午後11時過ぎてから電話のベルが鳴ると、「ドキッ」とするのは
私だけでは無い筈です。
金曜日、土曜日は「要・注意」です。
予告して、私の所に泊まりに来る時は「何時来るのかな?」と
思う位ですが、突然真夜中に固定電話のベルが鳴り出すと
何事か起きたのでは?と不安になります。


昭和の香り・・・



元々二人の息子の提案で、就寝する時は必ず
携帯電話を枕元に置くようにといわれています。
なのに、何で「固定電話を鳴らすんでしょうね!!
吃驚して、飛び起きたじゃないですか。。。
「家へ帰れなくなった、友達連れて行くから泊めてくれ・・・」と
電話をして来たのです。
あぁ〜、良かった!!
事故であったり、何か変な事が起きていたら困ります。

それから待つ間もなく友達をつれてやって来ました。
悪酔いをするといけないので、水を大量に飲んで貰い、休む事に。
真夜中、午前1時40分。
朝は、朝食の支度をして、有り合わせの材料で食べて貰いました。
久し振りに、賑やかなテーブルになりました。
お給仕をしながら「友達は大切にしなくちゃ〜」と、思いました。
息子も、生涯を通して付き合える友達を何人も持っていて幸せな部類です。

幼い頃の面影が今でも残る息子の友達の顔を見ながら、夫々の
家庭の事情で色んな思いをしてこれまで過ごして来た人生。
まだまだ、これからが正念場ですぞよ〜。
頑張れ、元イガグリ頭!!

頼って来てくれて、嬉しかったですね〜!!