おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

February 2013

ぶつかられて!! (>_<)

最近の事ですが地下鉄プラットフォームでの出来事です。
私は乗換えで、環状線に乗りたくて歩いていました。
地下鉄は既に到着していて、どっと乗客が降車して来ました。
私はその列車に乗りたくて、一生懸命歩いていました。
所が、所がです!!






20歳前後の男性が突進してきて、私の左胸に勢い良くぶつかって
来ました。
一瞬「あっ、ぶつかった!!」と思いもたれ掛かる所まで移動しました。
180cm以上もある男性が勢い良くぶつかって来れば、ひとたまりも有りません。
息が出来ない程の痛みがあり、呆然としてしまいました。
「済みません!!済みません!!申し訳ありません!!」と言ってその男性は
急ぎ足で立ち去りました。

困ったなぁ!!
痛いなぁ!!
でも、この後まだ所用が待っていますので済まさなくてはなりません。
まだ
「済みません!!」と言っただけ「まし」な方かな?と思いながら
暫くじっとしていました。
ぶつかって、暫くは大分痛かったです。
今は自分にとって、風邪を引いたり何かの故障で動けなくなる事は
回避しなくてはなりません。

自分は普通にしているつもりでも、どんな事が起きるか判りません。
ぶつけられた夜は、痛みもかなり有るし、入浴は中止して休みました。
左の胸の何処かの骨に「ひび」でも入っていたら困りますね〜。







おいてけぼり!!(>_<)

自分の用事で街へ出かけました。
僅かな距離ですが手荷物が多かったのでバスに乗ろうと
バス停へ行きました。
運転士は周囲・左右を何時も注意分深く見ているものと思っていました。
折りしもバスが、バス停に泊まりかけました。
慌てて早足で急ぎましたが、運転士はフロントガラスから、私が
急いでバスに乗ろうとしている事を見ている筈です。







本当にバス停に後「一歩」の所でお客を待つ事も無く、無常にも
発車をしてしまいました。
バスの中を見れば、全くの「無人状態」でした。
荷物を持って、急いで歩いてくる「おばさん」を運転席から『見えなかった』とは
言い訳にはなりませんよ〜〜。
私の直ぐ後からいらしたご婦人も
『ひどいですね〜、ああした人も中には居るのですね!!」と
彼女も大分お冠でした。

都心循環バスは直ぐに来ますから心配は無いのですが「無視」された気持ちは
何とも気持ちが治まりません。
運転士の中には、必要以上に饒舌な人もいますが、目の前のお客を
無視する態度は一寸頂けませんね。。。
若しかして、多少の悪戯をして人を困らせて、自分は「快感」を
味わっているのかも知れません。
世の中には、色んなタイプの人が居ますから、一々腹を立てていても
仕方が無い事です。

やはり、地下鉄が一番無難な移動手段ですね。







この猫ちゃんが〜(^^♪

写真の猫は姪が飼っている猫です。
年末年始、動物ホテルにこの猫を預かって里帰りをしていました。
家の中では自由に歩き回り適当な運動を自分でしています。
飼い主の姪が里帰りとなれば、預かって来なくてはなりません。
10日間ばかり預かって貰ったと言います。





姪の飼い猫「たまちゃん」です。↑↑↑

写真で見る限り、丸まっていると、随分肥って見えますが実際には
それ程肥ってはいません。
この猫、預かって貰っている間、狭いゲージの中に押し込まれて運動は
殆どしていなかったらしいです。
猫も狭いゲージの中に四六時中入れられていてはストレスがたまります。
所作が無いため、置いてあるキャットフードを食べてばかりいた様だと
推測しています。

姪が猫を迎えに行った時に
「これが、家の猫か?!」と思うほど、10日間の間に肥って見違えたと
言います。
猫もご多分に漏れず人間と同じ様に「ストレス」を被るのでしょうね。。。
姪は自分の飼い猫を見て本当に驚いたと言ったそうです。
人にも「やけ食い」をする人が有ると偶には聞きます、やけ食いは
結局は肥満の元の様です。

姪に引き取られて自宅に戻ったこの猫ちゃんは、元々の環境にほっとして
のんびりと暮らしていると聞きました。
次第に、見違える程の肥満も解消されて快適に家の中で過ごして
いるとかです。
猫も狭いゲージの中では,食べる事でストレス解消していたのかも?
知れませんね。







シクラメン〜 (^_-)-☆

秋のハローウイーンが済む頃から「シクラメン」の花が出始めます。
気持ちの上では「シクラメン、綺麗だなぁ〜」と感じています。
然し、考えてみればもうその頃から「一年」が終りかけているのです。
季節が変わる度に花も変わって来ます。
シクラメンを見たから、もう直ぐ「クリスマス」と感じます。







感じている間は、まだ年の瀬も迫って来ていません。
シクラメンが咲き出したら、この一年も「終わり」と考えた方が宜しいかと。
このシクラメン、思えば長い期間楽しませてくれます。
私は僅かな場所に外でも大丈夫な
『ガーデンシクラメン』植えて楽しんでいます。
寒さにも強いので安心しています。

昨日、所用で出掛けた先で歩行中に雪が舞い始めました。
この調子だと厚手のダウンコートは暫く手放せません。
平年ですと、もう今頃は少し薄手のダウンコート着ていましたが
今年はまだまだ冷え込みます。
ご近所の奥さんは何時も
「風邪気味で、調子が悪い」とこぼされます。
風邪を引き寝込む事は出来ない私です、気を付けています。

もう2月の下旬、シクラメンも終わりに近いかな?







今年は行かなかった〜(^^♪

国府宮のはだか祭が来ると「春が近い」と感じています。
今年はどうしても時間が取れず出かける事が出来ませんでした。
地元稲沢市のCATVが初の生放送をすると言う事で話題を
呼びました。
何時も特集を組む放送局も有りますが、完全生中継は画期的な
事でしょう。




今年は行かなかった国府宮のはだか祭、昨年の画像から。↑↑↑

何故画期的な事かと?言えば
祭りのクライマックスとなる夕暮れ近くその年の『神男(しんおとこ)』が
もみ合いをしているはだか男の群れの中に「生まれたままの姿」で
飛び込んで来るからです。
放映禁止部分が間違って『報道』されたら、大変な事になってしまいます。
この『神男』は群集の中に飛び込んで来た瞬間から、周りを囲み『神男』を
安全に難追殿(なおいでん)へ引き上げるまでガードしなくてはなりません。

はだか祭は毎年、旧暦の1月13日に開かれます。
今年は2月22日でした。
正式名称は『難追神事(なおいしんじ)』です。奈良時代767年頃に原形と
される神事が有ったとされています。
参道や境内で裸男達がもみ合う現在の姿になったのは江戸末期と
されています。
神男は毎年志望者を募り、くじで選ばれます。
この神男に自分の「厄」を貰って貰い、厄を神男に背負って貰う訳です。
背負った厄は祭りの翌日未明の
「夜難追(よなおい)神事」で土に埋められます。

厄をはらい、自分や家族の健康を願いかなりの遠方からも参拝者が
訪れます。
迷信と言えば迷信でしょうが、厄を祓い元気に暮らせたら嬉しいです。







万作が咲いて〜(^^♪

毎日寒いですね!!
最近は自分の時間が思うように自由になりません。
理由は兎も角として、何となく多忙で一日が過ぎて行きます。
先日僅かな時間を見つけて、一番交通の便利な「ランの館」へ行きました。
既にご存知の様に、一人で遠方まで出かける事は危険だし
やはり近場の「ランの館」が行きやすいし近くなので安心です。





2013年の万作。↑↑↑

その日アジアンガーデンに「万作が咲いていますよ〜」と
スタッフに教えられ、早速その場所に行き撮影をして来ました。
鶴舞公園には万作でも「支那万作」と言う種類の万作が有りますが
鶴舞公園まで今年は出掛ける時間が有りません。
これから先、立春を過ぎたと言うのに
『第一級の寒波』がやって来ると天気情報では伝えています。
支那万作は昨年枯れた葉っぱを、枯れたまま付けた状態で
花を咲かせます。
何とも不思議な光景ですが今年は撮影に出掛けられるか?
微妙な状態です。

春の花達が次々咲き出してはいますが、これから「第一級の寒波」とは
一寸残酷ですね。
自宅の椿には蕾が付いていますが、その蕾は寒さの精で中々
咲き出しそうな気配が有りません。
一体、この寒さ何時まで続くのでしょうね〜。







エンジン〜(^^♪

昨年末、遠くの物が見え難くなり、遠くが見える眼鏡を作りました。
所がパソコンや読書の時は、近く用の眼鏡が必要です。
描け変えては、描けかえてはいましたが、中々眼鏡の度に自分の眼が
馴染みません。
そんな状態なので、乗用車の運転も控えていました。
数えてみたら驚くほど長い時間「エンジン」を掛けていません。







これでは、バッテリーも上がってしまいかねない、と考え
エンジンを掛けました。
その間家の中で用事をしていましたが、そちらに気をとられて
エンジンを掛けてある事をすっかり忘れていました。
エンジンは順調に稼動していましたので、それは良いのですが
何かと何かを同時にし始めると、一方を忘れてしまいます。
エンジンを掛けたまま、どれ位の時間が経ったのか?判りません。

はっと、気が付いてエンジン止めました。
何だか、恥ずかしい事ばかり仕出かしていますが
その内に「忘れっぱなし」になってしまいはしないかと?そちらの方が
心配になって来ました。
自分の足腰も丈夫でなくてはなりませんが、乗用車も時々は乗って
運動させないと駄目ですね。。。







出てくる言葉は〜(^^♪

何方とお目に掛かっても今年は出てくる言葉は
『寒いですね!!、身に滲みますね!!』です。
そうなんですね〜、もうとっくに済ませた豆まき、その翌日から春なんですが。
暦の上では「春」なのですが、風がとても冷たく感じられて、寒さを増幅させます。
少し高いビルが寄り合って建っていると、独特の「ビル風」に襲われます。







小学生の頃、決まってこの頃になると盛んに歌っていた小学唱歌
『早春賦』を思い出します。
昔の唱歌の歌詞はとても綺麗な言葉を使っていましたね〜。

春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす  歌は思えど
時にあらずと  声も立てず
時にあらずと  声も立てず

氷解け去り   葦は角ぐむ
さては時ぞと  思うあやにく
今日も昨日も  雪の空
今日も昨日も  雪の空

作曲:中田 章
作詞:吉丸 一昌

私は最近亡くなられた作曲家、中田喜直氏の歌曲が好きでした。
やはり親子の感性は受け継がれるのでしょうか?
中田 喜直氏の父上が中田章氏と記憶していますが。

最近のお子さん達は、ニューミュージック系の人達の作詞作曲の
作品を好んで歌っています。
それは、それで時代の流れで已むを得ませんが純粋な日本の
情景を詠った「早春賦」など、もっと歌われても良いと感じています。
何もかも、国際化の波に飲まれる事は無いと思っています。

早春賦、春を待ちわびる今の私の心を代弁していてくれる歌です。







同級生と〜(^_-)-☆

サークルの集まりの日、会が終ってから、暫くは撮影には出られないと
思い、知り合いの人の乗用車に同乗させて貰い「ランの館」まで行きました。
相変わらず常連の方は来て懸命に花を描写していらっしゃいます。
私は久し振りに出かけましたので、色々聞かれました。
『何処か悪かったの?』と。
私は何処も悪くは有りませんが、親族に一人体調不良の子が居て
撮影どころではなかったのです。







このブログを継続するにも、何か画像が必要です。
何かを持ち合わせて居ないと困る時が出てきます。
大分重いですがカメラを持って出かけ、思いついた時に撮影して置けば
安心です。
一つの事だけで外へ出かける事は殆ど有りません。
食事の為の材料も必要ですから、取り揃えます。
自然に手提げ袋は「満杯」になって行きます。

沢山の荷物を持っての帰り際、確かに同級生と思う人の横顔を見ました。
彼女は杖を使い、足元が危なっかしく見受けられました。
声を掛けようと思い後ろまで行きましたが、何方かとご一緒でしたので
そのまま通り過ぎました。
先回お目に掛かった時は、ふくよかでとても美しく装って居ましたが
何時の間にか、心なしか痩せて豊かな御髪も少なくなり別人のようでした。

一度葉書を出そうか?と思っています。
彼女は最愛の「ご長女」に先立たれ、悲嘆のどん底の日々を送っていました。
美しい人は何時までも美しい人で有ってほしいと心から思いました。
足が痛い事は行動半径を狭めます、まさか杖を使わなくてはならない
状態とは想像していませんでした。







おしゃべり〜良いですね!! (^^♪

何の意味か意味不明ですが、クスリ!!と笑える様なジョークを
真面目な顔して話される知り合いの方がいらっしゃいます。
決して人様を誹謗・中傷をなさる様な内容の事はお話になりません。
真面目な顔をして、何気ない穏やかな言葉の中に独特の人間性を
感じています。
クスリ!!でも、ニヤニヤでも良いのです。
楽しい雰囲気で有れば私は大歓迎です。







そんな、意味深な事を書き込んで・・・。
私は他愛も無いふんわりとした然し本質を捉えたその方のジョークが
私の心を動かします。
本当に楽しい一時を大勢の方々と過しながらチラリ伺う社会風刺??
そんな楽しい時間を過していましたが
実は先回の書き込みの通り、我が家の主戦力の「オイルファンヒーター」が
ダウンしています。
その事を解決しなければ、風邪を引いて寝込んでしまいそうに寒い我が家です。

薄暗くなりかけの街中を歩いて最寄の地下鉄駅へ。
思い切って名古屋駅方面へ行き、ファンヒーターを探しました。
有りました!!有りました!!
ファンヒーターの最需要期は「12月」であったとの事で
『在庫一掃処分セール』の最中でした。
係りの人に「何故こんなに安いの?」と尋ねました。
今期の商品を完売したくて思い切った「ダンピング」をしているとの事でした。

私は寒い部屋で着替えをしたくなくて、係りの人の説明を聞いて
即座に購入しました。
帰りはタクシーにヒーターを積んで貰い、その日から早速使用開始です。
寒さには我慢出来ない私の慌てぶりが判りますよね〜。
おやまぁ〜、楽しかったお喋りと壊れたファンヒーターと何の関係が
有ったっけ?!
頓珍漢な書き込みも時にはご愛嬌で。。。







何処からでも良いから!! (^^♪

口に出したくは無いですが、寒いですね!!
昨日も日中最高気温は「10℃」未満。
朝からオイルファンヒーターの調子が余り良いとは言えませんでした。
何か灯油くさい臭いがして来て、中々点火してくれません。
その時は余り考えもしませんでした。
何処からでも良いから早く春になって欲しいです!!





春よ来い!!

一旦ファンヒーターを消して、刈谷市まで所用で出かけていました。
辺りは真っ暗になり、帰宅したら午後7時を過ぎていました。
外を歩いて来た体はいい加減冷え切っています。
早速ファンヒーターを「オン」にしました。
所が何度スイッチを入れなおしても、灯油の臭い煙が出るだけで一向に
点火してくれません。
困りましたね!!
このヒーターが無いと私は頼りにしていた暖房器具なので慌ててしまいます。

色々考えた所、購入して約5年が経過しています。
そろそろ「寿命かな?」と思いましたが、何とかその夜だけでも温まりたいと
必死になりました。
然し、灯油のくさい臭いだけで「点火」しません。
私はもう諦めました。
何処かの家電メーカーが言っていた通り『電化製品は5年で買い替え』させろ。
やはり、5年持てば寿命と言う事かなぁ〜?と。

エアコンを2台稼動させても大した温かさは来ません。
まだ、寒さの最中なので風邪でも引いたらそれこそ大変です。
閑を見つけて「オイルファンヒーター」のお値打ち品を探しに行こうと
思っています。
やはり「5年サイクル」は当っているようですね〜。
ダイソンの暖房器具、使おうと思ったら電源を入れるコントローラーが
紛失して有りません。
これにも困り果て。。。(-_-;)







初めての電子メール〜(^^♪

先日一寸した連絡事項が有り、始めてミズーリー州に住む息子の所へ
電子メールを送信しました。
息子は『お母さんのメルアド知らない!!』と言い出す始末に少し驚きました。
渡米してから、現地でパソコンを購入したのか?私が思っている程
回線の調子が良くないと嘆いていました。



5-4
ミズーリー州の里桜らしい?桜です。昨年撮影してきました。↑↑↑

先進国の筈なのに、おかしな話だと感じていました。
連絡には葉書か封書での手紙を出すしか無いと思っていましたが
最近次男が「メルアド判ったよ!!」と言って教えてくれました。
お互いに緊急の場合は電話が掛かりますが、そうでない場合は
電子メールが一番便利です。

どの回線が一番相性が良いのか?随分手間取ったようです。
アメリカならば、何処でもパソコン通信は容易く出来ると思っていた私です。
でも、住む場所に依って思う様に行かないようでした。
転勤して、半年以上経過して漸くパソコンが使える状態になり少し安心です。
今年の日本は『寒い!!』と言って知らせましたが、息子の居る所は
昼間でも「マイナス」気温の日が有るといいます。

一体どんな所なのかな?と思いますが、寒いと言ってもこちらは日中が
マイナス気温になる事は殆ど有りません。







結婚式〜(^_-)-☆

実家の弟の息子が結婚式・披露宴を開いて早くも1週間が過ぎました。
何かお祝い事が有ると嬉しい気分になります。
人の家の事は「あっと」言う間に過ぎて行きます。
考えてみれば、人の家の事では有りません自分の暮らしぶりも
「あっと」言う間に一日が過ぎてしまいその積み重ねが『日々』なのです。




次のお目出度い結婚式は何時頃かな?

結婚式の後、休憩してお喋りをした妹や弟夫妻。
会えば・寄れば話に夢中になる私たちですが、これと言って突飛な
話題は有りません。
今度は皆と、何時会えるのかな?と思うと、会ったが最後延々と
お喋りが続きます。
もっぱら男性陣は私達女性陣に押され気味で静かです。

私達兄弟姉妹には、こうした楽しい場面ばかりでは有りませんが
お互いこれからは若くなる事は有りません。
気持ちの上で支え合って生きて行こうと話し合っていた所です。
妹や弟達とは何時かは別れなくてはなりませんが、それまでは寄り添い会って
暮らして行けたら心強いです。
まだこの先お目出度い結婚式も有る筈なので,お目出度い事を楽しみに
暮らして行きたいです。







暫くは静かに? (^^♪

新年を迎えたと思ったら、デパートの最大の収益源のバレンタインデー。
世の中の慣わしは恐ろしいもので、商魂逞しいデパートの戦略に乗って
しまいます。
若い女性が圧倒的に多いチョコレート売り場。
有名パテシエのブースは大変な人だかりです。
離れて暮らす息子達には、数年前までは「親・チョコ」を渡していましたが
最近は自然消滅です。







そういえば、昨年のバレンタインデーにはスイスのチョコレートを
幼馴染の男性に渡しました。
入院中で治療に出かけて会う事が出来ませんでした。
メッセージを添えてテーブルに置いて帰って来ました。
既に末期がんを患っていた彼は、それでも私が会いに出掛けた事に
感謝の言葉とチョコレートのお礼を電話で述べました。

あれからもう一年が経ちました、実に月日の経過は早いですね。
彼は4月23日に旅立ちました。
一年前のバレンタインデーの事と、幼馴染の彼の事を思い出していました。







パン屋の訪問〜(^^♪

先日夕暮れ時に家の前で車を止めて、自家製のパンを販売して行った
若い男性が有りました。
薄暮の時間では有りましたが、あまり味の自慢をするので買ってみました。
物好きと思われるかも知れませんが、物は試しと思い買ったまでです。
味自慢の筈のパンは、私が思っていた様な、私の好みでは有りませんでした。







実はこれで3度目の訪問になるのです。
2度目も「家は要りません」と言って断りました。
今回は早朝にやってきました。
インターフォンを鳴らして「パンを買って下さい」と言いに来ました。
まだ、寝ぼけ眼の私は再度
「家は要りません」と断りました。

遅い時間か、早い時間に来てくれては実際の所私の気分も乗りません。
インターフォンであれば、顔を合わせる事無く断れます。
今の時代、昔のような「振り売り」はあまり歓迎されないようです。
それより自分のお気に入りの物を買ってくれば、何も文句は有りません。
どんな工場でパンを造っているのかも判りません。
今は寒い時期なので余程大丈夫と思いますが、真夏の暑い時期に
色々なパンを車に積んでの販売は、衛生面で一寸心配ですね〜。

何度でも買ってもらえる、本当の意味での「味自慢」の
パンを売って下さい。







置きぐすり〜(^^♪

以前は奈良方面の薬屋さんが、私の家の『置きくすり』を
扱っていました。
所がバブルが弾けて、何となく不景気になり始めた頃からその
くすり屋さんの様子がおかしくなりました。
長年付き合って、家庭の常備薬はそこのくすり屋さんを信頼して
使っていました。
少し高目の値段設定でしたが、生薬が主でした。







咄嗟の時に使う薬、息子達が時々学生時代に「のみ会」に参加する時
悪酔いを避ける為必ず持たせていた「生薬」が有りました。
とても便利でしたが、どうも廃業をしたのか?親子で巡回していましたが
或る時期からパタリと消息が途絶えました。
長い時間そこの置きぐすりの箱など置いて有りましたが、思い切って
処分しました。

それで、置き薬は一時何も無くなりましたが、最近近郊に営業所をもつ
くすり屋さんが新規に「置き薬の箱」置かせて欲しいと頼みに来ました。
やはり、緊急を要する時には必要と考えて薬箱を置いて貰いました。
若い男性ですが、息子達の学校の後輩に当ります。
年齢は大分違いますが、近所には彼の同級生も住んでいます。

まぁ、安心な人なので「置き薬」の件は解決して良かったです。
この地区の事は熟知していますので、時々点検方々来て貰えます。
何も使っていなければ精算は「0」です。
昨年12月、どうしても体調不良で彼に電話をしました。
近くを巡回中でしたので直ぐに私の症状に適した生薬を持って来て
くれました。
あの時は助かりました。
備え有れば憂いなし〜〜ですかね。。。







寒いけれど〜 (^^♪

立春を過ぎても寒さは一向に緩みません。
それでも自然界の花達は次の季節を察知して新しい春先の花を
咲かせてくれます。
あぁ〜、やっとクリスマスローズが咲き出した!!と寒さの中
一瞬嬉しさがこみ上げてきます。
単純ですが、そんな事を思う日々が続いています。







最近又「リサイクルショップ開店の為、商品が不足しています」
と言う内容の電話が掛かります。
商品は充分揃えてから「開店」すれば良いのに、なんて準備の悪さ!!
そこで電話の主は話を切り出します。
「指輪一個でも結構ですから譲って下さい、高嶺で買い取ります」と。
こんな内容の電話ばかりです。

指輪一個の為に態々他人の家を訪れる商売は、碌な事は有りません。
私は全てこうした類の電話はお断りをしています。
「金が高値です、何かあるはずでしょう!!売って下さい」と尚押し捲ります。
確かに金は高騰していますが、売る気は全く有りません。
『私は貧乏な暮らしをしていますから、金製品は一つも有りません』と
断りました。

何時も同じ「フレーズ」で電話してきますが、声や話し方が夫々
違います。
知らない人からの電話は全て「お断り」が一番でしょう。。。
知らない人から、何かを狙われている様で嫌な気分がして来ます。







季節外れですが〜(^^♪

何故かこの日はかって流行した
井上陽水の「少年時代」の歌詞を思い出していました。
歌手には夫々好みは有るとは思いますが、男の子を育てた私は
この「少年時代」を歌う井上陽水が意外に気に入っている事を
知りました。
今更何を?と言われそうですが〜。





季節外れですが、の薊を。↑↑↑

*夏が過ぎ風あざみ だれの憧れにさまよう
    青空に残された 私の心は夏模様
    夢が覚め夜の中 長い冬が窓を閉じて 呼びかけるまで〜〜〜。

以下省略しますが何時も子供達が色々な音楽を聴いていた中から今でも
記憶に残っている私の好きな歌の一つです。

息子達の従兄弟に当る子が今苦難の道を歩んでいます。
病と闘っていますが、年も近く寄れば兄弟のようにして付き合って来た子です。
生まれて来て、物心付いてから「親」と寄り添って生きられるのは数えて見れば
ほんの僅かな年月でしか有りません。
甥が闘病生活に入り3年以上が経過しています。
色々思い出す時、多感な少年時代・適齢期になった頃溌剌として居た事を
思い出します。

井上 陽水の「少年時代」が重なります。







もう直ぐこんな景観が〜(^^♪

余り寒いので何時か撮影した「川津桜」と「ルーセント タワー」の
写真を掲載します。
それと言うのには少しばかり嬉しく・お目出度い話が有ったからです。
ルーセント タワー」の最上階には結婚式場と披露宴が出来る
洗練されたスペースがあります。
昨日、私は実家の弟の長男私にとっては甥に当る子がめでたく結婚式を
挙げました。
地上40Fにその会場が有り、殆ど名古屋市内を見渡せます。





ルーセントタワー、40Fが結婚式場でした。お洒落な空間は私もお気に入り。↑↑↑

二人の門出に相応しい良い天気になりましたが、寒い事だけが
我慢出来ない日でした。
今の時代、生涯結婚をしない男性もかなり有ると聞いています。
甥は決断するのも早く、年の差「8歳」の若い女性と結婚しました。
健康に恵まれ仕事には大変熱心です。
二人とも某有名自動車会社の社員で、この先色々経験を積み二人で
世界に飛び立って行って欲しいと感じました。

職場の人達、友人、親族に祝福されての結婚です、山坂有っても
お互いに思いやりの精神で乗り越えて行って欲しいと思っています。







うなぎ登り!! (>_<)

立春は過ぎましたが、一段と厳しい寒さに晒されています。
言いたくは無いけれど「灯油」の値段が見る見る値上がりです。
「元売りが高くなって・・・」と石油店の主人は言い訳をしています。
勿論急激な円安に触れた事も原因でしょうが、情け容赦の無い
値上げ攻勢です。




寒さで凍てつく葉牡丹。↑↑↑

とうとう、灯油1ℓ「102円」になってしまいました。
暦の上では春を迎えていますが、日中の気温が「4度」は寒いです。
2月中、こんなに寒い日が続くかと?思うと憂鬱になってしまいます。
風邪を引いて体調不良の人の話も良く聞きます。
インフルエンザの予防接種をして有るから、絶対「大丈夫」とは言えません。
今暫くの我慢が必要かと思いますが、真冬並みの厳しい寒さには
気持ちが折れますね。

中部地区ももう直ぐ中国からの黄砂の時期です。
今年は中国も最悪の大気汚染に苦しんでいます。
偏西風に乗って黄砂が来る事は判っていますがあの大気汚染は困ります。
この先、マスクが必要となるのかしら?と心配です。
花粉飛散し始めています、花粉と中国からの大気汚染物質が
重なってしまったら大変な事になりますね〜。







最近見かけないなぁ〜 (^^♪

今回掲載の花は「アマゾン リリー」と言う名前の花です。
2011年1月に撮影しています。
昨年も注意をしていましたが見かけませんでした。
若しかして今年は見られるかな?と楽しみにしていましたが
一月も既に過ぎてしまいました。





今年も見る事が出来なかった「アマゾン リリー」です。↑↑↑

もう一度見たい花ですが、中々見る事が出来ません。
この淡いブルーにひきつけられるようにして、長い事眺めていた
当時の事を思い出しました。
そして綺麗に撮影出来るか判らないまま無謀にも撮影に挑みました。
世界には数え切れない種類の花が有りますので興味は尽きません。
見れなかった!!と、思うと余計見たくなるのが人の心理かも
知れませんね。

この花は咲いていた頃と言えば、もうとっくに一ヶ月以上遅い
時期となっています。
今年も見れなかった「アマゾン リリー」ですが、今はこの花の
ご機嫌が悪いのでしょうか?
何時か、もう一度見たい花です。







昨日の朝の事〜(^^♪

昨日の朝の事です。
何となく気分が優れず起床時間も遅れていました。
風邪の引きかけかな?と思ったりしましたが、一向に咳なども出ません。
そんな時、まだ着替えもせずに、ウロウロしていた所にユーパックを
届けに来た人がいました。







「困ったな!!」と思いましたが、一旦インターフォンで在宅を
確認しています。
雨も降っていることだし、二度三度来て貰うことは気の毒に思い
「体調不良で休んでいますが〜」と言い訳をしてガウンのまま玄関先まで
荷物を受け取りに出ました。
余り気分が優れない日なのでゆっくりしていた所、こうした宅配の人が
訪れます。

どんなに体調不良でも、平服に着替えをしておかないと恥ずかしい思いを
してしまいます。
ドアのチェーンをつけたまま、無様な姿をドアの陰に隠して
「認印」だけは押しました。
実はこの日にはもう一件大切な用件が控えていましたが、そこには
午後に「行く」と返事をして置きました。
或る買い物をカード決済にした所、お店の店主が支払い額を間違えて
金額を打ち込んでいました。
連絡を前の日に貰っていましたので、その事を解決しなくてはなりません。

間違って打ち込んだ金額は私にしてみれば「卒倒」ものです。
ベテランの店主でもこうした間違いは時として起こるのですね!!
携帯電話の番号を知らせて置いて良かったです。
お互い信用が第一です、私もカードの
「お客様控え」の金額欄を見ずにしまいこんだ事も良くない事でした。







100円突破か? (^^♪

この所急激な円安が進み、石油の輸入価格が高騰して来たと言います。
毎年の事ですが、円高の時でも新年を境に石油は高くなる傾向でした。
円高の時には、確かに輸入する価格も安かったとであろうと、思いますが
業界の慣わしの様にして「値上げ」をして来ます。
今年になり、自宅で使う「灯油」が1ℓ4円の値上がりをして
とうとう「100円」になりました。






今年は一月の平均気温も昨年より低く、寒さも厳しかったです。
幾ら節電をしようと考えても、自分の健康を害してまで節電は出来ません。
一度風邪でも引けば、医療費は掛かるし諸々大変です。
1ℓ「100円」の灯油は高いとは思いますが風邪を引き寝込むより
暖かくして、栄養を摂り暖房費用は多少嵩んでも已むを得ない事と
思うようになりました。

灯油を使わない様にするには、自宅に居ない事に限ります。
自宅に居なければ、居ないで何処かで確かに「灯油」を買う以上に
金銭を使っているかも知れません。
家に居れば暖房費が嵩みますがそれ以外は使いません。
よくよく考えてみれば、人は生きて行く上で必ず生活を維持する
最低限の経費は掛かるのですね〜。
今は家に篭り暖房費を使うか?
外出して何かに経費を使うかの、どちらかでしょう。。。







何か悲しい〜(-_-;)

最近息子の同級生の母親とちっとも会う事が出来ません。
私の自宅からはかなり北の方向に住んでいます。
自治会は違いますが、学区は同じです。
小学校時代から義務教育の中学まで同じ学校に通学した次男です。
彼と次男はとても仲が良い友達で何時も一緒に行動をしていました。







私は自分の事で精一杯、彼のお母さんと道でお目に掛かればお話はしますが
態々出掛けてまで会いに行く事はありません。
息子達も成人して夫々の道を歩き出し、学校時代の仲良しも頻繁には
会う事が出来なくなりました。
「sumikoさん、**君のお母さんの事ご存知ですか?」と他の方に聞かれました。
私は最近お目にかかっていないことを告げました。
「やはりご存知無かったのですか〜」と言いました。
私は心配になりお尋ねしました。
「あのね〜、あの方脳梗塞で倒れられて、そのショックでお父さんが
 記憶が途切れてしまい、あそこの家大変なのですよ・・・」と。

親しかった方がそんな事になって居ようとは思っても居ませんでした。
そこのお父さんは、自分の家が判らなくなり
「他所の家の前に立ち尽くし」入ろうか?どうしたら良いのか?判らない
状態で誰かが見つけて家まで連れて行くのだそうです。
息子の同級生は両親が急に二人とも不安定になってしまい、さぞ困って
いるだろうと思います。

息子の世代も親の看取りとか、介護とか色々生活に変化が
出て来ています。
私はまだ次男にこの事を話していませんが、お父さんの記憶が
途切れる問題は二人暮らしをさせるには過酷です。
そんな話を聞かされて、何かとても悲しい気分になりました。
お父さんの記憶が途切れていなければ、お母さんの介護も出来ますが
一寸辛い状態です。







節分会〜(^^♪

寒い、寒いと言いながら1月も過ぎてしまい、節分を迎えました。
何となく疲れ気味で、行こうか?どうしようか?と迷っている事が有りました。
何となく「疲れたなぁ〜」と感じた日は何もしたく有りません。
行こうかな?と思った所へも、結局は何となく腰をあげられずずるずると
テレビとお友達で過してしまいました。







最近寒さの精も有ってか、外を歩く事も自然に億劫になりがちです。
こんな事ではいけないと思いつつ、暖かい部屋で怠けてしまいます。
暦の上では「春」となりますが、それでも節分が来てあちらこちらで
「豆まき」が行われると気分的には明るさが出てきます。
外へ出るのが億劫で、今年は近くの
「大須観音」の節分会の参詣も行かずに、家で篭っていました。

これから三寒四温を繰り返しながら、本格的な暖かさがやって
来るでしょう。







ショルダーバッグを忘れて!!2 (>_<)

先日私がうっかりしてショルダーバッグを忘れてしまった事
書き込みました。
実はその時パーティー会場のレストランの支配人が私のバッグを預かり
取りに来た私に直接渡して下さいました。
ここまでは、本当に私の「うっかり、ぼんやり」で起きた事でした。
その時一緒に渡された何方かの「義歯」も「忘れ物」として渡されました。

その義歯は或る先輩の方に託しました。
私も「うっかり・ぼんやり」でしたが、義歯を忘れた方はきっとお困りでしょう。
私の所へ、先輩の方からパーティーの時の人の並び方を聞かれたり
誰と、誰が同じところ辺に居たのか?詳細を尋ねられました。







何かの拍子にご自分の口から落ちてしまったものと推測しています。
私のバッグは戻りましたが、何方かわかりませんが「義歯」が無くて
お困りでは?ないかと気に掛かっています。
私は今の所一本も義歯は使っていません。
先輩の方は、パーティーに参加した人全員に「電話連絡をしたい」と話して
居られました。

先輩の方から何度も携帯に電話が有りましたが、乗用車の運転中であったり
墓の掃除中であったりして、結局電話が繋がったのが次男夫妻と
イタリアンレストランで昼食中の事でした。
人が集まると言う事は、幾ら注意をしていても、思わない事が発生します。
「義歯」の持ち主が早く判ると良いですね〜。
偶然、この書き込みをお読みになり「クスリ」と。。。
でも、これは笑うに笑えない真面目な話なのですから。







骨付きの・・・(-_-;)

最近はどちらかと言えば魚類を好んで食べているのですが
冷凍庫の肉類も少しずつ処分して行かなくてはなりません。
思いついて「骨つきのハム?」加熱して食べる事にしました。
一度では食べる事が出来ません。
それより「骨つき」の物はいい加減肉を剥がすのに時間が掛かり
途中で「もう止めようか?」とも思いました。







「止めようか?」と思いましたが、折角時間を掛けて加熱したので
何とかしたいと頑張りました。
少しずつ肉を剥がして食べてみましたが、確かに美味しいです。
若い時の様に「肉」を体が要求しなくなっている事は確かです。
知り合いとのランチタイム、その時も私は「揚げ物」は出来るだけ
控えてしまいます。

これで冷凍庫の「骨つき肉」は何とか骨から肉を剥し近い内に
肉は刻んで「野菜炒め」でも作ろうか?と思っています。
何だか見た目は「豪華」ですが、骨付きの肉は食べるまでに
「骨」が折れました。







とうとう2月!! (^^♪

新年に変わって、早くも今日から「2月」です。
昔から年齢が高くなるほど「時が早く過ぎる!!」と聞かされて
居ましたが、全くその通りです。
一ヶ月の間、新年「おめでとう、おめでとう!!」と、会う人毎に
言っていましたがその時期も過ぎました。






2月は28日しか有りません。
また早く過ぎて行きそうな気がしています。
カレンダーを見れば、結構予定で埋まっています。
予定通りに行けば
「健康な」証拠ですね。
今の所、風邪も引かず普通のコンデションを維持していますので
後一踏ん張り、健康に気を付けて春が来るのを心待ちにしたいです。







livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ