おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

April 2015

招待券を貰ったけれど〜(^^♪

数日前の事、帰宅しようと地下街を歩いていました。
何時も地下街では思いがけない人に出会う事が有ります。
その日も「思いがけなく」知り合いの画家の男性とすれ違い
「やぁ〜、暫く元気だったですか?」と声を掛けられました。
「折角会えたのだから、お茶でも飲もうよ!!」と言われお茶を
ご一緒する事になりました。




016-z_500



一見、飄々としたルックスですが、履く靴は何時も「イタリア製」です。
絵をかく人は一般のサラリーマンの様な畏まったビジネススーツなど
着ません。
もう若いとは言えない画家の先生ですが、明るい人柄で知識も
豊富です。

何を話す事も無くお茶を一緒にして無難に「近況報告」です。
「そうだ、sumikoさんに招待券差し上げるよ〜」と言って何枚もの
チケットを渡して貰いました。
それは「乗馬」のレッスンの招待券でした。
「ものは試し、練習に行って来たら?友達も行けますよ〜」と
言われいました。

一度は「乗馬」の体験をしてみたいと思って居ましたので招待券
頂いてきました。
所が期限が「4月30日」までとなっています。
友達を誘うと言ってもGWに入る時期なのでお互い予定が入っています。
「う〜ん、困ったなぁ〜」と感じましたが、私にも予定が有り
思う様に行きません。

まぁ〜、地下街でお目に掛かる事も頻繁には有りませんので
招待券は「頂いてきました」が出掛ける時間が有りません。
期限が迫った招待券は困りますね〜。
又お目に掛かったら「お友達に差し上げました」と話すつもりです。
やはり「角が」立たない様に話の決着はつけないと〜、と思います。
嘘をつくことになりますが「嘘も方便」お許し有れ・・・。





8893c0ab.gif

アオスジアゲハ〜(^^♪

最近では自宅の付近では殆ど蝶々を見かけません。
昔はそうでは有りませんでしたが最近では真夏でも滅多に
見かける事が有りません。
昨日自宅の植え込みに突然「アオスジアゲハ」がやって来ました。
本当に珍しい事です。
何も知らずに戸外へ出てみて、ひらり・ひらりと飛んでいる蝶を
見かけたのです。




007-j_500



カメラなど持っていませんでしたので、慌ててカメラを取に
部屋に行きました。
「どうか、暫く花に止まっていて!!」と祈りながら・・・。
急いで蝶が飛んでいた「花水木」の周辺を見てみました。
まだ居るじゃぁりませんか!!

嬉しくなりましたね!!
動きが早くて高い枝の蝶々を撮影するには苦戦しました。
「どうか、もう少し・・・」と思いながら必死に蝶の姿を追いました。
じっとしている間は少なくて、羽を動かしては次々枝から枝、
花から花へ移動します。

はるさきの蝶々は特に動きが「活発」で油断はできません。
暫く立ち戻ってくるのを待ったりして時間を費やしました。
幸先よく今年は春にアオスジアゲハに会えて良かったです。
カメラを始めてこの春先に出会えたのは考えて見れば
初めての事でした。





8893c0ab.gif

急な気温の上昇〜(^^♪

昨日はどうしても街へ出掛けなくてはならない所用が有り
午後2時過ぎに自宅を出ました。
急に春を飛び越え「夏」の暑さになり体がついて行けません。
4月なのに「25度超え」は急な気温の上昇です。
街中を行く人達も夫々自分の体調に見合った服装で歩いています。
若い男性は既に真夏の服装「半袖のTシャツ」姿です。
元気な若い女性は「ノースリーブ」のブラウス姿です。




349-h_500



そうかと思えば4月は日本の和服は「袷」の季節。
これだけ暑くては「袷」の和服での外出は一寸苦しそうです。
因みに衣替えして良いのは「6月1日」からで、それまでは幾ら
暑くても決まり事として「袷」でしょう。
それに引き替え、洋装の場合は「気温に合わせ」自分が快適に
思う服装が許せるので合理的かも知れません。

驚いたのは中部地方が25度以上で急な暑さで戸惑っているのに
北海道の一部では「30度超え」の気温。
日本列島は一体どうなっちゃったんでしょうね〜。
北海道の30度超えは異常な暑さですね〜。
時に依ってはまだ4月は北海道では「暖房」が要る時も有る様で
「驚き」ですね。

冬の間着ていたセーター類を洗濯したいと思い取り出してあります。
??何枚あるのかな?とこれから洗濯する為の袋に入れました。
セーターはクリーニングには出しません。
お天気が良い内に纏めて洗濯をしようと思って居ます。
暫くは冬の間に着ていた衣服の洗濯に追われそうですが頑張ります。
薄手のウールのセーターはこの先の「梅雨冷え」で要りますので
残しておきます。

ダウンコート・セーター類等など、私のクリーニング代のケチケチ
作戦の始まりです。





8893c0ab.gif

うっかりしてた!!〜(>_<)

本当にうっかりしていました!!
私は名古屋フィルハ^−モニー管弦楽団(通称:名フィル)の
年間会員に登録しています。
月に一度位は「生の演奏」を聞きたくて会員になっています。
年間8月を除いて11回ほどの「定期演奏会」を行い年間を
通しての「チケット」も既に代金は支払い済みです。
平成27年度に入り4月24日が今年度の初めての演奏会でした。




126-z_500



それがですね〜、それが私の失念から気が付いた時には
演奏会の日時が過ぎていました。
何とした事でしょう!!
予定表に書き込まなかった事が「間違い」の原因だったようです。
演奏会が済んでから気が付き「チケット」はそのまんま封筒に
入ったままです。

昨年は脚の骨折が有り何度か定期演奏会は欠席しました。
今年は・・・。
最初から躓いてしまいました。
5月の定期演奏会は忘れない様にしたいです。
あぁ〜、残念な事をしました。。。





8893c0ab.gif

デパ地下の喧騒〜(^^♪

昨日午後、どうしようかなぁ〜?と迷っていた事が有りました。
明日にしようかな?とも思いましたが思いついたら早く片付けよう。
その様に考えて出掛ける事にしました。
デジカメ教室で初めて自分のフォトアルバムを作る事になり
色々講師の先生のお世話になりました。
私のアルバムが出来上がり早速郵送して下さいました。
1月に誕生した実家の弟の孫の画像も2枚ほど挿入されていました。




051-x_500



弟の孫は「三つ子ちゃん」です。
私のアルバムに一味違った被写体が入り私が「カメラを楽しむ」様子が
よく判ります。
三人が一緒に授乳している画像は、それだけ親族が多く関わると言う
賑やかな光景となりました。

アルバムの複製を依頼しようと家電量販店のアルバムのコーナーへ
行き、伝票を見せました。
まだお店にはメディアが残っており無事に複製を作る事が出来ました。
かなり時間が掛かり帰宅の時は午後7時頃でした。
「あぁ〜、面倒だなぁ〜」と思い駅のデパ地下に立ち寄りました。

こんな時間にデパ地下に居た事が無い私は売り場の喧騒に驚き
これが「閉店間際の戦争かぁ〜」と感じました。
某有名料亭の「折箱」も値引きで販売に必死です。
殆どがこの時間になると「3割引き」は当然の様にして完売を目指します。
それでも売れ残った商品はどの様にするのでしょう?

「3割引き」はどの様に考えても大きいです。
初めて知ったデパ地下の閉店間際の「喧噪」ですが、考え方に
依っては「お買い得」な時間帯です。
アルバムの複製を依頼しなければデパ地下の閉店間際の騒がしさも
見る事は出来なかったでしょう。





8893c0ab.gif

宅配の人達〜(^^♪

月曜日と金曜日は宅配の人達が来ます。
午前中はそのために自宅を空ける事が出来ません。
然し、已むを得ない所用が有る時は必ず連絡をして置きます。
大した物では有りませんが一応契約している為必ず訪問します。
余り多くの物は受け取れませんが「付き合い」程度です。
この日も昔は定期的に来ていた乳製品の販売の女性が偶さかに
ご機嫌伺い方々やって来ました。



今年遅まきながら初めて撮った「西洋シャクナゲ」です↓↓↓
287-y_500



若く見えますが「3人」のお子さんのお母さんです。
重い荷物を積んで、自転車を走らせてやって来ます。
久し振りの訪問でしたので色々話が有りました。
この先紫外線が強くなる為「UVカット」のクリームを依頼しました。
化粧品も販売しているのです。

これ以上多くの人の出入りは私が疲れてしまうので化粧品の
販売の係りの人には来てほしくない為彼女に「無理」を言いました。
折角「ご機嫌伺い」に来て貰いながら何も購入せずには居れないので
野菜ジュースを少しだけ買いました。
「UVカット」のクリームが手に入ればまた来てくれる筈です。

私は大抵現金払いですが、お客の中には代金を「溜める」人も
かなり有り困っています。
「年金が入ったら払う」と言う約束でも中々支払って貰えないと
ぼやきます。
支払えなければ「買わなきゃ」良いのですが宅配が
「来る」「来ない」で近所の人の眼が違うと言う人も有るそうです。

でも、支払えないのに「宅配」来て貰うのも変な話です。
彼女が想像するのに「ささやかな見栄ですね〜」と。
近所の動向をチェックするなんて私は思いもつきません。
宅配の人も「支払」が滞ると苦労です。
働くお母さん、若いから出来るのですね〜。





8893c0ab.gif

美容院で〜(^^♪

人の頭髪は一ヶ月で凡そ「1cm」は伸びて来ます。
それで私も一ヶ月に一度くらいのペースでヘアーのカットや
多少の手入れはして貰います。
多少の手入れとは、大したことでは有りませんが「トリートメント」を
して貰う事位です。
何時も行く美容院はスタッフの指名は出来ず、どのスタッフに
当たるか?判りません。



白い花水木、現在自宅で咲いています。↓↓↓
028-q_500



この日私は「美容院は女性専用」と思って居ましたが
今はヘアカラーをする男性も、カットだけする男性も分け隔てなく
受け入れています。
男性が大勢の女性に混じって「ヘアカラー」をして貰っている姿は
一寸見慣れない光景で一瞬見取れていました。

当然女性と違い顔つきも浅黒く体型もがっしりしています。
多分他のお店より値段が安いから来るのかな?と思いました。
勿論、私は値段が安くて技術も程々に良いので出掛けています。
男性専用の理髪店でヘアカラーと一寸したウエーブを付けて貰うと
確実に一万円を超えると聞いています。

私達の祖父や父は昔の人なので多分美容院では頭髪の
手入れはして貰わないだろうと思いました。
子供の頃は私は女の子なのに「坊ちゃん刈り」にされていました。
これは「男の子が欲しくてたまらなかった祖父母」の意向でせめて
頭髪は「男の子」に見て貰える姿にしたかったらしいのです。

そんな頃は必ず祖父が私を連れて贔屓の「床屋」へ行ったものです。
美容院でシャンプーを待つ間、ヘアーカラーをして貰う男性を
眺めながらそんな遠い昔の事を思い出して居ました。
時代が変われば色々変わるものだと実感しました。
男女差別なく受け入れる美容院、やはり時代の推移を感じました。





8893c0ab.gif

今年の牡丹〜(@_@)

何故か昨年は一つも花が咲かなかった自宅の牡丹。
今年は花芽が出来て何とか順調でした。
所が、開花寸前までは「順調」でしたが少しずつ開花に向かい
私もとても楽しみにしていました。
何とか開花に漕ぎつけました。
開花して「あぁ〜、良かった!!」と思ったのは僅か3時間ほど。



雨に打たれて、蕊が落ちてしまった牡丹今年は残念でした。↓↓↓
027-k_500



その後はずっと雨に祟られ、春の嵐に出くわしてしまいました。
強風、大雨に二日間耐えた牡丹でしたが開花した花弁は雨を吸い
花全体が重くなり「お辞儀」をしてしまいました。
傘でもさしたい」気持ちでしたが強風に煽られ何ともなりません。
雨に打たれた牡丹は見るも哀れな姿です。

桜の時期からお天気が安定しませんでしたので、苛立ちがありました。
桜の時期も散々でしたが牡丹の寿命がこれほど短いとは想定外の
事でした。
もう雨に祟られた牡丹は、開花したばかりの「瑞々しい」姿には
戻りません。

ご近所の方が用事で来られ「楽しみにしていたのに残念!!」と
嘆き節です。
「でも良かったわね、花水木、綺麗じゃないですか・・・」と用事は
そこそこに「花談義」が始まります。
花が咲く木は季節の移ろいをいち早く感じとり時期が来れば
必ず花を咲かせてくれ秘かな楽しさを感じます。

2年連続で牡丹は「没」の印象がしますが、こんな年ばかりでは
無いでしょう。
今年は開花したまでは良かったのですが「春の嵐」に沈没。
来年に期待を掛けたいと思います。
雨が上がり、生気のない花弁と蕊も落ちています。
花の命は短すぎました。 





8893c0ab.gif

待ち合わせ〜(^^♪

友達との待ち合わせには、それ程高くはない喫茶店を
選びます。
午後5時45分頃には「会えそう」と言う言葉を聞いていましたので
再度改めて会う事になるとお互い時間のロスになります。
その日の内に案件を片付けて置きたかったので「待ち合わせ」です。
今は喫茶店も「喫煙」と「禁煙」と一応は分離した席を造っています。
勿論私達は「禁煙席」へ行くのですが、何処からともなくかすかに
煙草の煙が流れてくるのです。




046-l_500



友達と待ち合わせの間「喫煙席」の部屋に入る女性の多さに
聊か驚きました。
まだ「未成年」かな?と思われる幼顔をした女性が堂々と喫煙室に
入って行きます。
じっと観察をしていると、お年を召した婦人も随分喫煙者が多い事が
判りました。

子育ても終わった女性で有れば、喫煙もその人の「嗜好」ですから
他人がとやかく言う事は有りません。
然し、うら若い女性が僅かな間に「何本も」煙草をくゆらす姿を見ると
何か違和感を覚えます。
これから結婚・妊娠・出産と体の健康には注意をしなくてはならないと
思うのですが私は若い女性の喫煙には消極的な考えです。

「今禁煙すれば10年長生きできる・・・」と禁煙を奨励するTv・CMも
見かけます。
「禁煙しなければ10年早く死亡・・・」云々とも言っています。
男性の多くは「間合いが取れないから」喫煙すると言います。
そうかと言えば私が見た喫煙の女性は一人で来てコーヒー飲みながら
黙って煙草をくゆらせています。

ストレス解消なのか?
恰好よく見えるから喫煙をするのか?
私は良く判りませんが少なくとも結婚・妊娠・出産の道を辿る若い
女性には出来れば将来の為に「禁煙」して欲しいと要らぬ事を
思いました。
喫煙するもその人の嗜好ですから強制は出来ませんが出来れば
禁煙した方が良さそうに思います。





8893c0ab.gif

今年の桜〜2 (^_-)-☆

名古屋城周辺には約2000本ほどの各種の桜が植えられています。
その中で先日まではお城の中に3本の「御衣黄」が有りましたが
1本は台風で折れてしまい現在は2本しか有りません。
新宿御苑には「1本」の御衣黄」が有るそうですが昨年は撮影出来ず
残念でした。
今年は染井吉野が終わるころからお城に通い撮影出来ました。



名古屋城の御衣黄。一番良い時に撮影出来て満足です。↓↓↓
026-x_500



蕾の頃は比較的濃い緑色をしていますが、開花すると淡い
黄緑色です。
黄緑色の期間は本当に僅かな日数しかなくて、時間の経過と共に
花弁にピンク色の筋が入り次第に色合いが「黄緑色」では無くなります。
貴重なお城の御衣黄だと思います。

染井吉野は数えきれないほどの数が有り桜は「染井吉野」と言う概念が
強い様に思いますが私はこの御衣黄が好きです。
余り数が多くはない桜の種類ですが、それだけに大切に思って居ます。
本当に綺麗な黄緑色の期間は僅かに「二日」程度です。
いずれにしても今年の桜は終わりました。

かれこれ一ヶ月の間、早咲きの「大寒桜」から始まった今年の桜。
気象台が発表した「桜・開花宣言」より早くから咲いていた大寒桜。
あの頃はまだ寒い時期でしたが「桜」を見て私の気持ちも
華やいだものになり、大寒桜も沢山撮影出来ました。
これから初夏に向かい花の種類も変わります。

どの花にも愛着は有りますが矢張り私は日本人、桜には大変
魅力を感じています。
桜が咲き桜のトンネルを歩く時「日本人に生まれて良かった!!」と
しきりに思いました。
来年も元気に桜の撮影が出来る事を願っています。





8893c0ab.gif

今年の桜〜(^_-)-☆

もう葉桜になってしまいましたが、今年最初に撮影した
染井吉野は堀川上流の染井吉野でした。
一気に満開となった今年の桜。
お天気が定まらず気が揉めました。
「満開」と聞いて私はじっとして居れなくて「堀川・上流」へ
出掛けました。


今年一番初めにシャッター切った「染井吉野」です。力強く
  幹から直接咲いた桜。こんな姿を見ると元気が出ます。↓↓↓

024-a_500



さくら・さくらと思っている内に良く雨が降り本当に楽しめる
お花見の日は少なかったです。
あっという間に桜も「葉桜」になり景観が一度に変わってしまいました。
私は毎年「後、どれ位桜を見られるかな?」と思います。
この地球に生まれて、四季を感じ自然を愛でる事が出来て
「幸せだなぁ〜」と感じています。

東海地方は毎年三月の下旬ころに桜の「開花宣言」があります。
桜前線は北へ北へと進みますが細長い地形の日本列島だから
長い事桜を楽しむ事が出来るのですね。
贅沢な考えですが「桜前線追って」旅行が出来たらこの上ない
幸せでしょう。
一度はそんな旅行をしてみたいです。

この後は、目にも鮮やかな新緑を楽しめます。
季節の移ろいと共に花の種類も変わります。
また桜とは違う花の魅力を見つけて、何処かへ撮影に出掛けたいと
思って居ます。
「花に始まり花に終わる」と言われる様に花は被写体として
何時も身近にあり容易いと思われがちですが実は奥が深いです。





8893c0ab.gif

台北旅行から2年〜(^_-)-☆

2013年の丁度今頃私は久し振りにパスポートを使い
台北を旅行していました。
グループ全体の参加は17名でした。
大型専用観光バスを用意して貰い市内の観光もゆったりして
快適でした。
兎に角大型観光バスに参加者「17名」と添乗員や現地ガイドが
乗るだけですから快適です。



懐かしの平渓鉄道、日本統治時代の施設です。↓↓↓
2013-04-17 051-b500



参加者は誰もが日頃の生活から解放されて異国情緒を
楽しんでいました。
とは言うものの、日本の影響を受けたと感じられる所も見られ
「日本を離れた」と言う印象は余り感じませんでした。
丁度今頃だったなぁ〜、と思い出しました。



有名な観光地「仇分の街並み」へ入る入り口周辺。人で
   ごったがえしています。↓↓↓

2013-04-17 111-b-500



この仇分では、宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」の
ロケーションを行った場所として有名です。
狭い街並みの入り口を入ると、狭い土地に土産屋さんが所狭しと両側に
立ち並び観光客を呼び込んでいます。
急峻な地形に仇分の街並みは有りましたので階段を登るにも
かなりの健脚でないと大変です。

近くても中々出掛けられなかった台北でしたが、JASSくらぶの人達と
出掛けられて良かったと思いました。
あれから2年経ちました。
今度は何時旅行に出られるか?判りませんが元気な間に
出掛けられたら嬉しい事です。
星が「瞬く程」も人は生きられないと言われています。

旅に出て「何か一つ」感動する事が有ると又出掛けたくなります。
人は不思議な生き物ですね。





8893c0ab.gif




何だか形が良くない〜(^^♪

自宅でも花水木と牡丹が咲き出しました。
昨年はなぜか?牡丹は一輪も花を咲かせずとても心配でした。
もう我が家の牡丹は「寿命」が来たのかな?と感じました。
一年お休みをした牡丹、今年は無事蕾も成長しています。
花も全部で七つ咲きそうです。




006-h_500



昨年は何故咲かなかったのか?その理由はいまだに
判りませんが今年は大丈夫でした。
所が牡丹の花の形がこれまでとは違い何となく形が「変」です。
これも理由は判りません。
これまで寒い冬は何もかも枯れて淋しかったですが漸く春が来て
植え込みも賑やかになりました。

自然は偉大ですね!!
いくら寒さで「ちじこまって」いても、時期が来れば必ず新しく芽吹きます。
丸坊主になっていた「百日紅」にも新芽が出て来て日々大きく
なりつつあります。
新しい芽吹きを見ていると人間も元気を貰います。

思えばつい先日新年を迎えた様な気がしていますが既に四月も半ば。
時間の過ぎるのが如何にも早すぎます。
これで後は四月の後半から始まる大型連休です。
何だか最近の日本はお休みの日が多い様に思いますが景気よく
「海外旅行に家族で行く予定」と仰る方もありました。

気候は良いしお天気さえ恵まれれば大型連休は何処も書き入れ。
経済の循環が無ければ景気は上手く廻りません。
私は多分何処へも出掛けないと思います。





8893c0ab.gif

一字違いの〜(^^♪

携帯電話が鳴り名前が表示されました。
「あっ、珍しく身内からの電話だ!!」と思って出てみました。
「sumikoさん、元気ですか?」と友達からの電話でした。
不思議な事に彼女のフルネームと二男の妻のフルネームは
漢字「一字」違うだけで「名前」も同じ文字も同じなのです。
良く似た姓名なので私が「その一文字」を読み間違えたのです。
「私ね、今日一日予定が抜けちゃって暇が出来たの〜」と彼女。




193-b_500



近い内に一度会う約束にはなっていましたが、それが急な事に
話が纏まり会う事になりました。
長年通っていたアスレチックのクラブで一緒に汗を流した旧知の
間柄です。
見栄は張らない、身の丈の暮らしで満足する素朴な人柄です。

一年程前に偶然地下鉄のエレベーターを出た所で会いました。
何年ぶりかの再会でしたが、彼女は病を得て、付添いの人が居て
所用を済ませて来た所と言いました。
付き添いが無くては外出出来ない体調不良の姿を見て私は大変
驚きました。

顔色も悪く、支えが無ければ不安で歩けない様な感じでした。
何故か彼女はアスレチックに来て居た時は元気でしたが急に
リューマチが発症して苦しんでいたと聞きました。
急いで、携帯電話の番号だけを交換しその日は別れました。
時々電話では話をしていましたが、彼女から「会おう!!」と言い出して
私は病気も少しずつ快方に向かっていると推察しました。

地下鉄の改札口で待ち合わせをして「何処へ行こうか?」と。
結局は地下鉄に乗り有るコーヒーショップへ行き積る話が
始まりました。
今はまだそれ程暖かくは無いので自宅に居るのですが春本番には
岐阜県の家に移り住みます。
自然の中で生活をして、随分体調も良くなったと言います。

ご先祖が残された家に出掛ける訳ですが今年は「是非いらして」と
誘われています。
タブレットを見せながら、本当の自然の中での暮らしぶりを紹介して
貰いました。
棚田や近くの温泉の話など楽しそうに話します。
人の手が加わらない本当の自然の草花には魅力を感じます。

何時か出掛けて自然を満喫させて貰えたら嬉しいです。





8893c0ab.gif

私の好きな場所〜(^_-)-☆

今年は昨年の事を思えば「充分」桜の時期を楽しみました。
名古屋城は交通のアクセスも良く、自宅からも近くなので
桜の時期は何度も通います。
今年は染井吉野が満開の日がお天気が良くて桜の撮影には
絶好のタイミングでした。
お城の中では沢山のカメラ愛好家の人達が撮影に没頭しています。
自分の「好きな場所」「絵になる場所」も毎年同じ様ですがそれでも
桜の魅力は尽きません。




127-l_500



もう、今はすっかり散ってしまいましたが満開の時の華やかさは
毎年変わりません。
私が好きな場所は色々有りますが、外堀の桜は実に見事です。
満開の頃を見計らってか?海外からの観光客も格別多く見かけました。
お城周辺には大凡2000本の各種の桜が植えられています。

そう言えば子供の頃、まだ長距離が歩けない頃の事ですが
祖父母に連れられてお花見に岐阜方面へ行きました。
多分「谷汲」の方面であったと思いますがかすかな記憶しか
有りません。
「ちゃんと、歩けるか?」
「歩かなかったら連れて行かない!!」と言われました。
「歩く、歩く!!連れて行って!!」と調子の良い事を言いました。

何だかとても長い時間歩いた気がします。
お城の桜よりその頃は遠くの桜が良かったのでしょう。
桜の時期になると、幼かった頃の祖父母との花見を思い出します。
今は私は近場の「名古屋城」や「堀川上流」の桜で十分満足を
しています。
子供の頃から刷り込まれた「桜」への思いは年齢と共に
その素晴らしさが解かり出しました。




8893c0ab.gif

さくら・さくら〜(^_-)-☆

寒かった今年の冬、速く暖かくならないかと待ち侘びた桜。
開花宣言が意外に早かったのですが、その後天候が余り
順調では有りませんでした。
あっと、言う間に桜は咲き乱れ、あっと言う間に散って行きました。
毎年の事ですが染井吉野が満開になる頃、堀川の上流へ行きます。
堀川の上流にあたる辺は川幅もそれ程広くなくて桜が両岸に
植えられてその眺めは何時見ても壮観です。




070-g_500



昨年はどうしても撮影に出掛けられず、桜の時期は悔しい
思いをしていました。
右足の膝を骨折して居ましたので動き回る事が出来なかったのです。
染井吉野が満開と聞き、今年は天候も不順なので僅かな時間を
やり繰りして撮影に出掛けました。

私が出掛けた日は桜まつりも開催されていなくて、比較的静かな
環境でした。
染井吉野は比較的寿命が短い桜らしいのですが反面成長が早く
多くの場所に植樹されているとか。
一年に一度、桜の満開の時に気ままに散策をしながら、思う存分
撮影出来る事は嬉しい事です。

桜前線は今は東北に到達していると聞きますが、一度桜前線を
追って出掛けてみたいものです。
心待ちにしていた桜の時期も、思えば早く終わってしまいました。
又来年桜が見られるようにと、願っております。
雨に祟られた今年の桜、おまけに寒かったので戸惑いました。





8893c0ab.gif

猫には罪は無いですね〜(^^♪

名古屋城の外堀の草むらに座り込んでいた猫。
周りにはたくさんの人達が眺めていました。
「良く太っていて可愛いわね、だけど首輪が無いわね〜」と
知り合い同士で話して居ます。
そうです、この猫は多分これまでの生活がかなり良い暮らしの
家で飼われていたのかな?とおもいました。
顔立ちも悪くありません。
じっと何処かを見つめる「目」も涼やかです。




165-r_500



名古屋城に隣接する「名城公園」では飼い主から放棄される
猫が何匹も住んでいます。
その数約500匹程です。
捨てられた猫は途方に暮れるでしょうが、言葉話せないし思えば
可哀相な生き物です。

遠方から乗用車で連れて来て、飼い主は猫を捨てて帰ってしまいます。
公園には色々な人が住んでいます。
家の無いおじさん達は捨てられた猫の面倒を見ています。
飼われた家で「与えられていた」食べ物が判らない為ドッグフーズなど
少しずつ与えると言います。

ドッグフーズを食べない猫は魚の缶詰めを与えると言います。
それも食べない猫はその上の上等の魚の缶詰めを与えてみると
言いました。
ボランテアからの差し入れでも有るのかな?と思いましたが
猫の命をつなぐため「おじさん」達が自分で餌を買い食べさせて
居ると聞きました。

何人かの名城公園の住人が夫々手分けをして、放棄された猫の
面倒を見ています。
人が生きるのも大変ですが、猫も飼い主に捨てられると大変です。
捨てに来る位なら、最初から「飼わない方」が余程ましです。
最近生きたままの猫を穴を生徒に掘らせ「生き埋め」にした教師の話が
話題になりましたが教育者として顰蹙を買った出来事でした。

名古屋市の条例では「猫に餌を与えないでください」と言う事に
なっていますが条例が有るだけで市は放任状態です。
元気な猫を捕獲して「殺処分」も嫌な話ですね〜。




8893c0ab.gif

統一地方選挙〜(^^♪

昨日行われた「統一地方選挙」。
午後に投票所へ出掛けました。
自宅から少し離れた私立幼稚園が私の地域の投票所です。
何となく人気もまばらで「選挙日当日」とは思えませんでした。
それでも出掛ければ知り合いの女性に出会います。
「私は朝早くに行って来ました〜」と言う人。
「私は、もう選挙には行かないわ〜」と言う人。
色々です。




208-o_500



会えば必ず子供たちが小学校へ行っていた頃の話に
なって行きます。
夫々家庭を持ち一人の方はお子さんは女子ばかり。
そのお子さんは勿論息子達と同い年ですが結婚が早くお子さんも
早く生まれました。

従って若くして「おばあちゃん」と呼ばれる事になった人ですが
この日お孫さんが赤ちゃんを連れて散歩から戻って来ました。
「この子ね、私の曾孫なのよ・・・」と大変な笑顔です。
若い「大おばあちゃん」です。
次々と世代を受け継ぐこの家は幸せそのものに思えました。

投票の事も忘れかけて話し込む私達ですが、私は「誰に」
清き一票を入れようかな?と思案をしていました。
世代交代も必要ですし、汚れたイメージのする人を選ぶのも
私の良心が許さないし・・・。
結局は汚れたイメージのしない人に一票を投じる事にしました。




8893c0ab.gif

最後のお願い〜(^^♪

珍しく固定電話に電話が入っていました。
統一地方選挙の投票日が迫り個人的に親しい国会議員の
事務所と名乗る女性から市議会議員の候補者への支援依頼です。
留守電にメッセージが有り判りましたが、何処の事務所も大変です。
幾つかの事務所から「ご支援下さい」と言う電話は掛かって居ます。



4月11日の名古屋城。桜のピークは過ぎた感じです。↓↓↓
003-r_500



私は何処の事務所からの依頼の電話が有っても「投票します」とは
絶対言いません。
必ず「頑張ってください、ご健闘を祈ります」とだけしか言いません。
今回は留守電に残っていたメッセージを聴いただけですが
「政治家」と言う職業は色々付き合いが広くて大変です。

棄権する事は有りませんが、選挙後は当選した人は
本当に地区の為に一生懸命働いて貰えるのか?
一抹の不安が無いわけでは有りません。
候補者はお金が掛からない「選挙」と言っても一般の私達からすれば
候補者として活動するだけでも諸々経費が掛かる事と思います。

さぁて・・・、私は何方に貴重な「一票」を投じようかな?
地方議員とは言え、議員に当選したら「定年」は無いのですか?
議員さんも
「やりたい人より」
「やって貰いたい人」にお願いしたいですね〜。





8893c0ab.gif

今日、用がある〜(^_-)-☆

「教養が有る
教育が有る」 と言う言葉を言われて
「何で今更教養が有るとか言ううのだろう?」とその時は思いました。
教養が有る→今日用が有る
教育が有る→今日行く所が有る それが最近の暮らしの充実さを
表す言葉だそうです。
今日行く所の有る人は幸せな人。
今日用が有る人も幸せな人なのですね。




111-n_500



脚が痛くて歩けなければ「行く所」へも行けません。
人様からお呼びが掛からず趣味も無い人も「用は」有りません。
そんな他愛のない事を考えて居たらサークルに出て来る人や
カメラ持って撮影に出かける人は忙しく、行く所も用も頻繁に
出て来ます。

今年度、自治会の部会で私は仕事を押し付けられました。
もういい加減にして欲しい、と思いながらお断りする理由として
サークル活動が「火曜日」にありその他にも諸々有る事を告げました。
携帯に書き込んだ予定表を見せ「嘘・偽り」のない事を見せました。」
「あらぁ〜、あなた出っ放しね!!」と依頼してきた人は皮肉とも
何とも判らない言葉遣いをしていました。

もう自治会の事はこれまでに充分して来ましたので若い人が率先して
引き受ければ良いのです。
所が若い人達は「働きに出て」会合などに出て来ません。
以前とは変わって来ましたね。
教養・教育とは関係なく
「今日用が有る」事は恵まれた事なのだぁ〜」と思いました。

毎月第一・第三火曜日が学区の定例会、それには必ず出席をしなくては
ならず私には到底受け入れる事が出来ない条件でした。
今楽しんでいるサークル活動を犠牲にする訳には行きません。
ですから「お断り」しました。
それで、正解です。





8893c0ab.gif

お花見が好き〜(^^♪

この所気温が低くて異常な寒さの日が続いています。
お昼間ならば兎も角夜になると急激に冷え込んできます。
市内の公園には桜が満開で日が暮れて勤務が終わると
夜の「お花見の宴」が始まります。
朝から新入社員が駆り出されて「お花見」の場所取りに励みます。
新人はどんな事も仕事と企業人としての最初の一歩として
「場所取り」の役割が廻って来ます。




006-b_500



桜の木の下に「ブルーシート」を敷き詰め参加人数が輪になって
座れるスペースの確保が必要です。
朝からの場所取りは新人に取っては大切な仕事です。
勤務が終わり午後6時頃になると先輩諸氏が集まって来ます。
朝から場所取りをして一日中「ブルーシート」を敷き詰めたままで
放置するのではなく、お昼にお花見をする人に「譲り」ます。

それはそれで結構な事かな?と思いましたが、短い桜の時期と言えど
多くの人が桜の根元に座り「根っこ」を踏みつける事でダメージを受けます。
お花見は楽しいですが、綺麗な桜の下では無く遠く離れた所から
桜を眺めて「根っこ」を傷めない工夫はしないのでしょうか?
こんなことを毎年繰り返して居たら、必ず桜は弱ってきてしまいます。
お花見が好きな日本人、お花見には長い伝統が有るようですが
桜を「労わる」工夫をしてお花見を楽しんで欲しいです。






8893c0ab.gif

先日みた紅い木蓮〜(^^♪

先日堀川の染井吉野を撮影に出かけた折桜と並行して
咲く花が堀川端には色々あります。
白木蓮・紅い木蓮と華やかに咲いていました。
特に昔から植えてある「紅い木蓮」は満開の桜を背景にして
撮影してみると、とても春らしい感じの画像になります。
今年はこの紅い木蓮は一寸だけ「盛り」を過ぎた感じでした。
でも大きな花はとても豪華でした。




184-z_500



何と言っても春は色々と花が咲きますから好きな季節です。
この時期多くの人達が「花粉症」らしい症状に悩まされお花見には
白い「マスク」を付けて来ています。
聞けば症状は軽い人から、寝込むほどの重症の人も有る様で
大変です。
今や「花粉症は国民的な病気?」となってしまい掛かった人は憂鬱です。

何もかもが一斉に「良い季節」では無いのですね。
桜が満開でも「花粉症」で悩む人に取っては「春は来てほしくない」と
思うでしょう。
何時頃から「花粉症」で多くの人が悩みだしたのか?定かでは
有りませんが厄介な事です。
花粉症は日本だけなのでしょうか?

私の弟もかなり酷い花粉症で、2月ごろから何時も不調になります。
今年は「花粉症に効果が有る」と言うお茶を毎日飲むことにして
比較的以前に苦しんだ時の症状から改善されていると聞きました。
どんな文字を書くのか判りませんが「テンチャ」と言っていました。
同じ兄弟でも私と妹は「花粉症」についてはそれ程気にしたことは
有りません。

花が咲き乱れる季節、花粉症をお供の「お花見」は一寸辛いです。






8893c0ab.gif



お馬さんんの撮影〜(^^♪

一昨年中京競馬場のバックヤードの見学会があり普通は
見る事が出来ない色々な場所を見せて頂きました。
その後れーすの開催日に競走馬の撮影も許可されましたし
その他の人達は「勝ち馬投票券」等を買い楽しんだと聞いています。
私は残念ながら風邪引きとなり「高熱」をだしてしまいましたので
競走馬を撮影する機会を逸していました。




019-s_500



競馬の事については何も判りません。
一度は「疾走」する競走馬を撮影したいと思い続けて居ましたので
今回のサークルでの撮影会は私の念願が叶った気分でした。
女子マラソンの撮影もして、動きのある被写体の撮影は
「出たとこ勝負」で図々しく撮り続けていました。

人が走るスピードと馬が走るスピードは格段の相違が有りました。
人の走る姿も魅力が有りますが、競走馬の走る姿はまた違った
魅力に溢れています。
初めて実物の競走馬を撮影するに当たり、とても不安でした。
「一度の撮影では上手く撮れない」と講師の先生は仰います。

不出来で当たり前、全滅で有れば時間の空いた時に再度出掛けて
撮り直しをすれば良いと、決めていました。
勝馬投票券など買う時間も無く、只管撮影に追われた「撮影会」でした。」
動きの有るものを撮影することは難しい事が良く判りましたが
「何とかしてお馬さんの」走る姿を何時かは上手く撮れたら
嬉しいなぁ〜、と言った感想を抱きながら帰宅しました。

パドックに居た「優しい眼差し」のお馬さんを今回は掲載しました。





8893c0ab.gif

曇天では面白くない〜(^^♪

四月になっても「寒の戻り」が有るとお天気情報では
伝えています。
「冬の衣服でお出かけ下さい」と盛んに呼びかけています。
中々厚手のコートが洗濯出来ずお天気に惑わされています。
若い人達は幾ら寒くても「季節通り」の春のファッションで街中を
歩いていますがもう私達は「薄着」で季節の先取りは出来ません。




123-i_500



楽しみにしていた今年の桜の時期ですが、満開の時期は
短くて「雨」・「曇り・雨」とどんよりとしたお天気続きに一寸残念です。
暫く快晴の日は無さそうでおまけに気温も例年を下回るようです。
桜の時期なのにまるで「梅雨入り」したかのようです。
この天候は「菜種梅雨」とでも言うのでしょうか?

自宅の百日紅は冬の間丸坊主になっていました。
淋しい限りでしたが、最近新芽が芽吹いているのを見つけました。
何も言わなくても自然の摂理に従って「その時期」が来ると必ず
花を咲かせる準備に入ります。
花水木の花芽が次第に大きくなって来て、桜が終わるころには
花水木が開花します。

時には狂った様に寒い日も有りますが、季節は確実に初夏に
向かっている感じがしています。
こうして考えて見ると、一年の経過が速い事を実感します。





8893c0ab.gif

元気な三つ子ちゃん〜(^_-)-☆

一月中旬に誕生した私の実家の弟の孫たちの事です。
弟は若くして父親の後継として実家を守って来ました。
色々苦労は有ったと思いますが自分も三人の子供に恵まれ
親としての責任と義務を果たして居ました。
弟には二人の女の子と一人の男の子が有ります。
その男の子は私から見れば「甥」に当たります。




002-w_500


何時かは甥にも子供が生まれる事を期待していました。
挙式して新生活に慣れた頃「妊娠」の知らせがあり皆で喜び合い
ました。
と言うのも、検診の結果甥のお嫁さんのお腹には「三人の」胎児が
育っていると伝えられ益々喜びに沸きました。

甥のお嫁さんは誰でも通り苦しむ「悪阻」に悩まされ大変だったようです。
出産を受け入れて頂いた病院の先生方のお力添えも有り何とか悪阻の
時期も乗り越え、早目早目の手当の甲斐が有りお腹の三人の子供も
順調に大きくなって行き無事この世に出て来れました。
弟夫婦、お嫁さんの両親はこの三人の赤ちゃんを全力で支えて居ます。

遡って実家の先祖始まって以来の「おめでたい出来事」と思いました。
弟夫婦は三人の子供に目じりを下げています。
まだ「寝てばかり」の赤ちゃんですが、おむつの交換や授乳は三人
同じ時間に決めているとの事です。
幸いにしてお母さんは母乳が出るので三人が順番を決めて
与えている様です。

それにしても「三人一度」は色々大変ですが何倍かの喜びが有り
この先の成長を楽しみにしています。
生れてから現在は体重も2倍以上に増えて健康そのものです。
初めて「三つ子ちゃん」に会えて元気を貰った一日でした。
世の中お子さんが出来なくてお困りのご夫婦が多くある様に
聞きますが甥夫婦は一度に三人もの子供に恵まれ幸運です。






8893c0ab.gif

名古屋・友禅流し〜 (^_-)-☆

この所春の気まぐれな天候に翻弄されている私達。
今年も堀川での「名古屋友禅の友禅流し」がやって来ました。
毎度書き込んでいますが、昨年は骨折の為この時期動けず
友禅流しも出掛ける事は出来ませんでした。
この堀川は名古屋城の「お堀」に続くもので、最近は堀川の
浄化運動が盛んに行われ昆虫や鯉や鴨が住み着く清流を
取り戻しました。



友禅流しの光景です。↓↓↓
2012-04-07 092-m_500






001-m_500




友禅流しの堀川周辺には有名な神社が有ります。
「羊神社」で、今年は羊年なので参拝に出掛けました。
12年に一度の賑わいを見せる「羊神社」ですが、出掛けられて
良かったです。
天候は前日から「良くない」と言っていましたが、予報が外れて
好天気に恵まれました。



016-q_500




羊神社のすぐお隣には禅寺「修禅寺(しゅぜんじ)」がありそこも
参詣に訪れました。
穏やかな境内の様子は心を落ち着けて貰えます。
桜の満開の下には穏やかにほほ笑む「お地蔵様」の姿。
そして「お釈迦様」の涅槃像も拝ませて頂きました。

友禅流しは堀川の水が浄化に成功して今年で「15回目」となりました。
年々人出も多くなり「堀川のイベント」として人気が出て来て
人々の中にはすっかりこのイベントが定着したと感じました。
桜満開の中を散策し堀川の見事な桜はこの地区の「財産」と
感じました。

参加で来て良かったです。






8893c0ab.gif







今年の桜〜(^_-)-☆

天候不順で寒暖の差が色々有ったのですが
何とか例年より早く桜が咲き出しました。
蕾の間は「まだかな?まだかな?」と思い続けていましたが
いざ開花してしまうと桜の散り始めは早いです。
そんな中、また4月2日はお天気が良くても、次の日から
ずっと「好天」の日は無いようです。
この良い天気を逃したら、桜は散ってしまいます。



4月2日の名古屋城、桜満開で綺麗でした。↓↓↓
364-d_500



昨年は名古屋城へは全く出掛けられず涙を堪えました。
それで何としても今年は「桜とお城」を撮影したくて出掛けました。
平日ですが桜見物の人手が多くてお城の中は大変賑っていました。
色々工事中なので十分お城の中を見て歩く気持ちも萎えて
桜だけを頼りに休憩もせず、黙々とシャッターを切っていました。

ここ2〜3年前と比べてみれば、随分海外からの観光客の人が
増えて来ました。
以前は2〜3人の個人旅行の人達が通訳の人と共に来ては
居ましたが現在は「ツアー」で団体でやって来ます。
何か国かの言葉が入り混じって聞こえる状態です。

日本の文化が今「ブーム」になっている様でより日本文化を
理解して関心を持って貰えると良いですね。





8893c0ab.gif

化粧品の売り込み〜(>_<)

自宅に居れば固定電話が鳴れば出る事にしています。
数日前の事ですが、私の名前の確認もせずにいきなりh早口で
話を開始した女性がありました。
私は「もしもし・・・」と言っただけの事ですが相手は私の名前の
確認など全く致しません。
こんなに早い口調で話をする女性はこれまでに出会った事が
有りません。




041-b_500



何方もご自分のお気に入りの化粧品をお使いの事でしょう。
それなのに、訳の判らない名前の化粧品会社の名前を連呼して
「優れた化粧品」と言う事をまくし立てます。
私は合槌も打たず、唯々聞いているだけでした。
「サンプルを送ります」と言い出しました。
私は関わり合いになりたくないのでサンプルの受け取りを「拒否」し
今後は電話を掛けて来ない様に指示をしました。

普通は「**さんのお宅ですか?」と切り出すのですがその女性は
全くそのような言葉が有りませんでした。
むしろ、私の所へどのような「伝で」電話をして来たのか?聞きたい
位でしたが無視をしました。
何度も「お試し用のサンプル送らせて下さい」と言いましたが
何度言われても「お断り」です。

何でも値上げ、世の中余り暮らし良いとは言えないですから
化粧品の売り込み等には、その手に乗らない方が良いと
感じました。
彼女も生活をして行く為に「電話の係り」をしているのでしょうが
今はそれ程「容易く」人は物を買わないです。
消費税が8%になって一年が経過しました、その後には10%に
なりますがそれに見合った支援が有れば納得ですが。。。





8893c0ab.gif

桜・2015〜(^^♪

2014年の桜の時期は残念ながら私は不注意にも転倒して
骨折して自由に動く事が出来ませんでした。
心は「桜」に逸って居ましたが何ともならず、我慢の子でした。
それでも近場へはタクシーを頼み僅かですが「桜」の撮影を
しました。
昨年の悔しさを思えば、今年は自由に歩く事が出来ますし
骨折の後遺症らしい事も無く嬉しく思って居ます。




035-z_500



早咲きの「大寒桜」や「河津桜」も今年は撮影する事が出来昨年の
悔しい思いを一気に払拭した感じです。
堀川の「染井吉野」が満開と聞き、早速出掛けました。
つい最近の事ですが同じ所を歩きましたが、その頃は蕾も固く
おまけに吹く風も冷たく周囲には殆ど人影は有りませんでした。

染井吉野はオオシマザクラとエドヒガンザクラとの交配で出来たとか。
樹木の生長が早く各地で栽培されています。
花は淡紅色で五弁です。
葉っぱより先に花が開花して、綺麗さを際立たせます。
幕末の頃「江戸・染井」の植木屋から売り出されたので「染井吉野」と
呼ばれている様です。

寒さで塞ぎ込んでいた人々の心も、桜の開花の便りと共に一斉に
明るさを取り戻したかのようです。
事実わたくしも「寒さでイラついて」居た頃が有りました。
不思議ですね、暖かさと共に「塞ぎ込んで」いた自分の事は忘れて
「桜」目掛けて飛び出して行くのですから・・・。

晴れた日が「三日続かない」のが毎年の春の事。
この先、どうもお天気は無情な下り坂。
まだ花散らしの雨では無さそうですが、花の命は短いです。
「年年歳歳花相似たり」とよく言いますが、毎年桜は咲きます。
後何度桜を待ち侘びて、見る事が出来るのかなぁ〜。





8893c0ab.gif
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ