これがガスの焜炉だったら、大変な事でした!!
夕食の準備でクッキングヒーターをつけて、鍋物を作ろうと
していました。
既に具は入れてあり、煮え立つのを待つだけでした。



可愛い蘭


所が、何分経過しても一向に温度が上昇する気配がありません。
時間が掛かりすぎるなぁ!!と思う事は、確かに思いました。
暫くして、余りにも「変」なのでクッキングヒーターの所へ
行って見ました。
あれっ!!鍋の高さがこんなに高かったっけ?と
思いつつ、一時的に置いてあった木製の鍋敷きが何処にも無い事に
気がつき、鍋の底を見ました。
あぁ〜〜嫌だなぁ〜、鍋敷きも一緒にクッキングヒーターに
乗っけてあるじゃないですか!!
吃驚しましたが、自分の呆け具合も『ここまで進んだかぁ〜』と思うと
呆れるやら、諦めるやら・・・。

鍋が何時まで経っても沸騰してこない筈でした。
ガスだったら、それこそ大変な事になってしまいます。
木製の鍋敷きは燃えて、何処かに引火して〜。


鍋敷きが少し熱せられた程度で何事も無く済みました。
これからは充分注意します。

お恥ずかしい失敗談の披露でしたが、ショパンの子犬のワルツ貼り付けます