おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

February 2011

明け方の地震!! (-_-;)

NZでの大地震の情報が多い中、岐阜県高山市周辺で
発生した震度「4」の地震。
気が付いたのは今朝方の5時38分の地震でした。
まだ先日中津川方面へ出かけたばかりの私は
震度4が、高山・中津川方面と聞いて驚きました。







震度4はかなりきつい地震だと思っています。
朝から揺れ続ける事20回以上とも伝えています。
最初の地震は午前2時19分。
この時の事は『寝入った』ばかりで、全く知らずに
過ぎていました。
熟睡している時に大地震が発生したら、恐らく私は命を
落とす可能性が大きいなぁ〜、と感じました。

地震が起きると仮定したなら、眠りに付かない時間に
起きて欲しいなぁ〜と、思いましたが自然現象には
何も逆らえません。
国道188号線には『亀裂』が入り、建物の外壁等が
落下している状況も判りました。
私の住んでいる所は、震度はどれ位?だったのでしょう。
市内の『瑞穂区は震度3』とテロップに出ていました。

震度4でも、人的な被害が無かった事は先ず安心ですね。

それに引きかえ、NZの地震災害は見るも無残です。
日本と国情が違う事もあり、行方不明の日本の方々の
確認が遅々として進まない現実には、大変同情しています。
既に生存率が下降する「72時間」を過ぎてしまいました。
何とかして、生きていて欲しいと願っています。

地震で目が覚めた私ですが、やはり寝入りばなだと
危険ですね。
身を以って経験しました。



8893c0ab.gif

転勤族は〜 (^^♪

とうとう息子が転勤族の仲間入りをしてしまいました。
企業に勤務すれば、当然企業の指示通りに動かなくては
なりません。
結婚して家を離れても、同じ県に住んでいました。
なので、ちょくちょく連絡も有り、会ってもいました。
時々私が外出中に電話が入ると
『元気?』と言って聞いて来てくれたのですが
関東方面へ行くとなれば、これまでの様に容易く
電話も掛けて来れません。







今は携帯電話さえ有れば、国内ならば殆ど連絡は取れます。
長男が米国に駐在していた頃には、携帯電話も無く
時差を考えて連絡事項が有る時には電話を入れていました。
まぁ〜、関東方面であれば、海外の勤務とは違い
まだ身近に居るから安心です。
それでも、同じ県内に居ないと思うと、一抹の淋しさが
有りますね。

いい年をした息子の事を考えても、息子は息子の世界が
有りますので母親が入り込む余地は無さそうです。
一人で暮らした経験は殆ど無いので、食生活には
充分注意をして欲しいと思っています。
学齢期の子供を犠牲にする訳にも行きません。
家から卒業まで通学させる事になりますね。

何はともあれ、健康でさえいれば、何とかなると
思っています。
環境が変わるので、多少の戸惑いや心の落ち着きにも
気をつけて欲しいと願っています。



8893c0ab.gif

誘われて・・・(^_-)-☆5

つい先日の事、友達からコンサートのお誘いを受けて
私は出かける約束をしていました。
これまで余り聞く機会が無かった
『中部フィルハーモニー交響楽団』の定期演奏会です。
当地にはこの交響楽団意外に
「名古屋フィルハーモニー」が有ります。
「セントラル アイチ」も有ります。







全て聴きたいとは思いますがチケットの手配やら
料金の設定などを考えると、余り高い演奏会には
出かける事は出来ません。
友達は市外からやって来ます。
コンサートは殆ど夕方からなので、終演してゆっくりとも
して居れません。
遅い時間の女性の一人歩きは危険です。

コンサートも出来ればもう少し早い時間に終わると
良いのですが、そんあ訳にも行かないのです。

中部フィルの楽団員は、女性が多くてとても華やかです。
黒いイブニングの人も居れば、パンツルックの人もいます。
男性は威儀を正して『燕尾服』着用でした。
夕方からのコンサートは燕尾服が似合います。

プログラムは

ブリテン シンプル・シンフォニー
ハイドン トランペット協奏曲変ホ長調 Hob.VLLe-1
メンデルスゾーン 交響曲第3番イ短調 Op.56「スコットランド」
でした。

指揮 円光寺 雅彦氏
トランペット 稲垣 路子氏
以上のメンバーでの演奏会でした。

女性がトランペットの奏者として活躍する時代です。
凄い体力が要るのでは?と感じました。
これからの活躍を期待したいです。



8893c0ab.gif

NZ大地震!! (-_-;)

私達は2003年11月にNZを旅行しました。
まだ、名古屋国際空港が有った頃で、夕方のNZ航空の
飛行機で名古屋を飛び立ちました。
丁度、南半球はその頃から少しずつ暖かくなる頃でした。
オークランドへ到着後、国内便に乗り換えて
クライストチャーチへ行きました。








この所NZの大地震の情報が多くなっています。
日本の人達が多く住んでいる事も余り知りませんでした。
今回、あのクライストチャーチの大聖堂の破損状況を見て
旅行当時の事が思い出されました。
オークランドへ着いた時よりクライストチャーチは
『寒いなぁ~』と
感じたのも事実です。

そして、大聖堂もパンフレット等で見てイメージは有りましたが
実際、その場に立って観て見ると、意外に『小さかった』です。
でも、長年あの大聖堂を見たいと思っていましたので
感動的な瞬間でした。
頑丈そうに見えた事も鮮明に記憶しています。
歴史ある建物が地震の揺れで
一瞬にして崩壊するとは、信じられ無い事です。

今の様に鉄筋を使う工法では無い為か、又地盤が軟弱で
有った為かマグニチュードの数字より遥かに大きな
被害が出てしまいました。
色んな国から人々が集まるクライストチャーチ。
今も、多くの日本人留学生の人達の消息が不明です。
想像以上の大災害に見舞われ、かっての美しい佇まいの
クライストチャーチ大聖堂の無残な姿は、見るに偲びません。

旅行してからかなりの年月が経過していますが、自然現象には
手の打ち様が無いですね。
消息不明の人達が早く見つかる事を祈ります。

この旅行では、初めてデジカメを持参しました。
然し、慣れない操作ミスで敢え無く「メモリー」を消耗し
肝心の観光中のデジカメの写真が撮れませんでした。
そんな、苦い思い出もあるNZ旅行でした。

貼り付けたくてもNZ旅行の写真が無くて、花の写真を
貼り付けました。。。



8893c0ab.gif

人間と言う生物は?!

人は働き盛りの頃も、リタイヤした後も有る一定の
人が集まると、職種も違えば環境も違う人達の集積場所。
そんな所でさえ(おっと、失礼!!言い過ぎたか?)
かっての、栄華を極めた?
自分の功績が忘れられなくて?
おいらが一番!!
貴様にはこの座は譲れない?
拙者が『取り仕切る!!』等などの雰囲気が、物言わずとも
伝わる空気で判ってしまうから不思議です。






↑↑↑コックピットに座っても良いけれど、操縦間違えないでね!!

何処まで行っても『権力闘争?!』
穏やかに生きたら良いのに!!と、感じる時も
有りますね。
現在では、現役時代の暮らしより「余生」を如何に生き抜くか?
その事が大きな社会問題でもあります。
私は第三者として、男達の
「ゴマスリや、よいしょ!!」している所を見るのが辛いです。

現役を退けば、どんなに栄華を極めた人も横一線の
『唯の人』に過ぎません。
各種企業で活躍した人、普通に勤め上げた人、色々です。
唯の人として、飄々と生きた方が遥かに爽やかだと
思いますが、どうも男達の権力闘争は過去現在も同じ。
未来永劫に続くかも知れませんね。

ナイスガイと思う人は居るのですが今は
『貴様には任せられぬ!!』と言った雰囲気です。

オモシロ オカシ オトコタチノ セカイ。



8893c0ab.gif

連絡のかかり・・・(-_-;)

名古屋市立美術館で始まったゴッホ展。
2005年の夏には愛知県美術館で開かれていました。
私はその時も出かけて、ゴッホの素晴しさを再発見
しました。
2005年のゴッホ展では何枚かの絵葉書も買って来て
未だに使用せずに大切にしています。
買って来た『夜のカフェテラス』「ひまわり」
「サン・レミの修道院の庭」はとても味わい深く
眺めています。







今回のゴッホ展も私は期待をしています。
一緒に出かける相手が2005年とは様変わりですが
行く人が何人か出来て良かったと思います。
私が行く日や、集まる時間をお知らせする係りに
なっています。
日時も決まったので『お知らせ』のメールを書きました。


メールの『受信』の所に送信した筈の「メール」が
有るじゃありませんか!!
私とした事が!!
『転送』にして送らなくてはならなかったのに!!
自分の所に『返信』してしまっていたのです!!
まぁ、まぁ・・・。
自分で失敗を嘆きながら再度間違えない様に
メール送信しました。

春はあけぼの・・・とか?言いますが
一向に明けきらない自分の脳みそに
「あぁ〜、焼がまわったなっ!!」と感じること
しきりです。
その内、多分『返事』が頂ける事を期待しながら。。。



8893c0ab.gif

地デジ対策!! (^^♪

今年になってから、何度も「地デジ」対策に関する
調査書が来ています。
Tvを受信するにも、最近は電波障害等で
ケーブルTvに切り替えている家庭がかなりあります。
我が家もご多分に漏れず、構想マンションが立ち上がって
電波障害でTvが見辛くなりました。
そこで、高層マンションのオーナーと話し合い
私の家の周辺は「電波障害」と言う事でケーブルTvに
切り替わっていました。







今年の7月からアナログ放送は終了し地デジ放送に
切り替わります。
ケーブルTvの会社の人が訪問、色々アドバイスをして
くれました。
全て「ケーブル回線」にしてしまえば「格安」になるとも
言いました。
これまで、こうした事に余り関心を持っていなかった事もあり
「自分に一番適した方法を」考えてはいました。
パソコンの回線もケーブルにしたら?と
薦められましたが、これにはプロバイダーの関係もあり
従来どおりの人にバックアップして貰う事が出来なくなります。

難しいですね!!
とりあえず、我が家のTvは「地デジ」放送は見られるとの事。
最近はニュース意外余り真剣に?Tvを見ない状態が
続いています。
大型Tvで衛星放送も見られますので、現状維持で
様子を見る事にしました。
それにしても、隣近所殆どが電波障害でケーブルTVです。
地区の担当の社員も決まっているそうなので、何か有れば
「相談に乗りますよ〜」と話して行きました。

たかがTv,されどTv!! ですね。。。



8893c0ab.gif

元気を取り戻して・・・(^^♪

心に蟠りが有った甥の体調不良。
一昨年秋から昨年の秋に掛けて、甥は大きな手術を受け
入院をしていました。
顔つきも、本当に私の息子と、良く似ています。
血の繋がりを否定する事は出来ません。








昨夜「偶には一緒に食事を・・・」と誘われて
妹宅へ行きました。
中々会えなかった妹夫妻と、つい先日会ったばかりでしたが
誘いを受けて、言葉に甘えて出かける事になりました。

妹宅は典型的な「二世帯住宅」で家族一緒に住んでいます。
甥には4人の子供がいて、とても賑やかです。
家族が一緒に住んでいたからこそ、甥の体調不良の時期も
お互いが助け合って、交代しては病院に詰めていました。

幸いな事に大きな手術にも耐えて、甥は昨年の暮れも
押し詰まった頃に自宅へ戻して貰いました。
新年を家族全員で迎えられて、私も大変喜んでいました。
一月末頃から、甥はスローペースですが職場への復帰を
果たしました。
次第に元の体力に戻れるように頑張って欲しいと
思いました。

手術して家に戻ってから、私は初めて彼と会いました。
家族の為にも、この先はより一層健康には注意して
働いて貰いたいと感じました。



gif-mozaiku

ともしび・・・(-_-;)

昨年の夏に再度体調不良で入院し緊急手術をした
幼馴染の女性が生涯のページを締めくくりました。
昨年秋、非常に体調が悪いと聞いて私は堪らず
一目会いたいと、もう一人の友達を誘って彼女を
見舞いました。
元々の病気は「胃癌」でした。
最初の手術は若い頃ですが今回再発と言う事でした。








私達が子供の頃には、クリスマスローズなど、お洒落な
花は有りませんでした。彼女の為にクリスマスローズ
貼り付けします。


昨年の夏は稀に見る酷い暑さでしたが、そんな頃彼女は
入院中で『癌』の再発と闘っていました。
小学校の同級生です。
そんな年代に差し掛かり、普通の健康状態で暮らせる
有り難さをしみじみ感じました。
時代を反映してか、葬儀は家族葬で行われ
学校時代の友達は誰も見送りに行かなかったとも
聞かされました。

昨年の秋、体調不良と聞いて、飛んで行って
積もる話をして来ました。
『今生の別れ』を確かに私は予感しました。
正直言って、自分の屋敷から出られない体力には
驚きました。
私にはとても考えられない姿・容貌でした。
友達は
「sumikoさん、これから体力付けば大丈夫よね〜」と
比較的朗らかに、会えた事だけを喜んでいました。


私は『大丈夫じゃ無いなぁ〜』と感じていましたが
友達の意見に、逆らう事も無くその日のお見舞いは
終わりました。
発癌して以来25年と言う長い歳月を細々と
ともし続けた「ともしび」は、静かに、灯りを
消しました。
思えば残念です!!
知らない間に、一人、二人と旅立って行くのです。

何時かは私もこうして、懐かしい人とも
別れて旅立たなくてはなりません。
それまで、暫く元気で暮らさせて下さい、と
勝手なお願いをしております。
PPKって、ご存知ですか?
ピンピンしていてコロリと・・・。
私の最大の願いはこのPPKで自分の最後を
締め括りたいと言う事です。

仲良しだった**ちゃん、どうか安らかに!!
                合掌



gif-mozaiku

無差別で・・・(^^♪

ある朝、優しい口調と丁寧な言葉使いで中年の女性らしい
人から電話が有りました。
家に居る限り、電話には出ています。
どんな家に電話が掛かるのか判らない感じですが
無差別に電話帳から次々電話を掛けているのでしょう。







電話の趣旨は
「未婚の方はご家族の中にいらっしゃいますか?」と言う
事でした。
生憎子供達も成人して家庭を持っています。
「結婚の仲介をしていますが、本当に何方も
 いらっしゃいませんか?」と念を押します。
「家には、独身の者は居ませんが・・・」と私。
「あぁ〜、左様でございましたか、失礼致しました、
  お電話に出て頂き有難うございました!!」と言って
電話は切れました。

最近の電話では、こうした丁寧語を使う人は殆どいません。
日本語を話す限り、聞いて聞き心地の良い言葉使いを私達は
望んでいますが、稀にしか丁寧語は聞く事出来ません。
本当に用が有る人が電話をしてくれば
必ず何かのメッセージを残します。
そんな事を考え、又息子の意見にも従って「留守電」を
フル活用する事にしました。

本当に伝えたい用件があれば
メッセージが残ります。息子が言う通りでした。
物騒な世の中、一本の電話が切欠で、何が起きるか
判りません。
くわばら、クワバラです!!



gif-mozaiku

基地・見学〜(^^♪

最近は小牧の空港へは殆ど出かけていません。
2005年、常滑に「中部国際空港」が開港して
これまで「名古屋国際空港」として、近場で便利に使用して
いましたが、施設は航空自衛隊も滑走路は使います。
自衛隊の基地と・民間機が着陸する滑走路が同じと言う事も
珍しかったです。

自衛隊の飛行訓練は絶えず行われていました。
民間の航空機もあの頃は何機も離発着していて、それを見る事が
楽しみの一つでもありました。
然し、自衛隊の基地の見学は初めてです。
小牧の基地から、国際支援の為の空輸物資や隊員を乗せて
飛び立っていました。

自分の国も守る事は当然ですが、紛争地や自然災害で
苦しむ所への国際的な支援も大切です。







空を飛んでいると、それ程大きいとは感じませんが
実際、近くで見ると、やはり大きな機体です。
迷彩色の機体も何機か有りますが、あの空色の輸送機は
初めて近くで見ました。
絶え間なく整備をして、何時、どんな指令が出ても
対応できる体勢を保っているとの事でした。
この輸送機、米国製らしいのですが、部品を取替えては
また悪い所は修理を重ねて、既に?十年飛んでいるとか。

この輸送機は「使えなくなるまで」使うのだそうです。



gif-mozaiku

中々会えない妹夫妻~(^^♪

新年になってから私はまだ実家へも出かけていません。
色々予定が入って来ると実家へも足が遠のきます。
本当は一月中に出掛けたいと思っていたのですが
自分の事を優先する為、両親やご先祖様には申し訳ない事です。
別に悪意が有る訳ではないのですが、これが実情です。
妹とも会う機会が無くて、漸く昨日会う事が出来ました。







私の同級生の女性から頼まれたコンサートのチケットを
買い、妹夫妻と行って来ました。
久し振りに妹夫妻に会い、シャンソンやカンツォーネを
聴いて楽しみました。
本格的なクラシックのコンサートも、自分の思い入れの強い
出し物であれば行く気になります。

料金も手頃で、楽しませて呉れるアーティストはそれ程
多くは有りません。

何と言っても、生の声を歌手の近くで聴けるのは
嬉しい限りです。
一人より二人、二人より三人、三人より、より多くの
人との交流を持つ事は何となく楽しみな事です。
久し振りにシャンソンとカンツォーネを
堪能した一時でした。



gif-mozaiku

国府宮神社のはだか祭り ♪5

この地方では昔から「はだか祭り」が来ると春が来る!!
と、言われています。
今年の祭りは2月15日でした。
昨日の事です。
昔からの知り合いの女性三人で午後から出かける約束を
早くからしていました。
迷信?と思っていた若い頃とは違い、最近では自分や家族の
健康を祈る事が多くなりました。



5


















稲沢市にある「国府宮神社」はこの「はだか祭り」が
一年の最大の行事と言っても過言ではありません。


肋骨を傷めている私ですが「普通の生活をして下さい」と
言われていましたので、一大決心をして出かけました。
知り合いには、会うまでこの事は知らせていませんでした。
言えば心配をしてしまうし、折角の約束を反故には出来ないと
思ったから出かけました。



5  


























昨年とは違い快晴の中で行われた「はだか祭」ですが
放送局の中継車両が沢山来ていました。
雨と快晴では製作する人達の、しんどさが違います。
風は少々冷たくても、練り歩く男の人達にとっては
最高の日和です。



5

























奉賛会の人達がお供えする「大鏡餅」です。
立派ですね!!
お供えの「大鏡餅」はこれだけではありません。
社殿に入り切らないのは、社殿の直ぐ脇に置かれています。
家族や親類や友人達の健康を願って来ました。



5




















今年は「はだか男」の近くに寄れない様に二重の柵が作られ
カメラを向けるのも難儀をしました。
もう直ぐ、春ですよ!!



5

















B級グルメ?と言われそうな庶民的な食べ物を売る出店が
国府宮駅を降りると、参道から民家の入り組んだ所まで
出ています。
こうした出店を見ると、何となく庶民の嗜好が判ります。
出店屋さんは、良い場所に出ている人は別として
新米らしい若い業者は、一寸暇そうで売れ行きも派手では
有りません。

昔から「はだか祭」が来ると
春だよ!!と
言われています。
待ち遠しいですね。。。



gif-mozaiku

明日は晴れる?! (^^♪

暦の上では「春」を迎えていますが、何だか戻り寒波?で
日中の気温も上がりません。
新聞の休刊日なので、昨日の新聞を読もうか?と思って
探しましたが、有りません。
息子が来て、排出したゴミ不用品を
「処分してあげる!」と言って纏めて持って行ってくれました。
どうも、その時に新聞紙も全部持って行ってしまった様です。






↑↑↑上の写真は「支那万作」です。


キッチンに置いてあるTVが情報源です。
何となく気分が晴れないで、終日家にいました。
もうこれで、三日間外出は無しです。
寒いなぁ〜、と思っていたら雪が降り出しました。
先回の雪は細かな雪でしたが、今回は大粒の「ボタ雪」です。
春の花々もそろそろ咲き出す時期ですが、天候が安定せず
開きかけた蕾も、其の儘ですね。
自宅の椿も、もう咲く時期ですが、蕾がちっとも大きく
膨らんで来ません。

何となく過ぎていった、この2〜3日です。
春を待ち続ける私ですが、思うように春は来ません。

もう、万作も咲いています。
本当の春は何時来るのかな??



gif-mozaiku

知らない間に〜 (-_-;)

呼吸をすると、右の乳房の下辺りが痛み、何でだろう?と
思っていました。
直ぐ「直るだろう!!」と安易に考えていましたが
痛みが増すばかりで、不安になり出しました。
何か衝撃でも加えた覚えも無いし!!
何でだろう??と
思い続けました。







何でだろう?と、思うだけでは解決の糸口も掴めません。
息子にこの状況を説明した所「整形外科」で
診察を受けた方が良い、と言っていました。
痛みは治まる様子も無いので、整形外科の先生の診察を
仰ぎました。

「若い人でも、こうした状況になりますから・・・」と
レントゲン撮影の結果を見せながら説明をなさいました。

肋骨内の軟骨が折れていました。
自分では何が原因か全く判りません。
「普通の生活で宜しい」と仰いましたが、痛みは長い事
続く可能性も有ると聞きました。
健康だと、自分では思っていても、時にはこうした
予想外な出来事に見舞われます。

出来てしまった事をあれこれ言っても始まりません。
時間が経過するのを待つ事にしました。
今月中旬から結構予定が入っていますが、何とか
他の人にご迷惑を掛けずに通り過ぎたいと
思っています。
母親が不自由している事を察して、息子達は午前と
午後に分かれて見舞ってくれました。

NHKで放映していた
「無縁社会」見ましたが、子供二人居れば多分
私は無縁社会の人にならずに済むだろう!!と
楽観的な考えを持つようになりました。
無縁社会、それは多分「人の為に」夢中になって
頑張らなかった人達が「無縁社会」と言うこれまでに
余り無かった現象を強く感じているのでは?と感じて
見ていました。

人と関わる事。
人の為に自分は何をして来たのか?
人から何かをして貰う事しか考えが及ばない世代?は余り
感心出来ません。

ある程度年齢が高くなれば、子供に迷惑を掛ける事も
ある意味「無縁社会」を作らずに済む一つの方法ですね。
子供達は多少の文句を言いながらも
親との関わりを維持し「何とかしたい!!」と
考えるのでは?ないかと?ふと思いました。

私が肋骨傷めた事位でも、様子を見に来てくれます。
有り難い事です!!
無縁社会の一人にはなりたくないので私は人様との
関わりを大切にして行こうと,改めて思いました。



gif-mozaiku

もう直ぐバレンタインデー (^^♪

もう直ぐ、バレンタインデーです。
お正月が来て早々と「バレンタイン商戦」が始まりました。
欧米の文化にはこれまで、それ程関心が無かった日本人も
クリスマス・バレンタインデー等キリスト教に関わる
行事も日本に定着して年中行事の一環となっているようです。
バレンタインデーが近くになると、何故かチョコレート売り場は
人垣が出来る程の人気振りです。







チョコレートの香りがするオンシジューム ↑↑↑
「スイートフレグランス」です。バレンタインデーには持って来いの
花ですね、

若い女性達は、特に結婚前の人達はバレンタインデーには
男性にチョコレートを渡している様ですね。
売り場の商品を見てみると、中学生らしいあどけない子から
成熟した女性まで、チョコレート選びには真剣な眼差しです。
沢山のチョコレート、義理チョコ?
それとも本命チョコ?
どちらにしても、貰った男性は、男性としての面目が?立ち
嬉しい日でも有りますね。

今は私は自分や息子達の為にチョコレートを買います。
時節柄、義理チョコ「一個」も入らなかったら
息子も可愛そうですからね。。。
以前は***とか、世界の有名チョコレートを買って
夫と息子達にも渡していましたが、実は世界の
有名ブランドチョコレートには意外なからくりが有る事
知りました。
これまで殆ど***のチョコレート買っていましたが
その「からくり」を売り場の人に
内緒で聞かされ、純国産のチョコレートに切り替えました。

高い関税を支払い、冷凍で原料を仕入れて
某・有名メーカーが「下請け」して製造している現実を
知り、もう高くて高級感の有る?と思っていた
チョコレートを買う事を止めました。
国産のメーカーのチョコレートで大丈夫です!!
他所の国の原料に高い「関税」支払ってまで買う事は
無いと思いました。
ですから、実際チョコレート業界の現実を聞かされ
「唖然」としましたが、勇気を出して教えて貰い
改めて日本のチョコレートの製造技術は「@優秀@」と
確信しました。

私は友達には日本製のチョコレートを差し上げました。
私も同じチョコレートを頂く事にしています。
勿論、儀礼的なお付き合いの範囲の気持ちからですよ・・・。



gif-mozaiku

家族にブログ、知られていますか?

ピックアップテーマ
家族にブログ、知られていますか?に参加を致します。

家族で現在日記を書いている人は私だけです。
日記とは違う今風のブログには誰も興味を示していません。
毎日何がしの事を書き込む時間が圧倒的に少ないからです。
又、時間が仮に有ったとしても、ブログはやらないと
思います。
親類の人達にも私がブログを開設している事は知らせて
ありません。







唯、息子達は時々パソコンを覗きますので、自然に私が
何をしているか?位はきっと認識していると思います。
でも、私は『読んで欲しい!!』等とは一切言いません。
興味が有り、私が何を考えているか?知りたければ
アドレスを記憶しておき、開けば良いだけの話です。
読めば、きっと時には耳の痛い話も出て来る事でしょう!!

敢えて、息子達に私が書き込んだ事について
意見を求めたりはしておりません。
若い人達は、メカに強く、もっと進化した事をやりたいと
思っているかも?しれませんので。
ブログを開設するに当たり、随分私は迷いました。
折角開設しても『三日坊主』で終わる事も視野に
入れていたからです。

でも、開設してしまったら、何とかなるものですね!!
平凡な日常の事しか書き込めない内容は、全く地味で
目立ちません。
平凡に生きて来た私には、人様よりずば抜けた資質が
有る訳でもなく,変わり栄えのしない内容がずっと
続いています。
過去何年か前の書き込み等を読み返してみると
当時の事が鮮明に脳裏に蘇ります。

平凡でも、家族に知られていなくても、何かを
書き込んで置けば、何時かは誰かが読んでくれる
可能性も全く無い訳では有りません。
なので、私は毎日の事を、何でもない事をも
書き込んでいるのです。



gif-mozaiku

年賀状の整理は? (^^♪

年賀状を出すまでが毎年苦労をする時です。
諦めて、マンネリでも同じ様なレイアウトで出している
私です。
年が明けて、届いた年賀状に目は通しました。
お年玉付きの年賀状の「当選番号」も
決まりました。








ずぼらな私は、時々思い出した様に、頂いた賀状を
読み返しては、色々思い出しています。
然し、未だに当選番号を調べる事も無く放置しています。
「ずぼら」の、本領発揮?!と言った所でしょうか・・・。
一年に一度だけの「通信」の方も有れば、親しく付き合う
方も有りますね。

もう、いい加減にして当選番号を調べなくちゃ!!
多分、切手シートが一・二枚当たれば
上等の部類でしょうね。
他所の国は「年賀状」の交換はするのかしら?
夫々国の習慣も異なります、年賀状は若しかして
日本だけ??



gif-mozaiku

春を呼ぶ花!! (^_-)-☆

春の足音が次第に聞こえて来る様な気がしています。
今は寒暖の繰り返しをしていますが、太陽の光は確実に
春を感じさせる明るく強い白さを感じる光です。
乗用車を運転していると、長年の経験からフロントガラスから
差し込む太陽の光で季節が確実に春に向かって動いている事が
判ります。
春の光は強烈ですが、辛かった寒い冬から開放される事を
素直に喜んでいます。



b















 春先に上に掲載した写真の↑↑↑
ボロニア ピナータと言う花が咲き出します。(オーストラリア原産)
この花を知る切欠になったのは、ナゴヤドームで開催される
「蘭展」に何年か前に出ていて、花の可憐さと綺麗さに
気持ちが動きました。
それ以来、この花を見る度に,初めて見た時の事を思い出します。
「花音痴」だった私は、それ以来出来るだけ花の名前や形態を
覚えたいと植物園やランの館へ出かけては、知らない花を見れば
知っていそうな人に聞いてメモして帰る様にしていました。


一度苗を買い、育てましたが思うようには行きませんでした。
花を育てることの難しさを知った最初の花です。

古い画像を見ながら、ふと、そんな事を思い出しました。
この花はもう一度トライして育ててみたい花ですね〜。




gif-mozaiku

早い事、早いこと!! (^^♪

時間と日にちが過ぎてゆく早さがとても早く感じられる昨今です。
歩く事も大切ですし、普通の平凡な生活をする事が如何に大変か?と
言う事も現実の問題として感じています。
まだ、歩く事も出来るし、何でも殆ど自分で出来るから
「のほほん・・・」とした暮らしをしています。
これが、何か重篤な病でも抱えていたら、多分一日の時間が
長く感じられて仕方が無い事でしょう!!







2011-02-01 027-b-6






寒さの中、写真の景観を眺めて歩いてから
もう「一週間」が過ぎました。
一日も疎かには出来ないのですが、それこそ「無気力な」日を
送ってしまう事も多々ありますね。
反省はしていますが、成り行き上、その様になってしまいます。
寒かった今年の冬、この写真の景色が
「なごり雪」になってくれる事を祈っています。

寒暖の繰り返しを続けながら、時は移り行くのですね〜。
この事を,これまで何度も繰り返してはいますが、確かに
今年の寒さは「身に滲みました!!」
時間は待っていて暮れません!!
季節が移り変わる毎に、その季節に出会えた事を感謝しながらの
年齢になりました。

時間は待ってくれない!!
健康維持に努め、なだらかな山歩きが出来れば幸せな部類の人生の
終章と感じています。

プレイバック青春!!と叫んでも時間は戻ってくれません。
今を大切に生きる事が最も理想的な事でしょうか?!
時間よ止まれ!!
でも、時間が止まれば記憶も止まるかもね?!




gif-mozaiku

彼方へ・・・(-_-;)

私は自分が住んでいる町内の人は大抵顔見知りで
会えば親しく話をしています。
私より年配のご婦人ですが、ここ一年ほど前から**症が
進んで来ています。
近所の人からは、病気を理解されるまで色々誤解を招きました。
本人の発言にも原因がありましたが、家族の対応にも問題が
有りました。
こればかりは、傍らでじっと見守るしか方法は無いようです。







久し振りにそのご婦人と出会いました。
ニコニコと満面の笑顔で私に話しかけて来ます。
一通りの挨拶をしていると、彼女は自然に私の両手を
しっかりと握りしめていました。
何度も何度も力を入れて握り返します。
私は
「元気で良かったわねっ!!、顔色も良いし会えて
 嬉しいわ〜」と言って話を続けました。

然し、話している内に彼女は私の事をすっかり
「忘れている」事に気が付きました。
ショックでした!!

「何処かで会ったかなぁ〜」と言い出しました。
「会ってていますよ〜、思い出して・・・」と又手を
握り返します。

「顔は見たこと有るけれど、あなたさんは?どなた?」と
真剣な顔をして尋ねてきます。
「ゆっくりで良いから、思い出してみて・・・」と私。
ニコニコ笑いながら、顔は見た事有るけれど「わからない」と
言います。
「良いから、ゆっくり思い出してね〜」と私も笑いながら
思い出して貰う様に努めました。

相変わらず手はしっかりと握ったままです。
日常の生活の中で手を繋いだり、握って貰う人は
居ないのです。
あぁ、ここにも目を掛けて差し上げないといけない人が
居るのだと、実感しました。
どうしても、思い出せない私の事を、無理やり思い出させる事は
無慈悲です。

「sumikoさんよ〜」と態とおどけて私の名前を伝えました。
「あぁ〜〜、判った、判った、何処かで会ったよね〜」と。

同じ町内で暮らしながら、そんな事を言い出しました。
苗字は最後まで思い出せませんでした。
こんな人が、一人で暮らすのはとても危険です。
それでも一人で暮らさなくてはならない理由が有るのです。
ご主人は重病で入院中ですがこれでは、ご主人の看護は
とても出来ません。
二人揃っていても、こんな状態ではお先真っ暗です。

若しかして、ご主人が入院中である事も記憶の彼方へ
飛んでしまっているかも?知れませんね。
当然他人の私の名前など、彼女の記憶の遥か彼方へ
押しやられていたのでしょう。
これは人の事ではありません、有る日突然、こんな風に
なる可能性が無いとは限りませんから・・・。



gif-mozaiku

昼のメール!! (-_-;)

私は友達同士でも毎日の予定を一々チェックなどしていません。
私は自分の予定した事をしたいし、彼女も勝手に動き廻っています。
それで良いのです。
然し、私が出先に出ている最中に
「今から名古屋へ行きます、午後お茶でも如何?』と言う
メールが入って来ました。
私はその時東山植物園で椿の撮影に追われていました。
彼女にしてみれば、自分の都合だけで、私の都合など余り
考えて居ない様な感じがして
断りのメールを入れようかな?と思いました。






結局は撮影を終えて帰れる時間になったのは
午後1時でした。
午後2時に***まで「出てきて!!」と言います。
こんな事は前日に私の予定を聞いて行動に移して呉れないと
出先でそんな事言われても困惑してしまいます。
一緒に出かけた人達とランチを摂って帰る予定でしたが
急遽それをキャンセルして、友達に会いに行きました。


朝の食事をして、お昼は何も食べていません。
何処かで休む「約束」だったのですが、彼女は乗用車で
出てきています。
パーキングへ入れる間もなく、立ち話で用件を済ませて
別れるる事にしました。
お互いに、その日の時間の都合も有りますから、自分の勝手で
人を巻き込んで貰っては困ります。


突然予定外の行動に移らなくてはならない時は
携帯電話が便利すぎて却ってモタモタしてしまいます。

携帯電話の、悲喜交々!!
足腰が丈夫で動けるから良いものの、何処か痛ければ
「お断り」のケースもある事でしょうね。。。
まぁ〜こんな日も中には有るのですね!!
誰からも、声を掛けて貰えなくなったら、これ又
本当に淋しい事です!!



gif-mozaiku

朝のメール〜(^_-)-☆

知り合いの若い女性からメールが入っていました。
彼女とは或る会で知り合いましたが明るくとても爽やかな人です。
同い年の友達は勿論多いですが、お年上のお友達も必要です。
自分と条件が同じ同級生は気心も考え方も余り変わりは有りません。
然し、年代を超えると考え方も夫々違う所に私は友達として
自分の視野を広める良い相手と心得てお付き合いしています。








私は元々携帯電話でのメールは「やりたくない人」で、これまで
一切関わって来ませんでした。
パソコンにメールを入れて貰っていましたが、ある先輩に
「折角の携帯電話、メールを使うと便利ですよ〜」と薦められ
始めました。
簡単な事すら出来なかったのですが、色々教えて頂き、今では
一人前?の様な顔をして、携帯電話のメール使っています。
でも、私の出し方は「遅いな〜」と自分でも思います。


若い人は実に小まめにメールをしますね!!
羨ましかったですが、遅まきながら自分でメール送信出来る
様になり「便利さを」感じています。
それに、今気が付いた事ですがメールを使えば使うほど
便利になるのですね!!
機器が言葉を記憶していて、文言を考えなくても文章が
次々と連なる事に感心をしています。
難しい言葉でも、一度使うと「記憶」されるのは
正に「驚き」です。

今頃、メールの便利さを知り携帯電話の活動が活発に
なって来ました。
絵文字も、顔文字も結構楽しいし、これこそ若い人の
影響でメールの書き込みも随分上達?出来たのでは?と
嬉しく思っています。
持つべきものは「良い人とのかかわり」ですね。

朝のメールは、知り合いの女性が出展している「写真展」を
見せて貰う日の時間の打ち合わせでした。
年の差を越えて人と関わる事で、色んな考え方を知る事が出来
一人善がりの生き方にならないで済む事は
私にとっても嬉しい事です。



gif-mozaiku

危機・一発!! (^^♪

自宅周辺では乗用車の駐車状況を調べる為に常に
巡視員が回っています。
既に私の所で、ほんの僅かな時間駐車していて
「違法駐車」の張り紙を貼られた人が何人か居ます。
警察暑が近い精も有りますが、兎に角良く巡回して来ます。




cc







道路に一時的にせよ、車を停める事は道路交通法に触れます。
直ぐどけるつもりで停めるのですが、偶々巡回の人に見つかれば
違反用紙を貼られる事は避けられません。

我が家へは時々パソコンの調整に来て貰う人が有り
その日も偶々パソコンの不具合で調整をしに来て貰っている
最中でした。
巡視員の姿を見つけ
「私のパソコンの修理中です!!、直ぐ移動しますから!!」と
私は「駄目・元」で言ってみました。

「あっ、そうですか、じゃぁ終わり次第速やかに
 移動させて下さい」と言って立ち去りました。

あぁ~、良かった!!
迷惑を掛けずに済んだ!!と、ほっとしました。
本当はパーキングへ入れるべきでしょうが
分単位でお得意様を訪問する仕事の人にとっては、時間の
ロスに繋がります。

危機一髪!!とは、この事かも?知れませんね。
実は次男も3け月程前に用紙を貼られたばかりです。
急な体調不良で私の所で安静にしていた所でしたが
違反と認定されれば仕方がありませんね。



gif-mozaiku

今年の節分~(^^♪5

一月中は久し振りの厳しい寒さの中で暮らしました。
新年を迎えて、一息ついたと思えば、もう二月になりました。
昨年十二月下旬に冬至を迎え、次第に日没の時間も遅くなり出しました。
秋の釣瓶落しと言う言葉通り、本当に早く日が暮れて外出していても
気が焦りました。
今は午後五時を過ぎても明るさが有るので、ほっとした気分です。



ohsu














節分を迎え、大須観音へ行って来ました。
大変な人出です。
景気が悪いとか?生活が苦しいとか?と言う日常の事を忘れて
只管「福を招く」豆撒きに人々は一生懸命です。
誰もが健康で幸せな暮らしをしたいと、密かに願いつつ
節分会に来るのです。



ohsu




















家族と一緒の人も有れば、友達同士で誘い合って来ている人も有りました。
一旦、豆を入れる「枡」を手にすると、不思議な位明るい顔の表情に
なるのです。
皆が、静かで平和な暮らしを感謝している様にも受け取れる
顔の表情です。
何方も良いお顔です。
人は笑顔が一番美しい、と何処かで聞いた事がありますが、それは
本当の事でした。

ここ、大須観音では「福は内!!」とだけしか言いません。
「鬼は外!!」とは言いません。
右に向かって二度、左に向かって二度、中央に向かって二度
「福は内!!」と言いながら豆を撒きますが、その後で
仏様にお参りをして、豆撒きの儀式は終わります。
最後に
「おめでとうございます!!」と司会の人が言って、終わるのです。


久し振りに温かな節分を経験しました。
節分が済めば「立春」です。

立春大吉を私は願っています。




gif-mozaiku

古式ゆかしさと・・・(-_-;)

日本相撲協会は昨年の「大相撲名古屋場所」では
力士等の野球賭博問題が発覚し、世論の厳しい追及を受けました。
依って、名古屋場所のNHKの放映は中止となり、私達を落胆させました。
野球賭博直前には元・横綱の泥酔暴行事件が大きく報道され顰蹙を
買ったばかりの事でした。
横綱としての品位に掛ける問題として力士を引退する事態になり
大荒れの相撲界でした。



81b1652f.jpg








名古屋場所の放映中止により、当地区では経済的なダメージを
蒙った業者も少なくない様に聞いております。

今回、又々私達の心を揺るがす大きな問題が起きてしまいました。
力士による「八百長相撲疑惑」です。
昔ならば「耳打ち」する位の事で事を進めて?居たであろう力士達。
今は「携帯電話」を誰もが使う時代となり、力士達もご多分に漏れません。
紙切れに何かを書いて居た昔と違い携帯電話でのメールのやり取りは
削除しても、専門家が分析すれば内容の把握は可能なようです。


誰もがメールを「コッソリ」使って、何食わぬ顔をしていても
メモを燃やして証拠を灰にする様な訳には行きません。
そこに先端技術の凄さと力士達の浅はかさを知る事が出来ました。
皆が熱中する日本の国技「相撲」に
星の貸し借りが有り、しかもそれが「有料」で行われていた事が
悔やまれます。


人種の差別や偏見を持ってはいませんが
久しく日本人力士の「横綱」が生まれません。
白熱した昔の様な相撲はもう見られないのかも?知れませんね。
相撲界の国際化も悪い事では無いのですが、本来の古式床しい
相撲の持つ神秘性が失われつつ有る印象がしてなりません。
強い力士は、外国勢が占めています。


何となく興味を削がれた感じの「大相撲」です。
日本人力士の奮起を望む所です。
今回の八百長疑惑、相撲人気凋落の折から又、世論を巻き起こす
大きな問題になりそうで落ち着きません。
今回発覚した「メール」の形跡は力士達にとって
思わぬ「先端技術」の落とし穴で有ったようですね。
残念です!!



gif-mozaiku

中山道を歩きました〜(^^♪

新年になってから、本当に厳しい寒さが続きました。
愛知県内でも岐阜県と接する一宮市では雪が降り、岐阜の
山間部は大雪に見舞われていました。
そんな中、再び「中山道(なかせんどう)」へ歩きに行きました。
今回は中津川までJRで行きそこから「落合」方面を目指しました。
名古屋では雪も降らず、唯「寒い」だけでしたが、現地へ行けば
想像以上の降雪が有った形跡がありました。





5







久し振りに晴れ間のある山道を歩きましたが
峠を越える時は、日陰は道路がアイスバーン状態でした。
慣れないアイスバーンには,慎重になりますね。
転倒でもしたら、大変です!!
都会では見ることが出来ない雪化粧をした山などを見ながら
「自然の素晴しさ」を満喫しました。



散策中「雪の恵那山」を撮りたいと思っていましたが
電線が至る所に張り巡らされ、思う様な良い画像をゲット出来ず
残念でした。
辛うじて、電線の無い場所へ来たら
山には「雲が」かかり、がっかりでした。
本物の雪化粧をした山は綺麗です。

僅か80km位しか、名古屋から離れていませんが
山深い所でなくても、寒さが違います。
都会に住むと本当の自然の厳しさが判りません。
山には山の暮らし向きが
都会には都会の暮らし向きが有るのですね〜。



gif-mozaiku

一言語に慣れて・・・(^^♪

私達世代は大方の人は日本語だけの生活で暮らしています。
中学から私は英語を習いましたが、実際に役立つ「話し言葉」の
英語は中々身に付いていませんでした。
文法がどうの、こうの?と、言ったところで
自分の言葉として話す「話し言葉」の使い方の下手さ加減には
尻込みするばかりです。








最近になって、小学生の内から英語教育を導入する機会が与えられ
今の子供達は恵まれているなぁ〜、と思う事しきりです。

先日近くのガソリンスタンドで出会った幼女のお話です。
彼女はどんな事も出てくる言葉は殆どが「英語」です。
両親が意識的にそのような教育方針で育てているのかな?とも
思いました。
まだ3歳です。
ネイチャーイングリッシュを話すこの幼女は、将来どんな女性に
成長するのかな?と関心を持って聞いていました。

お母さんは繰り返し『オウム返し』の様に子供に付き合い
自然な形で英語力を伸ばそうとしている様子が覗われます。
今や日本人だから『日本語』しか話せないでは、済まされない時代に
なって来ました。
世界中を駆け巡る『英語』は日本人が最も苦手とする言語でしょう。
世界で日本人しか話さない『日本語』には、独特の日本文化が
奥深く秘められているのですが地味である事も否めません。


日本人は日本人らしく日本語を話せば良いと思うものの、出来れば
もう少しだけ英語も理解出来れば良いと思いましたが
何もかも現在とは環境が違い過ぎました。

あの幼女はどれ位英語力をつけていくのだろう?と
今を生きる若い力に期待を寄せました。
但し、この幼女には英語と同時に、美しい日本語もマスター
して欲しいなぁ〜と思いを寄せる私でした。



gif-mozaiku

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ