おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

December 2011

年越しは? (^^♪

ピックアップテーマ『年越しは誰と過ごしますか?』に参加をします。

慌しい年の瀬ですが気分的には『いつもどおり』です。
遣り残した事は多いですが、気力・体力の限界を超えないように
殆ど何もしていません。
この「つけ」は何時か払わなくてはなりませんが、意欲が湧いて来た時でも
遅くないと思っています。
夫々の都合も有って、これまでは「1月1日」は集まらない事にしていました。
もう、そんな事は止めにして私の父親の『祥月命日』でもある
1月1日、私の鎮魂の日として誰とも会いませんでしたが事情が変わって来ました。







息子達の家族も夫々予定が有る様なので仕方がありません。
1日は久し振りに家族が全員集まる予定です。
若い頃の様に、あれも・これも「しなくてはならない」と思い年内に整理整頓を
していました。
もう、そんな事を思わず、出来る時に色々したいと考えるように
なりました。

今年の年越しは自分だけの『年越し』となりますが、成り行き上已むを得ません。
今は殆ど食品の整理をしている最中です。
冷凍した「ごはん」その他諸々、片付けておかなくてはならない物が
次々と出てきます。
本格的な「おせち料理」は今年は中止しました。
大量に作り置く癖が抜けきらない為、作ればまた大変な事に
なりかねません。

食糧難に苦しむ世界の何処かの国の事を思えば、贅沢な話です。
冷蔵庫の中を整理しながら、ふとそんな事を思いました。



8893c0ab.gif

僅かな希望を繋いで〜♪

私が良く出かける「ランの館」の話です。
名古屋市のほぼ中心地に有る「ランの館」は忙しい主婦の私にとっては
格好の撮影場所です。
世界中の蘭を展示する大変貴重な所だと思っています。
東山植物園へ行けば広くて他の花や樹木も撮影出来ます。
然し自宅からはかなり遠い為、近場の『ランの館』に足を運んでいます。
少し歩けばデパートも有るし、地下街も盛況です。
色々用事をこなしながらの撮影は便利な所に自然に行くようになりますね。






これまでのデザイナーと変わり、今年のクリスマスのイルミネーションはハウステンポスなど ↑↑↑
観光地のイルミネーションを手がけた人がデザインされたそうです。これまでに無い斬新な 
イメージでした。


今年の秋の初め頃、市の財政問題を検討した結果、ランの館の維持費が
膨大で事業仕分けの結果
『廃止』と決まりました。
こんな立地条件の良い所は他に無く、カメラ愛好家は一様に落胆の色が
隠せませんでした。
ランの館に併設して営業中の『花屋さん』は比較的値段も良心的です。
高齢者の来場が目立ち、花屋さんは何時も活気がありました。

所が新聞紙面に
「ランの館廃止」と記事が出てからは、花屋さんへのお客が激減。
一度記事にされると『廃止になった』と、思い込む高齢者が多いのか?
本当に閑散としてしまい、花屋のオーナーも困惑を隠しきれない
様子でした。
確かに、新鮮な花を売ります、ここで買う花は『長持ち』すると言う
評判です。

お年寄りが家から出るには何かの目的がないと出ません。
花屋さんへ行く為に杖を使うようなお年寄りでも嬉々として
花を選び花屋さんの店員さんと会話を楽しんで行きます。
私も、花の撮影に良く出かけますが、序に花も買います。
ランの館が『廃止』にならない様に、僅かな希望を持っています。
希望が繋げるように、市民の憩いの場として『作った』以上は
赤字経営を回避する努力も必要でしょう。

新聞記事になってしまい、皆がその記事を読み落胆をしています。
廃止は回避して欲しいです。。。




8893c0ab.gif

慌しく・・・(^^♪

寒い朝が続きます。
来年成人式を迎える子が、高校時代の茶話会に振袖を着て行くと
聞き、実際の姿を見たくて着付けをしてもらう美容室へ出かけました。
まだこの前、七・五・三の振袖で大騒ぎをしたのに、もう成人式です。
成人式の当日は又着るのかな?
何時の間にかいっぱしのレディーに成長して,幼かった頃が
懐かしく私も愛情を注いで来たつもりです。







今の子は余り、和服の正装をしたがりません。
自由な、活動的な姿で生活していると、和服は少し厳しい感じですね。
実物を見て、やはり日本の女の子は『振袖姿』が良く似合うと
思いました。
朝早くから、和服姿を一目見たくて、車を走らせる
親ばかならぬ、ばば馬鹿の私でした。
健康に恵まれて、立派な体格に成長した我が『孫』をみるにつけ、人生は
「あっと」言う間に過ぎていく事を実感しました。

でも、忙中閑ありで、目にも嬉しい振袖姿でした。



8893c0ab.gif

年の瀬に思い出して〜  (^_-)-☆

子供の頃はクリスマスは今の様に盛んな行事ではありませんでした。
「もういくつ ねると おしょうがつ !?」と指折り数えて待ち望んだ記憶が
甦ります。
屈託の無い幼児の頃は確かに一日が長かったです。
朝起きて、機嫌が悪いとすねたり、ごねたり、わめいたり。。。
お陰で家族は私の我侭に手を焼いていた時期がありました。
年の瀬も迫った頃、晴れ着も用意されてお正月を待つばかりでした。







子供の頃にはこんな立派な建築物が出来るなんて思っても居ませんでした。↑↑↑

そんな時、大人に相手にしてもらえず近所の女の子とままごと遊びを
していました。
そこまでは何処にでも良くある話ですがその時
『床屋さんごっこをしようか?!』と言って,小さな鋏を持って交代に
お互いの髪の毛を切りあいました。
「チョキ、ちょき」音を立てながら少しずつ自分達の前髪が短くなって行きました。

遊び疲れて帰宅をしました。
楽しかった床屋さんごっこ!!
私の姿を見て母・祖母・祖父は激怒しました。
私は酷く叱られるとは思っても居ませんでしたので、あっけんからんと
していました。
母親は泣き出し・祖母は怒り出すし・・・。
でも、床屋さんごっこは楽しかったです。

夕方、勤務を終えて帰宅した父親はやはり落胆した様子でした。
物資がそろそろ欠乏しだした時代、お正月の子供の髪飾り「リボン」は
手に入りそうも有りませんでした。
ぎざぎざの髪の毛を隠して『晴れ着』を着せるしかないと決心した大人たち。
どうしても『大きなリボン』が必要でした。
誰かを頼りにあちら、こちら探してくれたあの時のリボン。
一緒に床屋さんごっこをした女の子は今どうしているのかな?と、ふと
思いました。

あの時の『大きなリボン』手を尽して手に入れてくれた親達の愛情を
忘れる事はありません。
ぎざぎざの前髪を見て怒った大人たちは皆今は遠い人となりました。
年の瀬が迫る毎に、そんな他愛も無い事を懐かしく思い出しています。
もう幾つ寝ると・・・、と数える間もなく時間だけが容赦なく過ぎて行きます。
まだこれから家の中の整理をしなくてはなりません。

新年を迎える準備もすこしばかり、しんどくなりましたね〜。




8893c0ab.gif

積雪が〜(^^♪

この所真冬の寒さが続いています。
冬至が済んで僅かですが日没が遅くなってきています。
私は何故か夏至になるまでは気分的に大変明るいのですが
冬至までの『秋の釣瓶落し』の日の暮れ方が余り好きではありません。
冬至が過ぎて、僅かに一日『一分』の日没が遅くなって来ただけで
嬉しくなるのは人間の本能的な感覚なのでしょうか?




5

名古屋で積雪8cm。最高気温4.8℃寒い一日葉ボタンに雪。↑↑↑

何かと大変な事が多かったこの2011年も本当に後僅かな日を
残すだけになりました。
便利な世の中になって来ましたが、本当にこの便利さを当たり前の
事に思って自然に対して畏敬の念を持っていたのか?
余りの快適さに酔いしれながら地球の限りある資源を
使い尽くしたのではないかと?疑問を抱きます。
自然災害の多さや気候の変動に人々は翻弄されています。
何時までも青い地球で有って欲しいと願うのは私だけでは無い筈です。

色々有った中で、例年と同じ様に年賀状を用意しました。
災害があり「謹賀新年」とか
「あけまして おめでとうございます」等の文言は、控えた方が
『良さそう』な報道がありました。
多難な年だったけれど、無事『越年』出来れば元気に生きている証です。
私は『生きている』事が目出度い事なので、報道の内容には
拘らず、例年の通りの年賀状になりました。

マンネリ気味の年賀状ですが、26日に漸く郵便局へ持って行けました。
慌しい中年賀状を提出すると「ほっと」した気分になりますね〜。




8893c0ab.gif

静かな一日〜(^^♪

クリスマスの一日は静かに過ぎて行きました。
外は寒いし、家の中で何か方付けでも「しようか?!」と思いました。
所が何気なしに見ていた某民放の報道番組についつい引き込まれて
本格的に見てしまいました。
これは、去る3月11日に発生した
東日本大震災の記録を時系列で示し、本当に現地で何が起きていたのか?
詳細に伝える特集でした。







途中何度もCMが入り、辟易しましたが番組を通して実際離れた所に
住む私達が知りえない「真実」を伝えていて時間の経過も忘れていました。
本来は視聴料を取っている某放送局がこうした『大特集を』組むべきでしょう。
大災害に立ち向かう日本人の気力。
被災者も勿論ですが、支える自衛隊の『己』を棄てた支援の仕方に
思わず感動を覚えました。

方付けをしたいと思っていましたが、結局は報道番組を長時間見てしまい
方付けは後回しの状態です。
これから『大変だな!?』と思いましたが、人の運命は何処で変わってしまうのか
判りません。
過酷な条件の中でも頑張る被災者達の姿には真摯な気持ちで
向き合わなくてはならないと思いました。

クリスマスの日に、人の「しあわせ」について
考えさせられる機会を与えてくれた報道番組。
贅沢をしなくても、生かされている自分自身を「しあわせ」と
思える様になりました。
やはり、支援が必要ですね〜。




8893c0ab.gif

Merry Christmas !! (^_-)-☆

とうとうクリスマスが来てしまいました!!
思い出して慌てました!!
地下鉄榮駅の周辺は地下街が発展しています。
滅多に地下街では買い物はしませんが、一軒だけお気に入りの
店屋さんが有るのです。
何気ない店ですが婦人用品を良心的な値段設定で販売をしています。
デパートの中で例えば婦人用のハンドバッグを眺めてみれば
ブランド品といわれる商品は私達では手が出ません。
余りにも値段が高いので私は諦めています。







歳末の大売出しを地下街でも行っていました。
一寸した「贈り物」などには実用的で相手に喜ばれています。
12月25日まで、お買い上げの商品に対して発行する「抽選券」が
渡されます。
抽選には殆ど「当たり」が無い私です。
思い出したその日に抽選場へ行きくじ引きをしました。
私は相当数の抽選が出来るだけの、抽選券を持っていました。
外れても「お遊び!!」と考え無作為にくじ引きをしました。

意外に無心でくじを引くと当たるものですね!!
2等と4等が当たりました!!
榮の地下街は地下鉄開業と同時に出来た
地下鉄振興会、榮地下街、セントラルパーク地下街(通称)の
三つの会社の運営で成り立っています。
夫々が年末の大売出しをしていますが、どちらかと言えば
セントラルパークの地下街は若い人向きの店が多いです。

商品券が貰えました。
クリスマスケーキでも買おうかな?と一瞬思いましたが
ここの地下街にはケーキ屋が無い事に気が付きました。
期限付きの商品券なので、年明けにでも何か買おうか?と
思っています。
私には嬉しいクリスマスプレゼントになりました。




8893c0ab.gif

サボテン満開~(^^♪

昔は沢山のサボテンを育てていましたが、今は僅かです。
サボテンの育て方には色々コツが有るようで、私は気が短い精か?
それとも怠慢が原因なのか?枯らす事の名人?です。
今年は本当に鉢植えの花も、良く枯らしました。
唯一サボテンが現在綺麗にさいていてくれます。







何となく花の咲き方が例年の様に綺麗ではありません。
夏の気候が影響したのか?又は私の管理が不十分であった可能性も
無い訳ではありません。
名人と言われる人は、見事に明かせています。
自宅のサボテン、咲きましたが貧弱です。
育てる事も楽しみの一つなので、もう少し頑張りたいですね〜。




8893c0ab.gif

この夕日は忘れない!!(^^♪

甥が外科手術を受けてから6週間以上が経過しました。
複雑な思いがしてならなかった手術の日。
朝9時ごろから開始された甥の手術ですが、長時間掛かると最初から
説明を受けていました。
若い子が体調不良に陥り、何度も手術を繰り返す事は気の毒な事です。
然し、放置すれば良い結果は期待できません。





甥の手術の日の夕日、気分転換に夕日を病院の近くで撮りました。↑↑↑
忘れられない あの日の夕日です。


最近は自力で歩けるようになり回復の兆しです。
本当に「良かった!!」と甥の顔を見る度に感じます。
昨日も見舞いに出かけました。
明るい性格の子なので、病気で有る事も忘れたかのように時々
冗談を言い放ちます。
私の息子達とは、従兄弟同士になりますが年齢が近い精も有り
「兄弟」みたいな感覚で親しく付き合っています。

家族は夫々愛情を注いで一生懸命看病をしています。
とりわけ妹は自分が産んだ子なので、有りっ丈の愛情を注いで
世話をしています。
母親はどんな苦労をしても、我が子が「一番」可愛いのです。
私は単なる話し相手位にしかなりませんが、それでも甥の顔を見たさに
見舞いに出かけています。

年内に一時「帰宅」が許されました!!
11月3日以来の帰宅になります。




8893c0ab.gif

地元をもっと知ろう!!(^^♪

幼い頃から親しくしていた実家の裏側に住んでいた人が
今総合病院に入院しています。
先日は妹と小牧市の病院へ見舞いに行きましたが,現在は
豊明市にある総合病院に転院して治療を受けています。
私とは年齢は違いますが、とても懐かしい人なのです。
豊明市の病院は規模も大きくてとても患者が多い病院です。








さて、昔行ったきりで最近の豊明市の事は全く判りません。
カーナビがあるので大丈夫かな?と思いましたが年末で万が一
自損事故でも起こしたら家族に迷惑を掛けてしまいます。
考えた結果、公共交通で行く事にしました。
妹に教えられた通りに、名鉄で「前後駅」まで行き、それからは
病院へ立ち寄るバスに乗りました。

私の考えが行届かなかったのです!!
病院へ着いたら「名古屋市営バス」が
病院まで来ているじゃありませんか!!
そこで、漸く気が付きました。
地下鉄が豊明市に隣接する名古屋市緑区徳重(とくしげ)まで
開通している事をすっかり忘れたいたのです。

交通の手段も色々変化をして行きます。
もっと市内を隈なく回り、未知の場所へ出かけるべきだと
思いましたね〜。
聞き慣れない名前のバス停の数々。
実はその病院は「豊明市」なのですが名古屋市緑区の
境界線ギリギリの所に有るのだそうです。

時間がボーナスの私達の世代。
市営バスや地下鉄を利用しない手はありません!!
現地へ行って見てはじめて判り、大変勉強になりました。
この病院へ行く事も将来無いとは言えません。
知らないより、知っている方が良いですから。

肝心の知り合いの方は、至って顔色も良く付き添いの奥さんと
3人で色々話が出来ました。
彼は起き上がって、話が出来るまでになっていました。



8893c0ab.gif

流行った言葉・・・(^^♪

今何処のTv番組を見ていても
金正日氏の急死の事で持ちきりです。
健康を害していると言う事はここ2〜3年の間伝え聞いていました。
世界には色んな考え方を持つ国が有りますが、見た訳では有りませんので
確定的な事は言えません。







日本との国交は正常化していない国の為情報の収集にも苦労をします。
金正日氏の死亡が早すぎたのか?有る程度の想定内?で有ったのかは
私には判りません。
色々芳しくない情報ばかりが入って来ていました。
彼の死亡で日本人の
「拉致被害者」はどうなるのでしょうね?!

今、あそこの国は体面を繕うのに
「てんやわんや」・「やっさもっさ」の状況かな?と思います。

てんやわんやとか、やっさもっさと言う言葉は、相当な昔ですが
良く「流行した」言葉です。




8893c0ab.gif

妹の事〜(-_-;)

姉妹の事を悪く言う訳では有りませんが、一番末子の妹とは
年齢差は随分有ります。
私は長女なので誰よりも一番年上です。
一番年上の私が、苦手であった「携帯電話メール」を何とか覚え
日常の連絡手段にしていますが末子の妹は何も関心がありません。
携帯電話位持てば良いのに!!と
時々思います。







今時珍しい「アナログ人間」です。
通信手段は自宅からの電話か、絵手紙です。
年上、年下関係なく今は皆が使いこなす「携帯電話」。
勿論パソコンも手がけません。
練習に通う事も全く無関心です。
同じ兄弟姉妹でも、携帯電話を使わないのはこの妹だけです。

パソコンは使わないけれど「携帯電話」は便利だから
使う弟達。
ショートメール送信すれば大抵はワンフレーズ「了解」とだけ
返信があります。
それでも意味は判りますので、便利です。

人は色々ですが、妹も「携帯電話」位、使えば良いのに!!と
何時も感じます。
友達と会ったりする時にも、携帯電話が使えれば大変便利です。
今更、何ともなりませんね!!



8893c0ab.gif

焼が回ったかな?! (>_<)

この所失敗続きの私です。
何故こうなるのか?全く判らない内に失敗を重ねています。
一ヶ月一度の子ども会の「資源回収」の日に僅かな時間差で又も
トラックに積み込んでもらえませんでした。
これも、時間通りに起床はしていましたが、あれこれとやっている内に
回収時間の来ている事をすっかり忘れてしまい
「後のまつり」。
その日は、起床と同時に道路まで持って行けばよかったのですが
「まだ時間は有る!!」と思い他の事をしていたのが間違いでした。








その日は「来年出そう!!」と思いましたが、どうにも自分のちぐはぐな
行動に嫌気がさしていました。
そんなことを思っている矢先、又自宅の部屋で転倒して足を打ちました。
小さい頃は良く転んで泣いていましたが、大人になってからは殆ど
転んでいません。
家の中での転倒は大した事も無く過ぎて生きました。
一寸した事でも転倒に繋がるのは、退化してきた証拠なのですかね〜。

急に寒くなり近くのコンビニへの買い物も必要最小限にしています。
これも、過ぎた事ですがコンビニの前の公道で、薄暮の時間帯に
点字ブロックに躓いたのか?大勢の信号待ちの人の居る所で
派手に「転倒」してしまいました!!
自分でも信じられない出来事でしたが、近くに居たご婦人たちが
心配そうに近寄り「大丈夫ですか?」と声を掛けて下さいました。

バタン!!と、転倒したときに音がしたのだそうです。。。
幸いコートのポケットに手を入れたりしていませんでしたので
打ち所が悪くて云々と言う事はありませんでした。
でも、膝小僧がやけに痛かったので、そっとズボンのすそを上げて
見てみました。
やはり、赤くなり、うっすらと血が滲んでいます。
こんな事で済んでまだ良かったです!!

明日は多分打ち身の膝小僧の辺りがもう少し痛くなるかも知れません。
とうとう私も「焼が回ったのかな?」と
正直な所失敗やら転倒続きの自分を省みて
「こりゃ、駄目だな!!」と。

嘘偽りの無い心境です。



8893c0ab.gif

重いだろうな?! (^^♪

最近歳末の大売出しのチラシ等が大量に新聞紙の間に挟まれて
配達されてきます。
どこも商売を繁盛させようと年末商戦で必死な様子が伺われます。
先日来配達されてくる新聞の重さを計量してみました。
重い筈です。
広告塔のチラシと新聞紙本体を合わせると「580g」でした。
内訳として「チラシ410g」
「新聞紙本体170g」でした。






重い筈ですね!!
チラシを何も入れなければ「170g」で済みますが新聞紙本体より
チラシの方が圧倒的に重い状態は配達員泣かせではないかと?
少々気に掛かりました。
新聞販売店が積極的にチラシの折込を商店主などに働き掛けているのか?
店のPR活動を活発にしたいからその様になったのかは定かではありません。
配達された側も本当に知りたい情報が一杯なのか?仕分けをするだけでも
結構煩わしくなってきます。

余りの情報量の多さに、つい癇癪を起こして私は見ないで
即「資源回収」の方に仕分けてしまいます。
無駄と思われるようなチラシも随分多いです。
チラシを作る手間隙を考える時、一枚のチラシにはかなりのコストが
掛かっている事もよく判ります。

配達はどんな人がしているのか判りませんが、兎に角重い「新聞」の
配達です。
重い新聞を配達する時には、普段より体力も消耗してしまいます。
割り増し料金を貰って配達しているのであれば納得ですが、何も
無ければ一寸気の毒です。
チラシも程々にして欲しいですね!!
無駄な資源の消費と労力は省力した方が良いのではないかと?
思いますが。。。




8893c0ab.gif

綺麗だった銀杏〜(^^♪

今年の銀杏の黄葉は例年より遅れがちでした。
稲沢市祖父江町の銀杏を撮影しに行ったのは12月に入ってからの
事でした。
祖父江の銀杏は、昔は屋敷内に植えていて家族が食べる位の銀杏を
収穫していたのです。







戦後「銀杏」がかなりの高値で取引をされる事を知った農家の人達は
こぞって、銀杏の栽培に取り掛かり40年ほど前から
「祖父江の銀杏」として全国に出荷をする様になりました。
いち早く栽培に取り掛かった人達は、高値で取引をして「銀杏・長者」が
何人も居ると聞いています。
銀杏長者は一時は「億単位」の所得を得た人も有り
「銀杏御殿」言われる程の豪邸を建てて住んでいます。

今はと言えば、誰もが栽培し収穫をするため値崩れを起こして一寸
苦戦中とか。
全国的に有名になった「祖父江の銀杏」ブランド化するにしても
色々話が纏まらず、最初に手がけた人が、ずっと権益を握っているとも
聞きました。
昔の高値で取引をしていた頃が「夢のよう」と栽培農家は語るそうです。



8893c0ab.gif

木曽川の上流を歩く〜(^^♪

色々と書き込みたい事が有りますが、何時も気の向くままに書き込んで
しまいますので話に一貫性が有りません。
12月11日の『木曽路』を歩くイベントは快晴に恵まれとても良かったです。
参加をする人達の顔ぶれは大抵決まっています。
何と言っても加齢をして来た私には『歩ける内が華!!』と思い出来るだけ
歩くイベントには参加をするように心がけています。
年齢相応と言う事を言いますが、どの辺りまでが『年齢相応』なのか?
個人の脚力もあり一概には線引きは出来ません。







こうしたイベントを企画し実行に移すまでには責任者の方々は
並々ならないご苦労をなさっていらっしゃいます。
計画の段階はまだ机上のことなのですが、一番大変なのは何度も
下見をして、実際に自分で『歩いて』コース全体の把握をしなくては
ならない事です。
何時も色んな計画を立てて頂き一般の会員の私は、のほほんとして
参加をさせて頂くだけです。

自分の住む愛知県を流れる木曽川は川幅も広く滔々とした流れを
見ています。
上流へ遡る事はめったに有りませんが、こうしたイベントが有るから
この目で実際の木曽川の上流域を見る事が出来るのです。
12月11日は絶好のハイキング日和で木曽川沿いに歩きながら
空気の綺麗さや緑の多さに大変満足をしました。
現地・南木曽駅に集合でした。
名古屋からJR中央線で出かけますが交通費は各自負担です。

諸々計算をしてみると、歩きに出かける事もかなりのコストを
覚悟しなくてはなりません。
やはり現代の生活では
『健康はお金で買うもの』と誰かが言っていた事を思い出し
本当にその通りかも?と思いました。
歩くだけの単純な行動ですが、歩くに歩けない『足』の状態の人が
多い中『歩ける事」は幸せな事だと感じました。

因みに、この日は12km以上歩いていました。




8893c0ab.gif

ブログ開設6年〜(^_-)-☆

ブログの開設から早くも6年が経過してしまいました。
全くITに関しては無関心・無知であった私でしたが、時代の波に
乗り遅れないようにと初歩から或る教室で教えて貰いました。
そんな頃は家族でパソコンが出来ないのは『私』だけ。
誰に教わる事も無く息子達は自然に機器に馴染んでいました。
どうしても『教え込みたい』夫と、
「やりたくない私」とが居ました。
業を煮やした夫は嫌がる私の為に一緒に教室へ付いてきて
同じ様にレッスンを受けていました。
勿論私の理解の仕方が心配だったのでしょう!!



5

















そんな事で始まった悪戦苦闘の私のパソコンレッスンでした。
やる気の無い私を『その気に」させるのも大変な事だったと思います。
暫くは二人で出かけたレッスンも、真剣に取り組み始めたのを
見届けて、夫はレッスンに付いて来なくなりました。
私達の年代ではパソコンに触るのも『怖い』と言う感じの人が多かったです。
私もその中の一人でしたが・・・。

夫の薦めも有って、とうとうブログを開設する事になりました。
今から丁度6年前です。
おっかな吃驚で開設しましたが、何と言っても家庭を取り仕切っていただけの
おばさんがする事です。
身の回りに起きた事など、私が私なりに感じた事をそのまま書き込んでいます。
実際の所、直ぐに『嫌気が差して』中止してしまうのでは?と、自分でも
心配をしていました。

日々の出来事や自分の思ったことを書き込むに過ぎない平凡極まりない
ブログですがこれまで良く続きました。
明けても暮れても、余り変わり映えのしない書き込みには自分でも
困惑をしています。
人気のあるブログではありませんが、自分の健康の許す範囲で
続けて行けたら嬉しいと思います。

開設6年経過しましたが、今後とも宜しくお願い致します。
2005年12月15日が初めてのブログ投稿の日でした。
三日坊主で終わらなくて良かったです!!




8893c0ab.gif

漸く買えました!! (^^♪

買ってこなくちゃ!!と
思いながらその傍らからつい忘れて帰って来てしまう昨今の私。
買わなくちゃ!!と、思いついたのはまだ銀杏の黄葉の前でした。
それは、毎日使う『食器洗い機』用の洗剤です。
幾らでもドラッグストアーは有るのですが、思っているだけで
ついつい買わずに『あぁ~、又忘れちゃった!!』の状態が続いていました。
悪い事にその矢先、某メーカーの『試供品』が出てきたものですから
余計に気が緩んでしまいました。
「あっ!!これで10日位は大丈夫」と思ったのがいけませんでした。







榮の地下鉄駅の周辺には幾らもドラッグストアーが有りますので
何時でも買える安心感が災いしました。
一度に必要な物を買って来れば良さそうですが、思うように行きません。
昨日は試供品も全く使い果たしてしまったので、何としても購入しなくては
なりません。
色々手荷物は有りましたがそんな悠長な事は言っておれません。

この食器洗い機の洗剤は必ず『予備』を持っていないと心配です。
ちぐはぐな自分の思考力には呆れながらも何とか手に入れました。

まだ思い出しただけでも、ましかな?!
こんな筈じゃ無かった!!と、思う事がこの他にも色々有りますね〜。
頭の回転を良くするには?
記憶が途絶えないようにするには?
何か良い方法は無いのですかしらね〜〜?



8893c0ab.gif

同じ組内の人が・・・(^^♪

急に冷え込んで来ました。
何時まで灯油を買う事を控えられるか?と、のんびりと構えていました。
最近では何時までも我慢をしていて、風邪を引いて寝込んだら大変な事に
なると感じ灯油は使うようになりました。
隣は何をする人ぞ?と言う訳ではありませんが、最近の近所付き合いは
干渉されず、干渉せずが一番当たり障りの無い付き合い方と
思える様になりました。
一々『何処へ行くの?』とか、『何を買ってきたの?』等と、昔のように
詮索をしない時代になっています。








用事が有る時だけ、必要な時だけしか余り会話を持たなくなっています。
決して人様に対して、冷たい訳ではありませんが、自分の事をするだけが
精一杯なのです。

最近余り顔を見かけないと思っていた組内の奥さんの所に書類を回す事に
なっていましたので、持って行きました。
インターフォン押して一向に返事が無いので、郵便ポストに差込み
電話をしてみました。
留守電にメッセージ残しておきました。

気候の急激な変化で風邪を引き、朝晩近くの医院へ出かけていた
との事でした。
随分風邪を引いてから時間が経過するのに「ちっとも、良くならない!!」と
こぼしていました。
普段から弱そうな感じの人なので、一度風邪を引くと予防接種をしていても
『重症』になってしまうのでしょうかね・・・。

年末に風邪を引いては何も出来なくなります。
幸い私は今の所風邪の兆候は無く普通にしています。
有り難い事と思っています。
風邪は万病の元とも言います、もう若くは有りませんので常日頃から
風邪の予防に努める事も大切かと感じました。

早く回復されると良いけれど。。。




8893c0ab.gif

二度寝の危険!! (>_<)

12月11日は或るイベントの実施日で、10月初旬にはこの日の
事が決定していました。
今年最後の『木曽路』を歩くイベントです。
午前5時頃目が覚めてしまいましたが、『まだ早い!!』と感じて
又うとうととしていましたが、気が付けばどうも熟睡してしまっていた
様です。
JRの列車の到着に間に合うか?どうか?と言う
際どい時間になっていました。







これまでに、県外へ出かける時は、注意深く時間を守って
家を出ていましたので大過なく過ぎていました。
然し、もう一歩、早くにプラットフォームに着けなかったら
列車は出てしまいます。
焦りながら年甲斐も無く、猛烈に走りました!!
走ると言っても、昔の様に体が動きません!!
でも、頑張って今の自分の力の限りを尽して走りました。

死に物狂いとはこの事ですね!!
まだ、走ろうとすれば走れます。
その代わり列車に飛び乗った瞬間、息が猛烈に弾み自分でも
判る脈拍の速さに驚きました。
でも、予定通りの列車に飛び乗れて良かったです!!
もう、こんな危機一髪の事はしない様に心がけたいと
思いました。

快晴に恵まれた初冬の一日、参加をした人達は夫々
自分の『歩き』に満足をしていたと思います。

出かける日はもう決して
二度寝はしてはいけないと強く感じた一日でした。
図らずもこの日は貴重な教訓を得る事になりました。




8893c0ab.gif

時には〜 (^^♪

もう師走になって10日余りが過ぎてしまいました。
これからしなくてはならない事は山ほど有ります。
でも、最近は年齢の精も有りますが無事「越年」さえ出来れば
それで『良し』と言った感情を持つようになりました。
ぐうたらな性格丸出しですが、先ず自分の健康第一と考える昨今です。
年の精にして感けるのは良くないのですが、年々何もしなくても新年は
来るので怠慢は良くないですが手抜きが多くなりました。








年賀状の宛名印刷をとり急ぎしなくてはなりません。
何時もの年だと12月10日頃には殆ど完成に近い状態ですが
今年は何故か遅れています。

昨日は夕方になるまで、誰とも会話が有りませんでした。
少し休養がしたかったので街へは出かけませんでした。
宅配の女性が夕方お歳暮を届けに来た時に
初めて会話を交わした程度です。
そんな日も時には有りますね〜。

時には思い切って静かに休養する事も大切ですね。。。




8893c0ab.gif

龍泉寺へ〜(^^♪

先日名古屋市守山区の
龍泉寺へ参詣に行きました。
厄除けのお寺として有名です。
この寺は名古屋城を四方から守る意味で
甚目寺観音・荒子観音・笠寺観音・龍泉寺の四つのお寺が
建てられました。



5
















毎年節分には大勢の参詣の人が訪れます。
四つの観音様で順次その年の「恵方」を決めています。

厄除け祈願を初め色んな願い事をかなえて下さる有り難い
観音様です。
この龍泉寺は『馬頭観音』で有名です。

この日は自分の事より
今、病んでいる人の為に祈りを捧げて来ました。

檀家を持たないお寺なので、宗派は問いません。
皆さんに参詣して貰えばそれで良いのです。

もう12月ですが、もみじの紅葉がとても綺麗で印象的でした。




8893c0ab.gif

真夏に購入!!(^_-)-☆

何かのコンサートを聴きに行って、その序にチケット売り場を
覗きました。
まだ夏の暑い真っ盛りの頃の事です。
その日も私は妹と一緒にコンサートホールで学生さんの演奏会を
聴きに行った時の事でした。







安い料金でも充分楽しめたコンサートでした。
確か新進気鋭の男性指揮者が指揮をなさると言う事で楽しみに
していたコンサートです。


前置きが長くなりましたが
その時の帰り道、チケット売り場で
『西本智実:指揮 クリスマス アダージョ、と書かれたチラシを見つけ
妹と二人、何処か良い席は無いのかな?と探して貰いました。
何時か『西本智実』演奏会、出かけてみたいと思っていた私は
是非チケットを購入したいと思い随分座席にこだわって、探して貰いました。

彼女の指揮振りは、Tvでしか知りません。
あの日本人離れしたスタイルの良さを、近くで彼女の指揮をする表情を
交えて聴きたいと思っていました。
肩の凝らない内容のプログラム編成です。
然し、彼女の指揮は手を抜くことなく大変華麗で素晴らしさを
感じました。

女性ですが、大勢の楽団員を統率する能力はやはり立派だと
感じました。
昔は「男のような女の人」と言う言葉を良く使いました。
確かに国際的なステージに立ち有名な楽団の指揮者として生きる為には
女性である事も多少は犠牲にしなければならないかも知れません。
でも彼女は指揮棒を振る姿の中に、時には女性特有の優雅な手の使い方や
身のこなし方には充分『見てもらう為の』美しさが有りました。

地元の交響楽団の演奏会の事を考えれば、チケットの代金は高目の設定です。
それだけの価値は充分有ると私は感じました。
来年、本格的なクラシックの演奏会を開きますが、もう一度聴いてみたいと
思っています。
妹も現在息子の事で大変忙しい時ですが、介抱ばかりではなく、自分の
精神の開放もしなくては続きません。
快方に向かっている息子の今後の介抱の為にも、こうしたコンサートを聴き
リフレッシュして欲しいと思いました。

一足早いクリスマスコンサート。
CHRISTMAS ADAGIO
としてあるだけあって、厳かなクラシックの数々、ミュージカルの数々を本場の
アーティストの歌声と共に楽しめました。
夏に購入しておいたチケットが間に合って良かったです。
 



8893c0ab.gif

あれから・・・(^^♪

本当に時間が過ぎて行くのは早いです!!
あれから・・・とは?
甥が12時間にも及ぶ手術を受けてから30日以上が経過しました。
重苦しい空気の『手術の日』身近な者が控え室で手術が終わるのを
待っていました。
最新の医学を信じて臨む手術です。
時間が掛かるのも仕方の無い事です。






甥の手術中に、気分転換に病院の近くで撮ったその日の『夕焼け』です。↑↑↑

若いだけあって、最近は自力で歩けるまでに回復をして来ました。
私は時々自分の時間が有る時を見計らって甥の顔を見に行っています。
妹の長男ですから、当然私とは血の繋がりはかなり濃いです。
息子達も従兄弟同士なので、激励に行っています。
身内の誰かが不調になれば、当然心配をします。

あれから、早くも30日以上が経過したと思うと、感慨深いものが有ります。
まだ子供達も幼い子もいますし、何としても回復して社会復帰を果たして
欲しいと願うばかりです。




8893c0ab.gif

情けなさ!! (-_-;)

元・柔道選手の某。
男性であれば、まだ30歳代の血気盛んな年代です。
この度報道された「女性暴行」事件に関して私は大変残念な事と思っています。
仮にも、自分の努力の結果オリンピック選手として国の代表として
日の丸を背負い闘いました。
結果として2度のオリンピックで優勝し『金メダル」獲得しました。








オリンピックで連覇を果たす事は至難の業ですが彼は成し遂げました。
ずっと彼の事は立派な選手と感じていました。

報道された所によると、指導していた柔道の女子選手に怪しげな
行動をして疑惑のまつ只中にいますが、何を血迷ったのでしょうね?!
メタルを獲ったのは彼の努力だとしても、問題視される様な怪しい
行動派慎むべきでした。
これで、彼への信用は失墜してしまいました。

性的な欲求が満たされないのか?
彼は確かに結婚生活をしていたはずなのですが・・・。
自制をする事も人間形成の大切な部分です。
選手としては立派でも、男性として責任ある行動とは言えません。
『合意』の上と、彼は容疑を否認していますが、今更見苦しいですね!!

名誉ある金メダリストから、容疑者として扱われる身!!
今の若い人達の感覚は何処かで少しずつズレている様な気がして
なりません。




8893c0ab.gif

祖父江の銀杏〜(^^♪

昔は愛知県中島郡祖父江町***と言っていました。
市町村の合併で現在は
稲沢市祖父江町***となっています。
ここは、私の祖母の実家のある町で、子供の頃はよくつれて来て
貰っていました。
母親の実家は名古屋市内でしたが祖母の実家は遠いです。
それで、連れて行って貰うことがとても楽しみな事の一つでした。



5















祖母の実家の近くに祖母の姉が住んでいて、そこへも良く行きました。
祖母の姉の所には殆ど私の年齢と変わらない女の子が二人いました。
従姉妹ではなくもう一つ「血」の薄い「また従姉妹」になります。
仲良しで、私の家にも頻繁に遊びに来ていました。
それだけ、祖母達姉妹の交流が盛んで有った証拠でしょう。
思えばお互い立派に歳を重ねたものと、顔を眺めながら苦笑しています。

また従姉妹から電話を貰い
祖父江の銀杏を見ながら町の散策を楽しみました。
僅かな血の繋がりですが、やはり他人とは違います。
何でも安心して話せます。
祖父江の銀杏の撮影は昨年は行けなかったので、今年は何とかして
行きたいと思っていました。

何かと予定が詰まっていましたが昨日は元気を出して
銀杏の撮影と、お喋りです。

銀杏の黄葉の時期は勿論綺麗ですが、新緑の頃はまた違う趣が
有ると思い、新芽が出揃う頃にまた出かけて見たいと思いました。
何れにしても、私にとっては時代は変わり周辺も変わりましたが懐かしい
所です。




8893c0ab.gif

第九の季節!!(^^♪

今年も師走に入り何となく気忙しい気がしてきました。
何もかも最近は省略して感けている私ですが、時間だけは容赦なく
過ぎて行きます。
時間だけは感けていませんね。。。
気が付けば秋からあちらこちらで年末のコンサートで聞く
ベートーベンの交響曲第9番の練習風景などを目にしていました。
勿論新聞紙面やTvの報道番組などでです。







知り合いの人が「さいまつコンサート」に出演なさる事を、ちらり耳にしていました。
第九の合唱に参加をなさるとの事でした。
その方は第九の合唱に参加して数年になると言われます。
ちょっと私の所からは遠い場所「亀山市」での開催でした。
親しい女性友達と出かける約束をしていましたので、遠足気分で出かけました。
JR関西線に乗車、亀山まで話をしながらでしたので、あっと言う間に着きました。

地方都市は地方都市としての良さがあります。
しばし、こちらの喧騒から逃れのんびりとした街中を眺めて改めて
長閑さを感じました。

ベートーベンの第九交響曲はプログラムの最後になっており
地元の中学・高校生達の吹奏楽の演奏も聴かせて貰いました。
会場は地元の人達で立ち見も出るほどの盛況でした。

唯、着席した場所は大変良い場所でしたが、お隣の二人の女性の
絶え間ないお喋りには本当に閉口しました。
コンサートは静かに「聴くもの」と思い込んでいた私はそのお喋りに
一寸お冠でした。
この第九が演奏されると、本当に「年末」だな!!と、感じます。

どんな演奏会も生演奏が一番の魅力です。
人々を感動させると言う事は素晴らしい事と再認識をしました。
あの、お隣の二人の女性のお喋りさえなければ、とてもよい
演奏会だったと感じました。




8893c0ab.gif

世話焼きおばさん!? (^^♪

最近JRの列車に乗る機会が増えました。
在来線ですが市内を走る地下鉄とはまた異なった雰囲気が有ります。
市内のJR金山駅プラットフォームで列車を待っている時、私より遥かに年上と
見受けられるご婦人が同じ様に列車待ちでした。
「あれぇ〜?、このおばぁちゃん、一寸洋服の着方がおかしいな?!」と感じました。
私が「変な着方」と感じて、よくよく見ていると
「変な着方」の筈です。






私は思い切ってそのご婦人に声を掛けました。
「お洋服の、ボタンの位置がずれていますよ、お直しになったら如何ですか?」と
話しかけました。
そのご婦人は、とても驚いて
「えっ?ボタンがね〜!!、慌てて家を出ましたので・・・」と言って
私が教えた通り、ボタンの掛け違いを直しました。
一つのボタンならばそれ程気には掛かりませんが、二つのボタンの
掛け違いは大変良く目立ちます。

お節介かと?思いましたが声を掛けました。
所がボタンだけではなく、襟についている毛皮が内側に折れ曲がって
何処から見ても「変な」洋服の来方にしか見えません。
それも、ちゃんと直して差し上げて
「これで、良いですよ〜、お気をつけてね!!」とまた言葉を掛けました。
彼女はやはり私より、かなりの先輩女性。
「有り難うございました、お陰さまで、恥をかかなくて済みました」と丁寧な
言葉を残して列車に乗り込みました。

私も、何時かはボタンの掛け違いをしたり、その他の「変だなぁ!」と
思われるような姿で歩くようになるかも知れません。
他人の事ではありませんね!!
明日は我が身なのですね〜。




8893c0ab.gif

皆に会えて!! (^_-)-☆

皆に会えて楽しい一日を過ごしました。
殆ど一年に一度のペースのクラス会。
この場所へ出てくる人達は概ね健康に恵まれ生きる意欲を持っています。
卒業して一時は子育てや、親御さんたちの看取りその他諸々
私達女性の肩に掛かっていました。






一つずつ役目を果たして、お互い穏やかな顔つきになって来ました。
恰幅の良すぎる人が何人かいましたが、やはりダイエットを実行した方が
良いと私は感じました。
皆に会えてとても嬉しい一時でした。
生きる為の意欲は棄ててはいけないと思った一日でした。




8893c0ab.gif

葉書〜

昨日、突然の事ですが見慣れない男性の名前で葉書が
届きました。







それは、長い事懇意にしていた同級生の
永遠の旅立ちの挨拶状でした。
何時かは!!
まだ大丈夫かな??
と思い続けた友達でしたが
やはり長年の病には負けました。

彼女の旅立ちの事は何も知りませんでした。
ご冥福をお祈り致します。
                  


                           合掌



8893c0ab.gif
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ