最近届いた友達の息子さんからの挨拶状には
「母は逝去いたしました」と記されていました。
昨日町内の方の訃報では、喪主に当たる人が自分の家族が
無くなった事を知らせる文面の中でやはり
「兄は逝去しました」と書いていました。







家族がそうした事になった場合昔人間の私は
何故家族に対して「敬語を」使うのか?
不思議でなりません。
細かな事を言う訳では有りませんが一般的に考えても
家族の訃報は「永眠」とか「他界」「死亡」と書くのが
普通ではないかと思います。

一流企業のトップを務めた方が亡くなり新聞に記事が出ています。
そんな時には記事を書き、社会に知らせる為に書く記者の判断で
よく「逝去」と書いています。
それは許される事として、やはり家族が出す訃報には
「逝去」は一寸ね〜。

今の時代、言葉の使い方、特に「敬語」の使い方に
問題が有る様に感じられます。




8893c0ab.gif