おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

November 2010

心の内は〜 (^^♪

春と秋に私の町内では何軒かの家が同じ庭師さんに木の手入れを
して貰っています。
最初はお隣の庭木の手入れに来ていたのですが、次第に懇意になり
綿塩家の木も剪定して貰うようになりました。
不況の時代でも、木々は枝葉の成長を止めて呉れる訳では有りません。
毎年、決まったコースで枝葉が成長します。







不況だから、と言う理由で放置する事は出来ません。
私が所要で午後出かけた後に庭師さんが来てくれたそうです。
「このあたりの家、今日中に済ませます!!」と言って
私の家の木も手入れをして行きました。
近所の奥さんが、仕事を見届けていて下さいました。
私が「留守」でも手間賃は「後から請求しますから・・・」と言って
帰って行ったそうです。

近所の奥さんの話では、
「以前は**さんの所も行ったけれど、金輪際頼まれても行かない!!」と
庭師さんは言い残したそうです。

あぁ〜、なるほどね〜と、私は庭師さんの心の内を読み取りました。
今は不景気で庭師さんも出来るだけ顧客を取り込んで置きたい所です。
それが「頼まれても、行かない!!」と言う科白は普通では
考え難い事です。
やはり、何か気に入らない事が有ったのだな!!と感じました。
普通は頼まれれば、引き受けますが・・・。

私も「**さん」は、相性の良くない人の一人で出来るだけ
関わらない様にしています。

仕事を蹴る庭師さんも変わり者?かも知れませんが
何となく「**さんの家は嫌!!」と言う気持ちが解らないでも
有りません。



bana-

お城が見える場所で〜 (^^♪

最近ではお城まで出掛ける機会が有りません。
寒くなり余り撮りたい花も無くなり・・・。
お城は暫くお預けですね〜
その事を思えば名城公園のフラワープラザは折に付け花壇の
花の植え替えをしています。
近場で何か撮影したい時には名城公園も良い被写体が沢山有ります。
でも、今は端境期で殆ど花らしい花が有りません。







公園の事務所の係りのおじさんと顔見知りです。
暫く行かないと
「どうしていたんだい?、顔を見ないと心配だよ!!」と
声を掛けて来ます。
植木の係りのおじさんとは、花の名前を聞いたり色々教えて
貰っています。

先日も
「何かないかな?」と思い公園へ立ち寄りました。
やはりおじさんは笑顔で私を迎え
「やっと、来たね!!、どこか悪いのじゃないかと心配したよ!!」と
いってくれました。
市の職員だと思いますが顔見知りには何かと親切にしています。
「今日は、空振りだね!!、その代わり良いスポット教えるよ!!」と
公園からお城が見える場所を教えてくれました。


お互い顔パスです。
「忙しそうだから、花壇に花を植えたら電話をしたげるからね〜」と
言いましたが、これまで一度も氏名も住所も知らせて居ません。
長い事「顔パス」の間柄でしたが,今回は空振りを避けるために
電話番号など教えました。
と、言うのも、市の職員として働く人は怪しい行動は「しない」と
思ったからです。
私の父親が同じ様に市の職員で有った事も考え合わせれば
信頼しても「良い」と考えたからです。

何時もこのおじさんばかりではありません、管理事務所の
責任者の職員も丁重に迎えてくれます。

何時ごろ電話が掛かるのか楽しみにしています。



bana-

吃驚したなぁ〜;もうっ!! (^^♪

昔から「男装の麗人」と言う言葉は良く耳にしましたが
「女装の??」と言う言葉は聞いた事がありません。
毎度地下鉄の乗降口での出来事ばかりですが、一寸変わった?
男性を見かけて、エレベーターの女性達は何とも言えない
奇怪な眼差しでその男性を見つめていました。








この冬に向かいつつある寒い夕暮れに、男性が「ジョーゼット」の
花柄のスカートを穿き、太い脛を出し、ソックスを穿きごつい
「スニーカー」上着はダウンのジャケットを着ていました。
何とも表現に困窮する異様な雰囲気の姿です。
Tv等では最近
「女装家・・・**さん」と紹介するタレントも居ますが
それは、それなりにTvに映る姿がサマになっています。


私達見知らぬ女性同士が、奇怪な眼で「目配せ」してお互いに
うなずいていました。
どんな風に考えても、あのファッションは、普通の男性が出来る
事では無い様に思います。
男性が、ひらひらとしたジョーゼットの生地で作った如何にも乙女チックな
スカートを穿く神経が理解できません。
アンバランスなファッションで周囲の注目を集めたいのか?


「あの人ね、公園の近くに住んでいるみたいよ・・・」と
一人が言いました。
規格にはめる事が嫌いな人も中には居ますが、あんな陳腐な姿を
これまでに一度も見た事が無い私は幾つものクエッションマークを
持ったまま帰宅しました。
女性に、ジロジロ見られて、格好悪いとも思っていないのでしょう!!


何だか変な男性見ちゃって!!
世の中もこんな風に変わったのかな??と考えてみるものの・・・。
やはり、へんてこりんな、男性だと結論つけました!!



bana-

静かな一日〜 ☆(^_-)-☆

久し振りに何処からも電話が掛からない一日でした。
珍しく携帯電話も呼び出し音が鳴りません!!
余り静かだったので、携帯電話を持ち歩いている事
忘れていました。
昔は電話をしたい時には、公衆電話を使って外出先から
連絡を入れたものです。







思えばあんな時代が懐かしいですね!!
今はと言えば、四六時中携帯電話と共に生活し便利さは格別です。
そういえば最近では、携帯電話からのメール送信をする為か
手紙を書く機会がめっきり少なくなりました。
自分で文字を書き自分の気持ちを相手に伝える手段として
手紙は大変有効な手段だと思います。
携帯でのメールは即時に返事が来ますが、葉書などの手紙の
返事は中々来ません。
これも時代の変遷なのでしょうか?


息子からの連絡は殆ど携帯電話ですが、最近は決まり文句として
「お母さん、今何処に居るの?」と言う言葉です。
出先であれば「じゃぁ、夜に電話下さい・・・」と言って
電話を切ります。

固定電話も、携帯電話も掛からない日は滅多に有りません。
そんな静かな日も、時にはあるのですね〜。

静かな一日も時には必要です。



bana-

ベルリン フィル〜(^_-)-☆

今年の7月4日、愛知県芸術劇場コンサートホールで開催される
ベルリンフィルの演奏会に出掛ける途中、地下鉄のプラットフォームで
転倒して動きが取れなくなったご婦人の事をこのブログに掲載しました。
ご記憶の方も有るかと思いますが、あの時は大変でした!!
あれから4ヶ月以上経過して、膝の『お皿』が真っ二つに『割れて』
手術をして、リハビリもなさり、お元気になられた様子です。







クラシック音楽、能、歌舞伎、どんな事にも興味を抱き出掛けて見識を
広めていらっしゃいます。

そのご婦人から珍しく自宅に電話が掛かりました。
『今夜、ブーニン(ピアニスト)の演奏会ですが出掛けますか?』と言う
問い合わせでした。
彼女がプラットフォームで転倒したのも「ベルリンフィル」の演奏会に
遅れまいとして気が焦りつい「転倒」してしまったのでした。
居合わせた私は放置する事も出来ず、私で出来る事は精一杯してさし上げました。

そんな経緯から、何度も何度も「お世話になって〜」と感謝の言葉を
言われます。

多分、自分と同じ様に私も出掛けるのでは?と思って電話を
して来られたのだと思います。
見ず知らずの間柄だったのに、一寸だけ手助けをしてから
親しくして頂き私の事を「大切な人!!」とも仰います。
私は単なる家庭の主婦でしか有りませんが、彼女は経済力もある
女性実業家とも聞いています。

コンサートホールのチケットも彼女は常に
プラチナチケット!!

私達は安い値段の席で聞いています。
安くて「良い席」が有るのです。
その穴場を狙って友達と一緒にチケットを買うのです。
友達もそうしたチケットの買い方で満足しています、お互い財布の
中身とにらめっこをしながらのコンサート通いです。
私が一番残念に思うのは彼女が市内に住んでいないので夜間の
コンサートに余り誘えない事です。

転倒なさったご婦人もお元気になられて、良かったです。
来年の3月までコンサートのスケジュールは沢山決まっているとも
仰っていました。
流石リッチなご婦人です!!

お元気になられたお声を聞き私は大変嬉しく思いました。



bana-

カメラ・落下!!(@_@;)

最近で一番驚いた事は、椅子に置いたカメラの入った鞄を
床へ落としてしまった事です。
私の不注意で、電話のベルが鳴り出したので慌てて鞄の持ち手を
足に引っ掛けてしまった事が原因です。







電話の話が済み、慌ててカメラを鞄から取り出して見ました。
レンズの蓋が食い込んでしまっています。
でも、この蓋を取ってみなくては様子が判りません。
それこそ冷や汗を掻きながら食い込んだ蓋を取り外しました。
無残にも、レンズのフィルターが割れていました!!
僅か40cm程の高さの所から落下しただけですが・・・。


思いついてカメラ店へ行き相談しました。
幸い割れたフィルターを外して持って行きましたので
細かなガラス片を掃除してくれて、レンズに異常が無いか調べました。
新しいフィルターを装着してもらい、先ずは一安心です。
大切にしいるカメラでも、時にはこんなアクシデントが発生します。


若しこれが、もっと高い所から落下したとしたら・・・。
精密なカメラ本体にも影響が有ったかも知れません。
失敗を教訓にして、気をつけたいと思いました。



bana-

菊薫る日に!! (^_-)-☆

菊薫る晩秋、11月23日は私の新しい人生の門出の日でした。
快晴、気温は低くとても寒い朝でした。
住み慣れた実家を離れて両親から独立した日です。
『結婚』です。
あれから何年経っても、この「結婚記念日」は変わりません。


そして、つい最近旅に出た人は還ることなく已む無く自立の
道を模索しながら暮らしています。






言葉の響きはとても良い「自立」と言う言葉ですが、11月23日が
来る度に色々と走馬灯の様に蘇る過去の出来事。
返事は返ってこない事判っていても、つい、話かけて・・・。

已む無く自立を迫られたのが7月23日。

実はその11月23日は、昨年もとても悩みました。
今年も同じ様に複雑な思いで一日を過ごしました。
人は一人では生きて行けない!!とも言いますが
実際には一人で生きて行かなくてはならない現実。
私だけじゃないけれど・・・。

ボジョレヌーボー、買おうかな?と思いましたが
一人ではね〜。



bana-

結びの地〜大垣 (^^♪

松尾芭蕉・奥の細道の結びの地として有名な
大垣市内の散策に参加をしました。
何ヶ月も前からの約束なので、雨が降る生憎の天候でしたが
参加をしました。
元禄2年・芭蕉は約5ヶ月にも及ぶ長旅をこの大垣で終えました。

生憎の雨で余りカメラを出して撮る事もせず・・・。
雨が降りかかり撮影を諦めました。

ほんの僅かしか撮れませんでしたが
水の都「大垣」らしい湧水が至る所で見受けられそれだけは
撮って来ました。



ohgaki







ohgaki




ohgaki




ohgaki







































折角の大垣市内の散策でしたが、雨では何ともなりません。
ガイドさんは「春の大垣へ来て下さい!!」とPRなさっていました。
きっと、桜が綺麗なのでしょうね。
今回の事は、天候が悪くて、運がありませんでした。
又、出掛ける機会も有る事でしょう!!
お天気の良い日に行きたいですね〜。



bana-

あぁ〜、やっちゃいました!! (@_@;)

入れたつもり!?
持って来たつもり!?
そう思いながらもカメラの中にメモリーが入っていない事に
直前まで気が付かなかった私!!
何時もなら必ずスペヤーを持っている筈!?なのに
その日に限って何処を探してもスペヤーを入れている
容器が見つかりません。







これまで、途中でメモリーが「足りなくなるといけない」と思い
用心して何時も携行していました。
それが!!
それが、何も無いと判った時呆然としましたが後のまつりです。
近くに家電販売店も見つかりません。
已む無く家に帰りました。

何故、こんな事になったのか?
全て私の不注意でした。
読み取り器に差し込んだまま、カメラに収めたと
錯覚していたのです。
その時にしか「撮れない」物もありますね!!

あぁ〜、これって**症の始まりなの?
そうだったら、困るんだけれど!!

これから先の事は神様にだけしかわかりませんからね。。。
**症になったとしても、甘んじて受け入れなくては
なりませんから。



bana-

古代カルタゴとローマ展〜 (^^♪

同級生から貰った「古代カルタゴとローマ展」の入場券。
後少しで会期も終わります。
折角貰ったチケットを捨てたく無かったので先輩を誘って
一緒に鑑賞して来ました。
松坂屋美術館です。
中々の盛況ぶりで、古代の文化水準の高さと人々の生活ぶりが
良く判る展示物が多かったです。







紀元前9世紀とか、記されている発掘物を見て人の英知は
古代から現代に至るまで変わりの無い事を知りました。
古代は人力で物を作り、者を動かしました。
現在は?と言えば人力に変わり「エネルギー」で
物を動かす〜、それだけの違いかな?と思いました。
古代から人類は偉大な頭脳を持ちあわせて居たのですね!!

「万物の霊長」と言われる理由が理解できます。
最近、海外旅行の広告の中で「チュニジア」へのツアーが多い事に
気が付きました。
それは、この世界遺産や博物館などを巡るツアーに人気が
出始めている事も知り、心が動きました。

地中海の宝石チュニジア。
今から2800年まえ、海洋民族フェニキア人によってこの地に
建国された都市国家「カルタゴ」は、東西地中海の貿易の中継地として
繁栄をしました。
地中海を巡っての宿敵ローマとのポエニ戦争によりカルタゴは
消滅させられました。
それから100年後ローマ帝国の要塞都市として蘇り再び栄華を
極めました。

人類の偉大さに感動しました!!



bana-

頑張れ!! 閣僚!? (@_@;)

最近「頑張れ日本!!」と言う運動を展開している団体が
ある事を知りました。
勿論日本が頑張るには、政権与党の閣僚たちにも頑張って貰わなくては
なりません!!
最近の閣僚達の発言の・失言?・迷言?には
唯々驚くばかりです。


5



一連の怪しい発言を聞かされて、国民はどの様に
思っているのでしょうね!!
政府与党が頑張らなくては誰が頑張るのですかね?!
国民を馬鹿にした様な法務大臣の発言にはあきれ返るばかりです。
あれが、最高学府を卒業した人なんですからね、驚きも増幅します。

どうして、マニフェスト通りに政治を動かす事が出来ないのですか?
私は期待も失望も何もありません。
唯、この先の日本がどんな道を歩んで行く事になるのか?
それが気掛かりです。
この状態では外交も内政も泥沼の中に埋没していく様な気がして
なりません。

閣僚の発言は「重い」のです。
前言「取り消し」は出来ないのですから、軽々に面白おかしく
自分の立場や心情を吐露してはならないのです。
この法務大臣の発言ばかりでは有りませんよ〜。
この内閣、何とか良い方向に向かいませんかね〜。。。


でも、でも、です。
こうした人たちを選んだのは「国民」なのですから選んだ
国民にも責任はあるのでは??
それこそ、今ここで国民が「真摯に」考えなくては
ならない問題ではないかと?と思いますが。



bana-

再配達の連絡〜 (^^♪

郵便局からのユーパックが届いていましたが「不在」の為
「ご不在連絡票」がポストに入れてありました。
以前は電話連絡をしても、電話口に係りの人は出てくれませんでした。
民営化してからは、民間会社として運営していかなくてはならず
昔のような「親方日の丸」の精神では立ち行かなくなりました。







私は係りに電話をしても、出てもらえないので、民営化以前から
この不在票が入っている時はホームページの「再配達」の所から
ネットで頼んでいました。
自分のメールアドレスさえ記入すれば、確実に返信メールが届き
安心です。
指定した日と、指定した時間帯に必ず再配達をして貰えます。


民営化した事に依って、社員の人達のサービス精神も向上したように
見受けられます。
勿論、返信用の葉書も兼ねていますから、配達日と時間帯を指定して
ポストへ投函しても良いのです。
私は、忘れない内にネットを利用します。
これは、大変便利です。



bana-

朝の電話!! (^_-)-☆

つい先日クラス会を開いたばかりと言う感じで居ましたが
あれからかれこれ「一ヶ月」になろうとしています。
あの時私はハンドバッグに入るコンパクトデジカメを持って行きました。
記念撮影は、幹事役の人が責任を持って行いますのでお任せをして
私は周りのスナップ写真を撮っていました。






何気ない自然の表情が私は好きです。
写真を「撮ります!!」と言った硬い表情は余り好きでは有りません。
盗撮?みたいな形になりましたが、女性の顔も自然に笑う表情など
とても素敵です。
人の笑顔は、どんな人でも美しいです。
屈託の無い笑顔は特に良いですね!!

そんなスナップを何人かの人に送っておきました。
あれから、随分時間が経ってしまいましたが、身内に病人が有って
中々僅かな事が出来ないでいました。
写真の送付が遅れた理由を書き添えて送りましたが受け取った人から
喜んで電話が掛かって来たのです。

直ぐ終わる電話のつもりでしたが、中々話が途切れません。
気の早い彼女は、もう来年のクラス会の事を持ち出して
「是非、出席をしましょうね!!」と、約束を?迫ります!!
私も何事も無ければ、是非出席したいと思っていますが
来年の事は、はっきり言って判りませんね〜。

それにしても、誘ってくれる友情が嬉しいですね!!



bana-

やはり、足が痛む!! (-_-;)

先日友達とピアノリサイタルへ出掛けた折、久し振りに街中を
歩いてみようと思いつき二人で歩きました。
何となく彼女の足取りは遅くて、右の足を庇う様な歩き方を
しています。
「足が痛むの〜」と言っていた夏の頃から、大分時間も経ちました。
何故、そんなに足が痛むのだろう?と思いましたが年齢が行けば
個人差は大きいです。







僅か距離にして、1km程度の事ですが、途中で大事を取って
コーヒーブレイクを取りました。
私も「痛い!!」と言われたら責任がもてません。
セルフサービスのコーヒーショップで又どかりと座り込んで
色々話し出しました。
「何か、ケーキでも食べようか?!」と彼女は言い出しましたが
「クッキーで我慢したら?」と私は提案しました。

体を余り動かさない人なので、欧米人の様に食後に甘いデザートを
食べれば『血となり、肉となり、脂肪となり・・・』肥満の原因に
なりかねません。
足が痛い原因は、多分身長に対して体重のバランスが取れていない事が
有るのでは?ないかと?考えました。

何でも「食べたい!!」と思ったら、とことん食べないと
『満足』出来ないと言います。
顔の輪郭は「小さく」やせているように見えますが、実際には
豊満な体型をしています。
やはり、彼女はもう少し体をバランスよく動かす事が必要だと
見受けました。

もう少し一緒に歩くつもりで居ましたが、不安になったのか
彼女は地下鉄の駅のある所で
「ここから乗ります!!」と言って帰って行きました。

やはり、足が痛んだのでしょうか?!



bana-

陣中見舞い? (^^♪

最近妹夫妻とゆっくり会う機会がありません。
甥が体調不良で入院中の事も有って、家族が忙しく病院を往復
しています。
甥の妻は殆ど毎日介護に出掛けていますが、妹も良く出掛けています。
妹にしてみれば、大切な長男です。
何かと気掛かりだと思うこの頃です。







久し振りに、自宅に居ると聞いて私は妹宅を訪れました。
特別な話は何もありません。
唯、妹一家の大変さが判る為、陣中見舞い?よろしく?
私が押しかけて、世間話をしながら、甥の様子も聞いて来ました。
誰が体調不良になっても困ります。
一日も早い快癒を願いながら、意味の無い話ばかりをして
帰宅しました。

妹夫妻は「夕食を一緒にして行って!!」と言ってくれました。
然し、私はこれから年末にかけて、始末しなくてはならない食品が
ある事から、折角の厚意を断って帰って来ました。
そうなのです、年末までに冷蔵庫を空けないと・・・。
高々知れた私の食べ方では、中々減りませんが、食べなくては
何ともなりません。

話題には事欠かない私達ですが、この先甥が回復して
時間が出来て、ゆっくり出来るようになったら、何なりと話を
したいと思っています。
陣中見舞い??なんて、大げさな言葉を使いましたが
実際には、一家が疲れているだろうと思い
ささやかな「激励」をして来たつもりです。
妹夫妻の本当の笑顔が早く戻る事を願っています。




bana-

何となく過ぎた日〜(^^♪

最近心なしか慌ただしく時間が過ぎて行く様な気がしています。
皆友達も同じ様な事を言っています。
年の精?
何の精?
皆、何かの精にしたいようですが、本当の所
何の精でもなくて、早く時間が過ぎて言ってしまいます。







11月になって、しなくてはならない事が、一杯ありますが
何も手付かずでこの先、どうなって行くのでしょうね?!
一日中Tvの番をするのも嫌だし、そうかと言って外出も億劫な
我侭な事を思い出す時もありますね。
何となく過ぎる「一日」も有りますね〜。

11月と言っても、既に中旬です。
後僅かで新年を迎える事になりますね。
気持ちだけは急いでいますが、中々年賀状の準備も出来ないのです。
何時からこんなに「怠け者」になったのかしら?と
考え込みますが、考えても何もわかりません。

何となく過ぎた、一日が有っても、それはそれで、良いかも
知れませんね〜。



bana-

ピアノ リサイタル〜(^_-)-☆

友達の昔の勤め先の関係で、ピアノ リサイタルへの
お誘いが有りました。
名古屋市中区にある「しらかわホール」での演奏会です。
私は午前11時開演の「モーニングコンサート」の経験は
これまでには有りませんでした。
夜のコンサートの事を思うと、多少プログラムの構成も
軽めのものになっています。



recital



午前中に出掛けて「11時開演」はとても珍しいです。
ハンガリー出身のピアニスト
デジュー・ラーキン氏は大柄な人で、美男子です。
今風に言えば「イケメン?」かな?
力強いピアノタッチ!!
流石音楽の本場で鍛えた技量は素晴しいと感じました。

座席も良い席で、午前中から世界で活躍中のピアニストの
リサイタルを聞かせて貰えるなんて、とても嬉しい事でした。
やはり、持つべきものは友達ですね!!
派手さは無いリサイタルでしたが(司会者なし)本物志向の
人達が沢山集まって来ていました。
良い席に座りながら
ピアニストが踏むペタルの音が「気にいらない?!」様な
雰囲気で係員に「くどくど」と文句をつけている婦人を
見かけました。

ああゆうのを見かけると「嫌に」なりますね。。。
素人が専門家ぶって、偉そうに「文句なんか」つけるものじゃ
ありませんね。
世の中には色んなタイプの人が居ますが「身の程を知りなさい」と
言いたい気持ちでした。


recitalrecital





















2時間弱のリサイタルで「5000円」の入場料は一寸高目?かな?と
感じましたが一流のピアニストなら、妥当な料金かも知れませんね。
それだけの価値は十分有ると思って帰宅しました。



bana-

知らないのは・・・私だけ?! (-_-;)

最近町内のあちらこちらから、空き巣狙いの話が聞こえてきます。
つい先日も近くで空き巣が有ったばかりでした。
私は気味が悪くて息子たちと色々対策を考えている所です。






















町内のそうした現象を知ってか、セキュリティー会社の女性社員が
防犯用の強力な「フィルム」を貼り付けませんか?と
売り込みに来ました。
私は不安が先立っていましたので、話を聞きたいと思い彼女から
商品に対する信頼性などを聞いていました。
所が、値段を聞いて驚きました!!

既に自宅にはスケールは狭いですが、フィルムは息子達が貼り付けて
くれていました。
確かにホームセンターで購入した料金は安い金額では有りませんでした。
その女性社員は、殆ど窓ガラス一杯になるほどの大判のフィルムを貼り付けて
一枚「980円」と言います。
ガラス窓には2枚貼り付ける必要が有りますので単純な計算で
2000円弱です。

キャンペーン中だから「安く出来ます」とか
「大量に予約注文を頂いたので安く出来ます!!」と、売り込みに
必死です。
私は迷った挙句、窓ガラスの寸法を採寸させましたが、やはり息子と
相談したい思い連絡をとりました。
結局は、息子が反対して我が家は予約に加わりませんでした。

余りに大きな値段の格差。
怪しいなぁ〜、と思いましたので所轄の「生活安全課」に
これまでの経緯を説明しました。
週明けに生活安全課へ女性の名刺とチラシ等を持って行く約束に
なっています。

随分、息子達には叱られましたが「予約」しなかった事は結果的に
助かりました。

空き巣の被害が多発する地区を狙い集中的に訪問販売をする人達。
訪問販売には気を許してはいませんでしたが「安全の為に・・・」と
言われると、つい「グラリ」と気持ちが揺れるのが主婦の弱点かも??



生活安全課のお巡りさんは,空き巣の被害が出た場所を具体的に
教えて貰えました。
最初に私は住所・氏名を名乗っていますから、私の安全のために
教えて貰えたものと理解をしています。

知らないのは私だけだった印象を受けました。。。



bana-

久し振りの歌舞伎鑑賞〜(~o~) 

本来は妹夫妻が出掛ける予定で購入してあった「松竹・大歌舞伎」の
チケットですが、予定が入り妹夫妻は行く事が出来なくなりました。
そこで、捨てるには「勿体無い!!」と考えた妹は、私にチケットを
譲って呉れました。
友達を誘い、行ってきました。


kabuki


私が使ったチケットです。もう一枚は友達が以って帰りました。↑↑↑
一度出掛けると、又出掛けたくなりますね。。。


名古屋市内の歌舞伎公演は、大抵の場合
「御園座(みそのざ)」での公演です。
今回の「松竹・大歌舞伎」は一宮市民会館で行われました。
国道22号線沿いにあり、駐車場も完備しています。
一宮市民会館は何時も横を通っていますが、入場したのは
今回が初めてです。
凡そ1500席以上は有るホールですが、一宮に歌舞伎が来るのは
珍しいとか・・・。


久し振りに日本の伝統芸術を鑑賞して、何百年もの昔から受け継がれた
独特の芸をしっかりと見せて貰いました。
長唄の地方連、常磐津の人達、この芸術を継承する事の難しさを
感じました。
歌舞伎は役者の技量も然ることながら、地方連の芸の継承も
総合的に行わなくてはなりません。
一宮市民会館は、沢山のご贔屓筋も集まり、大きな掛け声が
大向こうから掛かり、歌舞伎独特の華やいだ雰囲気になりました。

プログラムは
浦島

泥棒と若殿  山本周五郎作

身替り座禅  岡村 柿江作

この三つでした。

判りやすく、親しみの持てる演目に会場は大変和やかでした。
梨園に生まれた男子は、殆ど親の名跡を受け継ぎます。
フレッシュな演出で、少しでも「歌舞伎」の魅力を伝えたいと言う
意図も感じる事が出来ました。
日本の伝統文化に、もっと親しむべきと思った一日でした。



bana-

中山道を訪ねて〜 (^^♪

中高年の人達のグループで岐阜県瑞浪市の中山道(なかせんどう)を
訪ねました。
JR中央線で釜戸まで行き、一部タクシーを利用し大湫宿から深萱立場跡まで
歩きました。
この道は林間のコースで、石畳をはじめ道標、石仏、一里塚等が
原型を留めていて貴重な歴史の道を辿りました。
都会の喧騒をしばし離れ晩秋の一日を楽しく過ごす事が出来ました。



nakasenndoh

























nakasenndoh




























nakasenndoh
















中山道の一部でしかありませんが、参加者は圧倒的に男性が
多かったです。
総勢17名、女性は僅か3名しかいませんでした。
山坂を越えて歩くのは、都会のアスファルトを歩きなれた人には
少し負荷が掛かりますが、こうして歩かないと健康は維持出来ません。
難しい事は抜きにして、単純に10kmの道を歩けた事に健康である事の
有り難さを感じました。


私は紅葉も見られると、期待して出掛けましたが今年は夏の猛暑で
紅葉が随分遅れていると聞きました。
一部、紅葉している所も有りましたが、期待はずれでした。
こんな事も有りますね!!
もう少し後で、近場の何処かで真っ赤に紅葉した景色を
見てみたいと思っています。



bana-

友達に逢いました!! (^_-)-☆

ついこの前クラス会で会ったばかりの友達ですが
又、急に会いたくなってランチタイムを一緒にしてきました。
市内の何処かで約束すれば、市内なら大抵の所は判ります。
それに、携帯電話と言う便利なグッズも増えました。
何処に居るのか?電話さえすれば、直ぐに確認出来ます。
便利ですね!!







特別な話とて無いのですが、矢張り逢いたいのです。。。
人は不思議な生き物ですね。
人が恋しい年代に入って来たのでしょうか?!
彼女は約束の時間通りに約束の場所に来ていました。
所が私は彼女が「歩き」で来るものと思い込んでいましたので
乗用車が止まっている事に気が付きませんでした。

「ブルーの車、そこから見えないのかなぁ〜?」と言って電話が
入りました。
そういえば、あの車は私が地上へ出てきた時から止まっていたっけ?
急いで車に近寄りました。
彼女でした!!
ウエイトオーバーで彼女は歩く事が苦手でした。
それで、市内の移動手段も乗用車に頼っています。

友達って良いですね!!
確かに彼女とは一緒の組になった事は無かったと思うのですが
今は「ノーサイド」です。
どの先生が「担任か?」もう、そんな事は関係なくなりました。
元気でいて、会う事が出来ればそれで良いのです。
体調が悪い友達の事も話題になりましたが、現在の健康を維持して
「新年を迎えましょう」と、言った事で再会を約束して別れました。

友達と逢っていると、あっと言う間に時間が過ぎて行きました。



bana-

弟の乗用車は・・・(^^♪

兎に角弟は「車」が好きです。
学生の頃には相当荒い運転をして、時々破損事故をしでかして
いましたが、最近はすっかり落ち着いて安全運転をしています。
私は自分の足として、少し離れた所へ出掛けるだけですが
弟夫妻はかなりの長距離でも出掛けているようです。







背景が黒いので、開けたルーフからの空しか映りません。↑↑↑

色々乗り換えた乗用車も、現在は
フォルクスワーゲンのトワレグと言う4200CCもある8気筒の車に
乗っています。
私の使っている国産車の走り具合とは随分違います。
どこかに不具合が有り修理を依頼すると、ワーゲンから取り寄せ
時間が掛かると、言います。
そんな具合で何かにつけて維持費は高くつくと言っています。

それなら、国産車にすれば?と、思いますが・・・。
輸入車に関心が有る弟です。

最近は身内に病人が有り、私が実家まで出向き、弟の乗用車に
一緒に乗せてもらい「見舞い」に出掛けています。
セダン型の車ではありませんが、排気量が大きい分だけ乗り心地は
抜群です。
病院を行ったり,来たりの日がまだ続きますが弟に乗せて貰えば
安心です。

車内が「一寸暑い」と言って、車のルーフを開けてくれました。
秋の心地良い風が車内に入ってきます。
開けたルーフからは、普段私の車では見られない、一寸面白い
切り取りの「空」が見られました。
この車も何時かは「お払い箱?」になるのだと思いますが
次はどんな車を狙っているのか?興味津々です。



bana-

あぁ〜、怖い!!(@_@;)

私の住んでいる所は古い土地柄で、大昔に区画整理をして街は
碁盤の目の様に正確に縦・横が判る様になっています。
町並みも昔ながらの平凡な所ですが、年々住む人は変わって行きます。
最近家を建て住む様になった家庭が有りますが、日中は殆ど留守に
しています。







何処で観察をしているのか、分かりませんが
兎に角人はどのような動きをしているか?又お金持ちなのか?
何処かから観察しているのでしょうね。
確かに奥さんは「ベンツ」ご主人は「BMW」と全て外国の高級車を
使っています。

その家に「空き巣」が入りました。
奥さんは何時ももブランドの洋服や豪華なブランドバッグを持ち
垢抜けした姿で出歩いています。
きっと、お金持ちなのでしょう!!
それで、最近空き巣に狙われ、私が甥の見舞いに出た後
警察が聞き込みに来たりして、近所の人達は相当協力をしたようです。


何も取って行く様な物は無い我が家ですが
同じ並びの家に「空き巣が!!」と聞かされると、途端に怖くなりますね。
玄関先の木の枝を切り、中が良く見えるようにした方が良いと
聞き込みに来た「県警本部」のおまわりさんは、注意を促したそうです。
私は生憎留守にしていましたので、近所の人からの申し送りです。


怖いですね!!
何処かで毎日の行動パターンをチェックされていると思うと
嫌な気分になってしまいます。



bana-

身内の不調〜 (-_-;)

病院へ見舞いに出掛ける事は余り無い事ですが
偶々近頃近郊の都市の病院に入院している身内を見舞っています。
見た目は元気に見えますが、一寸体の中が良くありません。







まだ年の若い子なので、私は何とかして回復して
元の様に元気に通勤して欲しいと願っています。

時には気が重くて余りブログに書き込みをしたくない時も
有りますが、今回はその典型的な状態です。

落ち着かない日々が続きますが、回復を信じて
じっと待つより方法は無さそうです。



bana-

又来た、年賀状作成!! (^^♪

今年は秋の爽やかな良い季節を満喫する間も無く、一気に冬の様に
なってしまいました。
気になりだした来年の年賀状の作成の件。
考えるとか、独創的な賀状にする意欲も無く何時の間にかマンネリ?
ワンパターン化してきています。
それも、これも皆気が付けば?!の、話で情けない事です。







先日新年を迎えたばかりの気がしていますが、今年ももう「11月」です。
若い頃はそれ程時間の経過が早いとは感じませんでしたが、最近は
時間の経過の早さに呆然としています。
どんなに見つめても、カレンダーは後「11月」と「12月」が
残っているだけです。

そうだ、早く年賀状の作成に取り掛からないとスローモーな私は
慌てふためく事になりかねません。

何故かゆっくりと、コスモスの花を見に出掛ける時間も作れなかった私。
コスモス畑の横を通りましたが、生憎の雨で車から降りる事も
せずに「晴れていたらなぁ〜!!」と
思いながら通り過ぎ、とても残念に思いました。
来年こそは、コスモス畑をゆっくり散策したいですね。


真新しい、来年の年賀状を前にして・・・。
頭をひねっても、余り独創的な物は出来ないな?!と
思案投げ首です。



bana-

几帳面な配達員!! (^_-)-☆

日本郵便の配達の人から頼まれて年賀状を買いました。
「ご自宅まで私が届けますのでよろしく・・・」と言って
頼まれていました。
何処の郵便局も販売に必死です。
町内の特定郵便局の顔も立てなくてはならず・・・。
私は考えました。







お互いノルマが課せられているのでしょうね!!
普通の郵便物を配達する時には、殆ど何も「販売」しません。
ユーパックの配達の人とか、書留を届ける人は何時も何かを
販売して行きます。
世の中厳しいですね!!

勿論、私の財布の中身も厳しいですが
必要な物は最低限買わなくてはなりませんね。
年賀状も同じです。
配達の人にはノルマがあり
私には特定郵便局との繋がりもあり
お互いが、満足の出来る方法を取りたいと思い
必要な数の半分ずつを両方から買いました。

依頼した、配達の人は態々家まで来て
「ご購入有難う御座いました!!」とお礼を
言いに来てくれました。
競争激化ですね、そして几帳面な配達員さんですね。

「また、次もお願いします!!」と。
抜け目がありません。



bana-

狙われた姪の家〜 (@_@;)

最近私の家の近くでも空き巣が横行していますが
弟の娘、私にとっては「姪」に当たる子の嫁ぎ先で被害が出ました。
姪は久し振りに実家へ戻り、ゆっくりとして行ったそうです。
子育ての最中で、時には親に甘えたい時もあるでしょう。







偶に、実家でゆっくりして帰宅をしてみたら、玄関のドアーが
破損していて、吃驚したそうです。
アルミのドアーなので相当高額な費用を掛けないと、元に戻らないとか。
アルミのドアーでさえ、壊して中へ入ろうとする「空き巣」達。
家の裏側は民家が密集していて侵入がしにくいと見た空き巣は
玄関を狙いました。

二つつけた鍵穴を、執拗にこじ開けた形跡が有ると聞いています。
然し、時間が余りにも掛かり過ぎたのか?今回はドアーの破損だけで
済みました。
家の中の物は何も失っていませんでしたが、ドアーの破損は痛いです。
隣近所の一戸建ての家のおばさんが、何時も見張り役をしていてくれましたが
その日に限って、そのおばさんが不在だったそうです。

自分が「不在」の時にこうした事が起きてしまい、おばさんは大層
気に掛けて心配をしてくれたそうです。
運が悪かったのですね!!
「実家へ行ってきます〜」と何時もは声を掛けて出て来るのだそうです。
警察へも届けを出してたそうですが、同じ手口の空き巣狙いが
同じ日に何件か起きていたそうで、同じ人間の犯行ではないか?と
警察の人も言っていたようです。

お互いに気をつけたいですね。
ドアー一枚交換するのに20万円程掛かるとか!!
痛い話ですね。。。



bana-

猫の知恵に負けた?? (-_-;)

何処にでも居る野良猫ですが、最近「餌をやらないで!!」と言って
猫の好きな人に思い切って言いました。
事の他暑かった今年の夏、私の家の敷地内で子猫が栄養失調らしい状態で
死亡していました。
毎年自然に生まれる子猫たち。
一度に3匹は生まれています。
その子猫達を育てる為に親猫は乳を飲ませます。



cat

















何年もの間、野良猫に餌を与えていた人に、誰もが「迷惑している」事を
言い出せませんでした。
唯、猫が好きで、可愛くて仕方が無い!!
それだけが理由で野良猫が沢山に増えても餌を与え続けていたのです。
子猫たちは、夏の間に何匹も生まれて、死にました。


「餌を与えるな」とご主人にも言われていたそうで、今回ばかりは
餌を与える事を「止めた」様です。

その精か、夕方になり空腹になると今でも猫が集まりますが以前とは
泣き方が変わって来ました。
以前の様に「甘えた」泣き方をしなくなりました。
悲壮な声を出して泣き、暫くすると猫同士の喧嘩が始まります。
そんな日が大分続きました。

餌が貰えなくなって、今度は可燃ごみの収集日がターゲットです。
ゴミの袋を片っ端から破り散らして、食べられそうな物を探します。
ネットを掛けても、ネットをかいくぐって散乱させます。
どんなに幾重かに包んでも「魚の骨」は探し出します。
そのお陰で、収集の時間までに3度も指定袋を取り変えました。

人間と猫の知恵比べは何時まで続くのでしょうね!!
猫か烏か?どちらかに悩まされています。
いずれにしても、可燃ごみの収集日は、今の所残念ですが
人間の方が猫の知恵に負けています。。。



bana-

ん??、これって!!

ん??これって右翼の人達なのかな?
と、思いつつ「日章旗」を持った男性の前を通りかかった時
「奥さん、僕達の話を聞いて行って下さい!!」と男性が話しかけました。
う〜ん、こう言うのって、一寸苦手だな!!と感じながら
話を聞いてみると・・・。



5


















久し振りに見た沢山の「日章旗」この人達は本当に日本人として
日本を愛しているのだなぁ〜と、そんな事を感じました。
   ↑↑↑


そうだ、マスコミのいい加減な?洪水の様な報道を鵜呑みにしている
可能性がある私達。
本当の所は、今の日本は「どうなっているんだろう??」と
時々考える事が多く有ったので、話は「話として」この人達の
言い分も聞いてみようと、集会場へ行きました。

「頑張れ日本!!」スポーツの応援ではありません!!

日本は本当に本気になって頑張らなくてはいけないですね!!

現在尖閣諸島の問題で何かと騒がしくなっている状況なので
本当に日本はしっかりと外交を頑張らなくてはいけない時なのです。
尖閣諸島が「占領の危機」に晒されている事を真摯に受け止めなくては
なりませんね。
詳しい事は私には判りませんが、今の政権与党の有り方がどうも
消化不良な面が多くて・・・。



bana-

嬉しかった事!! (~o~)

何年ぶりかでクラブを振ってみました。
多分,球は当たらないかも?と思いながら、知り合いの人の
アドバイスを聞きながら振ってみました。
意外や意外!!
クラブの真芯に当たり、真っ直ぐ球が飛んで行きます。







ウオーキング用の防水の効いたパーカーを見つけようと
スポーツ用品売り場へ行ったのです。
新人社員として接客をしてくれた人が、今は相当な幹部に昇進しています。
デパートなので、一旦就職すれば、本人のやる気と集客力で随分と
売り場での力を発揮しています。

私も年々若くなる事は有りませんが、彼も立派な貫禄が出来て
頼もしい存在です。
「ゴルフ、もう一度やってみませんか?」と言われ
「何年もクラブ握ってないのよ〜」と話しました。
「大丈夫、一度覚えた事は、体が覚えています、バーチャルで
 打ってみませんか!!」と薦めました。

空振りしたら恥ずかしいなぁ〜と、思いながらも
打ってみました。

真芯に当たり、まずまずのショットでした。
空振りで当たり前!!と、思っていましたので嬉しかったです。
クラブも進化をして、打ち込めば良く「飛ぶ」事も判りました。

う〜〜ん、冥途の土産に、もう一度だけ
「ラウンドしてみたいな!!」と言う気持ちになりました。。。

夢の又夢かも知れませんが
夢は叶わなくても、有る方が良いですね〜。
ヘッドスピードも昔と殆ど変わらず、これも嬉しい事でした。



bana-
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ