無風状態で暮らす日々には、何かを書き残すか、記すかして置きたいと
思っています。
今回もピックアップテーマ「ブログを続ける理由は何ですか?」と言う
ことに関連して書いてみたいと思いました。
勿論日々の更新は当然の事ながら、大した話題も有りません。
一応与えられたテーマが有る事によって
「そうだ、私の考えを書こうかなぁ・・・」と。
誰もが自分の記憶が忘却の彼方へ押しやられるなんて事を想像など
していません。



名古屋愛蘭会 4



でも、次第に加齢と共にそんな不安がふっと、頭を過ぎる事も屡です。
私がブログを続ける理由は、とりあえず普通の感覚で生きている事の
確認です。
今日の日日すら不明になってしまう!!
今日は既に昼ごはんを食べたのに「お昼ご飯はこれから?」と尋ねたり。
運命の神様は生きる人にこうした試練を与えています。
本人は「これが、普通」と思っているかも知れないのですが
第三者の目からすれば、中学・高校時代の面影を全く無くし
傍目にも残念に思えてなりません。

そうした事になっては居ない自分に感謝をしつつ
ブログに色々と書き込んでいます。
大した意味のある事は書き込めないですが、意味が無いからこそ
長く続いているのかも知れません。
このブログも、ノラリクラリで「5年目」に突入しました。
若い人と違い、面白みに欠けるブログである事は
充分承知しています。

有名人のブログの様に「恐ろしい数の」アクセス数は有りません。
有名人が果たして、本当に自分で書き込みをしているか、否かは
私では判りませんが、共鳴する人が多いのでしょうね。
私等は「駄目ブログ」の烙印を押されかねない部類でしょう。
正直に、自分で書き込みをして、画像を貼る、この作業が結構時間が
掛かります。
こうした作業が出来なくなれば、止める事になりますが、出来る
間は「今日生きた形跡」を残して置きたいものです。

本物の日記も毎日書いています。
これは、ネットで公開出来ない私の「トップシークレット」ですから
自分だけの物です。
ペンで日記帳に書き込んでいく事は、パソコンでの作業とは随分
違います。
本当に文字を書く事は、それこそ「忘却の彼方」へ記憶を押しやらない
為の手立てでは無いかと思える様になりました。