平静12年にも東海地方を襲った豪雨が有りました。
今から約8年前の事です。
東海豪雨の時は、夫のお友達の病気見舞いで東京へ
行きました。
何だか小田原の辺りから急に雨の降り方が変って来たように
感じていました。
約束をしていましたから、雨が降っても出かけました。



それで、8年前の東海豪雨の時は名古屋に居ませんでしたので
詳しい事が判りません。
また今回東海地方を襲ったゲリラ豪雨は、自宅にも大変な
事が起きてしまいました。
何時も2Fのベランダが枯葉などで排水溝がふさがれると
ベランダ中水が溢れてしまいます。
限界を超えると部屋に浸水が始まります。



大雨の降りしきる中、排水溝の目つまりを点検してみました。
やはり、何かが詰まっていて水はけが悪いのです。
その後1Fへ降りてきたら、聞きなれない水の流れる音が
聞こえます。
さっぱり判りませんでしたが、それは何処かから水が
侵入して既にキッチンのフロアに水が溢れ出そうと
している所でした。



動悸がして来ました。
今までこんな事は一度も無かった事です。
それが現実に起きてしまい、うろたえました。
相談する夫も居ませんし、真夜中でしたが
長男にSOSを出しました。
やはり男の子は頼り甲斐があります。



兎に角天井裏に溜まったに水を早く抜き出す事を
考えてコンセントの増設工事をした時の穴に被せてある
カバーを取り外し、先ず大量の水を出しました。
次に取り付けの棚の上が「じめっと」していたので
その天井も少し破りました。
それで、溜まっていた水は出てきましたが
結局はその見張りをするのが私の役目となり
昨夜は殆ど寝ていません。



この先の事が気に掛かりますが
「僕達に任せて・・・」と言いますので、息子達に
任せる事にしております。
雨の侵入場所が判れば、何とかなる、と息子は簡単に
云います。



また今日も大気の状態が不安定との事で昨夜の様な
降り方をされたら、困りますが、これもめぐり合わせ
止むを得ません。



rainrain







雨水が大量に出てきた天井。
コンセント増設の時に出来た穴、カバーを
取りました。