おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

October 2014

年賀葉書発売日〜(^^♪

平成27年の年賀状の発売日がやって来ました。
昔は近くの郵便局で「予約」をしておかないと、手に入り難い年賀状。
ここ2〜3年の所、区の大きな郵便局の配達の人が予約を取に自宅へ
来てくれます。
と、言うより、配達の序に「私から購入して下さい〜」と言い出します。
大きな郵便局の職員には相当な「ノルマ」が課せられているかに
思いました。




2011-01-21 015-v_500



書面を送り「お願い」するより言わば「対面販売」の方が強い感じです。
配達の序に「年賀葉書」を持ってきてくれますので有り難いです。
当然その場で「現金払い」です。
一年に一度の遠く離れた人達への「挨拶」として送り続けていますが
相手の方から「一筆啓上」してあると、とても嬉しく思います。

ですから、私も簡単な言葉で「一筆啓上」を実行しているつもりです。
早いですね、つい先日平成26年の年賀状を作成したばかりに思いますが
今年もその季節がやって来てしまいました。
まだ年賀状の背景など完成はしていません、これからですが何とかして
滑り込みたいと思って居ます。

今はメールでの「年賀状」が早くて便利なのか?若い人達の年賀葉書離れが
報道されています。
確かにネットの活用術は私達世代には難しさを感じる面もあります。
それよりも自分で考えた「私だけの」年賀状を、お付き合いのある方々に
お送りしたいと思って居ます。

真っ白な「年賀葉書」が届けられ「今年も終わったなぁ〜」としみじみ
感じた次第です。





8893c0ab.gif

コーヒーブレイクで〜(^^♪

歩き疲れて、時々友達と休憩したい時などコーヒーショップに入ります。
「何を頂くの?」と聞けば夫々自分の好みのコーヒーを頼みます。
或る人は必ず「アメリカン」と言います。
どんな風に普通のコーヒーと違うのかな?と思って居ました。
一寸だけアメリカンの方が高いお店も有りました。
友達が曰く
「アメリカンは使う豆が違うようですよ〜」と言います。




030-k_500



「あぁ〜そうなの?」と言って私は自分が好きな「カプチーノを
頼みます。
これも店によって値段も多少ばらつきは有りますが「好きだから」頼みます。
所が昨日「寿司ランチと贅沢コーヒー」のイベントに参加してみて
コーヒー販売専門店で「本当においしいコーヒーの楽しみ方」を
教わりました。

まぁ〜余り他のお店の営業妨害になる様な事は言いたくないので言いません。
ミルクを入れたり砂糖を使うコーヒーは「本当の純粋な豆だけで」は
無いらしい事も判りかけました。
色んな国で栽培されたコーヒーが置いてありましたが「試飲」では
ミルクやお砂糖は一切使わない「ストレート」でした。
それがスッキリとした味でとても美味しく「目から鱗」の感じでした。

一番のハイライトは
INDONESIA KOPIL LUWAK という珍しくて、とても高価なコーヒーを
試飲させて貰えた事です。
スッキリとした味で、一般的なコーヒーショップのコーヒーの味に慣らされた
私には「衝撃的」な味でした。

このKOPIL LUWAK は東京の某ホテルでは「一杯5500円」で頂くのだそうです
そこまでしてそのコーヒーを頂く気は有りませんが「試飲」させて貰い
至福の時間を過ごしました。
色んな国で栽培されたコーヒーの生の豆をその場で焙煎して貰えます。
これまで「面倒」と思い沢山のコーヒーをまとめ買いしていましたが
賞味期限は14日しかないと聞かされ期限切れの豆に困っています。

一寸だけ知識を得てこれから自宅で美味しいコーヒーを入れてみたいと
思う様になりました。
そうそう、豆が違うから少し高いと思って居た「アメリカン」ですが豆の種類が
違うのではなく「焙煎の仕方が浅い」のだそうです。カウボーイが好んで
呑んだコーヒーで彼らは長時間眠る事が出来ません、従ってカフェインの
強い「浅煎り」のコーヒーを大量に飲みカウボーイの仕事に励んだのだそうです。
それで「アメリカン」と言う様になったのだそうです。

KOPIL LUWAK のお話は又の機会に・・・。




8893c0ab.gif

冷えて来ましたね〜(^^♪

次第に空気が冷えて来ました。
回覧板を回す為お隣の家のポストに入れて置きました。
何度も ベルを鳴らしましたが出て来られなかったからです。
いやいや、朝は冷えましたね。
爽やかで過ごし易い「秋」を楽しまないまま直ぐに寒くなり灯油を
買おうか?どうしようかな?と迷った一日でした。




021-f_500



北海道・札幌では既に雪が降り朝の気温は「0度」との事。
寒さに慣れたと言うものの、急激な気温低下は冬の厳しさを感じます。
ご近所の人達はまだ暖房は遣って居ないと言われます。
まだ10月。
今年の灯油の値段はやはり高嶺で始まるのかな?

寒ければ暖房、暑ければ冷房と何も無かった昔の事を思えば
随分贅沢になってきたものですね。
何時まで我慢が出来るのか?それはまだ判りませんが出来れば
暖房は一日でも遅く使い始めたいです。
嫌だなぁ〜、これからどんどん寒くなってきます。

インフルエンザの予防接種もしておかないと、風邪で寝込んだら
大変な事です。
手洗い・嗽を徹底させる「冬の風邪の時期」が訪れます。
何時まで暖房無しで過ごせるか?それも関心事ですが我慢して
風邪引きになっては元も子もありません。

やはり近い内に暖房は遣い始める事にするかも知れません。





8893c0ab.gif

早くも一ヶ月〜(-_-;)

9月27日午前11時頃、突然爆発が起きた「御嶽山」です。
本格的な山登りを一度もしたことが無い私は、あの日好天に恵まれ
絶好の登山日で有ったと思って居ます。
多数の人達が「御嶽山」に行っていた事は判っていますが、頂上に
あれ程の人が居た事で大変な被害者がでてしまいました。
早いものであれから「一ヶ月」が経過しました。




198-g-500



3000m級の山は下界に比べれば想像以上に寒くて軽装で出掛けた
人達もかなり有ったと思います。
先ず爆発後の御嶽山へ来る若い女性の姿を見て驚きました。
もう、この時は登山禁止されていましたので過去の映像であったかも
知れません。
5合目か6合目まではバスなどで行けるとの事で、ミニスカートにヒールの
あるパンプスで簡単に登山を試みようとする安易な服装でした。

それだけ人気も有り、親しまれていた「お山」と言う事になりますがその姿で
頂上まで行くつもりだったのかな?と考えると怖くなります。
例え本格的な登山はしていない私でも、山の裾野を歩く時は頑丈な
スニーカーで出掛けます。
「御嶽山」の頂上に居た人達は写真で見る限り「登山用」のルックスでした。

色んな考えの人達が出掛ける「御嶽山」ですが、今回の爆発程「恐怖」を
感じた事は初めてです。
他の山でも爆発は時々有りますが、御嶽山はこの地区では身近な
山なので余計犠牲にられた人の事も「噴石の恐怖」もより身近に思えます。
年齢層の幅が広い犠牲者の方々でしたが、思えば楽しみな登山が
一瞬にして暗転命を落とすことになり、それが悔やまれます。





8893c0ab.gif

組長の仕事?〜(^^♪

時々配布物が廻って来ます。回覧板も廻って来ます。
今年は組長を引き受けていますので、離れた場所のマンションの最上階に
住む人の所に「資源回収日」の登番用の立札を回さなくてはなりません。
ここのマンションはかなり古い建屋なので、エレベーターが無く自分で
最上階まで階段を上り下りしなくてはなりません。




001-o_500_



このマンションが出来た当時は「立派だなぁ〜」と思いました。
戸建て住宅に住んでいる私には階段を自力で上る事が一寸苦痛でした。
新年度4月からこのマンションに「資源回収日」の立て看板を届けて
居ました。
i例の右膝骨折の為余り自由に歩けず階段には手すりも無い為とても不安でした。

何時頃からか新しマンションにはエレベーターが設置される様になりましたが
平生は余り付き合いの無い所なのでこのマンションへ来るのもそれ程
多くは無いと思っています。
脚が十分に動かない状況の時は困りましたね〜。
住んでいる人は小学生を抱える若い世代の人です。

また今月も「資源回収日」の立て看板を持って行かなくてはなりません。
一度階段から転落したり、歩いていて脚の膝骨折などを経験すると
階段は苦手となります。
でも、立て看板はそのマンションに回さなくてはならないので、行って来ます。





8893c0ab.gif

墓参り〜(^^♪

一寸遅くなりましたが自宅のお墓詣りに出掛けました。
当日は本来ならばイベントが予定されていましたが墓参りの他に
墓に関しての相談事が有りましたので已むを得ずイベントは
欠席する事となりました。
イベントは私も大変興味が有る名古屋の花柳界の芸妓さん達の
お座敷芸を見せて貰える良い機会でしたから惜しい事をしました。
でも、考えて見れば自宅の「墓」に関する事の相談はこれも
機会を逃す事は出来ずこちらを優先しました。




238-u_500



墓守をする事は残された者の務めとして「月に1度」は墓の清掃と
墓石の清掃はしなくてはなりません。
幸い次男夫婦はこうした祀りごとに関しては大変熱心にしてくれます。
まだ夫の母が亡くなった当時は私一人で命日の日は「墓参り」を
していました。

思えば当時は当然現在より若く元気も良かった時代です。
墓参りをした序に母の実家に立ち寄り夫の叔父夫婦と世間話をして
帰宅したものです。
それが最近では墓参りが済んだら直ぐ「12時」になってしまいます。
次男夫婦も一緒に出掛けますので一の宮市まで戻り彼らの贔屓に
しているお店へ昼食をしに出かけます。

贅沢な食べ物屋さんでは有りませんが、常に駐車場は待たなくては
なりません。
恐らく同じような店が名古屋市内にも有りますが連れて行かれる所は
味も良いし、値段もお手頃なので人気は抜群です。
味噌煮込みうどんのお店ですが名古屋市内と比較すれば殆ど半額です。
味噌は伝統の宮内庁御用達の有名店の物を使用しています。

墓参りは私に取っては今は殆ど一日仕事になってしまいました。
今近くにいる次男夫婦と相談しながらの事ですから話はしやすいです。




8893c0ab.gif

一息して〜(^^♪

自分の予定が次々と消化される中もう一つの私のささやかな趣味として
クラシック音楽を聴く事です。
愛知県下には複数の「交響楽団」が有りますが矢張り長年聞き続けてきた
「名古屋フィルハーモニー」の演奏が身近で親しみが有ります。
一年の内8月は「夏休み」で定期演奏会も有りません。
楽団の人達もリハーサルやら自分のレッスンやらできっと多忙であると
思います。



愛知県芸術劇場コンサートホール玄関を出た所からの眺め。↓↓↓
2013-01-25 040-t_500



以前の演奏の事を思えば最近は見違えるほどの技術の向上を
感じます。
日本にはまだまだ優秀な交響楽団は幾らも有るでしょうが地元の楽団が
良い演奏をして貰えればフアンにとっては嬉しい事です。
一人でも多くの人が演奏会を聴きに出かけ、音に親しむ事は良い事と
感じています。

迫力ある交響楽団の演奏を聴けば恐らく脳は活性化され活発に働くのでは?と
勝手に考えて居ますが本当の所は判りません。
これまでに聞いたことが有るものは勿論ですが知らなかった作曲家の
作品を聴くことによって現代のクラシックの傾向を何となく知る事も
出来る様に感じています。
一年の間に11回の演奏会は楽しみです。

これも自宅から近い所に「愛知県芸術劇場コンサートホール」が有るので
大変恵まれて居ます。
ポピュラーな歌手の公演に出かけたとします、生の声を聴く訳ですから
私が出掛ける定期演奏会の値段と比較が出来ない高さに感じます。
夫々の好みで選択して出掛ければそれはそれで結構な事と思います。
元気な内に若いころ聴くことが出来なかったものを、遅ればせながら
今楽しんでいます。





8893c0ab.gif

銀杏の黄葉を聞く〜(^_-)-☆

カメラを持って稲沢市・祖父江町の銀杏の黄葉を撮影に
出掛ける事が年中行事の一つになっています。
祖父江町は私の祖母の実家が有る所です。
あの周辺は昔から屋敷の中に殆どの家で「銀杏」を植えていました。
大昔、火事が有った際この銀杏の木のお蔭で類焼を免れたと言う
言い伝えが有り銀杏はとても大切にされています。




114-n_500



祖母の実家にも「大きな銀杏」が有り、実が落ちる頃は銀杏の木の
下には行かない様にと言われていました。
つい先日の事に思われますが祖母の実家も色々な人間模様が有り
私が知らない人達が暮らすようになっています。
唯一父親の「従姉妹」が高齢ですが比較的健康に恵まれて住んでいます。

そんな事も有って子供の頃見た銀杏とは違い、今では年に一度の
「銀杏まつり」が行われる様になりました。
祖母の実家からは少し離れた寺院がその祭りのメイン会場になって
いますので大変な人出です。
昨年は電話を貰いましたが、風邪引きで体調不良で行かず。

まだ10月の下旬ですが、今年の銀杏の黄葉の進み具合を「又従姉妹に
電話をして尋ねてみました。
今はまだ銀杏の葉っぱは「青々」としているのでもう少し時間がかかります。
一度乗用車で出掛けましたが大昔の儘の道路の幅ですれ違うのも
大変苦労をしました。

それ以後名鉄を利用して出掛ける様になりましたが、その方が
安心です。
時の移ろいが早くて次々と撮影したい物が変わって来ます。
今年は又従姉妹に会えるかどうか判りませんがやはり出来れば
会いたいです。





8893c0ab.gif

感けた日〜(^^♪

何だかいろんなことが済んでしまったら気が抜けたように
終日ぼんやりと過ごしていました。
偶にはこんな日も有っても良いのでは?と自分勝手に決め込んで
何時もの様に着替えもしたくなくて・・・。
誰かが訪問してきたらどうしようか?とも考えましたがやはり気楽な
部屋着で過ごそうと「怠け者」を決め込みました。




117-v_500



お天気も良くないし予定も無いし外出の目的が何もない状態です。
無理をして態々の用事を造り出掛ける必要も無いと思ったからです。
誰かと話をしたいと思えば電話をすれば良いだけの事ですがその様な
事も有りません。
偶にはこうして時間を無駄にする様な過ごし方も心身の休養になる筈です。

本来ならば予定の無い日に「美容院」へ行き髪を整えて貰う時期です。
でも、お天気は良くないし「何時でもいいから・・・」と考えが変わり出掛けない
事にしてしまいました。
お天気が回復するのは何時頃なのかな?
今月は予定が立て込んで部屋の花の活け替えもしていません。

お天気が回復したらお花を買いに出かけたいです。





8893c0ab.gif

漸くの事で〜(^^♪

10月に入り何となく慌ただしい日々が続いていました。
忙しい、忙しいと言いながらまた一時体調が不安定になった時期も
合った中何とかクリアー出来ました。
写真サークルの作品展を愛知県美術館で行いました。
芸術の殿堂と言われる「愛知県美術館」で作品展を行い参加できた
事は私の生涯の思い出になるでしょう。




066-z_500



講師の先生の熱心なご指導のお蔭でこうした作品展が出来て
仲間の人達とも強い絆で結ばれています。
作品展は成功裏に無事終わりました。
「打ち上げ」をしようと言う事を誰からともなく発案されて10月21日の
夕刻から先生への感謝の気持ちも込めて有志で集まりました。

作品展が終わり一区切りをつけて、また来年への期待を篭めて
仲間と「杯」を挙げました。
来年はもう少し「写真らしい写真」が撮れる様に私なりに取り組んで
行きたいと思って居ます。
デジカメは旅行先で大失敗をしてしまった苦い経験が私の原点です。

テクニックも何もないまま、気ままに撮っていた私ですがJASSクラブで
良い先生に巡り会えた事でカメラ弄りも本格的?になりました。
何でも夢中になれる事が有ると言う事は「幸せな事」と感じています。
先生の熱心なご指導にも拘わらず、自分の「殻」を破れず相変らずの
画像ばかり提出しています。

目に見えた進歩と言える様な事は有りませんが、サークルの人達との
関わりが何とも楽しく、金銭では買う事が出来ない心の財産に
なりつつあります。
「打ち上げ」がお開きになってから何となく集まる本音で話せる
何人かの人とのコーヒータイムは楽しかったです。





8893c0ab.gif

おわら風の盆〜(^^♪

9月3日から5日迄「おわら風の盆」は地元で行われました。
全国からフアンが大勢出掛け活況を呈したとの事です。
私達が「風の盆」見物に出掛けようとすれば、意外に体力的に
きつく今では現地まで「行こう」と言う元気は有りません。
幸い名古屋市内で「おわら風の盆」の踊り手さんや脇を務める
伴奏の三味線・胡弓・太鼓などの人達も来ていました。
本場の人達の歌や伴奏は生演奏の心地良い響きが有りました。
名古屋・東別院の境内で行われましたが、生で見る踊りは
初めてなので男性・女性の所作に見とれていました。



080-d_500



優雅に舞う女性達、手の先まで女性らしさを表現し身のこなしは
とても綺麗でした。
男女とも深く「編笠」を被り特に女性は殆ど踊る時の顔の表情は
見る事が出来ません。
見られない踊り手の顔を「見てみたい」と思うのが一般観衆の本音です。

初めてこの踊りの撮影に出かけた私は「場所取り」に失敗してしまい
何となく同じ方向からばかりの画像で各場面自分で「移動」しながらまた
アングルを変えながら撮影をするべきと気が付きました。
こうした事も頭に入れて撮影に臨まなくては本当の事が判りません。
若し、来年も見られる様であれば来年は今年の轍を踏まない様に。

勿論本場へ出掛けて撮影することが一番の理想ですが一寸「遠い」
気がしています。





8893c0ab.gif

或る夕方の事〜(@_@)

気温が急に下がったと言っても今は一番過ごし易い時期です。
朝から比較的スケジュールが立て込んで居た日です。
市内で所用が有る時は乗用車で出掛ければ駐車場の事を考えなくては
ならず、つい徒歩で出掛けてしまいます。
朝から忙しく予定通りに所要を済ませていましたが矢張り全て済んだのは
夕方暗くなってからの事でした。




019-g_500



帰宅の途に就き地下鉄に乗りました。
何となく沢山歩いたなぁ〜、と考えて居ました。
後僅かで家に帰れると思いながら座席に腰かけていました。
所がふとした事から「一瞬」居眠りをしていたらしく次に停車した駅は
私が下車する駅から二つばかり乗り越して居ました。

そんな筈はないのに・・・と思いましたが、確かに駅を二つ乗り越して
しまって居ました。
気が付いた所で下車すれば「向こう側」のフォームまで移動しなくては
ならず、それも億劫になり「島形」のフォームの所まで乗り越しました。
反対側へ電車が来ますので下車してそのまま循環線「左回り」を待ちました。

何だか本当に間抜けな事をしてばかりで、恥ずかしいのですが仕方ないです。
待つこと5分余りで電車は来ました。
以前は1区乗り越し、気が付き慌てて下車、階段を上り下りして反対側の
フォームに行きましたがこれが意外に面倒でした。
その経験があり少し余分に乗り越しましたが「楽ちん」な事をしました。

いやぁ〜ですね、こんなことが度々有るなんて。
朝から立て込んだスケジュールだったので、思わず居眠りをしていたのです。
疲れていたのでしょうね。
もう眼一杯のスケジュールは止めにします。
お蔭で予定の帰宅時間より約20分程遅くなりました。





8893c0ab.gif

交通費の件〜(^^♪

急激に気温が低下し夏の気分は一掃されました。
お祭り有り・芸術作品展有り・催事は目白押しですから多忙になる事は
必然かも知れません。
もう10月の半ば、気が付けば来年の年賀状の作制に取り掛からないと
間に合いません。
気が気では有りません。
何とかかんとかして、息子達にも頼まず一人で頭をひねっています。
思えばここ数年、物凄く時の経つのが早くなりました。
他の同年輩の方々も皆さん同じような事を仰います。




077-a_500



私が行動する市内の交通費は実費に換算すると大変な額になります。
私の友達は殆どが名古屋市外の人達が多いです。
近鉄や名鉄を利用し尚且つ名古屋市営の地下鉄にも頻繁に乗車しています。
名古屋市近郊は静かで環境はよろしいですが、交通費が全て「実費」は
大変な事です。

私は実費支払の交通費は、名古屋市から県外や近郊に出る時に
限ります。
交通費の事は気にせずに外出していますが、元気で医療費を
使わなければ交通費を免除してもメリットは大きい様に思います。
従って名古屋の高齢者は家に引きこもる事無く元気に外出です。

年金受給年齢になると交通費は一部「受益者負担」と言う事で収入に
見合った料金を支払えば年間を通して「乗り放題」です。
友達が名古屋へ出て来るには私鉄の費用が「往復1000円」です。
お茶を共にしたり昼食を共にしたりしていますが楽しもうと思えば
かなりの負担が掛かって来ます。

それでも「会いたい」と言って予定が無い日曜の夜などは
「ご飯一緒に食べようか?」と話し出します。
名古屋市内へ出て来るだけで余分な交通費が掛かり「大変だなぁ〜」と
私は思います。
元気に自力で歩ける所謂「健康寿命」を何とかして持続したいですね。





8893c0ab.gif

コスモス畑〜(^_-)-☆

街中のコスモスは「あっと」言う間に終わってしまいました。
何だか今年の秋は快適な「秋の日」が少なかった様で市内のあちらこちらの
公園もコスモスの終わりは早かったです。
それが、とても残念でしたがTvのCMを見ていたら「なばなの里」では
こすもすとダリアまつりが開催中と知り友達と出掛けました。
市内ではとても見られない多くのコスモス、お手入れも大変ですが
入場料金を取り営業していますので「まずまず」の咲き方でした。




273-u_500



お互い多忙な中を縫って出掛けますので終日コスモス畑に居る事は
出来ません。
日没も早くなり直ぐ暗くなりますので急いで撮影です。
入場料は要りますが矢張り「撮り損ね」て後々まで後悔するより出掛けた方が
良いと思っていましたから、広大なコスモス畑に会えただけで満足でした。

一寸惜しかったのは、もう少しで年末の「電飾」が始まる前でした。
その「電飾」を待っていれば、当然コスモス畑は見られませんので、コスモスには
ギリギリの所で会えました。
コスモスにも色んな種類があり一つずつ見ていると興味津々です。
でも、時間が無くて余りゆっくりとは見ておれず足早に見学・撮影をしました。

一寸季節の歩みが早すぎる気がしないでも有りませんが、色んな年が
有るようです。
準備中だった年末の電飾は今年も楽しみにしています。
これから一層夜は気温がさがりますので、多分電飾の頃は厚いダウンの
コートを来て出掛ける事になりそうです。





8893c0ab.gif

花水木〜(^_-)-☆

桜が終わると次に咲き出すのが「花水木」です。
今年は花水木の当たり年と思う程沢山の花を咲かせてくれました。
狭い植え込みですが一年を通して僅か一本の木で季節の移ろいを
感じて季節を楽しめて「花水木」は大変お徳用?花木と思います。
今は赤い実が出来て綺麗です。
毎年の事ながらこの赤い実が出来てくると、直ぐに年末になって
しまいます。




042-y_500



まだ葉っぱは充分に紅葉はしていませんが一部緑から赤く
なりかけています。
近所にはつい先日まで秋には赤い実を付ける「ピラカンサス」が
有りましたが家屋の持ち主が変わりピラカンサスは伐採されました。
周辺の見慣れた樹木も無くなり少しさみしい気持ちがします。

ここ暫くの間に家の周辺の景観も随分変わってしまい食べる「実」が
亡くなった為か?小鳥の囀り聞こえません。
多分餌の無い所には鳥たちも寄って来ないのでしょう。
花水木も真っ赤な葉っぱに変身して葉っぱが落ちてしまいます。
真冬は枯れ木だけになって一寸の間淋しい感じです。

然し、節分を迎え次第に春らしさを感じる様になると、またまたその年の
花の咲き具合が気になりだします。
毎年そんな事の繰り返しですが、結構一本の木で楽しませて
貰って居ます。
正しく「年年歳歳花相似たり」ですね。





8893c0ab.gif

知らない間に〜(^^♪

昔から住んでいる近くの人達の顔ぶれが次第に少なくなっています。
それに引き替え、どこの出身か?余り判らない海外からの人達が
多くなりました。
肌の色が若干浅黒い感じの人達や頭髪を隠したネッカチーフを
着けた女性の姿等、周りの様子も変わって来ました。
中国系の人もかなりいる様です。




2013-10-24 150-r_500



同じ町内のマンションに住むフィリッピン出身の女性ですが
一度結婚を破棄して来日、チャッカリと日本人男性と再婚しています。
彼女には何か国もの血が混ざっていて今の顔つきになっていますが
元々の祖先はスペイン系の先祖と言います。
今は何代も結婚を繰り返し、西洋人の面影けが全く有りません。

来日して以来働き続けてフィリッピンの母親たちに仕送りをしています。
日本人のご主人は何も妻のしている事には干渉しないのかな?
色々考えると海外の女性と結婚して本当に「悔いは」無かったのか?
仕送りと前夫との間に生まれた何人もの子供たちは「戸籍」はどのように
なって行くのか私には判りませんがッややこしい事です。

前の夫との子供まで日本に呼び寄せているとの噂も有ります。
母親が日本人の男性と正式に婚姻をした時その子供たちの扱いは
どんな風になるのでしょうね?
居心地が良いから多分日本に来たがるのだと思いますがそんな人が
知らない間に町内では増えています。

こうして、昔から住む「地の人」は少なくなっていくのでしょう。
昔は子供さんの顔を見れば、大方「**さんちの子供さん」と判りました。
今はそんな具合には行かない時代です。





8893c0ab.gif

気温の低下〜(^^♪

台風が去ったと思ったら日中は台風の時と殆ど変らない風の強さ。
良く吹きましたね〜。
風が強い分寒さを感じてしまいます。
北海道はまだ10月半ばと言うのに積雪が有り寒い日であったらしいです。
それにしても本州は気温が下がったと言っても夏日やそれに近い
高温の所も出て来て居ます。
そう言えば昨日地下鉄のフォームで「ダウンジャケット」を来た男性を
見かけました。




065-z_500



日にちを追って自然に冬向きの衣服になって行くとは限りません。
そんんな姿を見ていると、季節的に「まだ早い」と言った事を今は全く
考えなくなったのでしょう。
まだほんの「夏の隣り」位の感覚でしか有りませんが、矢張り体に
当たる風邪は「冷たい」です。

これまでは「紫外線と冷房対策」で来ていた薄手のコートですが
もう寒さに耐える素材の物に変えないといけません。
ずっと天候不順で、本当の所「何を着て良いのか?」判らない日も
有りました。
夏物はまだそのままで、気温が急に下がってくれば「重ね着」をするか
何かの対策を講じなくてはなりません。

昔風に「衣替え」など全く出来ない状態で困ります。
子供の頃はしっかりと「衣替え」を守っていましたが今は全く違います。
早い話が、先日まで「冷房」を使って居ましたが「暖房」が近い内に
必要となって来ます。
はっきりとしt季節の変わり目が無くなりましたね〜。
急に気温の低下が始まり、「爽やかな秋」を飛び越え「冬」ですかしら?





8893c0ab.gif

連続の台風で〜(@_@)

愛知県美術館の一角で開催できた私達の「合同作品展」は
作品搬入の日も台風に見舞われウロウロしました。
搬入をして展示するまでには本当に参加をしてみないと判らない
難しさを体験しました。
主な事は作品展に慣れたベテランの方達が頑張られます。
足手まといにならない様に、補助的な事しか私達女性には出来ません。
絵画の人・書道の人・写真の人と合同で開催した作品展でしたが
大勢の方々のご来場を頂き「愛知県美術館」で開催出来た事は運が
良かったと思います。




2011-10-01 042-n_500



10月13日までの会期となっていましたが、13日は「大型台風」の
襲来で午前11時で作品展は中止として、作品の撤収に掛かりました。
作品を照らしていた「証明」も撤収30分前に光を落として撤収の準備です。
自分の作品は兎も角として、良い場所で作品展が出来て良い思い出に
なりました。

台風さえ来なければ午後も開催していた筈でしたが、天候不良では
何ともなりません。
街中も台風の情報を聞いてか?人出はまばらです。
こうした行事をして友達同士次第に仲良くなれるのですね〜。
参加して作品を展示した人達は、皆さん明るくにこやかな表情です。

アマチュアですが、発表の場が有る事に大変な「意義」が有ると感じます。
企画なさって、準備に懸命になって下さった講師の先生には心からの
感謝の気持ちをお伝えしなくてはなりません。
何だか昨日の書き込みとは随分違いますが、それだけの違いが
有ると言う事です。

撤収の日が台風と重なってしまいましたが、私には充実感が有りました。
人は夫々と言いますが、本当に比較する訳では有りませんが
集まってくる人達の資質が違うのですから「夫々色々違って」当然でしょう。





8893c0ab.gif

人は夫々・・・〜(?_?)

台風が来るとの事なので野菜と果物を買って帰る事にしました。
昨日は朝から気忙しく、もう一つの作品展の「作品入れ替え」の日と
なっています。
搬入の日は「氷見市」のワイナリー見学の日となっておりこれは以前からの
約束なので行かない訳には行きません。
当然料金も支払い済みなのですから・・・。



DSC_2246-x_500



作品搬入の日に欠席した私は作品入れ替えの日だけは行きたいと
思い友達の乗用車に同乗させて貰いました。
何だか変ですね〜、私の欠席が気に入らないのか?マネージメントを
している男性は「嫌味を」言いました。
お山の大将「僕一人・・・」そんな印象です。

夫々事情が有って搬入の日に出掛けなくても、良い年をした大人が
「嫌味を」言う事は私に取っては余り気分が良いものでは有りません。
最後の日の「打ち上げ」は当初は出席の予定でしたが気持ちが変わり
欠席する事にしました。
友達も同じで、最終日は出掛けず、他の日に作品だけを取りに行くつもりです。

搬入の日「昨年も出て来なかった」と言いましたがそんな事は有りません。
自分の曖昧な記憶だけで、また思い込みだけで発言されては
私は当然気分を悪くします。
当たらず、触らず、挨拶だけして後は「口を利かなければ」済みますが
人を「束ねる事」を知らない人は、考えて見ればコンプレックスの
裏返しなのかな?





8893c0ab.gif

台風に泣かされる〜(@_@)

カメラサークルの作品展は後二日間で閉会となります。
作品の搬入日は台風の一番酷い日と予測されていましたが
何とか天候は回復しました。
無事会場の設営も会員さん達のご努力で立派に出来上がりました。
全員が当番の日が決まっており夫々が、決められた日に階上に
詰めて来場される方々の受付などをしていました。




022-j_500



扨、撤収の日は10月13日ですが、また「これ以上の台風は無い」と
言われる大きな台風が本土目掛けて進んで来ています。
東海地方は情報に依ると、10月13日頃が一番危険な状態に
なるらしいです。
予想を外れてお天気になって欲しいと願っています。

撤収した作品は大雨や強風が吹こうと自宅へ持ち帰らなくてはならず
今から気に掛かって居ます。
最悪、地下鉄で最寄駅まで来て、駅で客待ちのタクシーで自宅へ
戻ればそれが一番良いかな?と思って居ます。
大雨の日に限ってタクシーが居なかったりして・・・。

この所の土曜日・日曜日、お天気に恵まれません。
何だか変ですね〜。





8893c0ab.gif

元気だよメール〜(^^♪

このブログで最近携帯電話の使い勝手に戸惑っている事を何度か
書き込みました。
事実未だに新しい機器に慣れる事が出来ず苦心をしています。
これまでの機器と違い今回私の健康状態「元気度」を息子に毎朝初めて
携帯電話を「開いた時」「元気だよメール」が送信されます。
これは私が初めて設定して「使いたい」と思って設定をしてみたものです。
それでか?最近息子から「お母さん、元気かい?」という電話が
掛かりません。




004-500



まぁ、自分では余り自信は有りませんでしたが手順通りに設定は
することはしました。
今朝早くサークルでご一緒の女性からメールが届きました、
その時初めて携帯電話を開きました。
その「開いた時」に息子の所に「元気だよメール」が送信されていました。

何でもやってみる事ですね!!
メールの「送信歴」の中に「元気だよメール」履歴に残っていました。
因みに一昨日は家に籠っていましたので記録としてはその日の
「歩数25歩」が記録されていました。
息子はこのメールに気が付いているのか?確認は取っていません。

使い勝手が良くない、使い難いと思い込んで居ましたが
ショップのお姉さんが言うとおり「慣れて使いこなす」事が一番大切な
事と言う事が良く判りました。
以前の携帯にはこの「元気だよメール」等は発信出来ませんでした。
新しく作られた機器は便利な機能が盛り込まれている事に感心しました。

まだ使い始めたばかり、この先にはまだまだ便利な機能が有るかも
知れません。
それには時間が許す限り練習あるのみでしょう!!
メカには滅法弱い私ですが、今更携帯電話を放棄することも出来ず
ささやかなトライ、試みてみます。





8893c0ab.gif

着メロは〜(^_-)-☆

外出するときは殆ど携帯電話を「マナーモード」にしています。
最近機器の一寸した不具合から新しい携帯電話に変えました。
一番困ったのは「着メロ」の選択でした。
以前使っていた機器は中々良い音がしていましたが今回の機種は
余り良い音がしません。
そして携帯電話に元々入れてある「着メロ」を何度か聞きましたが
思うのが有りません。




039-s_500



それで妥協してその中から選んだ着メロは「茶色の小瓶」です。
これしか私の好みがありませんでした。
知り合いの人で演歌が大好きな人は、どこかからDLして演歌を
着メロに使っています。
その人の好みなので結構かとおもいます。

携帯電話が使われる様になってまだそれほど普及してない頃に
バスのなか、電車の中所構わず話をしていた人がかなりありました。
最近は地下鉄の中では若い人達は殆どスマホを使い静かです。
偶さかにマナーモードにする事忘れた人が「今、電車の中・・・」と
断って電話を切っています。

私が使っているのは地下鉄の中から電話したいと思っても
「圏外」の表示で出来ません。
携帯電話が無い頃は固定電話でしか連絡が出来ません。
携帯電話が出来てからは「不携帯」でない限り何処に居ても必ず
連絡が取れます。

便利で良い時代になったものと思います。
着メロ「茶色の小瓶」は多分今の若い人達は知らないと思いますが
私達の世代には、とても懐かしいメロディーなのです。





8893c0ab.gif

芸術の秋?(^^♪

偉そうに「芸術の秋」なぁんて題名付けましたが、アマチュア集団の
作品展もあちらこちらで目白押しです。
そのアマチュア集団の作品展、自分達で色々会場設営をしてみると
大変難しい事も判りました。
趣味のカメラ弄りもグループで「作品展」を開くまでになり、教えて下さる
講師の先生の教えが大変貴重なものであることが理解できます。




069-i_500



同じサークルの人には公に話しては居ませんが、今年はもう一つの
カメラサークルの作品展と重なってしまいました。
搬入の日が10月4日。
JASSイベントに参加を決めていましたのでこの作品展の搬入には立ち会えず
已む無く先生にご無理を言いました。10月5日から作品展が始まっています。
場所は守山区四軒家1丁目1567のコーヒーショップ「ぶらっと」です。
毎年この会場で行っていますが最終日は10月19日です。

その間当番の日が有りますがJASSの作品展と重なる為後半の10月15日に
当番を引き受ける事にしました。
予定が立て込んでいる理由は以上の様な事柄からです。
この先生との出合いは数年ほど前になりますが、出来上がる作品は
この先生の意図とされる「和紙」への拘りです。
どの先生も個性は夫々異なりますが良い指導者に巡り会えて良かったと
思って居ます。
芸術の秋、アマチュアで趣味の世界に生きる私達もそれなりに目標が出来て
生き甲斐が出来ます。

私なりの「芸術の秋」を楽しんでいます。





8893c0ab.gif

台風一過〜(^_-)-☆

今年の夏は「冷夏」だとか言われていましたが結構辛い
暑さでした。
そして8月中子供たちが夏休みでのんびりしたい時に皮肉にも
天候は良くありませんでした。
10月に入り先日の台風も何処かへ行き、晴れて気持ちの良い日が
時々出て来ました。
定例の撮影会、今回はリニューアルオープンした旧:ランの館の
「フラリエ」です。
台風一過の好天に恵まれました。




033-u_500



イングリッシュガーデンは殆ど従来通りの木々残り作業をする人も
新しい人達で再スタートです。
夏の様な日差しの中被写体になる植物が何となく少なくて困りました。
入場を無料化した為人は以前に比較して大勢来場しますが
見るべき目玉の花木が無くて困惑気味です。

これでは、幾らショップで稼ごうとしても余りゆっくりとせずに早目に
出てしまいます。
少ない花の植え方に「一度は」出掛けても「二度は行く気にならない」状態と
思いました。
夏の日に輝いていた「カンナ」の葉っぱは今も元気です。


この夏の暑い盛りの頃から元気に頑張るこの葉っぱ。
羨ましいほどの元気さです。
この元気なカンナの葉っぱを見て真夏の日を思い出して居ます。







8893c0ab.gif



予定が立て込んで〜(^^♪

楽しみにしていた「氷見市」のワイナリー訪問も終わり今年の
私の「ビッグイベント」は殆ど終わりました。
何年か前に氷見市を訪れていましたが、当時はまだ今回訪れた
「ワイナリー」は有りませんでした。
私の感覚では日本海の海の色は心なしか色合いが「暗い」イメージです。
知り合いの女性は時々「無性に海が見たくなり」日本海側の海岸へ
出掛けて一日中海を眺め、海の写真を撮り続けて日が落ちてから
帰宅すると言う人が有りました。




062-b_500



今回氷見市を訪れ、海が好きな人の事を思い出して居ました。
その人は今どうしているのだろう?お母さんと娘さんとの三人暮らしで
女手で家を切り盛りしていました。
年老いた母親の生活の介助、娘さんの結婚に関する事など問題が
山積していました。

ワイナリー訪問中もその女性の事を思い出して居ました。
10月はカメラサークルの作品展が予定されています。
愛知県芸術文化センター アートスペースX(BF2)で開催します。
運よくこの会場で作品展が出来る事は私達にとっては大変嬉しい事です。
ワイナリー訪問で「疲れた」と言って作品搬入日に欠席をする事は
許されません。

サークルの人が夫々役割分担をして作品展らしく「作品を並べ」て
頑張ります。
作品展にンれ多会員の方が最終的なライトの当て方等細かな事を
して下さいます。
男性の数の方が多いので女性会員は補助的な仕事を手伝うだけです。

予定も今月は立て込んで来ています。
私は同時並行して他の作品展にも作品を出して居ますので
こちらが落ち着いたら時間を見つけて覗きに行きたいと
思って居ます。
楽しかったワイナリー訪問、既に過去の事となりましたが葡萄畑の
葡萄をもぎ取って食べても良いと言われていましたので
「食べて」来ました。





8893c0ab.gif

富山は遠い!! (^^♪

本当に久しぶりに富山県:氷見市まででかけました。
日本海の見える丘陵地帯に有る「says farm」の葡萄畑
の栽培風景はとても興味が有りました。
例えば日本酒は「お米」から作りますがワインは「葡萄」から作ります。
これまで日本の風土では「葡萄の栽培」に適した場所と言えば特に
有名なのが「山梨県」や「北海道」でした。




013-k_500



今回訪れた氷見市の「says farm」は日本海側でワインつくりを始めて
僅か「7年」と言うまだ新しい会社でした。
ワインについて、詳しくない私ですが、こじんまりとした日本のワインの
元となる「葡萄畑」を見る事が楽しみでした。
葡萄の栽培に適した所ばかりではない為、先ず葡萄を育てる事から
苦労が始まったと聞きました。

日本海側で収穫できる魚介類の美味しさに「合う」ワインを作りたい
と言う事がこのワイナリーを起業した創業者の意向が有ったとの事です。
そんな事から考えれば創業者の人の元々の職業は「魚やさん」である
事にも何か不思議な感じがしました。
日本海側で撮れる(おいしい魚」に合う「ワインを造りたい」その
一心で始まったワイナリーで有った様です。

ワインの事が良く判らない私が、物好きで参加したワイナリー訪問の
バスツアーに参加したのは珍しい事かもしれません。





8893c0ab.gif

久し振りの県外です〜(^^♪

昨年は色々ご縁が有り旅行には海外から近場まで出掛ける事が
出来ました。
今年は色々イベントの企画が有っても私の不注意から右足の膝を
骨折してしまい何ともなりませんでした。
歩ける様になるまでには大分時間もかかりましたがこの度は大分足の
回復もして来ましたので一泊バス旅行に参加をしました。




009-w_500



時間が有れば整形外科のリハビリを受けなくてはならず
その事に時間を取られ個人で旅行をする時間もありませんでした。
思えば昨年は台北への撮影旅行、大曲の花火大会見学、東京スカイツリーと
何度も出かける機会が有り和気藹々の雰囲気でどの旅行も
楽しみました。

こんな企画を立てお世話をして下さる方のお蔭と感謝をしつつ
楽しい時間を過ごして居ます。




8893c0ab.gif

まだ先の事だけれど〜(^^♪

まだ先の事と思って居た羅愛年の年賀状。
色々雑用に追われていると、忘れてしまっています。
けれど日にちはどんどん過ぎて行きますので何か気が急きます。
毎年ワンパターンになってしまった年賀状ですが、自分で絵を描く事も
しない私はつい自分が撮影した写真を使いたくなります。




004-r_500



まだ10月、と言っても余裕を以ってしたいと何時も思うのですが
いざその時が「急に」やってきてしまいます。
カレンダーを覗いてみれば後「一枚と半分」しか残っていません。
日にちが押し迫ってから慌てふためくことは何時もの事ですが今年こそは
余裕を以って年賀状の事考えたいと思って居ます。

一年は本当に早く過ぎて行きますね〜。
これも今思ったことでは無く、生きてきた分その様に思って居たのでしょう。
幼い頃の記憶は定かでは有りませんが、確かに「時間は長かった」です。
時間がながいなぁ〜、と感じる時は最近は全くなくなりました。
時間が足りないばかりの毎日です。




8893c0ab.gif

或る決断〜(^^♪

時々では有りますが地元新聞の他に某新聞社の新聞も購読
していました。
個人宅を訪問して「購読・予約」を取りに来る新聞購読者の開拓をする
人達がいます。
これまではご近所の方も長い事購読していらしたのですが、最近は
以前の様に余りその新聞の事を「褒める」事が無くなりました。




027-q_500



確かに全国紙として幅を利かせていましたが、最近一寸その方向性が
私はおかしいと感じる様になりました。
私が何処の新聞を購読しているのか?息子達は全く知りませんでした。
先日私の所に来た時、新聞の話に花が咲き息子達はそれなりの意見を
私に披瀝していきます。

毎日溜まる新聞紙、資源回収に出すだけです。
町内の子供会が「資源回収」を月に一度してくれますのでその時に自宅
玄関先に出しておけば回収して貰えます。
息子達が学区の小学校に行っていた頃から続いている「資源回収」です。
その頃から「新聞を束ねる」仕事は全て私がしていました。

結構力仕事です。
束ねる事も億劫な時が出て来ました。
「新聞さえ無くなればこの作業は無くなるので、ペーパーレスにしたら?」と
息子夫婦は提案しました。
新聞がどうしても欲しい時は「地下鉄駅」で一部ずつ買えば良い、といいます。

確かに情報源は新聞が無くてもTvやパソコンから取り込む事が出来ます。
今、急にペーパーレスの暮らしにには多少迷いは有りますが何れは
ペーパーレスにしたい気持ちです。
「購読の予約」をしていた某新聞はクーリングオフはとっくに過ぎて
居ますが「もう読まない」と決断してその旨伝えました。

読者が離れて行く現状は恐らく想定内の事と思います。
もう「某新聞」は購読断りましたのでこの先は一切関知しません。
もっと早く決断すれば良かった!!と思って居ます。





8893c0ab.gif

偶然見た個展〜(^_-)-☆

数日前私は或る見知らぬ人の「個展」を見る機会を得ました。
スッキリとした作品群はとても垢抜けしていました。
作品の大きさはまちまちでしたが、中には「アクリル画」も展示して
有りました。
まだ名前が知れていないらしい若い男性でしたが見るからに
穏やかそうな人柄を感じました。




041-b_500



乞われるまま、私は「記帳」して来ました。
本当は個人情報なので余り書きたくは有りませんでしたが彼の
人柄を見て「記帳」する事にしました。
全くの素人ではなさそうな作品を見せて貰い雑談を暫くして来ました。
彼は某・美術大学出身の人で初めて開いた「個展」だったそうです。

手伝いの人も無く、自分で受け付けの机の前に腰かけ何か仕事を
している様でした。
私はすっかり忘れていましたが、一枚のはがきが届きました。
先日、初めての「個展」を見て貰った「お礼」の葉書でした。
スッキリとした「イラスト」が描かれ、手書きで感謝の言葉が書かれて
いました。

これから一人前の作家としての生活が始まります。
手始めに「個展」を開かれたのでしょう。
最近の若い人達は、短い文章を書くことも意外に苦手で相手にとって
失礼にならない言葉を使う事が出来ない人も多いです。
手書きで書かれた文言は、過剰な敬語等は遣われていませんが
感謝の気持ちを伝える事に重きを置いた短文ですが好感を持ちました。

一期一会、どんなご縁が出来るか判りません。
来て貰った人に対して彼なりの「礼を失しない」方法で感謝の気持ちを
伝えています。
私達の」様な素人の作品展とは違い美術を基礎から学んだ人なので
視点が違います、今後が楽しみです。





8893c0ab.gif
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ