おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

October 2012

忙しかった!! (^^♪

昨日もかなり多忙でしたが何とか所定の用は済ませました。
午前中は何かと雑用が有り、結局は出掛ける事が出来るのは
お昼ご飯を済ませてからになってしまいます。
どうしても自分で片つけなくてはならない用事ばかりなので自分で
出かけます。
身内から頼まれているコンサートのチケットは、遅れ遅れに
なっていましたが昨日購入してきました。
チケット売り場に一番近いのが私ですからその役目は果たせます。





最近見たトルコ桔梗、優しい色が素敵でした。↑↑↑

銀行へも立ち寄る大事な用がありましたので、立ち寄りました。
周りを見渡せば、木々は少しずつ色つき始めています。
本格的な撮影は出来ませんが、地下鉄の乗り場までの僅かな距離に
秋を感じさせる景観が有りました。
もう10月も終わりですね。
何となく用事を済ませている間に時間だけは早く過ぎて行きます。

最近は若い時の様にデパートの中を見て歩く事も無くなりました。
そんな時間が無いのです。
昔は何時間でも見たい物は見て歩きましたが、今は見たいと思う
物が有りません。
人込みの催事場に出向く事も無くなりました。
何だか味気ない日々の様に感じられますが、何故か若い頃の様な
興味や関心が無くなって来ているようです。

もう、若かった頃の「何でも見て歩く」精神も希薄になって来ました。
唯一いく所は「デパ地下」の食料品売り場です。
余りロマンチックな暮らしぶりでは有りませんね〜〜。







久し振りに区役所へ〜(^^♪

久し振りに区役所に所用が出来て出かけました。
自宅からは徒歩でゆっくり歩いても15分位で行く事が出来ます。
所用とは大した事では有りませんが、印鑑証明の事で
尋ねたい事が有ったので出かけました。
区役所は国道41号線の通る道に面した所に有りますが交通量が多くて
車の騒音はかなり大きく聞こえます。




区役所の玄関先にもコスモスが咲いていました。↑↑↑

何時も人が一杯居る所は「介護」に関係する部署です。
如何に多くの人が介護を必要としている時代なのか?その込み具合で
良く判ります。
車椅子の人も介護師の人に付き添われて来ています。
区役所もこうした人たちの要請を聞いて処理をしなくてはならず大変だな!!と
感じました。
印鑑証明の相談はまだそれ程深刻な相談ではなく、職員の説明も極めて
事務的です。

何れにしても、日本に居ない息子の印鑑証明が必要なので
相談に伺いました。
区役所へ行く道すがら、色々家並みを眺めて歩きますが、知らない
飲食店が沢山有る事に気が付きます。
殆ど自宅から地下鉄の最寄駅までしか歩かない私は、昔ながらの
縄のれんの「飲み屋」がこんなに沢山有ったのか?と今更ながら
知らなさ過ぎる事に驚きました。

時にはこうした街中の??マークの付く店の発見も楽しいですね。







何もしたくない日・・・(^^♪

日曜日、生憎の天候不良で何だか気分が乗りません。
気に掛かる「秋の薔薇」の咲き具合ですが、雨降りでは何ともなりません。
勿論傘を差しての撮影と決め込めば良いのですが、それより水気を嫌う
カメラの方が大切です。
やはり、雨降りの屋外での撮影は止した方が良いのかも?と感じて
薔薇園へ出かける事はよしました。
土曜日には次男夫妻が来てくれましたので、暫くの間は話し相手が有り
良かったです。






日曜日は出かけようと思えば自分で乗用車運転して行く事に
なります。
何か昼食をしてから、急に何処へも行きたくなくなり、そのまま「転寝」を
してしまいました。
気侭なもんだな!!と息子には言われそうですが
やはり年齢の壁は次第に厚くなって行きます。
幾ら元気でも、何年か前とは違い無理が出来ないようになって来ました。

一病息災と言う言葉が有りますが、全く何処も「悪くない」と言う人が
時々急に命を落とす様な事になる場合もあります。
「何か病」が有ると自覚をしていれば、常に注意を払います。
注意を払う事こそ「大切な事」なのかな?と最近思うように
なりました。
何もしたくない時は、何もしないで良いのかな?
無理に「しよう」とすると、何時か綻びが来るかもしれません。

何処へも行きたくない日は、家でじっとしていよう!!
それが一番良いかもしれません。







又、咲き出して・・・(^^♪

朝晩は相当気温が下がって来ました。
人は勝手なもので、真夏の暑い時には「暑い、暑い」と文句を言い
寒くなればなったで「寒い、寒い」と文句を言います。
ご多分に漏れず私もそんな中の一人ですが身勝手ですね!!






玉簾(たますだれ)、少し前に花は終わったと思っていました。
事実花は全く無くなって、葉っぱだけになっていました。
所が最近また勢い良く花が咲き出しています。
玉簾はとても繁殖力が強くて丈夫な植物であると聞いています。
これは、その年の気候の加減で何度も咲くのか?良く判りません。
自宅にも少しは有りますが、又咲き出しているのか?確かめて
みます。

最近では「5ヶ月振りに最高気温が20度を下廻った」と言う
お天気情報も聞かれます。
春夏秋冬、巡り来る度に時の過ぎ行く速さを実感しています。
玉簾の様に、元気に暮らしたいですね。。。







毎年見る花〜(^^♪

用事が有り町内の少し離れた所まで行きました。
以前の様な昔ながらの木造家屋がどんどん減少してきています。
そんな中でも、ある一人暮らしの女性の家の軒下には何時も
少しずつ季節の花が咲く様に鉢植えですが植え込んであります。
私は実際の所、この家の女性程熱心に植物の管理が出来ていません。
顔を合わせれば何時も花の話になりますが、最近はちっとも彼女は
戸外へ出てきていません。
それこそ、道路交通の違反になりそうな道路の占拠ぶりです。





顔見知りの女性の所で毎年咲く「せんにちこぼう」です。愛らしい花です。↑↑↑

以前近所の誼で、季節の花を撮影させて貰ったご縁があります。
家の前を通る時、彼女の姿が見られないので、そっと鉢植えの花を
見せて貰います。
顔を見ないと「どうかなさったのかな?」と気になります。
顔立ちを見ていると、お化粧はなさいませんが中々お若い印象を受けます。
何時も花の話をしている人が、ちっとも外へ出て来ないと言うことは
やはり健康が優れないのかな?と思います。

その近所で「駄菓子屋さん」を経営していた女性も、高齢を理由に
息子さんの所へ引き取られて行きました。
この駄菓子屋さんは、息子達の結構な溜まり場であり、ストレス解消の
場所でも有ったようです。
駄菓子屋のおばさんとは、小さな頃から息子達も出入りしていて
結構楽しかったようです。

小さな手に、小銭を握り駄菓子屋さんへ走るのです。
子供のお金の計算は、こうした駄菓子屋さん等で、色々工面をして
子供ながらに計算をして駄菓子を買っていたようです。
無駄なように思える「駄菓子屋さん」ですが、今になって思えば
ここで「暗算」やその他の計算も鍛えられた印象がしています。

昨年でしたか、忘れましたが
息子に「駄菓子屋さん」閉店した事伝えました。
息子は「もう一度、あのおばさんに会いたかった!!」と、とても
懐かしそうにしていました。







金木犀の香り〜(^^♪

何時の間にか金木犀が咲き出して、そこはかとなく
良い香りがしてきます。
先日までのあの暑さは何処へやら?
既に薄手のウールのセーターを着てみたい気温になっています。
何時までも暑さが続く訳ではないのですが、その当座は
耐えられない暑さと、感じた事もありました。




優しい金木犀の香りは冬への序章かな。↑↑↑

それが一転「今年の冬の寒さは?どうなるのかな?」と思う
気温の下がり方になって来ています。
彼岸を過ぎて約一ヶ月、寒さ対策もぼちぼち考えなくちゃ
なりませんね。
まだ、比較的温暖な土地に住んでいてもやはり冬を迎えるに当っては
緊張しますね。
毎年の事ではありますが「風邪を引いた時」寝込むような事に
ならない様にしたいと気持ちを引き締めて居る訳です。








懐かしいポスト〜(^^♪

最近のポストは金属製の箱型の物になりました。
赤い丸型のポストは観光地とかへ行かない限り殆ど
お目に掛かれません。
岐阜・長良川の辺り「川原町通り」の町屋風の建物の前に
この懐かしい「赤いポスト」が有ります。
日本中を探しても「28ヶ所」しか、この昔からの丸型の
ポストは無いとの事です。





懐かしの丸型の赤いポスト。↑↑↑

川原町通りにあるこのポストは、古い形をしていますが
列記とした現役のポストです。
時間が有れば、自分宛の葉書でもこのポストから出して見たい
気もしないでもありません。
一日に4〜5回の収集が有る様な時間帯が書かれていました。
このポストは本当に懐かしいです!!

確か私が子供の頃も、この赤いポストで有った様な気もしていますが。。。
懐かしい物が次第に減少して行く中、このポスト位は残して欲しいと
切実に思いました。
私が知っている丸型の赤いポストは伊勢神宮のおかげ横丁にも
有ったと記憶しています。
見れば見るほど、懐かしさが甦ります。
古い町並みにはこの丸型の赤いポストがお似合いですね〜。

川原町通りの散策も一人で気侭に出かけるのも却って楽しいかも
知れません。
隣の県ですが、今は日の入りも早くなり直ぐ暗くなります。
出かけるなら日中が長い時が良いかもしれないですね〜。







暑くても〜 (^^♪

つい一ヶ月前までは「残暑」厳しく時ならぬ暑さに少々気が
滅入っていました。
一ヵ月後の昨日、今日は気温もぐっと下がり、最低気温が明け方ではなく
「日中」と言う現象が起きています。
暑くても、やはり夏の方が私は好きですね!!
日中の最高気温が20℃を下回ると、何となく身構えてしまいます。
これからは、風邪を引く事の無い様に注意が必要になって来ます。
そろそろ風邪予防のワクチンを接種して貰う時期になりました。
部屋が寒い事は体調を崩す大きな原因ともなりかねません。





寒くなりましたね。彼岸花の咲く頃が懐かしいです。↑↑↑

待ちかねた「彼岸花」の時期もとっくに過ぎてしまいました。
秋・本番既に北の方から紅葉前線が南へと降りt来ています。
最近は一年が実に早く過ぎてしまいます。
加齢した精もあるかと?思いますが全く月日が「束」になって
飛んで行く印象が強いです。
年々歳歳花相似たり〜とも言いますが、自然界の花や樹木は
変化をしませんね。毎年同じ様に咲いてくれます。
人の世の中の様に変化はありません。

温暖化の精も有ってか?今年は酷暑日が随分私の体力にも
影響が有りました。
やはり、待ちわびた「彼岸花」の咲く頃の気候が今では懐かしいです。
日の出・日の入りにも大きな変化が出てきています。
私が好きなのは「冬至」迎え、次第に日中が長くなる時が気分的にも
一番充実しているのかな?と思います。
秋の日の「釣瓶落し」は、一番嫌な時です。

「釣瓶落し」嫌いなのは
若しかして、私だけかな?







菜園への取り組み〜(^^♪

この所自分のスケジュールが立て込んでいます。
会のイベントに出掛ければ,顔なじみの方に合えますし色んな話題を
聞く事が出来ます。
例えば、サラリーマン卒業後、菜園に興味を持ち、色々野菜や
花を育てている男性があります。
そうした人の話を聞くと、大変エネルギッシュで、僅かな時間も惜しんで
菜園の手入れに精を出して居られる様子が見受けられます。







菜園をしている人は同じ様に菜園をなさっている方とお話が良く合います。
私達は、出来上がった苦心の「野菜」を時々頂くに過ぎませんが、とても
美味しいです。
農家の生まれでない私は、季節の花の植え替えに苦心をしています。
土弄りになれて居ないことも手伝い、最近は鉢植えの花も途切れています。
季節も良くなった事だし、一寸は鉢植えの整理をしなくてはなりません。
カレンダーを眺めてみれば、残す所僅かな枚数となりました。

若し、菜園でも始めていたら、私はとっくにギブアップしていたに
違い有りません。
菜園の野菜つくりに懸命に取り組む男性はきっと奥様に大切に思われて
いらっしゃる事と思っています。
会のイベントに出席すればそうした、楽しい情報も聞かせて貰えます。
菜園をなさっていらっしゃる方たちは、概ね健康に恵まれ元気です。
やはり、晴耕雨読、それが良いのかも知れません。







ユニセフからの便り〜(^^♪

mail




mail





長年僅かですが続けているユニセフへの協力。
一度協力すると継続的に「寄付金」の要請の便りが届きます。
考えてみれば同じ地球上で暮らす同じ人間なのに、彼らは何故こんなに
食料に飢え、貧しい暮らしに甘んじなくてはならないのか?気の毒です。
そんな事を思いながら、本当に私達の協力金が貧しいアフリカの子達に
行届いているのか?と、思うときも時々有ります。

それは、昨年発生した「東日本大震災」の発生によって東北地方は
壊滅的な被害を蒙りました。
郵便局から日本赤十字社宛に心ばかりの寄付金を送りました。
他からも寄付金の要請が何箇所からも来て、自分の出来る範囲の事は
して来たつもりです。
所がその後、その寄付金がどの様に流れて行ったのか?皆目判りません。
先進国と自認する日本でさえこの有様。
増して国際的な機関が世界中から集めた協力金がどのような使われ方を
しているのか?余り具体的には伝わって来ません。

郵便振替用紙で一度だけ送金するのなら、それはそれで良いのですが
クレジットカードで毎月の「お約束」として協力金を要請されるのは
一寸私の様な暮らし向きの者にとっては、厳しい要請です。
私も生きて行かなくてはなりません。
なので、余りクレジットカードでの「毎月のお約束」などとした
協力金要請には賛成しかねますが。。。







名古屋まつりですが・・・(^^♪

今年も名古屋まつりがやって来ました。
毎年殆ど代わりの無い郷土三英傑行列等が市民を楽しませて
いますが、今年は残念ながら所用が有りまつり見物は出来ませんでした。
このまつりが始まって今年で「58回目」となるそうですが最近は
花電車も花バスも廃止されたみたいです。
まつりは人々が大勢見物に訪れて結構楽しいです。




街中は祭りで賑わっていますが私は今年は見物出来なくて残念。↑↑↑
名古屋Tv塔周辺です。


まつり行列が行われる日は2日とも所用が有り今年は見物は出来ず
とても残念に思います。
元気で有れば、また来年見る事も出来ますので今年の事は諦めました。
それにしても、毎年祭りの主人公になる人たちの衣装は何処から
調達して来るのでしょう?
お姫様や腰元達の女性の衣装も調達するのに大変では?ないかと?
ふと思いました。
お姫様たちの衣装はまさか「化学繊維」ではないでしょうね?!
でも、天候不良の時は「化学繊維」の方が良いのかも?知れませんが。。。

最近では街を歩く女性の中でも自分も含めて殆どがパンツルックに
簡単なセーターやTシャツを着て活動的に歩いています。
和服の女性、特に歴史上の女性の和服姿は「まつり」位でしか見る事が
出来ません。
和服は日本を代表する伝統文化と心得ていますが、何となく和服から
遠のいてしまうのは何故なんでしょうね?







短命だった百日紅〜(-_-;)

今年は酷暑日が続いた精か?自宅の百日紅中々咲き出しませんでした。
先ず8月3日頃にはこのブログでも百日紅が咲かない事を記しています。
何時もなら7月20日前後には咲き出しているのに・・・。
とても気が揉めました。
もう今年は咲かないもの、と諦めたのもこの頃でした。
咲かない理由について、ご近所の人達は夫々ご自分の考えを披露なさいます。
やはり、諦めなくてはならないのかな?と真面目に考えた時期でした。
8月のお盆が済んでから、所々花芽らしい感じの枝先が見え隠れしています。
若しかして?一ヶ月も遅れて咲くのかな?と自分の目を疑いました。





短命に終わった今年の我が家の百日紅。枝打ち済みました。↑↑↑

結局は8月22日に、一ヶ月以上も遅れて咲き始めの「一枝」が見つかり
続いて咲くのかな?と心もとない気持ちで眺めていました。
一枝が咲き出したら、日を追うごとに例年の様に花が咲き出し安堵しました。
咲き出しが遅かったので、遅くまで咲いてくれるのかな?と思いましたが
9月中旬の大雨に祟られて一度に花の精彩が無くなってしまいました。
雨も良く降りましたからね〜。
遅くに咲き出したから、遅くまで咲くとは限りませんね!!
10月初旬頃から、本当に見るも哀れな姿となってしまいました。

何時も枝打ちをしてもらう庭師の人が「手入れに行く」と連絡が有りました。
百日紅、本当は「100日」咲く花だそうですが、今年は「60日弱」で
枝打ちとなりました。
一本の木には枝葉がそれ程多いとは思いませんが、実際枝打ちを
してみると残骸は多いです。

来年の花水木は花芽も順調だし、木に病気が無さそうだか沢山花が
咲きますよ〜、と言って帰って行きました。
色んな所の木を見ている人なので信用しても良いのかな?
我が家だけでなく他の家も今年の百日紅は「短かった」と言っています。
来年は普通の暑さの夏になって欲しいですね!!








暇つぶし?! (>_<)

先日も「自分の話を聞いて欲しい!!」と言って
宗教の布教師らしい男性が我が家を訪れました。
勿論私は時間が無い事を理由にお断りを致しました。
この期に及んで「宗教」の話を聞いても自然に任せて生きるだけです。
人に宗教を布教すると言う事は大変難しい事です。
自分の家の仏壇とお墓のお守りをして行けばそれで私の精神世界は
かなりの部分落ち着きを維持します。




秋の雨の日、宗教の話を聞いて欲しいと・・・、断りました。秋明菊です。↑↑↑

「奥さん、この前体が悪いと仰っていましたが、お話聞きましょう!!」と
かなり強引に責めてきます。
「私、体が悪いなんてお話した覚え有りません、もうお帰り下さい」と
一方的に話を打ち切りました。
どんな事でも些細な言葉尻を捕まえて色々自分の宗教の話をしたがります。
その気持ちが有る人は、充分お話を聞けば良いでしょう。
でも、私は訪問してきて、自分が支持する宗教の話を聞かされるのは
嫌な気分がしていますので、断りました。

信仰の自由は保障されています。
何方にも強制されるべき事柄ではありません。
私の実家は「禅宗」でしたが結婚して結婚相手の家の宗派を受け継ぐ
事になりました。
唯、それだけの違いです。
宗教ばかりではありません、道徳の話を聞いて「勉強して欲しい」と
訪問してきた女性に言われた事もありました。
これも、難しい問題で人様に話をするだけの資質を持った人が巡回
してくるのか?定かではありません。
私はそんな人たちには関りを持ちたくないので「お断り」です。

今更「勉強せよ」と言われても脳の受け入れ態勢がしっかりと
していません。







何故だか?! (>_<)

夏の暑さにも耐えて今年も彼岸花の時期を迎えました。
赤い彼岸花は9月29日に友達と撮影に出かけました。
その時、ふと思ったことは「後・暫くしたら家の彼岸花も咲くよね〜」と言う
事でした。
昨年は綺麗に咲き乱れ「嬉しくて堪りませんでした」が・・・今年は?
待てど暮らせど一向に咲き出す気配が有りません。





今年は何故か?咲かなかった我が家の彼岸花。↑↑↑
画像は昨年咲いた時の物です。。


私は自宅の彼岸花の咲く事を本当に楽しみにしていましたので
とても残念でした。
咲かない理由は私には良く判りません。
元々彼岸花は大変強い植物なので昨年だけ咲いて終わりとは
考えたくはありません。
近所の人にも聞きましたが、咲かない理由はやはり判りませんでした。

植物は微妙な事で咲いたり、咲かなかったりで気を揉ませます。
もう今年の事は済んでしまいましたので来年咲くように咲かせる
方法を何方かに教えて頂こうと思っています。

本当に今年は残念でした!!







秋の便り 2 (^_-)-☆

気温が下がり、やや小寒いかと?思う事が時々あります。
昨日午前中は固定電話に電話が何本か入りました。
何れもご無沙汰の人たちばかりで、この日に「在宅」である事を
知っってたかの様でした。
幸い午前中は雑用をしながら過していましたので良かったです
皆さん久し振りの方ばかりで、話が弾みます。







その中でも最近会いたくても中々お目に掛かれない名古屋近郊の
方からの電話でした。
ご主人の関係でかなり名前の知れたソプラノ歌手のコンサートの
ご案内が有りました。
私は今年の6月に彼女の美しい声を直接聞いて知っていましたので
パンフレットを送って頂くのを楽しみにしています。
彼女の「売り」は素人の人にも「ボイス・トレーニング」をなさる事です。

名古屋市内に彼女のスタジオが有る様に聞いていますが再度
彼女の歌声が聞けるとは嬉しくなりました。
芸術の秋ですね!!
これから、何かに被けて絵画を観るも良し、クラシックを聞くも良しですね。
そうだ、そうこうしている間に年末がやって来るのですね!!
今は、気候も良いし芸術の秋を楽しみたいですよね〜。







秋の便り〜(^_-)-☆

知り合いの人の写真展に出かけると、誰かからまた他の会場で
開催中の「写真展」のご案内を頂きます。
皆さん、夫々拘りを持って一つの画像に集中しています。
腕自慢、カメラ自慢もさることながら、やはり何かの趣味を持つと言う
事は集まる周りの人から、次々と知り合いが出来て行きます。
唯、知り合いになったと言うだけの事ですが、自分もカメラ弄りを始めて
何年かが経過しています。
上達はしないけれど、そこそこに人様との交流を楽しみながら
自分の居場所を「定めて行く」と言う事も大切な事に思えてきました。




彼岸花と共にやって来た、芸術の秋。この時期は審美眼を養う時かも?↑↑↑

カメラ弄りをするものの、プロになれるような資質は無いし、楽しめれば
それで「良い」としなくてはいけません。
色んな会場へ足を運び、人様の作品を見せて頂くのも確かに勉強になります。
結局は自分も「あの人の様な写真を撮りたい」と言う衝動に駆られる事が
先ず第一に「脳」の刺激になります。
暈けないで、あと何年かは元気に暮らしたいと願う私ですが、さて?
どうなりますか?

芸術の秋ですかね〜。
写真展も市内の中心地では、ひっきりなしに開催しています。
色々見聞きする間に、カメラの小道具も現在の物では物足りなくて
ついつい欲しくなってしまいます。
女性であればブランドのバッグとか洋服を購入する人が多い中
私は自分の楽しみの為にはバッグではなくてカメラに興味が有ります。
女性らしく無いと、思われそうですが一度カメラの面白さを知ったら
止められない気がしています。







タイタンビカス〜 (^^♪ 

まだ盛夏の名残が強い9月1日に私はグループの人と
中山道を歩きに行きました。
今年は思い起こせば厳しい暑さの夏でした。
自宅の近くではアメリカフヨウやタチアオイは良く見かけます。
然しこの「タイタンビクス」はお目に掛かっていませんでした。
中山道の宿場を汗を掻きながら歩く内、民家の庭先にそれとなく植えてある
この花を見つけました。
実に花は大きいです。
直径20cm程は有るでしょうね〜。




中山道の宿場で見たタイタンビカス。綺麗でした。↑↑↑

とても大柄の花で綺麗でした。
でも、アメリカフヨウとは、第一大きさが違います。
一日花なのか?お昼頃に通りかかり見つけましたが、かなり萎れています。
何故私の家の近くではなくて、遠く離れた「中山道」の宿場で咲いていたのか?
とても不思議でした。

過ぎてみればあの頃は残暑も厳しく「暑い」「暑い」と言っていました。
あれから、まだ45日程しか経過していませんが、気温もぐっと下がり
秋本番です。
寒いのが良いのか?暑いのが良いのか?個人差が有りそうですが
体力的に辛くても私は「暑い方が」良いです。

ふと、ハイビスカスの仲間と思われるタイタンビカスを見て
夏の暑さが「懐かしく」思われました。
タイタンビカスは、後で何方かに教えて頂きましたが、
アメリカフヨウとタチアオイの交配種である事が判りました。
街中にもこの花が何時か咲き出す事と密かに期待をしています。







暑さ寒さの基準は? (^^♪

暑さ、寒さの基準は昔から言い古された通り
3月のお彼岸・9月のお彼岸までと思い込んでいます。
事実これまでの何年かは、その言葉通りお彼岸が来ると辛い
暑さや・寒さから解放されます。
今はどうなんでしょうね?異常気象の精で猛暑を通り越して「酷暑日」です。
そんな夏の辛い暑さから10月になり、やっと過しやすい日々となりました。




彼岸花の咲く頃は少し涼しくなります。津屋川の彼岸花です。↑↑↑

最近は基礎体温が低下してきている精か、微妙な温度差にも敏感です。
若い人達は10月になっても半そでのTシャツを着ています。
私は9月中旬から、微妙な温度差に悩まされ半そでから七分そでになり
今では長袖になりました。
朝夕のひんやりとした小寒い中で風邪でも引いたら大変な事になります。
元々人の身体は「温める」方が良いとも言われていますので温める方向で。
伊達の薄着をする年代でも有りませんので着る物の素材選びも慎重です。
元々人の身体には天然由来の素材が良いとされていますが、現在では
化学繊維が幅を利かせています。


天然素材の優れた点は、アレルギーの人が着用しても安心で有ると
言うう事かと思います。
この所朝の気温が急に下がって来ました。
木綿等の素材は余り暖かいとは思えません。
私は暑がりの方が聞かれたらきっと「おかしいな?」と感じられるかと
思いますが、薄手の「ウール」素材のカットソーを着る様になりました。
暫くして、一定の気温に身体が慣れてくれば、また薄着に戻します。
この季節の変わり目の体温の調節が一番難しいです。







定刻には来ないバス〜(^^♪

昨日午前10時に人と会う約束になっていました。
地下鉄では大回りになるし、気候が良いから歩いて行っても
良かったのですが、
この日に限って何故か「バスに乗って行こう」と思いました。
バス停は自宅の近くです。
時刻表を見れば3〜4分で来る筈でした。
所が市営バスの難点は時刻表通りには絶対来ないのです。
待てどもちっとも来ません。
これまで定刻を2分過ぎても何処にも姿が見えないと言う事は
相当遅れる可能性が出て来ました。







定刻過ぎても来ないバスに、多少の苛立ちはありましたが、私が
出かける場所はバスが一番便利なのです。
この路線に限って言えば、数ある市内のバス路線の中で
黒字路線の筆頭であると聞きました。
そうであれば、1時間に「2本」の運行では数が少ないです。
足腰の弱った高齢の人達は、地下鉄の駅まで歩く事が困難なのです。
平面で直接乗車できるバスはお年寄り達の唯一の「頼みの綱」です。

考えてみれば、地下鉄の駅もエレベーターやエスカレーターが必ず
設置されているとは限りません。
そんな事からも、高齢の人達はバスに乗る事を選択するのでしょう。
恐らく信号待ちやら多少の渋滞に掛かるから恒常的に
「遅れ」が出ているものと考えています。







姪の飼い猫〜(^^♪

思い立って札幌の姪の家を訪ねて早くも一週間が過ぎました。
何事か無い限り私が行くような事は有りませんが、姪の事が気に掛かり
行って来ました。
札幌市内と言えども、知らない土地は勝手が判りません。
それでも、寒くなり過ぎない内に是非会いたかったのです。
姪達は少し前から雌猫の「たまちゃん」を飼い始めました。





姪の飼い猫「たまちゃん」です、猫の種類はシンガプーラです。↑↑↑

自宅へ届く年賀状には一緒に映っていましたので良く判りました。
私は「たまちゃん」にとっては初めてみるひとなので、何か警戒をしています。
家の中を歩き回り、特にお父さんの書斎へは頻繁に出入りしていました。
一人家族が居なくなり、動物でも何か感じる事が有るのでしょうか?
大人しい猫ですが、中々私には抱かれようとしません。
猫の種類を聞いたら
「シンガプーラ」だと言います。
多分原産地はシンガポールなのかな?と思いましたが可愛い顔をしています。

気が向けば誰のベッドでも休んでいます。
特に押入れが大好きで、僅かな隙間から入り込んでいます。
排尿は決まった所でする様に躾けられているので、それは安心です。
この猫は一切外へ散歩には連れて行かないと言います。
外へ出かけて、何かのウイルスでも拾ったら大変な事になるからです。
家の中を気の済むまで歩き回り、夜中も誰かの布団に潜り込んで
しっかりと寝ています。

この「たまちゃん」もお父さんの体臭が残る書斎に出入りしているのでしょう。
言葉が話せない猫ですが、最近何となく様子に変化が有ると感じ取って
居るような気がしています。







まだ、百日紅が咲いているのに〜(^^♪

まだ百日紅が咲いていると言うのに〜。
もう町内の郵便局や区の郵便局からは、年賀状の発売に先駆けて
お客の囲い込み作戦が始まっています。
昨年の例で言えば、昔の特定郵便局と言われた町内の郵便局は
頼んだ数しか販売をしてくれません。
所が区の郵便局は「電話さえ貰えば、何枚からでも追加でお届けします」と
言います。
事実、印刷ミスも有り不足して来たので追加で僅かな数を依頼しました。
気分良く届けて貰え有り難かったです。




まだ百日紅が咲いているのに、年賀状の注文取りに来た社員。。。↑↑↑

これまでは、全て特定郵便局で購入していましたが、頼まれれば
数を割って2ヶ所に依頼をしなくてはなりません。
郵便物や速達を届けてくれる社員ですが、彼にもノルマが有るのでしょう。
無碍に断る事は気の毒で出来ません。
お互いの郵便局の顔を立てる形になりますが、競争激化の昨今社員は
必死に顧客の獲得に努力をしています。

早いですね!!
つい、先日年賀状を作成したばかりなのに、また今年もそんな季節が
やって来ます。
一年一度・年賀状だけのお付き合いの方も有れば、親しく顔を合わせて
お付き合いしている方もあります。
虚礼廃止、と一時は言いましたが、年に一度の無事を伝える便りです。
既製品ではなく自分のアイデアを生かした年賀状作成が出来たら
嬉しいです。
印刷に漕ぎ着けるまでが、大変です。







そう言えば今の時期〜(>_<)

季節の変わり目、そういえば何となく終日頭が痛い日が続きます。
毎年の事ですが「あっ、またきたなっ!!」と言った感じで
受け止めています。
この頭が痛い事は、何年か前に遭遇した交通事故の後遺症である事は
判っています。
私が過失を犯した事故は一件も有りません。
まだまだ、今より酷い状態の時が長く続きました。




調子が悪い時は、空を見よう!!空を見ていると気が晴れる様に思います。↑↑↑

一度整体の先生の所へ行きたいと思いつつ、色々所用が出来て
約一年ほど調整をして頂いていません。
交通事故の後遺症は外見からは判らないので、自分一人で辛さを
抱え込んでしまいます。
以前に比べれば頭の痛さは軽減されて来ていますが、終日痛いのには
困ってしまいます。
気を紛らわせ、出来るだけ鎮痛剤などは服用しない方向で過しています。

最近、多少お疲れ気味であることは確かですが、やはりこの時期に
重なったのが一寸辛いです。






ブログの事〜 (^^♪

最近気が付いた事です。
私のブログの開設は2005年12月15日としていますが、実際に開設した日は
もっと前の日で有った事に今頃気が付きました。
ブログを実際に開設したのは
2005年9月19日である事が判りました。
随分長い事継続している印象がして来ましたが、それこそ日々の
何の意味も無い事を書きこんでいますので続いたのかもしれません。
そういえば、あの「愛・地球博」で熱狂した2005年から既に
7年も経過しているのですね〜。





愛・地球博の会場で撮影した、私の一番のお気に入りの写真です。まだこの頃は
一眼レフ使っていませんでした。


何かを書き始めて、そのままになっていた可能性があります。
2005年12月になり、やっと万博の楽しかった夢から醒めて
さぁ〜、これから万博での出来事を書こうかな?と思っていました。
拙い写真の整理やら万博終了後旅行に出かけた事も相まって
中々本格的にブログと取り組む事が出来なかった事を思い出します。




シドニーを象徴するオペラハウス、クルージングで撮影しました。↑↑↑


万博が終わり、11月中旬にオーストラリアへ旅行をしました。
11月はあの薄紫色の花を咲かせる
ジャカランダが咲き出す頃です。
丁度日本の桜の様に愛されている花です。
万博の事を書きこみたいと思って始めたブログでしたが、違う方向に
行ってしまいました。
ブログの始まりは2005年9月19日、万博の終わりに近い頃でしたね〜。
まぁ〜、色々有りましたが、何となく継続しています。

今後とも宜しくお願い致します。







まだ、間に合うかな? (^^♪

まだ、残暑が厳しい9月中旬から気に掛かっていた
「白玉星草」ですが、9月中旬から急に多忙となり忘れてしまっていました。
そうなんだぁ〜、
今年は是非撮りたいと思っていた白玉星草(しらたまほしくさ)でしたが
撮れませんでした。
愛知県の湿地には良く生えていますが、関西方面では見かけられない
珍しい花です。




今年は見る事も、撮影する事も出来なかった「白玉星草」です。↑↑↑

確実に見られるのは、東山植物園ですが、行く時間が有りませんでした。
チョッピリ淋しい気もしますが、忙しさに感けてすっかり忘れていました。
次第に湿地も少なくなり白玉星草の数は減少の一途を辿っています。
愛知県では「絶滅危惧種」に指定しています。
まるで、お菓子の「金平糖」の様な形をした花ですが、細かな花なので
撮影にも大変苦労をした記憶があります。(初心者で腕も悪い為・・・涙)

来年こそは撮影したいですね〜。







10月の1週目は〜 (^^♪

10月の1週目は大変立て込んだ私の行動パターンとなりました。
姪の住む札幌へ出かけたので、余計時間が足りなくなります。
私の予定は予定として動かせない部分もあるのですから仕方ありません。
どうして、こんなに忙しいのかな?と考えますが半分以上はスローモーションに
なっている為かな?と思えるようになりました。
私以外の人は、どうしているのだろう?と考えてしまいます。




今、コスモスが綺麗です。次第に秋も深まって行きますね。↑↑↑

又三連休に差し掛かります。
祝日等全く関係が無くなった私の生活パターン。
そうだ、食パンが無くなりかけているので、買ってこなくちゃ!!
野菜も大量には買ってはいけないし〜、困りますね。
とは、言うものの野菜は摂取しなくてはいけないので切らせません。
何だか最近は炊事をする事が億劫になって来て,やりたくありません。

こんな事ではいけないと思いますが、以前の様なファイトが有りません。
最近は「何とかして、炊事をやらずに食生活を維持しよう!!」と言う
横着な心構えに変化をして来ています。
もう10月!!、あと暫くすればまたお歳暮の季節がやって来ます。
う〜〜ん、困ったな!!
冷蔵庫や冷凍庫の物を片つけなくちゃいけないのに一向に
減っていきません。
これでは、何ともなりませんね!!







日本海側を〜 (^^♪

9月18日は飛行機は太平洋側を飛びました。
右の窓側に座れたので、離陸して暫くすると「富士山」が見えました。
小さなカメラでの撮影でしたが、何とか撮れました。
10月4日、札幌からの帰りの飛行機、左側の窓側を取れば多分
又富士山が見られる予定でした。





9月18日に撮影した富士山、一寸小さめの富士山ですが撮影出来ました。↑↑↑

所が10月4日は太平洋側は、台風の影響で飛行ルートを変えて
日本海側を飛びました。
やはり、少しでもリスクを負わない方向で気象情報を分析して
飛行ルートを決めているのだと思いました。
どうしても、富士山を撮りたいと思っていましたが、松本の上空へ
差し掛かった時、客室乗務員の女性が
「遠いですが、かすかに富士山みえます」と、伝えに来てくれました。
眼鏡の必要な私の視力では到底見る事が出来ず残念でした。

それで、諦めて、何枚も「雲海」を撮っていました。
自然が作り出す雲の造形は実に興味深く、次々と変化をして行きます。
狙った物が撮れなくて残念でしたが、意外に雲の姿が美しく退屈は
しませんでした。
はやり日本人は「富士山」見て感動します。
また、次の機会は何時になるのか?判りませんが航空機からの
富士山をもう一度撮影したいです。







姪に会ってきました!! (^^♪

北海道・札幌に住む姪の所に行って来ました。
姪は突然でしたが、若くして伴侶を失ってしまい、随分痩せてしまいました。
人は「幸せ」になろうとして、また「なりたい」と思って精一杯頑張ります。
突然の事で、私はうろたえるばかりでした。
今は私の妹が母親として寄り添っていますが、中々大変です。




姪の夫が愛用していた、トランペット。見る度に胸が熱くなります。↑↑↑

一人、人が居なくなると言う事は色んな面で大きな影響があります。
子供の教育の問題・将来の事全て一人だけの子供に夢を託しています。
そんな姪の姿を見て実際に体の細さからは想像できない
心の芯の強さを感じました。
この姿を見て、私は心配していた事柄が「払拭」された気がします。

姪の子供はまだ小学3年生ですが、幸せ一杯だったお父さんとの
生活を嬉しそうな表情で話してくれます。
例え短い時間でも
「本当に幸せだった!!」と話せる姪とその子供。
きっと、何時までも、幸せだったお父さんとの生活を胸に抱く事と
思っています。

姪に会いに行って良かったと思っています。







百日紅・散り始めて・・・(^^♪

今年は例年に無く遅い咲き始めの我が家の百日紅です。
約3ヶ月程咲くといわれていますが、遅く咲き出して早くも散り始めて
います。
きっと台風の大雨に打たれて花は精彩を失ったものと思っています。
「今年は咲かないかも?」と思っていた所、遅くに咲き出し嬉しかったです。
遅くに咲き始めたから、遅くまで楽しめるのかな?と何となく期待を
していました。
何度かの台風でダメージを受けたのでしょうね。。。






まだ、沢山の蕾が有りますが以前の様に勢い良く盛り返して
暮れるのか?関心の有る所です。
何でも今年は咲く事が遅いですね。
そういえば、まだ自宅の彼岸花漸く「茎」が出始めた所です。
大変暑かった精なのでしょうか?
まだ、この調子だと後暫く待たないと我が家の白い彼岸花は見ること
出来ません。
暑さの精でか?色々枯らしてしまった今年の夏です。
秋、季節も良くなったら新しい植物を植えたいと思っています。

百日紅、もう一度勢い良く咲いて欲しいです!!







マナーモードにしていたら〜(^^♪

地下鉄に乗る前には必ず携帯電話は「マナーモード」に
切り替えます。
そんな時に限って知らない間にメールが着ていたり、電話の不在マークが
着いています。
全部、同級生の人からで、クラス会に「出席するか?」どうかの?問い合わせ
ばかりでした。
何でも自分で決めて「出かけたい」と思えば出かければ良いだけの事です。
それが、行く、行かないは別にして、誰もが話をしたいのです。
近くの場所に何人かの同級生が居ますが、お互い自分の予定も有る事で
滅多な事で会ったりはしません。







足腰が痛い人が多くて・・・。
「sumikoさん、あなたは足も痛くないし良いわよね〜」と羨ましがります。
そうです、私は少々鈍感な所は有りますがまだまだ歩く事は出来るのです。
会場へは友達にサポートして貰い「行けたら行こうと思う・・・」とそんな
事も言っていました。
市内を歩くのも、長距離で新幹線で何処かへ行くのも殆ど何も変わりは
有りません。
足が痛む事で、市内でも出歩く事を大変神経質になっています。
足が痛いからと言って、歩かなければ益々退化して行くのでは?と
私は考えますが、痛さに我慢が出来ない様です。

医師の指示通り、体重を落とせば多分多少は痛みも軽くなると思いますが
医師でもない私が不要な発言をするべきでは無いと考え何も言いません。
医師からは20坩幣「減量」の指示が出ているようですが実行していません。
クラス会には行きたいとは思っていますが、何しろ私の周辺が穏やかでは
無い為決めかねています。

天高く〜とかの秋と、言いますので
減量の指示も彼女には馬の耳に念仏かも?知れないです。







少なくなった蝶々〜(^^♪

時代が違うと言えばそれまででしょうが、私が子供の頃は
蝶々は一杯飛んでいました。
蜻蛉も一杯飛んでいました。
最近は自然が少なくなり、道路は舗装してあるし、家屋もコンクリート。
昔の様な木造の家屋は次第に減ってきています。
勿論、燕が飛来して巣を作る事も無くなりました。
季節が変わるごとに、昔はそれなりの自然界の楽しみ方が有りました。
今は、もう自然界の生き物は街中では見られないですね。




諦めていた黒い蝶、何とか撮影出来ました。↑↑↑

近くの公園へ出かけても、黄色いお馴染みの蝶々は殆ど見かけません。
何だか淋しい気持ちになりますね。
昨年は撮影出来なかった「黒い蝶・長崎黒揚げ羽」。
今年はもう、諦めて居ましたが何とか一度だけ撮影する事が出来ました。
日本の南西諸島に生息するこの「黒い蝶々」とても魅力的です。
私は数年前に初めてこの黒い蝶々を見て、すっかり虜になってしまいました。
羽を広げれば大人の掌くらいの大きさになります。
大型の蝶々は飛んでいる姿は、ゆったりとしてとても優雅に見えました。

もう10月です。
本州へは温暖化の精で北上してきた可能性も有りますが気温が下がれば
元の所へ戻るのかも知れません。
諦めていた「黒い蝶々」出会えて嬉しかったです。
残念でしたが左の羽には傷があり、羽が欠けていました。
この黒い蝶を充分見たければ、南西諸島へ出かければ見れそうですね。

本当に蝶々が少ないと感じた今年ですが、来年は
どの様になるのでしょうね〜。







livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ