つい先日の事ですが、私が妹に頼んだ事がありました。
手先が器用で、根気が良い妹は手芸全般に関心があり、自宅でキルティングの
同好会?を開いています。
気心の知れた知り合いの人達と、曜日を決めて作品つくりをしています。
最近、「畳の縁(へり)」を素材とした、シンプルなバッグを作って身内の人達に
配り、好評です。
バッグは「デパートで買うもの」と言う考え方が有るのですが、妹は手つくりをしています。
勿論、革製品のバッグは何処かのお店で購入していますが・・・。







私が頼んだのは軽くて持ちやすい「畳の縁」バッグです。
ケリーバッグではなくヘリーバッグです。
一寸したお使い物にしたいと思い数個作って貰うよう頼みました。
材料費を支払っただけで快く作って貰い嬉しく思っています。
バッグを受け取りにJR名古屋駅で落ち合いました。
二人が会えば安い所で「ランチタイム」を先ず楽しみ、後はお茶の時間です。

ランチタイムで一番気を付ける事は「蕎麦」が食べられ無い事です。
知らない間に「蕎麦アレルギー」の体質になってしまいました。
その事を長い事知らずにいましたが、何時ごろから「蕎麦」が食べられない事に
なったのか私には判りません。
蕎麦屋は避けて、蕎麦の材料を使っていない食べ物を選ばなくてはなりません。
人の体も何時どんな変化が来るのか判りませんね、同じ様な食事を子供の頃から
して来た私達ですが、まさか妹が蕎麦アレルギーの体質になっていた事は
予想外の出来事でした。

同じ姉妹でも私は蕎麦アレルギーは出ていませんので運が良かったのかも?
知れません。
時々は姉妹でのランチタイムも楽しいものですね〜。



8893c0ab.gif