発し
名古屋へ入るのだそうです。

朝食は喫茶店の「モーニングサービス」を利用して
約束の時間前には、待機していました。
穏やかな人柄のそのおじさんは、自らも率先して近所の
人の家の物は最初に車に積み込み、一生懸命働きました。
資源の値段が下落して、子供会も収入減で困った事が
長く続きました。

資源回収業のおじさんも、子ども会に支払うお金が少ない事を
気に掛けていました。
そんな、気の良いおじさんが、来なくなりました。
突然若い業者さんに代わっていたのです。
「おじさん、どうしたの?」と聞きました。
「おじさんね〜、突然亡くなったの・・・」と子ども会の
お母さん達が言い出しました。

皆が信頼して、長年この町内の子ども会と付き合って来たのに
本当に驚きました。9月、10月はまだ来ていたのですから・・・。
子ども会のお母さんたちも、放心状態です。
名前も、知りません。
唯、資源を回収に来るだけのおじさんでしたが、淋しいです。
夫が元気な頃、よく立ち話をしていました。
きっと、二人は天国で会っているかも知れません。


5


















もう、この青い色をしたトラックは来なくなりました。
何年か前におじさんをモデルに撮った写真が有りました。
まじめで親切なおじさんは、うちの町内では好感を持たれていました。
誰もが何時かはこの世から去る日が来ますが、このおじさん
早すぎました。


 sumiko-koti

〜〜で、逢いましょう・・・。5

〜〜で、逢いましょう・・・。
と言えば、先日惜しまれて亡くなった歌手フランク永井さんの
「有楽町で逢いましょう」が思い出されます。
首都近県の人達の待ち合わせの場所として一斉を風靡した事は
有名な話です。

その二番煎じでは有りません。
ここ、名古屋では「日ギャラの前でね〜〜」と
待ち合わせの場所を指定する場合が良くあります。
日ギャラとは、日産自動車ショールームが有る名古屋栄の
地下街の中心地クリスタル広場の目の前です。

私が特別思った事は、地下街の一角に何故自動車会社の
ショールームが出来たのかと言う事でした。
最も名古屋はトヨタの本拠地で、いわば敵地に殴り込みを
掛けた様な形でした。
地下街の中心部は不特定多数の年齢を問わない沢山の人が
通ります。

私はトヨタの乗用車に乗っていますが、このギャラリーへは
何度も立ち寄っています。
地下街と言う特異な空間で長年に亘り閉鎖をしない事は
それなりの採算が有るのでしょう。
歌にはならない、地味な待ち合わせ場所ですが
「日ギャラの前で〜〜」は名古屋では今や常識となりました。

寒さに向かう今頃から、待ち合わせの人の数は次第に
増えて行きます。
雨風心配なく、冷暖房は年間を通して快適温度。
思えば、日産自動車のしぶとい戦略の勝利かも知れません。
地下街のショールーム、果たして何処から車を
入れるのでしょう・・・。

nn 2






n 3c






若者から中高年まで、気軽にギャラリーへ立ち寄ります。
一年の間に、何度か車の入れ替えがあります。
何時も賑わっています。
ギャラリーの前は噴水のある地下街広場。
季節に合わせて華道家さんたちの活け花が彩りを添えます。


 sumiko-koti

気に入らない事・・・2

聞き飽きたと言われそうですが、またマンション新築工事現場の事です。
「これからは、静かになりますから・・・」と現場の監督が触れ回った
その直後に、思わない事が発生しました。
旧郵政省の建屋を解体する時に、同時に基礎に打ち込んだ杭を
抜けば良かったのに、そのまま新しいマンション工事に入りました。

旧郵政省の物件は、数え切れない大小様々なパイルが打ち込んであり
その数も多く打ち込んで有りました。
今になって、抜き取らずに新築工事に入ったため、その杭が
邪魔になり、撤去をしなくてはならなくなりました。
振動、騒音、何時まで続くのかと「気に入りません・・・」。

静かになりますから〜と触れ回る必要は無かったのです。
パイルを打ち込む?十年前の工法と今の工法とは大きく違いが
有るようです。
何時も迷惑を蒙るのは周辺の住民です。
私は風邪引き状態なので、この騒音と震動を逃れて外出もままならず
我慢の子でした。
大昔に打ち込まれたパイルが幾つか切断されて置いてあります。



pp






写真左は、抜き取られた?十年前のパイル。
どれだけ運び出したか定かでは有りませんが、このパイルが
最後のパイルです。近い内に運び出すでしょう。
写真右は、ショベルカー2台。この他に掘り下げた穴の中に
もう一台のショベルカーがあります。
これが、同時に稼動した時、意外に遠くまで地響きがするのです。

世界的な金融不安の中、果たして完成の暁には
景気は回復しているのか先行き不透明です。


 sumiko-koti

トレニア5

夏から秋に掛けて咲く「トレニア」です。
私の経験では10月までには確か花が終わっていた様に
記憶しています。
ちょっと変わった形の花びらをしたトレニア。
アフリカ又はアジアが原産と言われています。

11月中旬になっても、まだ花が元気に咲いています。
然し、葉っぱは、やはり季節が変わり「赤く」色付いて
います。
トレニアの葉っぱの紅葉は初めて見ました。
このトレニアも、何時まで咲き続けるのか
興味津々です。

tt












この花を見ていると、過ぎていった夏の日が思い出されます。
今年の夏は「一度」しかありません。
その一度しかない今年の夏に、私は大きな試練を負う事に
なりましたが、これから先、何とか健康に気をつけて
暮らして行くつもりです。


 sumiko-koti

その真心が・・・5

現在住んでいる家の建築に当たり、何かとお世話になった方が
いらっしゃいます。
家は建てた時点から一年、一年老朽化が始まります。
そんな事も含めてその方には、付かず離れず、長い時間の
お付き合いが続いています。

夫が亡くなった事は、何かの伝でご存知だったようです。
ご夫妻で参詣に来て下さいました。
奥さんとは、パソコンのメル友でもありますし、家のこと意外に
大切な医療機関のご紹介やら諸々お力添えをして頂きました。
数々のお供えやお花を持って参詣して下さり、真心の篭った
お心遣いに本当に心が温まりました。

思えば中々出来ない事です。
夫の事を忘れずに居てくださった事が
私にとっては大変嬉しい事でもありました。
きっと、夫も喜んで呉れていると思います。

お二人揃ってのご参詣、本当に有り難く感謝の気持ちで
一杯です。有難うございました。


z

















一旦咲かなくなったゼラニューム、また咲き出しました。
夏の間、忙しかったので花は大分枯らしてしまいました。
然し、ゼラニュームだけは何とか枯れずに生き延びました。
まだ、蕾も有ります。暫くしたらまた咲き出す事でしょう。



z
















久し振りに快晴の一日となりましたが、風邪引きの状態なので
家に篭るより仕方ありません。
早く回復したいと思っています。


 sumiko-koti

我が家の紅葉3

昨日は風邪気味で、体もだるく一寸だけ熱が有り
外出は控えて、静養しました。
たかだか、風邪くらいと思っていると大変な事に
なりかねません。
朝起床した時から、頭痛がしていました。

快晴の日は何時来てくれるのかなぁ〜と
思いながら家でじっとしていました。


n
















相変わらずマンションの新築工事の音や振動は夕方5時まで
続きます。逃げ出したい気持ちでしたが、出かけたら又
風邪引きの状態が悪化する可能性もあり、我慢をしました。

色々弊害が出てきています。
雨戸の開け閉めが悪くなった家。
玄関ドアーの開閉がスムーズに出来なくなった家。
新築マンションが出来上がるまでに色んな問題点が
出て来る事でしょう。
「古い家だから、工事の影響ではない〜」なんて言われたら
それこそ困りものですね。


 sumiko-koti

ぶらり、岐阜市内散策・・・5

日曜日、ふと思いついて岐阜市を散策したいと
お昼過ぎに名古屋を出ました。
何の目的も有りませんが、かって、夫が中学から大学一年まで
過ごした岐阜を一人で歩いてみたかったのです。
大勢で来た事は何度も有りますが、一人で来たのは
初めての事です。

長良公園付近でバスを降りて閑静な住宅街をぶらりと
散策しました。
生憎寒い日で、付近の山や金華山も眺めたし
それこそ一人でぶらりと、目的も無く歩いただけでした。
途中で見つけたカフェで一休みして帰ろうと思いました。

所がそのカフェは、とても上品な造りと都会じゃないのに
センスの良い置物やギャラリーも併設していました。
なるほど・・・。
こんな所にも素敵なカフェがある事発見!!
ぶらり散策のお土産になりました。
勿論、美味しいコーヒーは頂いて来ました。
併設のギャラリーでは、水彩画家さんたちの作品の
展示中でした。

良い作品を見せて貰い、美味しいコーヒーを頂き
偶さかの、思いつきの散策も悪くは無いなぁ〜、と
感じました。


cp






c  このコーヒーはとても
  美味しく芳醇な香りが
  漂っていました。
  次に岐阜市へ来たら
  また行くかも?




w  カフェの椅子に掛けて
  外を見ればやはり
  木々は紅葉しています。
  秋の日の釣瓶落としとも
  言われる日没の速さ。
  
  そんな事を考えれば
  今来た道を、引き返し
  名古屋へ戻る事を
  考えました。
  思いつきの行動も
  又、楽し・・・。


 sumiko-koti


気がかりなこと・・・3

先日所用があり近くへ出かけました。
近くと言ってもお隣の春日井市です。
待ち合わせの時間に少し間が有ったので散策をしていました。
私が目に留めたのは、11月になっても尚咲き続ける
朝顔でした。
カメラを向けて撮っていましたら、偶然そのお宅の
ご主人が私を見つけられ、ご自身が感じて居られる事を
話し出されました。

「長年生きているけれど、11月まで朝顔が咲き続けて
 天地に異変が起きなければ良いけれど・・・」と
とても心配そうに話しておられました。
私は、無断で撮影した事を詫びて、お許しを頂きました。
そのご主人は快く色んな作物の異変について話しかけて
来られました。
花や作物を介して、自然に会話が弾むことは嬉しい事です。

「何時でも,撮ってくださいよ〜」とまで
言われ、この方のご好意を嬉しく思いました。
「奥さん、この馬鹿カンナを見て下さいよ〜」と言って
カンナの咲いている方へ案内して
「何時まで咲くのやら・・・、この馬鹿カンナ!!」と
盛んに言っておられました。

どれも、これも時期はずれの咲き方に
異変が起きなければ良いけれど〜といった警戒の気持ちが
滲み出ていました。


ar






心配の種?の朝顔。右はラッキョウの花。
ラッキョウの花は初めて見ました。


rk











左はラッキョウ畑に咲いている無数のラッキョウの花。
右は、以前もご紹介したあのカンナです。この日は晴れて
ご主人の前で撮らせて貰いました。本当にこのカンナが
何時までこんな勢いで咲くのでしょう。未だカンナの蕾も
沢山有りましたよ〜〜。


n  これは、韮の花が
  咲き終わっている
  所です。と
  色々親切に説明を
  して貰いました。

  実際の所このお宅の
  花や作物は無断で
  撮らせて貰っていましたが
  次からはご主人との
  顔つなぎが出来ていますので
  もう、安心です。
  また、私で判らない事は家内に聞けば判りますので
  又ね〜〜と言って、別れました。

  有り難い事です。
  
 sumiko-koti


高山市方面へ行ってきました〜35

皆さんは平成19年に発生した、飛騨鍾乳洞に隣接する
大橋記念館から100kg以上の純金の金塊が強奪された事件を
ご記憶でしょうか。
当時、防犯用の監視カメラに何人かの男の姿が記憶されていました。
高山市内から随分離れた静かな場所です。

今から40年ほど前に、飛騨鍾乳洞が発見されています。
発見25年を記念して100坩幣紊龍皺瑤大橋記念館内に
展示されていました。
この事件が発生するまで、こんな山奥に「金塊が」ある事すら
知りませんでした。
勿論その時初めて「大橋記念館」の名前も知った訳です。

強奪されて、あちらこちらで、こまごまに分解された
金塊を、そのままで、今は展示しています。
こんな機会は期限付きなので、是非その金塊の壊れたままの
物を見たいと思っていました。
現在は71圓妨困辰凸瓩蠅泙靴燭差し引き35〜6kgの金は
行方不明です。


tt












古い街中で見た景観。↑
高山陣屋近くの赤い蔦のある家。両方とも
凄く魅力的な景観でした、


tl






高山の名物、車やさん。
女性の車やさんは、やはりお客を2名しか乗せていません。


g


















最初作られた時は、100.5塒ったそうです。↑
金塊は最初はこんな形で展示されていたと思われます。


gg






無残にも今はこの様な形で↑展示中です。
何れ、元の様な金塊に形を戻したいとのオーナーの大橋さんの
意向が有ると聞いています。
71圓妨詐した今、皮肉にも金の時価相場が急騰しています。
71圓2億2千万円の価値が有ると記念館の説明です。
強奪された時の値段よりも、跳ね上がっているとはここの
オーナーさんの強運には感心しました。

鍾乳洞の見学と、大橋記念館の見学はセットになっていて
勿論有料です。
粉々になった金塊の姿を見る為に、観光客は増加中と言っていました。


sumiko-koti




高山市方面へ行ってきました〜25

mm






高山市内へ入りました。
余り広いとは言えない道を通ります。
快晴のこの日、高山市内の有る場所からしか見られないと
言われる、北アルプスの山が見えました。
中々快晴に恵まれる時は無さそうで、これほど綺麗にお山が
見られるのは珍しいとの説明がありました。
勿論車窓からしか撮れませんでしたが、乗鞍岳?と思われる
山を撮って来ました。


mm











これから祭りの森と言う
資料館へ出かけます、祭りの山車が展示してあり
中はかなりにぎわっていました。


mm












山車の展示です。↑

tt





高山市内、古い町並みです。

nn













宮川に掛かる、なか橋、観光客でにぎわっています。
一寸離れた所から川面に映る赤いなか橋を撮ってみました。


sumiko-koti


高山市方面へ行ってきました〜5

友達に誘われて、高山市方面へのバスツアーに参加しました。
これも、欠員が有る為の補充要員みたいな事で参加をしました。
家から外へ出る事を嫌がるお年寄りが多いようですが、このツアーは
最高齢の方は92歳の方でした。
勿論杖やその他の歩行用の補助器具を利用する他のお年寄りも
いらっしゃいました。

家に閉じこもっていては、気分的に参ってしまいます。
積極的に外へ出られれば、知らない人とも、言葉を交わします。
お年寄りには、その言葉のやり取りが、一番大切な力となります。
対話をする事で、脳は自然に動き、働き活性化されるとの事です。
おしゃべりは、健康に暮らす大切な入り口かも知れません。
名古屋を出発して、時々トイレ休憩を取りながらのツアーです。

ひるがの高原サービスエリアでは
快晴の中大日ヶ岳が雪を頂いて綺麗に見る事出来ました。
ひるがの高原SAの周辺も紅葉が綺麗です。
まだ、真っ赤にはなっていませんが、広い範囲でオレンジの
絨毯を広げたような美しさでした。


mm






写真↑右は、大日ヶ岳のクローズアップです。
一寸距離がある為、これが精一杯の大きさです。


ms/a






ひるがの高原SA周辺の紅葉の模様です。
これは、真っ赤になる種類の木なのか分かりませんが
綺麗です。


m
















こんなに赤く染まっている所も有りました。
SAに居た時間はほんの僅かな時間でしたが大日ヶ岳が見られて
幸先の良いツアーに感じました。
雪を頂いた山の姿はには感動しました。



sumiko-koti



秋の名古屋城  25

秋の名古屋城は春とは風情が違います。
人出は桜の開花の時期より少ないですが、年輪を重ねた
ご夫婦連れが多い様に見受けました。
昔から名古屋城の菊人形は秋になると話題になりました。
然し昨今では菊人形の作り手も高齢化して来て、昔に比べれば
数が少なくなってきています。
若い人の継承者が出て来ると良いと思います。



cc





東門から見た、秋の名古屋城です。
木々の色つきが始まっています。


kp












本丸御殿の主、徳川家光公。
本丸御殿は、第二次世界大戦でお城が焼失した時に
同じく焼失し、戦後63年たっても再建が叶っていません。
今、再建に向けて、名古屋市は遅まきながら運動開始です。
寄付金を集め、市民や来場者に協力を求めています。


mw












この二人は家光公に仕えた人物と思われる菊人形です。
最近のお人形の顔立ちは、昔の顔立ちと違う様に
思えてなりません。
余りにも整いすぎて、綺麗過ぎます。
何となく昔のお人形の顔の方が、より人間的な造りで
有ったと感じています。


sumiko-koti



秋の名古屋城5

毎年の事ですが、秋は名古屋城の菊の展示がされます。
何方が出品されるのか良く分かりません。
丹精こめた立派な菊が沢山有りました。
菊の展示については、全く決まりなど知らなかったのですが
行って見れば、知らないこともわかって来ます。


cc













菊の展示は、鉢の数や、菊が何本で仕立てられているか
素人では全く分かりませんでしたが、説明を読んで
納得をしました。
写真右は鉢が3個で一組の展示となっています。
色んな決まりがあり、見ていると気が遠くなる様な
厳しさです。


c
















この沢山花が付いた菊は、一鉢に一株で、出来るだけ
多くの花を咲かせる様に仕立てます。
添え竹、竹、針金を使い小判型、船底型、半月型など
様々な造形を演出出来ます。
この菊には、500個もの花が咲いていました。
これを「千輪仕立て」と言います。


c
















この菊も繊細で美しいです。
3鉢が一組とか、5鉢で一組とか、12鉢以上で一花壇と
色々変化に富んでいます。
まだ暫くは楽しめそうです。



sumiko-koti






文化の日3

11月3日、文化の日。
土曜日から数えて3連休となっています。
私にとっては3連休は生活の上で殆ど影響は有りません。
若いサラリーマンや学生さんにとっては、きっと色々な
計画も出来るでしょうし、又日頃の激務から本当に
開放されて「体を休める」人も中には有るでしょう。

偶々、昨日は所要を思いつき短時間ですが外出しました。
地下鉄駅の周辺は、最近かなり広範囲に自転車放置禁止区域として
有料の駐輪場を設けています。
祝日は、近くの銀行は営業しません。
そこで、有料駐輪場へ置かず、銀行の出入り口近くに
不自然なほど沢山の自転車が置いてありました。
ここへ置けば、その日は「無料」となります。

乗用車も前面駐車禁止になった今、銀行の乗用車の駐車場は
一般も使える様に「有料化」しました。

自転車も、乗用車も置く時は有料となりました。
自転車は僅かに「100円」ですが、無料で置ける所には
遠慮なく置いて行ってしまう人が有るのでしょう。
お陰で、駐輪場はガラ空きです。
塵も積もれば何とかで・・・。
その内に銀行が無関係な自転車の放置を監視するように
なると思います。みんな、チャッカリしてますね。


bb






銀行の前に置くと、途中で雨が降り出しても
屋根が有り自転車は濡れません。


sumiko-koti

落ち葉の詩・・・5

紅葉の季節は又、落ち葉の季節でもあります。
樹木が生い茂っていれば、必ず落ち葉が出てきます。
色付いた落ち葉、まだ緑色の落ち葉、様々です。
一寸強い風が吹けば、はらはらと樹木の葉っぱが
落ちて来ます。

まだ、ぴんとした葉っぱですが季節がもう少し進めば
落ち葉は水分が抜けて、茶色い枯葉となって行きます。
落ち葉、何となく秋のメランコリーを感じないでも
ありませんが、寒さに向かう準備かと思うと
少々気が重いですね。


kk







水に浮かぶ落ち葉は彩りもまだ鮮やかです。写真右↑
周囲の木の葉っぱがここへ集まって来ます。

そういえば、家のハナミズキ随分葉っぱが落ちて
淋しく生って来ました。
まだ赤い実は残っていますが、その内に鳥の餌になるでしょう。
来年は花が咲いてくれるのか、花芽の数が気に掛かります。


sumiko-koti

もう、シクラメンが・・・5

秋本番ですね。
急に11月の声を聞くと年末が近くなった感じがして来ます。
まだ、先のことと思っていましたが夏の花を整理して
春先までの花に模様替えをしたいと思いました。
花屋さんの店頭には早くもシクラメンが並んでいます。
毎年、比較的丈夫なガーデンシクラメンを購入します。

年賀はがきも発売されました。
嫌でも、年末がやって来ます。
一年が本当に早く過ぎて行きます。



ss






一寸だけ色合いが違うシクラメンです。
どちらも愛らしい感じですが、やはりこれから先の
クリスマスに向けて、真っ赤なシクラメンガ好まれるかも
知れません。
今年は、白いシクラメンがあれば白いのを買うかも知れません。



sumiko-koti

11月になりました・・・5

街中の緑が色ついてきた秋なのに
まだ夏の花、ペンタスが一杯咲いています。
秋だと言うのに、この元気さ。
驚きましたね〜。


p

















花の蜜を求めて一匹の蜂が旋回中です。
一寸大型の蜂なので近くへ寄るのが怖い気がしました。
羽音が、ブーンと聞こえてきます。↓


p
















なんだか不気味な感じです。でも、こんな大きな蜂は
余り見る事無いですから、撮りたいと思いました。

pp





羽ばたいている蜂ですが、細い管を花につけては蜜を吸っている様です。

pp






蜂も生き延びる為には栄養を補給しなくてはなりません。
夏が過ぎてもまだ花が一杯あって、栄養源には困らないでしょう。


ペンタス、又の呼び名を草山丹花(くささんたんか)とも言います。
熱帯アフリカ原産の花ですが、明治末期から大正初期にかけて
渡来したと言われています。
枝先に星型の花を沢山咲かせます。
夏から10月頃までが開花期です。

山丹花(さんたんか)に似ている事から
草山丹花と言われているそうです。



sumiko-koti
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ