パソコンを使えば自然にプリンターも使用したくなります。
以前は某プリンター会社の物を使っていましたが余り使わない内に
故障が連続して起きました。
メーカーの営業所へ故障を修理したらどれ位費用が掛かるか?
尋ねました。
返ってきた答えは「18000円」でした。
何故それ程修理に費用が掛かるのか不思議でした。
値段を聞いて、修理して使うより「新品」買った方が得策と思い
現在のプリンターにしました。
修理費用に僅かな料金を上乗せするだけで、買えてしまいました。





昔使っていたプリンターでは余り鮮やかなカラーは出ませんでした。↑↑↑
紫陽花です。


現在使用中の機器はカラーは「6色」使います。
新品の機器を購入した時は「安いなぁ〜」と感じました。
所が直ぐにインクが無くなります。
6色セットを買えば6000円弱の費用が掛かります。
機器の注意書きには「純正」を使った方が良さそうな事が書いて有ります。
度々6000円弱のインクを買っていては堪りません。
必要最小限の元画像しかプリントアウトしなくなりました。

機器は安く感じても「インクが」が高いと思います。
それでも全く「ゼロ」では咄嗟の時に困ります。
世の中の経済はこうして上手く廻って行くのでしょうかね〜?
それでも高くても揃える物は揃えておかないと困ります。
今、黄色のインクが「欠乏」仕掛けています。
「インクの補充をお勧めします」と何度もパソコンの画面に出て来ました。
もう「限界かな?」と感じて6色セット購入して来ました。

不思議と黄色のインクが一番早く無くなる様な気がしますが、
気の精かな?そしてメーカーもインクで利益を出している様な
気がしますが。。。これも気の精かな?




8893c0ab.gif