おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

September 2012

今年も行きました〜(^_-)-☆

昨年より10日も遅く、岐阜県・海津市南濃町にある揖斐川の支流
「津屋川の堤防」周辺の彼岸花を撮影に行きました。
毎年行く人、毎日撮影に来る人、夫々ですがやはり大自然に囲まれた
環境はとても良いと感じました。
土曜日に当ったのでこの場所にしては人出が多いように感じました。
唯残念だったのはつい先日大雨で川の水が増水して周辺の草が
泥をか被って余り綺麗では無かった事でした。





昨年撮影した「津屋川」の彼岸花、背景の山は養老山脈の一部です。↑↑↑

人、夫々に自分の自慢のカメラを担いで、良い場所を時間を掛けて
探している姿は何処でも同じです。
何枚撮影しても、思うように行かないのが私達素人の哀しさですが
それこそ上手く出来たら「本物のプロ」です。
上手く出来ない所に、素人の楽しみ方が有るとも考えました。
カメラ持ち歩く事が出来なくなったら、大人しく家に引き篭もるしか有りません。
出来ればもう少しの間、カメラ持ち歩き楽しみたいと思っています。







我が家のプリンター〜(^^♪

我が家のプリンターはそれ程使い込んではいないのですが
年月だけは経過しています。
家電販売店で調べて貰った所「2007年」9月に購入している事が
判りました。
今はもう9月下旬、また後僅かで年賀状の季節がやって来ます。
年賀状作成中にトラブル発生したら本当に困ってしまいます。





夏の初め頃、プリンターは一時おかしかった・・・。夏の花達。↑↑↑

何でもパソコン周辺機器には3年から5年位で買い替えの必要が
出てくる様ですね。
先日も保存用の外付けの機器が寿命が来ていて取り替えて貰った
ばかりです。
これも、半永久的に使える物と考えていた私ですが「寿命」が
有ったのですね。
そんな初歩的な事も知らずに居た私ですが、滑り込みセーフで
保存していたファイルは助かりました。

プリンターも壊れてからでは遅いので、思いついて買い替えをしました。
生産中止する型番で最安値になっていて、尚買い込んであるインクが
使える機種を買いました。
プリンターは修理に出すより、買い換えた方が安上がりです。
その代わり「インク代」は意外に値下げをしません。
今使用中のプリンターも時々は腹痛を起こしています。
やはり、そろそろ寿命が来ている証拠ですね〜。







大丈夫かな?! (-_-;)

日常の暮らしの中で、時々は生活費や諸々の用で銀行へ
行かなくてはなりません。
もう、恥ずかしくてお話にもならない事をやってしまい「私は大丈夫かな?!」と
考え込んでしまいました。
午後3時以降にATMで振込みなど、2〜3件の用が有りました。
格別難しい事では有りませんが、やはり記憶力の減退?なのか?
自分の大切なキャッシュカードを取り忘れて帰宅してしまいました。






その夜遅い時間に「取り忘れた」事に気が付き狼狽しました。
既に夜中になっています。
連絡の仕様が無く心配しながら就寝する事にしました。
翌日の約束の時間が比較的早い時間なので早く就寝して早朝に
起床しなくてはならず気が揉めました。

約束の時間に集合場所に着き安心しましたが、キャッシュカードの事が
とても気に掛かっていました。
携帯電話に「留守電」が入っていました。
銀行の人からの電話で「キャッシュカード」取り忘れの件でした。
一応銀行内を警備員が巡回していて、私のカードを見つけて下さったそうです。
紛失しても、人体認証を登録していますので、私以外の人は使う事が
出来ない様になっています。

例え暗証番号が「偶然」一致したとしても、「本人」確認が出来なければ
使う事は許されません。
それにしても、私は最近色々と失敗を重ねています。
本当に「大丈夫かな?!」と真剣に思い悩みます。
気を付けているつもりでも、争えない「何かが」ありますね!!
失敗や勘違いのオンパレード、何とかしたいけれど
何ともなりませんね〜。涙・・・・・・。







ぽんた君の話〜(^_-)-☆

最近私の身の回りでは芳しい話題が有りません。
そんな私の気持ちが重い時近くに出来た、マンションで飼われている
シバ犬の「ぽんた君」と仲良くなりました。
元々私もシバ犬を飼っていましたので、ぽんた君」に最初に出あった時から
何となくお互いに相性が良かったみたいです。
既に私の衣服には昔の様に「犬の臭いは」付いていません。
マンション暮らしのぽんた君は、お母さんとの散歩が唯一の楽しみです。
遠くに居ても、私の姿を見つけると、きちんと座り私の動向を見つめています。




シバ犬の画像が無い為、薔薇の花を貼り付けました。↑↑↑

「ぽんちゃん、こんにちは〜」と言えば、勢い良く尻尾を振って私に
近寄ってきます。
犬の好きな人は犬も判るのでしょうか?
不思議に思いますが、じっと待っていてくれるのは嬉しいですね。
我が家の犬が死んでから、私はもう飼う事を止しました。
無用心ですがそれ以上に生き物を放置して外出する事は「良くない」と
判断したからです。

最近出来た近くのマンションの住人とは同じ自治会では有りますが
殆ど没交渉です。
知り合いのご夫妻と、このぽんちゃんとそのお母さんとしか顔見知りは
有りません。
世の中変われば変わったものです。






家を売って下さい!! (>_<)

最近ポストには毎日「売り家探しています」高価買取。
と言ったチラシが入ります。
一戸建ての家を狙ってチラシ合戦ですが何時も廃棄処分にしています。
空き家でどうにもならない家は売却して処分するしか方法は有りません。
私をも含めて、細々でも生計を立てている今、立地条件が比較的良い為
売却の意志は全く有りません。
私の所には直接不動産会社の人は「売却して欲しい」と、言っては来ていません。
何でも、今が「底値」と言う事で、買いに走っているらしいです。





家を売れとは?! 嫌な気分。 今年のキバナコスモスです。↑↑↑

直接「売却して欲しい」と言われた人は、大変ご立腹で今後何度
訪問して来ても一切「会わない」とお冠です。
私もそのお話を伺い、ちょっと驚きました。
では、売却したとして、その後は何処に「住め」と言うのでしょうね!!
毎日、何処かの不動産会社のチラシが入ると言う事は、やはり「便利さ」が
有るからなのでしょう。
地下鉄の駅・バス停も自宅の近い所に有りますので、考えてみれば
便利な場所です。

昔は人が現在住んでいる家を
「売却しませんか?」等と言う失礼とも思える様な事を言ってくる人は
無かった様に思います。
絶えず、街並みをパトロールしてそれとなく観察しているのですね。
私も所用で不在の事が有りますが、どこかから観察されている
可能性は否定出来ません。
そんな事を考えると「嫌な世の中だなぁ〜」と、思います。







秋ですね!! (^^♪

秋ですね!!
これまで暑かった夏の時期は栗を使ったお菓子が殆ど出回って
いませんでした。
この所お彼岸を迎え朝夕はすっかり秋らしく気温も低くなりました。
秋なので色々粟を使った物が出回りました。
例えば、恵那の「粟きんとん」、小振りな和菓子ですが結構高いと感じます。
シーズンなので一度は買いたい「粟きんとん」です。
バラでの販売はしていませんので、最低でも6個入りの箱を買わなくては
いけません。







ケーキ屋の作るケーキも美味しい栗を使ったモンブラン等が有りますね。
イタリアの高級と言われる栗を使ったケーキも出ています。
最近は高カロリーなケーキは余り欲しいとは思わなくなりましたが
和菓子は買いたいと思います。
秋ですね!!
美味しいお菓子を頂きましょうか!!
これだから、肥るのかな?







近くの家が〜(^^♪

3年ほど前に家の人が全部亡くなり空き家になっている家があります。
最近は色々物騒な事件が発生していますので、少し離れた所の事でも
気に掛かっていました。
冬が来れば、悪戯で枯れ草などに煙草の吸殻を捨て、火事にならないかと?
とても心配をpしていました。
誰かが住んでいる気配は一目見れば判ります。
何だか淋しい光景ですが病には勝てず、住んでいた人は一ヶ月の
時間差で二人とも亡くなりました。






他所様の事にあれこれ口出しは出来ません。
唯・付け火などが無い事を祈って暮らしていました。
漸くは離れて暮らす無くなった人の次男が片付けにきたり、庭の木を切ったり
少しずつ整理をしに来ていました。
この土地を「欲しい」と言っていた人が有るようでしたが、次男はそんな事は
お構い無しに「大手」の不動産会社に仲介を依頼しました。
先日「売り出し価格」が決まり挨拶方々我が家へも担当の社員が来ました。

今の時代、ネットでの表示をすれば、希望する人が有れば直ぐに買い手は
付くだろうと思います。
ネットで標示をしたけれど,思うように行かず,大手の不動産会社に仲介を
依頼したらしいです。
空き家で放置しておくより、誰かが購入して家を建て替えれば交通の
アクセスは良いので、住めば快適だと思っています。

我が家へ挨拶に来たのは、解体工事で迷惑を掛けるからでした。
人が居なくなると言う事は、何かにつけて大変な事ですね〜。







間に合ったFAX〜(^^♪

ここ暫く私の姪の事に関する書き込みが多くなっていますが
ご容赦下さい。
一連のお別れの儀式が済み、自宅へ戻り色々溜まっている手紙等の
整理に追われていました。
土曜日の午後、イベント参加者へのファックスが届きました。
然し、文面が途中で切れてその内容が判りません。
役員さんに電話でお話を伺いました。
確かにファックスは届いているのですがプリントアウト出来ない状態に
なっています。







こうした事が起きるとメカ音痴の私はたちまちにして困ってしまいます。
パソコンの管理をお願いしている、お兄さんに尋ねた所フィルムが無くなって
印刷できない事が判りました。
これでは困るので早速言われた手順で家電販売店に行きフィルムを
購入する事にしました。

先日姪の夫が急逝した折、連絡が遅れ札幌市内に土地勘が無い私は
地図を添えてファックスを流して欲しいと依頼しました。
日程など地図を添えたファックスが届いたのは17日の夜でした。
ファックスが届き安心して弟達にはコピーして渡しました。
このファックスを受け取り、多分フィルムも最後になったのでしょう。

今回ファックスは内容半ばで切れてしまい
確実にフィルムの交換が必要でした。
電話機を新しくしてから約2年程、その間フィルムの切れる事など
念頭に有りませんでした。
実際にファックスが使えなくなってみると、不便さが身に滲みます。
既に午後5時を過ぎていましたがフィルムを買いに家電販売店へ
出かけました。

2本セットのをか買って来ましたので、暫くは安心です。
パソコンやプリンター、そして電話など年月と共に消耗して来ます。
何でも有る程度使ったら、変え時が有る事を知りました。
通信手段を整備するのも大変です。
姪の家の事に付いての大切なファックスがフィルム最後の
もので有ったとは皮肉な事でした。







所変われば〜2 (^^♪

昨日我が家へいらした知り合いの方が有りました。
彼一人で来宅した訳ではありません。
囲碁の会のメンバーの方です。
最近の私の動向は逐次お伝えして有りますので、何が有ったのか?
良くご存知の方です。
現役時代、東北にいらしてお仕事をなさった方なので
北海道の習慣について、私が驚いた事などをお話しました。







北海道は葬儀も婚礼も細かな事を伺ってみると
名古屋の「ど派手婚礼」は面白おかしく脚色されてTvドラマにも登場しています。
その事が原因で名古屋は「派手」と言う印象を与えてしまったのですが
どうして、どうして!!
北海道は驚くような大盤振る舞いをする事が常識となっていると聞き
改めて驚きました。

開拓地時代からの「助け合い」の精神が根底にあるとも聞きました。
又火葬場では最後の最後のお別れをして控え室に移動し暫くの間
待つ事になります。
控え室には、またお通夜のよりは簡素でしたが、昼食のお弁当や
ビールお酒ジュースなどが沢山用意されていました。
その中で不思議に感じたのは
一升瓶のお酒が置いてある事でした。
こんな控え室に「何故一緒瓶のお酒?」と本当に不思議に思いました。

それは、亡くなった人とはこの後に最後の「一生の別れが」待っています。
それで、一生の別れ→一升瓶のお酒だったのです。
一生と一升をかけた「洒落」なのでした。
こんな事も初めての経験で、居合わせた人全員で
一生の別れの一升のお酒を少しずつ全員で分け合って頂きました。

所変われば〜の私にとっては珍しい習慣を体験した日でした。







所変われば〜(^^♪

今回急な出来事で札幌へ出かけていました。
嬉しい事で出かけた訳では有りませんので、スルーしながらお読み下さい。
関東までのお通夜・告別式の週間は大体理解をしていました。
北海道は色んな地方の週間が凝縮された土地の様に思っていましたが
全くそのとおりでした。
先ず、私が住む名古屋ではお通夜は普通に平凡な位質素なものです。
親族だけになってからは、多少のお酒やビールは自由に飲んでいます。
然し、札幌のお通夜は一寸様子が変わっていました。






親族は出来るだけ早く会場に来るようにと言われていました。
早くに着き、フォーマル用の衣服に着替え待ちました。
御斎(おとき)を頂き通夜式に参列しました。
無事式も終わり、参詣して頂いた方々が帰られた後通夜式の会場で
パーティー形式のテーブルが置かれ豪華なご馳走が出てきました。
御斎を頂いている為その豪華な料理に驚きました。

改めてその席で通夜の酒が振舞われ、親族ではない重要な関係者も
招かれていました。
その数、ざっと数えて50人。
本来は悲しみの席なのですが結婚式の様な豪華な料理を振舞うのです。
私は御斎を頂いた挙句なので、食べられません。
名古屋では、全く考えられない豪華な振る舞い振りです。

斎場の係りの人に聞きました。
北海道の習慣で
「通夜振る舞い」と言う習慣なのだそうです。
名古屋が色々「派手」といわれていますが、この通夜振る舞いに
比較すれば質素なものです。
北海道に、何故「通夜振る舞い」と言う習慣が有るのか?聞き出す
時間が有りませんでした。

御斎を出した上にこの「通夜振る舞い」は不思議な習慣に感じました。
自分の所だけの習慣しか知らなかった私達ですが、一つ新しい
事を覚えて来ました。


**御斎(おとき)→仏事や法事等の時に出す食事





富士山は見えたけれど〜(^^♪

9月18日早朝自宅を出て中部国際空港へ向かいました。
先日からの姪の夫の件で札幌まで行く事になった私達です。
既に旅立っていますが、最後のお別れをするためのフライトです。
何人かで出かけても、余り気分は優れません。
北海道の或る大学で教鞭を取っていた姪の夫は優しい人柄で
誰からも好感を持たれるた人でした。
私は早すぎる生涯の閉じ方に、心が凍りつくような思いがしました。
極めて健康で、学者としての研究も熱心で有ったと聞いています。




運良く見られた富士山。JALの窓越しの撮影です。↑↑↑

私達は出発するまで、どんな言葉を掛けようか?と
お互いに心の内を話し合いました。
一番辛い場面です。
でも、最後のお別れは亡くなった人の人柄の様に
泣き明かすのではなく、二人が過した幸せな結婚生活を語りあい
希望を持って生きるよう自然な形で話そうと決めていました。

土地勘の無い札幌市内、観光目的では無い為目的の会場に着くまでが
全員心配でした。
縁有って幸せな結婚生活を送った札幌。
縁有って結婚しても夫との縁が短い・・・。
それでも一人娘が有って、この先はその子の成長を見守りながら姪の
夫が築き上げた素晴らしい環境の中で力強く生きて欲しいと思いました。

華奢な体つきをしていても、流石に芯の強さを感じた姪の対応でした。
色々儀式を済ませて9月19日午後10時30分頃無事自宅へ戻りました。






この三連休は〜2 (-_-;)

姪のお婿さんの状態が良くない事は理解していました。
誰もが突然の事に、唯々うろたえるばかりです。
駆けつけようにも、航空機のチケットの手配が上手く行きません。
もう、あっと言う間に旅立ってしまった事で、後のスケジュールが
決まらず航空機の手配も遅れました。







悔やんでも悔やみ切れない気持ちは、皆同じです。
くも膜下出血らしい事がわかりましたが、怖いですね!!
最後のお別れに行ってきます。
姪はきっと悲しみに暮れて居る事と思います。
掛ける言葉が見つかりません。
人の命は、年の順ではない事を悟りました。







この三連休は!! (-_-;)

この三連休の間に妹の家に立ち寄る事になっていました。
本当に何が起きたのか?!訳も判らず妹からの簡単なメールを読み
三連休の間には会え無い事が判りました。






妹にとっては唯一人の娘のお婿さんが突然倒れたのです!!
夏休みでも、学会の事やら、他所の大学からの依頼が有れば駆けつける
人柄の良い男性でした。
急な事で、私は頑丈な身体をしたあのお婿さんが突然倒れるなんて
全く信じる事が出来ませんでした。

夏の暑い盛り、学生達は夏休みでも教鞭を取る立場の者は大変忙しい
状態でした。
あっと言うう間の出来事で私の身の回りも色々多忙になりました。
本当にあの丈夫な人が「あっと言う間に」旅立ってしまいました。
「あっと言う間」としか私には表現が出来ません。







北海道の夏は短い!!(^^♪

厳しい寒さの北海道の冬には一度も旅行をした事がありません。
出かける時は決まって、本州が少し春らしくなって来てからの事。
一度は真冬の砕氷船を見学して見たいと思いながら、未だに実現
していません。
北海道の夏は、本州・東海地方に比較すればとても快適な気候風土です。
まだまだ、観光目的で行って見たい所は沢山有りますが自由に、気侭に
レンタカーでの一人旅は、一寸不安が過ります。







札幌まで航空機で出かけて、後は列車やバスを乗り継ぐ旅も悪くは
ないと思いますが、はやり「一人ではね〜」と考え込んでしまいます。
女性一人は泊めてくれない所も有るとか?そんな話も聞いていますので
旅行社に行程を作成して貰い宿も予約をして貰うべきかな?と思いました。
もう一度美瑛の丘へ行って見たいと思います。

夏なら釧路湿原の「のろっこ列車」乗ってみたいと思っています。
北海道の夏は駆け足で過ぎて行きます。
時々、夫の友達夫妻と旅行して楽しかった事を思い出しています。
今度は一歩踏み出して、北海道列車の旅も良いかも知れませんね。。。









季節の花〜(^^♪

家庭菜園をなさっている所ではオクラの花が咲いています。
あの野菜、ヌルヌルしたオクラは昔は見かけませんでした。
東南アジアから渡来してきた野菜と聞いていますが、最初は抵抗が
有りました。
次第にオクラの栄養価が評価され、身体に優しい植物として
受け入れられて来ました。







実際,オクラそのものを知っていても、花は長い事知らずにいました。
とても綺麗な花が咲きます。
ハイビスカな?と思うような花ですね。
残念ながら今年はそのオクラの花を撮りそこねました。
でも、まだ9月です、あと暫く近所の庭を通りかかりに覗いてみて
咲いていれば撮らせて貰いたいです。






ゲリラ豪雨?のよう!! (^^♪

最近の天候は余り信用が出来ませんね〜。
雨が降る可能性も有ると考えて、自宅を出る時何時もバッグに
入る折りたたみ傘をビニールの袋に入れて持って出ます。
家を出た時は「快晴」これで午後に雨が降るのかな?と思うような
天気でした。
あれこれと用意周到に持ち歩けば自然に「大荷物」になって行きます。
おまけに帰途、何か買い物をして来れば又荷物は増えてしまいます。
そんな事を考えながら、買い物は必要最小限にしています。

予想通り、夕方ゲリラ豪雨のような降り方の雨でした。



今年も秋明菊が咲き出しました。もう秋が来ましたね〜。↑↑↑

傘は持っているものの、あの降り方では外へ出る事が出来ません。
小雨になるのを待って雨宿りしていましたが、傘のない人達は文字通り
「ずぶぬれ」です。
まだ薄手の夏物を着ている女性達は堪りません。
こうして、一雨毎に気温も下がって行くのでしょうね。
昨日は、色々所用が立て込んでいて一度家に帰り再度出かけたいとも
思いましたが、時間の無駄は避けたいので予定通りです。

一寸だけ雨宿りしたお陰で無事デパ地下での買い物も済ませ
帰宅しましたが、終日出ずっぱりは一寸しんどいです。







熱中症その後〜(^^♪

まだ暑さが酷い頃、近所の奥さんが「家の中に居て」
熱中症にかかり、苦戦を強いられていらした事を書き込んだ記憶が
ありますがその後の事に付いて教えて貰いました。
見た目は普通に見えますが、熱中症の治療をしていらしたのが
8月の初旬の事でした。
あれから、一ヶ月以上経過していますが、まだまだ体調が
「戻らない」と、仰います。







丁度私が乗用車で出かける寸前に会いました。
彼女は運転免許証は持っていませんので、もっぱら徒歩か自転車です。
あの、熱中症をしてから、殆ど毎日「点滴」をして貰いに主治医の所へ
行かなくてはならないと仰います。
私は「水分補給」して無理をしなければ直ぐ回復なさると
思い込んで居ました。
然しもう9月も半ばになると言うのに、依然として体調が戻らないと
困っていらっしゃいます。

確かに華奢な体型で、細すぎるくらいの体つきです。
ある程度加齢したら、肥満は避けなくてはなりませんが体力を
維持できる筋力や脂肪は大切だなぁ〜と、思いました。
熱中症が長い事尾を引いてしまっては、本人も辛いでしょう。
水分補給すると「下痢」を起こすと仰います。
残暑が長引く中、毎日の通院も大変です。







黒い蝶・見〜つけた!!(^_-)-☆

黒い蝶を今年は是非撮影したいと手ぐすね引いて待っていました。
春が過ぎ、梅雨が明けてさぁ〜、愈々黒い蝶の出番だね〜と季節の
変わり目を喜んでいました。
所が今年は同した事でしょう!!早い時だと又運が良いと6月の末には
現れる事も有るのですが中々姿を見せません。




この蝶は2010年8月16日撮影のものです。今回のはまだ整理中で近日掲載します。

公園を管理しているおじさんに聞いてみると、やはり「今年は来てないよ」と
答えました。
「時々公園へ来なさい、そうすれば会えるよ〜」と教えて貰えました。
そうなんです、運が良いと春先でも見かける事が有ったのです。
それが昨年も撮影出来ず、今年もウロウロしている間に夏休みに突入。
こうなったら、私達の出る幕では有りません。
珍しい蝶なので、小学生が「タモ」持って公園へ現れます。
もう、黒い蝶は完全に小学生達の標的になっています。

事実、捕まえて「標本」にする、と嬉々としていた小学生達が多かったと
聞いています。
私はその話を聞いて、今年の事は諦めていました。
でも、まだ残暑の中。
若しかして飛んでいるかも知れない!!と思い、公園へ出かけました。
平日なので子供の姿は有りません。
じりじりとした暑さの中で、真夏から初秋へ掛けての移り変わりを
感じながら、何でもない画像を何枚か撮りカメラを片つけ帰ろうと
歩き出した所へ、あの「黒い蝶」が舞い降りて来たじゃありませんか!!
驚き、慌てて再度カメラを取り出して、祈るような気持ちで何枚かの
画像を撮影しました。

人の足音に敏感に反応する為、出来れば「誰も足音を建てないで欲しい」と
祈りながらシャッター押し続けました。
幾分これまでの蝶と比較すれば小型の部類に入りますが
紛れも無くあの撮りたかった「黒い蝶」でした。
残暑厳しい中、出かけて良かったです。







時は巡り〜 (^^♪

8月のかなり早い時期に今年も「サギソウ」が咲き出していました。
暑い、酷暑日、堪らないなぁっ!!と思いながら何日間かは過しました。
今年も我慢が出来ない暑さの日が何日かありましたが、立秋を過ぎてからは
何処と無く小さな「秋」を見つけながら、また感じながらの日々でした。
とは言うものの、立秋を過ぎたから何となく自分の気持ちの上で
秋を感じていただけの事かも知れません。







自然界のもの達は,何を言わなくても自然に「時を」告げてくれますね。
今年も暑い盛りに「サギソウ」が咲き出し愈々
「夏も終わるのかな?」と夏への思いが一頻りありました。
暑くても、夏は私の生まれた季節なので、夏が大好きです。
サギソウは小さな花です。
まるで鷺が飛んでいるかの様に見えるはなです。
日本固有の蘭ですが、現在はそれ程多くは見られません。

サギソウは意外に寿命が短いように感じていますがとても優雅な花です。
今年も既に咲き終わりました。
これで秋のお彼岸が来たら、一気に秋本番になっていく気配ですね。







電話で目を覚ます!!(^_-)-☆

珍しく朝電話のベルで目を覚ましました。
固定電話に掛かる電話は、何かの勧誘位しか有りません。
然し寝ぼけ眼で電話の受話器を取る間もなく「留守電モード」に
変わってしまいました。
メッセージが入っていました。
同級生からでした。
彼女は東京近郊のある市に住んでいます。
久し振りに聞く声は、張りがあって、とても若く聞こえました。
昼食会の予定日のお知らせでした。







中々彼女には会えないのですが、昼食会に出かければ会える筈です。
私はその日一日は時間が取れますが、一泊して来る時間が有りません。
既に予定が入ってしまっている今年の11月。
流石に今年は暑くって、夏の盛りには「昼食会」の予定も立てられなくて
11月になったようです。
一泊は出来ないけれど、日帰りならば行けるかな?とも思っています。

彼女からの電話の関係で、他の人とも長い時間電話で話しました。
階段を登る時に「苦痛がある」と言う同級生もありましたが、皆声は
若々しくて元気そうに聞こえます。
階段登る事が辛いと言う同級生。
はやり「私ね、メタポなのよ!!」と言います。
若い頃はほっそりとして体重僅か「45圈弸は「言えない」と言います。

お互い色々不都合な所も出始めています。
でも、年はとしなりなので、お互い様と言う事で、何時か会う日を
楽しみにしています。







地下鉄のスタンプラリー (^^♪

最近地下鉄駅構内に「スタンプ」を押す台が設置されています。
最初は「何かな?」と思って関心も無く通り過ぎていました。
日曜日の午後、自宅の最寄駅で若いカップルが熱心に駅の数を
数えていました。
そこで私は質問してみました。
「これって、なぁに?」と。
「あぁ、おばさんスタンプラリーですよ。8月1日からやっています」と
若い男性は答えました。地下鉄の全駅でのスタンプを押して
9月30日までに、地下鉄の駅に提出すると「市営交通90周年」の
バッジが貰えるとのことでした。



a5b6e29d.jpg






今年の地下鉄の写真では有りません。ドラゴンズのラッピング列車、昔の物です。

今年は名古屋市交通局が市営バスや路面電車・地下鉄を走らせて
丁度「90周年」である事が判りました。

何処かの駅で、昔の木炭バスや懐かしい路面電車の写真も展示して
居た事を思い出しました。
それで、90周年の記念にスタンプラリーをしている事も知りました。



ecb8416f.jpg











余り地下鉄の画像が無い為何年か前に走っていた
「ドラゴンズ列車」をブログに貼り付ける事にしました。
今は既に落合監督から高木監督に交代していますが、落合監督の
時代には華々しくこのラッピング列車が走っていました。
市内の「全部の駅」のスタンプを押す事には既に時間的に無理かと
思います。
若いカップルは土曜・日曜・祝日を利用して安い料金で乗りスタンプを
殆ど押したと言います。
安い料金とは?一日地下鉄バス「乗り放題で」600円です。彼らは今回で
3度目のチケットを購入して殆どの駅を「制覇した」と笑顔で答えました。
もっと早く気が付けば良かったのに!!

「おばさん、帳面貰って来てあげる!!」と言って
駅員さんから貰ってきて呉れました。
駅は「幾つ」有るのか?数えた事も有りませんので判りません。
全駅のスタンプを押すには時間と根気が要るようです。
とりあえず、近場から押してみようかな?!
行く事も無い駅を見るのも、一寸した楽しみかも知れません。
やはり、私は物好きおばさんかな?!







節電とは言うものの〜(^^♪

昨年の東日本の大震災以来「節電、節電」と言われて来ました。
昨年はあの惨状を報道で見聞きする度に「節電」への思いは強く有りました。
今年も電気が足りないの?足りるの?と言った情報が錯綜しました。
現実には電気は使わない方向での暮らしが理想的だと思います。
電気料金も安いに越した事は有りません。





エアコンは必要ない涼しげな景観です。水辺の蒲が涼しそうです。↑↑↑

節電への心構えはしているつもりですが、酷暑日が続き家の中で
暮らしている人の中で「熱中症」に掛かられた人を知っています。
暑い最中は絶対外出しない人でしたが、家の中に居ても「熱中症」の
なってしまわれたのです。
やはり、最近の生活の中では「エアコンは」真夏には欠かせない生活の手段と
なって来て居ます。
私はそれまで、家の風通しをよくする事で、出来る限りエアコンは使いたくない
と考えていました。

今年に限って、身近な人に熱中症の人が出た事で
「熱中症」予防の為にもエアコンは必要な道具と考えて「28度」の設定で
使う様になりました。
昨年は「節電、節電」と報道関係も喧しかったですが、今年は多少のニュアンスが
変わって来ています。
「熱中症」防止の為に
「適度にエアコンは使いましょう!!」と言う文言に変化して来ています。

大震災の影響で原発が機能不全に陥った今、節電は必要ですが
エアコンを使わず、熱中症で命を落とす事への対策も必要です。
少しばかりの電気代を惜しんで、熱中症で命を閉まったらそれこそ
悔いが残ります。
近くの方の熱中症で、私は考え方を変えました。
電気代が惜しいと?思えばデパートへ行けば大丈夫です。
その代わり、不必要な衝動買いは注意したいです。







外来種なので・・・(^^♪

夏になれば何処かで見かけるこの花です。
先日もNHKのニュースで報道していましたが、避暑地と言われる
場所でこの花が増殖しているとか。
元々川岸や草原での群落はあるそうですが、これが最近では
結構厄介者扱いになっています。




外来種・大反魂草。可愛い花ですが駆除の対象とは・・・。↑↑↑

正式には
「大反魂草(おおはんごうそう)」と言う名前がついています。
この大反魂草が、日本の植物の生態系を破壊しかねないとの見解から
駆除する方向になったらしい事を伝えていました。
8月〜9月頃黄色の頭花が咲きます、結構大きな花です。
繁殖力がかなり強く、綺麗な花ですが駆除の対象になってしまいそうです。

もう一つ外来種の花で
「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」と言う黄色い愛らしい花があります。
これは大反魂草よりも更に繁殖力が強く、戦後日本の空き地では生い茂って
いました。
余りの繁殖力の強さの精で自らの繁殖力を弱めたとの説も出ています。
いずれにしても、外来種は繁殖力が強いですね〜

幾ら綺麗で愛らしいと思える花でも、日本古来の生態系を破壊されては
困ります。
今年も既に立秋を過ぎて暑さの峠も越えたものと思いたいですが、残暑が
続いています。
あと僅かで彼岸を迎えます。
昔どおり「暑さ寒さも彼岸まで」と言う事にしたいですね。。。







彼岸花の時期ですね〜(^^♪

偶然の事でしたが今年の初夏にこの場所へ公共交通を使い
行きました。
丁度梅の実の収穫前で、周りはまだ彼岸花は全く無くて無愛想な
景観でした。
昨年、カメラの友達に誘われて、初めて岐阜県・海津市へ行きました。
彼岸花の撮影は出来るだけ早い時間の方が良いので早朝に
名古屋を出発しました。





昨年訪れた、彼岸花の名所「津屋川」の周辺です。今年もう直ぐ咲き出しますね。

今年もまだ残暑が厳しいですが、花達は何時も私達より季節の変化を
敏感に感じて咲いてくれます。
自然の力は凄いな!!と、何時もおもいます。
まだ、昨年のこの場所へ行くとは決まって居ませんが、出来れば行きたいです。
そんな事を思い描きながら,何となく一日が過ぎました。

そういえば、我が家にある白い彼岸花、まだ一向に咲き出す気配は
有りません。
半田市の岩滑の彼岸花ももう一度撮影に出かけても良いかな?と
思っています。
半田までは名鉄電車が便利なので簡単に行く事が出来ます。

又忙しくなりそうですね〜。










自転車の怖さ (>_<)

直接聞いてはいませんでしたが、誰かからそれとなく聞いていた
事です。
この方は名古屋にはお住まいでは有りませんが、最近お目にかかり
直接お聞きしました。
それとなく自転車の事は知ってはいましたが、実際お話を聞いてみて
改めて歩道上を往来する自転車の怖さを知りました。





今年もコスモスの咲く季節になりましたね。。。↑↑↑

自転車同士がぶつかり、知り合いの人は転倒して顔に怪我をなさったと
仰います。
顔からは出血して、周りにいた人は自転車同士の衝突の瞬間を見ています。
「救急車を呼びましょうか?」と盛んに言われなさったそうですが、それ程
出血が酷かったらしいです。
結果、外科医の所へ行かれたそうですが、何針も縫う傷で有ったそうです。
それでは、出血もかなりあっただろうと想像が付きます。

その方は当然「健康保険」で治療をしてもらえるものとお考えの様でした。
所が医師は「健康保険では取り扱いは出来ません」と言って、全額実費に。
それは、歩道での事故はお互い自転車同士であっても「交通事故」扱い
なのだそうです。
歩行者と自転車との歩道での事故は「100%自転車の過失」になるのです。
然し、自転車同士の衝突事故は二人の「言い分」を聞いてみないと
はっきりとは何も言えません。

歩道での自転車が絡む事故が最近多いように思います。
自転車は「軽車両」の部類に入る為、よほど注意をして乗って貰わないと
歩行者が困ります。
幸い、額を切る「傷」で済んで、先ずは良かったと思わなくてはいけません。
この自転車の事故を経験して
「歩くのが一番良いです!!」と、仰いました。
過失事故でも、健康保険が使えないとなれば、過失を犯した人は怪我などに
対応出来る「保険」に加入していれば少しは安心です。
そうでなければ大変な事になりかねません。

お守り代わりの「保険」は必要ですね〜。





一度は行きたかった!! (^_-)-☆

一度は行きたかった、トヨタ博物館です。
自宅からはかなり遠い長久手市に有りますが地下鉄とタクシーを
乗り継ぎ出かけました。
友達の男性で重い病気をして、歩行に時間が掛かるため彼は
地下鉄の終点から「タクシー」を使いたいと希望していました。
市内に住む人3人と彼と相乗りです。
料金は「割り勘」です。
何人かで相乗りする事で彼の負担を軽くしようとする、心遣いです。
男女の区別無くこうした人の助けをするのが私達の友情です。




記念すべきトヨタ・クラウンの一号車のエンブレムです。

カメラ愛好家の人の集まりで、トヨタ博物館の中に展示中の
有名な世界の乗用車を撮影させて貰いました。
乗用車の撮影は殆どの人が初体験です。
色んなものを撮影してみると、難しさが良く判ります。
ため息が出てきそうな「名車」の数々。
欧米に遅れること、かなりの年月が有った日本ですが研究熱心さと
技術力で今日の自動車業界の発展を実現しました。

世界の「名車」と言われる
「ロールスロイス」や「キャデラック」私達に取っては夢の又夢の名車です。
時間に制約がある為,撮影したい名車は多いのですが追いつきません。
一人では淋しいので、また誰かと一緒に出かけて見たいと思いました。





安心の時が殆ど無い?! (>_<)

我が家へパソコンが来てから何年になるのだろう?
中々メールアドレスも打ち込めず、悩み通したのはつい先日の事です。
それが、パソコンがこれ程早く消耗して買い替えをしなくてはならないとは
私には考え難い事でした。
事実今の「光回線」にしてから既に数年は経過しています。
初期の頃は光回線も使っていませんでしたので、接続が遅くてl困りました。
次第にパソコンの環境も変わり、初心者の私でも何とか入り口の事は
送受信可能となりました。
それに連れて、パソコン本体の消耗が実に早い事も理解をしました。







保存用に長男に薦められて「外付け」の機器も接続してあります。
息子達に色々聞きたい事も有りますが、今は私のパソコンに付き合って
貰える様な彼等の環境では有りません。
数日前に、保存用の所から取り出して見てみたい画像があり、フォルダーを
探しましたが全く出てきません。
このフォルダーが出てこない事になれば、今までの「保存」したものは、全て
無効になり記録は全く消えてしまいます。

「困ったなぁ〜」と思案しましたが、どの様にして探しても出てきて呉れません。
最後の手段で「プロバイダー」のお兄さんに理由を話しました。
「画像を復活させる為には高額な費用が掛かります」と言いました。
高額とは?どれくらいかな?と思い尋ねました所、高額は高額でも
私の考える高額とは「桁数が」違いました。
もう、過去の保存中のものは「諦めるより方法は無いのかな?と
諦めムードでした。

高々、おばさんの何でもない遊びのパソコンに何十万と言う費用は
掛ける事は出来ません。
パソコンの保存した物のカムバック作戦は恐ろしい費用が掛かります。
2〜3日は費用の事が頭を過り余り寝つきが良く有りませんでした。
それで、私は
「仕方ない!!記録は消えるけれど高額な費用は使わない!!」と
決めました。

外付け用の機器も「3〜4年」で痛んでくる事も聞かされました。
「そうだな、寿命が来ていたのかな?!」と感じました。
今朝パソコンの電源を入れて起動させました。
諦めたつもりでしたが、やはり、まだ諦め切れない部分があり
「マイ・コンピューター」を出してみて再度フォルダーを探しました。
何とした事でしょう!!
外付けの機器が稼動している赤いランプが点きました。
何時もの通りフォルダーを探して開いてみましたら、元通り出てきました。

もう、正午になっていましたが早速「プロバイダー」のお兄さんに
連絡をしました。
丁度その日は近くのお得意さんに来ていましたので、直ぐ来て貰えました。
外つけの機器を取り外して会社へ持ち帰り、新しい外付けの機器に
記録をコピーして来ると言いました。
パソコンは便利な道具ですが周辺機器をも含めて全て消耗品なので
絶えず経費が掛かります。

?十万円掛かると言われたのですが、何とか最低限の費用で済むかも
知れません。
過去の記録が失われずに済めば嬉しい事です。




8893c0ab.gif

お正月以来の再会〜(^_-)-☆

9月1日は中山道を歩き、少々疲れました。
そんな事も言って居れなくて、2日は以前からのグループの人と会う
約束になっていました。
時間通りに起床はしたものの、やはり何となく約束の時間までに
行けそうもありません。
「どうしても時間厳守」と言う約束では有りませんので、大きな顔をして
30分程遅刻して行きました。
流石に前の日に「10Km以上」歩いてあると、本当の所は休養したかったです。
でも、久し振りなので、知り合いにも会いたくて出かけました。






何の連絡も無いまま、長期に知り合いの人達と会いませんでしたが
その間に、何人かの人が大病をしてました。
久し振りにお目にかかり、お互いに
「お元気でしたか?」と言う挨拶になります。
一人の方は
「心臓の手術をして貰いましてね〜、一寸苦労していました!!」と
仰います。
聞けば、心臓の悪いと仰る方は他にも何人かいらして、暫くその話が
続きました。

「私の手術は8時間掛かった!!」とか
「もう直ぐ、ペースメーカーを取り替えないといけない」と、仰る方も
いらっしゃいました。
皆さんお元気そうにお見受けしますが、夫々重い病を抱えていらっしゃいます。
あぁ〜、そんな事になったら大変だな!!、とお話を聞きながら思いました。
「sumikoさん、貴女はお元気そうで結構ですね、羨ましい!!」と
真剣なお顔で仰います。
そうですね、加齢と共にそれなりの意欲とか根気はなくなっていますが
歩きに行けるだけ幸せです。

また、皆さんとお目に掛かれる日を楽しみにして、別れました。




8893c0ab.gif

中山道の宿場を訪ねて・・・(^^♪

9月1日、まだ残暑の続く中「中山道・宿場を訪ねて」のイベントに
参加をしました。
JR名古屋駅から中央本線で中津川まで行きそこで又乗り換えです。
JRの下車は「藪原駅」です。
残暑が続く中と言っても、この辺りは気持ちの良い風が吹き抜け
歩くには良かったです。
薮原・宮の越間は国道19号線を歩く事になりましたが歩道がついて
いました。
夫々熱中症対策として帽子や飲料水は充分持ってのウォーキングです。





何時の間にか秋の雲です。↑↑↑

薮原の宿場と宮の越の宿場内は旧街道です。
薮原→極楽寺→防火高塀跡→高札場跡→一理塚→吉田洞門→山吹トンネル
巴淵→徳音寺集落→徳音寺→JR宮の越  約8。0Kmを歩きましたが
実際にはもっと歩いているような感じがしていました。
薮原の宿は、木曽11宿中最も賑わった宿場で有ったと伝えられ、中山道と
野麦峠・飛騨への追分でもあり宿場の規模は馬籠・妻籠を凌いでいました。
南北五町に渡ったといわれ、様々な店が軒を連ねて街道筋の活気が
偲ばれます。

そんな所を散策をしながら見学をして楽しみました。
何れも腱脚揃いの人たちで、汗を掻きながら3時間ほど掛かって
歩きました。
何時の間にか周りの山を見れば「秋の雲が」漂っていました。



8893c0ab.gif

8月も終わりました!!(^_-)-☆

8月も昨日で終わりました。
夏の暑い間中妹からは何も連絡らしい連絡は有りませんでした。
31日に「お姉ちゃんの近くの駅まで所用で行くから、出てきて!!」と
連絡が入りました。
格別予定を入れていた訳では有りませんので、指定された午前11時に
駅近くの待ち合わせ場所のブティックに行きました。
メールの返信を書き込んでいて、すっかり時間が押し詰まってしまい
慌てて用意をして出かけました。
「お姉ちゃん、16分の遅刻!!」と言われ、何と無しの言い訳をして
一先ず会えました。
女はブテックへ行けば、どんな安い物でも目新しい物が目に付けば
自然と欲しくなります。




夏の申し子、向日葵です↑↑↑。今年も既に何処と無く秋の感じになりました。

デパートへ行けば幾らでも高級品は有りますが、そこはベテラン主婦の
知恵で安く買っても「高いように見せる?!」そんな事を考えながらです。
妹も物色して何点か購入していました。
店のオーナーは、時ならぬお客に嬉しそうな顔をして応対していました。
値切る事は主婦の専門特許?!とばかりに、粘り強く交渉します。
次に繋げたい店主は、ベテラン主婦二人に掛かっては「値引き」を
せざるを得ません。

妹も何点か購入して満足そうでした。
いや?ひょっとして私の顔を立ててくれたのかも知れません。
どうせ、JR名古屋駅からJRで帰宅するのですから、名古屋駅周辺で
ランチタイムを取る事にしました。
よりどりみどりで、どんなお店も有るのですが
家ではパスタを食べないからパスタを食べようと相談が出来て
パスタのランチです。

名古屋へ出てきたら、買い物もしたいし自由にあちらこちら
見て歩きたいのが女性の楽しみです。
ぶらり、ぶらりとしながら見て歩きました。
久し振りの「ぶらぶら歩き」です。
本当の自分の自由時間が欲しいと、妹は言います。

交通費が掛かろうと、なんだかんだと理由をつけて名古屋へ
出てきます。
今度会えるのは9月9日のコンサートの時です。
まぁ、私は兄弟姉妹が有るから良いものの、夫は一人っ子でしたから
さぞ淋しかっただろうと思いました。
31日は、時間も忘れて早い事暮れて行きました。




8893c0ab.gif

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ