おいりゃぁすわせ〜〜

変なタイトルですが、標準語で言えば「お出で遊ばしませ〜〜」でしょうか。 from 19-September-2005

スポーツ

盛り上がった場所も・・・〜(ー_ー)!!

現在名古屋市内では「大相撲;名古屋場所」が開催中です。
開幕の前日、大相撲の安全と繁栄を祈願する神事「土俵祭り」が
行われました。
毎場所どこの場所でも行われる「神事」です。
比較的愛知県体育館には近い場所に住んでいる為土俵祭りには
出掛けます。 


DSCN3204-c_-450
















DSCN3197-c_450


愛知県体育館内の見物客の席は予め決められていて
見物は全く自由には出来ません。
解放される席は限られていて、カメラ撮影も、報道機関が最優先。
力士達も袴姿に威儀を正しての出席です。
神事が始まるまで、主催者の方からあくまで「神事」であることの
説明が有りましあ。


DSCN3179-c_450
















指定された自分の席からは力士たちは後ろ姿しか
見る事が出来ません。
名古屋場所の安全と繁栄を祈っての神事で、会場も
神職の厳かな祝詞や決められた神事の所作を見て
咳払い一つなぐ厳粛な雰囲気の中滞りなく済みました。

力士達・相撲関係者・報道関係の諸機関の責任者らしき
人達が土俵の周りで参加した模様です。
力士たちは横綱を中心にして並ぶ事が慣例の様です。
新大関となった「高安関」は端っこに着席していました。
色んな決まりごとが有るのですね〜。
見学に行かなければ、何も判りません。

新横綱・稀勢の里関は、背後からの撮影しか出来ず残念。
でも、場所に期待を掛ける名古屋っ子達は力士が入場する
瞬間は盛大な拍手で出迎えました。
新横綱;新大関とも期待が大きく、一際拍手が盛大でした。
嫌が上にも名古屋場所の雰囲気が盛り上がります。

少なからず不安な気持ちを持っていた新横綱への思い。
新横綱としてのプレッシャーはきっと大きかっただろうと
思います。
フアンの期待に応えるため、責任感の強い稀勢の里関は
「出場」を決めて居ました。



神事が済み最後はふれ太鼓が土俵の周りを三度廻ります。
↓↓↓
DSCN3218-c_450













DSCN3226-450


名古屋場所は序盤から波乱が生じ、いきなり新横綱が敗戦。
不安を抱えながらの稀勢の里関、私の少なからぬ不安が
現実の事となりました。
苦心の挙句10年ぶりの日本出身の横綱誕生も暗雲が覆い掛かり
気持ちが晴れません。
大方の名古屋人は同じような気持ちかと思います。

新横綱「休場」を知ったのは岐阜県;御岳休暇村をバスで移動中でした。
今度は足首の怪我と聞きました。
悪い個所を早く治療して又土俵に戻れるように祈ります。
日本出身の力士には日本人としての確固たる「相撲の流儀」が
有り、一糸乱れぬ美しさを極めた土俵入りは見事です。



469b0de8[1]


Recovered_JPEG Digital Camera_20472-50





あぁ〜、力が抜けた!!

最初から「激戦」と感じてはいたリオ・オリンピックへの出場を賭けた
予選会。
2011年思い掛けない「Wカップ」優勝で「本当に力を付けてきた」と
感じていた昨今の私でした。
2016年、リオデジャネイロでのオリンピックには予選の激戦を勝ち抜き
出場権を得るものと信じ切っていました。
世界に誇る「なでしこJAPAN」期待通りに闘ってくれると心からの
応援をしていました。


054-q_500



先ず初戦「オーストラリア」には3点も取られ敗退。
何となくこれまでの戦いぶりとは違い、ちぐはぐな攻撃が目に着き
私は本当の所「何故かな?」と自分の目を疑いました。
一人、澤選手が現役引退して若い選手が後継となりましたが、一人の
現役引退の「穴」は心身共に「埋めきる」事が出来なかった印象がします。
本気で「勝ちに」行く気が有るのか?
金メッキが剥げた様なゲーム運びばかりで他国の選手達の直向さだけが
目についた私です。


こんな筈じゃなかったのに・・・、と思うばかりの私ですが
もうオリンピック出場は絶望的となりました。
これまでの6チーム総当たり戦で「1勝」も出来なかったことに
「日本は、コンナに弱かったのかな?!」と思い続けるばかりです。
世界中から「研究され尽した」事は言う迄もない事ですが、それを
潜り抜け跳ね返してこそ2011年のW杯優勝の意味がある様に
思います。
オリンピックでは「銀メダル」まで獲得したチームとは考えにくいチームの
弱体化。

捲土重来「何が不足」していたか?検証して再度、輝く世界での
活躍を期待しています。






7f3a46f16139f81917de.gif

何だか騒がしい〜2(^^♪

何となく風の便りの様な?異様な噂話を聴いたのは2年程
前のことっだったかなぁ?
一世を風靡した甲子園の球児からプロのトップスターに君臨した
あの某選手が「覚醒剤不法所持」の疑いで逮捕され、気が抜けてしまいました。
何故違法な薬物に手を染めたのか?私には全く理解出来ません。
高校からプロに転向した頃は「清新な」イメージでとても良い印象の
野球選手でした。




061-14_500



年を重ねるに従い、何となく彼の放つオーラが「普通」の人の持つ
物とは異なってきている事は感じました。
男は年を重ねて、その年齢とステータスとしての「顔」は男の美学に
基ずいたものでなくては「がっかり」です。
彼の身体には彫り物が施されているとの噂を聞き及んでいます。

ゴルフ場でも「彫り物」を施した人のラウンドは「お断り」としています。
何だか甲子園の星が輝きを失い、人が変わってしまった様な錯覚に
囚われてしまいます。
何故彼が覚せい剤に手を染めたのか?詳細は判りません。
噂話として、ちらりと聞いてから約2年。

警察も時間を掛けて「内偵」していた様に感じますが、此れでは現役時代
幾ら高給を得ていても何の意味の「高給」であったのか?悲しいです。
家族とも別離、一人暮らしを余儀なくせざるを得ない現在の暮らし。
まだ48歳、本気になれば「厚生」は不可能ではないと考えます。
現役時代の時間よりその後の人生の時間が長いのです。

情報番組では「彼の」逮捕に」至るまでの事柄が次々明らかになって
来ています。
立派な記録を持ちながら、覚せい剤で身を滅ぼした「現在」ですが
何時の日か綺麗な体になり、更生してくれる事を願わずには居れません。

日本シリーズの行方〜(^^♪

春の選抜高校野球に始まりプロ野球をも楽しませて
貰いました。
今年も名古屋の中日ドラゴンズは不甲斐ない成績で応援も
何ともならず・・・、と言った状態でした。
今は勝ち残った球団が日本一を争う「日本シリーズ」の最中。
私はもう地元のドラゴンズがあの成績で終わっているので
何処が勝とうが関係ない感じでした。




048-j_500



今年はナゴヤドームへは一度しか出掛けていません。
それも「負け試合」を見て帰宅。
高校野球は駆け引き無しで夢中になって観戦していましたが
チンタラ野球のプロ野球は見ても見なくても「良い」おもいでした。
名古屋のフアンは「勝っても」「負けても」ドラゴンズでしたが
これ程低迷すると観客動員数も下降線を辿ります。

ドラゴンズが日本シリーズを戦った頃の熱気は何処にも有りません。
先ずはBクラスからAクラスに返り咲きを果たす事でしょう。
ベテラン選手の引退は何時も付いて回る事ですがそれ以上に
技術を継承する若手の育成が遅れている事も成績低迷の原因かな?。
何時の日か又日本シリーズに出場出来るチームになって欲しいと
今の日本シリーズを観戦しながら思った事柄です。

正直何処のチームが「日本一」に成ろうと私に取っては「よそ事」です。


8893c0ab.gif




ドラフト会議〜(^_-)-☆

甲子園の高校野球が済んで、海外試合も経験した
高校球児たち。
甲子園で活躍後その先は「どうなるのかな?」と、選手達は
きっと緊張していたに違いありません。
プロの選手として成功するか否かは、実際にプロに成ってみないと
判らないものです。
幾つもの球団と競合した投手もありましたが、大学進学の選手は
別として「指名」して貰えるか?どうかなぁ〜?とプロ志向の選手達は
きっと眠れない日が何日も有ったと思います。




032-l_500



純真無垢な選手達も、ぷろとして一本立ちしてからの
野球人としての誇れる暮らし方をフアン達は望んで居ます。
何時の間にか信じられない様な悪事に手を染めてしまう
選手も中には有ります。
今回のドラフト直前に判明した「名門・巨人軍」の賭博野球事件。

歴史は繰り返すとも言いますが、こうした野球賭博事件は
今回が初めてでは有りません。
ドラフト会議直前に発覚した事については社会的に大きな動揺が
有ったに違いありません。
昔の話になりますが中日ドラゴンズでも同じ様な事がありました。

忘れもしません。
途中まで順調に勝ち進んで居ても某投手が中継ぎで登板すると
必ず「勝ってる」試合が「負け試合」になってしまうのです。
何故、こんなに「負けるんだろう?」といらだちましたがやはり
後日「野球賭博」をしていた事が判明しました。

今回ドラフトで指名を受ける事が出来た選手達はまだあどけなさが
残る青年たちばかりです。
将来球団を背負って活躍するであろう選手達には強固な精神力で
外野席からの甘い誘惑には乗らず大成してほしいと願っています。
セントラルリーグ最下位の中日ドラゴンズは甲子園での激戦を
勝ち抜き優勝した東海大相模高校の「小笠原慎之介投手」を指名。

交渉権の獲得に成功しました。
私は甲子園には出場が叶わなかった岐阜・県岐阜商高の
高橋純平投手にも、
近県の選手として中日ドラゴンズへ来て欲しかったです。
指名はしても交渉権で外してしまいました。

夢と希望のドラフト会議でしたが、やはり巨人軍の野球賭博が
暗い影を落として居た事は言う迄も有りません。





8893c0ab.gif

恵みの雨〜(^^♪

久し振りに「猛暑日」から解放されて、一寸だけ気持ちが癒えました。
半月以上も熱帯夜が続き「エアコン」は随分活躍しました。
昨日は取り立てて予定も入ってない日でしたので、まったりとした
自分の時間を過ごしました。
今は、高校野球の開催中なので家に居ても全く退屈な事は有りません。
既に大会も中盤戦に入り名だたる有名校も番狂わせの敗退で姿を
消して行きます。
高校野球も一昔前の試合とは内容が異なります。
対戦校が決まれば「データー」の収集やら、動画による相手の攻略法を
備に研究する事も出来ます。




304-s_500



誰もがスマホやビデオ撮影が出来る時代となり、大変な時代と
なって来ました。
春の高校野球大会で優勝した高校が誰からともなく「春・夏連覇」と言われて
かなりの下馬評が高かったのです。
ダークホース的存在の対戦校に研究されて打ち込まれ敗退です。


一度優勝すれば必ず「連覇」と言う言葉が出て来ますが高校野球100年の
歴史の中で「連覇」した学校は数える程しか有りません。
負けて甲子園の晴れ舞台から帰る学校が圧倒的に多いのです。
炎天下で必死になってプレーする高校生の姿が私は好きです。
恵みの雨が降り、多少は気温も下がってくれるかと?思います。

高校野球の選手達、一時は頭髪も「丸坊主」でなくても普通の頭髪で
「良い」とされていましたが気がつけば殆ど今は「丸坊主」です。
やはり高校野球の選手達は「いがぐり頭」が良く似合います。
そんな他愛もない事を思いながらTv観戦も「お気楽おばさん」には
うってつけです。

あと暫く高校生達の溌溂プレーを見せて貰い、私も楽しみたいです。




8893c0ab.gif

夏・甲子園〜(@_@;)

今年は高校野球開始から「100年」の節目の年。
甲子園初登場の学校から、古豪・強豪・名門と言われる学校が
何校も参加をしています。
暑くても朝から高校野球をTv観戦に余念が無い私でしたが本来
「初戦」は「突破」出来る可能性が強いと思われる学校が敗退したり
何度も参加をして甲子園の「常連校」と言われる学校でさえ思わぬ
苦戦をし、初登場の学校に敗戦を期しています。
強豪と言われる学校は、先輩からの伝統を受け継ぐべくかなりの
プレッシャーを感じながらの対戦となる事は言う迄も有りません。




028-f_500



一昔前までは「北は闘い易く」「南は強い」と言う事が一般的な
印象でした。
今はと言えば一昔の例えは通じなくなり全国的に「何処が弱い」とか
「組し易い」と言う事が全く予測出来ない時代となっています。
深紅の大優勝旗が「北海道」へ渡った事は全くなかった時代もありました。

沖縄も同じく紫紺の優勝旗も深紅の大優勝旗も渡った事は殆ど
有りませんでした。
最近は優勝旗は何処へでも行く時代になり、高校野球のレベルが
大幅に均一化されて来た事を示して居ます。
私自身も長年見て来た高校野球なので、私なりの予想をしながら観戦です。

「初戦は必ず突破」していた学校が敗退した時は「まさか!!」と思いました。
甲子園には「魔物が棲む」とも言われますが、本当にその様かも知れません。
ベテラン監督は「何時かは負けるから・・・」と淡々とインタビューに応えて
居られましたが、あれこれ言い訳をしない所に好感を持ちました。
又、きっと鍛え直して出場してくれる事を祈っています。

8月9日の4試合は何れも見応えのある試合を見せて貰いました。
選手達は鍛え抜かれた筋肉質の精悍な体つきの選手が多くあの
体型を見るだけでも「練習の厳しさ」を理解できます。
何年前か忘れましたが、高校野球の時には甲子園には「ラッキーゾーン」が
設けて有り、プロ野球の選手より短い飛距離で「ラッキーゾーン」へ
ボールが飛べば「ホームラン」とされていました。

今は高校生達の体格も向上し打球の飛距離もプロの選手に引けを
取らないパワフルさでスタンドまで打球を飛ばします。
科学的なトレーニングや独自の工夫で夫々進化をして来ました。
炎天下の中の試合中、熱中症らしい症状の選手も一部で有りました。
暫くの間、高校生達の溌溂プレーを楽しませて貰います。

たかが野球されど野球ですね。





8893c0ab.gif

世界水泳選手権〜(^_-)-☆

日本の女子選手の中で世界と闘える選手が二人も出て来て
私は大変嬉しく思ってます。
兎角欧米の選手と比較をすれば、体格に恵まれない日本人選手が
金メタル2個と銀メタル1個を獲得したのですから私はとても嬉しくて
夜更かしをして「世界水泳」をTvで観戦しています。
男子選手も最近はかなり体格も欧米の選手に追いつきそうな感じで
頼もしく思って居ます。
身長が高ければ当然手足も長く「タッチ」では手の長い選手には
かないません。




139-h_500




「世界水泳」で最初に金メタルを射止めたのは
200Mバタフライの「星奈津美」選手。
勿論その前に「渡部香生子」選手が200M個人メドレーで銀メタルを
獲得女子は幸先の良いレースぶりで有ったと感じました。
そして又女子200M平泳ぎで渡部香生子選手が「金メタル」獲得。

湧きあがる喜びが込み上げて来ました。
これで、世界水泳で「君が代」の演奏を聴くのは2度目となりました。
特に星奈津美選手は病気を克服しての執念の金メタル獲得です。
自分の体調がどんな状態であろうと、自分で考え決断をし不屈の
精神力で辿り着いた「金メタル」です。

星選手の首筋には自ら決断して受けた「手術の跡」が残り痛々しいです。
病気と闘いながらのこれまでの苦労から解放された思いがします。
これでリオのオリンピック出場が内定です。
世界水泳で優勝する事が如何に困難な事であるのか?この眼で
見せて貰いました。

今の所男子には「金メタル」の朗報が有りません。
世界水泳で「金メタル」ならリオのオリンピック出場内定としていますが
この調子だと男子はどうなるのでほうね〜?
リオに男子派遣選手「無し」と言う事態になる様な事は無いでしょうね。
世界を相手に闘う事の難しさをまざまざと見せつけられています。





8893c0ab.gif



高校野球〜(^_-)-☆

この猛暑日の中、ここ愛知県でも県の代表を決定する
「決勝戦」が有りました。
地元の代表が決まれば代表になった高校を応援していますが
今年は「5年ぶり」に中京大中京高校が県予選で優勝しました。
愛知県の代表ですからどの学校が行こうと私は「代表校」を
一生懸命応援してきました。
今は昔の学校の校名から校名変更をする所が多くて知らない
名前の学校名も時々出て来ます。




030-z_500



今年は甲子園始まって「100年」の年に当たります。
記念すべき良い年に代表になれた「中京大中京」の選手の皆さんには
先人達が成し遂げた偉大な記録に恥じないゲームをして来て
欲しいと願っています。
「先人たちの偉大な記録」とは甲子園の中等学校野球大会の時代(旧制)
昭和7・8・9年と三年連続の優勝を達成した記録の事です。

これは両親たちから聞いた話ですが今では考えられない明石中学との
対戦で「延長戦25回」まで戦ったと言う壮絶な試合も経験しているとか。
愛知はかって「野球王国」と言われた時期も有ったと聞いています。
現在は高校の在学期間は3年間ですが昔の「旧制中学」は卒業まで
5年間在学しました。

今は「3年連続優勝」はとても難しく、連覇する事さえ困難な時代です。
今年は甲子園夏の大会最多優勝を誇る「中京大中京高校」が代表となり
楽しみになりました。
愛知は激戦区です、他にイチローの母校「愛工大名電高校」や「東邦高校」も
います何処が代表になってもおかしくない「実力校」ばかりです。

頑張って来てほしいです。
愛工大名電も、東邦高校も出て行けば必ず「優勝候補」に入る実力校で過去に
優勝の経験も幾度となく有る強豪です。もう一校私学の雄「享栄高校」が
有りますがここは校名変更で現在の校名が私には判りません。
それで省略してしまい済みませんでした。

中京大中京高校は過去の栄冠は忘れ「無心」に闘って欲しいです。





8893c0ab.gif

久し振りのプロ野球〜(^^♪

久し振りにプロ野球のナイトゲームを観戦に行きました。
ここ名古屋はセントラルリーグに所属しています。
生れも育ちも名古屋の私は結婚前から父親始め家族は
「ドラゴンズフアン」でした。
これは今更何処かの球団に「鞍替えせよ」と言われても出来ません。
この所ドラゴンズは最下位になり、苦しんでいます。
数年前までの「常勝・ドラゴンズ」では無くなりました。



レフトスタンドのトラフアンの活発な応援、名古屋には
トラフアンが多いです。活気ずくフアンの様子。↓↓↓

137-z_500


Tvでの野球中継でスタンドを見れば、矢張り観客の数は以前の
それとは、全く違い「空席」が目立ちます。
長い事活躍した選手も加齢と共に活躍も鈍くなり何となく覇気が有りません。
妹から貰った2枚のチケット、最下位のチームではお誘いするにも
何となく「気が引け」ました。

妹夫婦はどうしても時間が取れず「私の所に」廻って来たのです。
ナイトゲームなので市内の人でないと帰宅が遅くなります。
幸いな事に市内の方が「出掛けても良い」と言って下さいました。
長い事野球を見続けて居られる方なのでゲームの進捗状況も
大変冷静で、騒がず静かな観戦ぶりです。

3塁側のチケットでしたので、当然対戦相手の「トラフアン」の真ん中です。
勢いのあるチームと最下位に苦しむチームのフアンの差でしょうか?
熱烈応援で、唯々その応援ぶりを指を銜えて見つめるだけです。
もう、今年のプロ野球は「勝負あり」と考えて居る私は諦めていますが
「折角行くのだから」出来れば勝って欲しいと思って居ました。


勝つことを祈って買った「カツサンド」でしたが
負けてしまいました。↓↓↓

171-x_500




まぁ、今の新戦力では「こんなものかなぁ〜」と思いながらの
帰宅でした。
一人だけでの観戦でなくて良かったです。
今は夏休み中、黄色い可愛い声で精一杯の声援をするちびっ子フアン。
この子達の為にも最後の力を振り絞って、もう少し上位へ這い上がって
欲しいと願いました。





8893c0ab.gif

夏です〜(^_-)-☆

大相撲名古屋場所が始まりました。
毎年の事ですがこの場所は「蒸し暑い」「猛暑日も有る」と力士には
条件が良いとは言えません。
寒い時期も大変ですが、この名古屋場所は大きな体格の力士は
辛い事でしょう。
最近は名古屋市内で「部屋」を構える所が少なくなり近郊の寺院や
神社を借りている様です。




135-f_500



子供達が幼かった頃はまだ名古屋市内に部屋がかなり多く
有りました。
愛知県体育館で開催される大相撲ですが、遠方の部屋の力士達は
部屋の車で送って貰える人ばかりではありません。
早朝の取り組みの力士たちは、地下鉄や市バスを利用して体育館へ
やって来ます。

年間6場所になって以来力士達は体を休める時間も無さそうです。
本場所が終われば地方への「巡業」が待っています。
お相撲さん達も大変です。
日本の国技として、皆から愛されて来ましたが、昨今では一寸
様子が変わりつつあり、強い力士たちが「他国籍」な事も何となく。。。

早く日本人力士で強い人が出て来ないものかと、気掛かりです。
それで、私もTv観戦をしていても「相撲」そのものに関心が薄くなって
星取表も机に置いたままです。
もう、何年も日本人力士の「横綱不在」でそれが原因で夢中には
なれないです。

他の国籍の力士がまだ少ない頃には「ご愛嬌」と感じて居ましたが
今や完全に「乗っ取られた」感じがしています。
へそ曲がりと言われそうですが今の相撲界には魅力を感じません。
ですから、県体育館は遠くは有りませんが行く気にもなれず
もっぱらTv観戦です。





8893c0ab.gif

睡眠不足?!〜(^_-)-☆

栄冠よ、再び!!
ウインブルドン有り
なでしこジャパンのサッカー有り。
この所深夜から早朝にかけてTvの情報を頑張って見ています。
4年前の女子W杯初優勝の時は震災後で人々の心は打ちひしがれて
居ましたが、なでしこジャパンの優勝で元気さと勇気を貰いました。
そして小柄な日本女子選手の活躍に感動しました。



ピンクのモダルナ、私の好きな花の一つです。↓↓↓
016-a_500



一度世界の頂点に立てば、次は追われる身。
サッカーの事は余り良く判りませんが、流石W杯だけは一生懸命
応援しています。
準決勝で対戦したイングランドとは今まで対戦していても一度も
勝利していないとの情報も気に掛かりました。

なでしこじゃぱん、先制ゴール決めこのまま行けるかな?と思ったら
直ぐ同点に追いつかれ「やはり相手は強いな!!」と感じました。
矢張り欧米の選手達はスピードとパワーが違う感じがしました。
後半、最後の最後イングランドの選手の蹴ったボールは目を疑う様な
形でゴールのネットを揺らしました!!

あれっ!!
イングランドのゴールじゃないの?と感じた私。
「オウンゴール」で貴重な追加点が日本チームに加点されました。
夢中で蹴ったボールがまさか味方のゴールに入るとは蹴った選手も
思ってはいなかったでしょう。

あのイングランドの選手はグラウンドにへたへたと倒れ込み悲しそうな
顔の表情が映し出されました。
何と言って良いのか判らない複雑な気持ちでオウンゴールの選手の
姿を見つめていました。
選手生活の中では、思い掛けない事に遭遇する時も有りますね〜。

なでしこジャパン勝って、決勝戦に進む事になりましたが世界ランクで
言えば格上のアメリカとの対戦ですが臆することなく頑張って欲しい。
「連覇」「頂点へ」等と余りプレッシャーが掛かる報道は控えて静かに
決戦の日を迎えて欲しいです。
睡眠不足気味では有りますが「なでしこ」の為に応援したいです。





8893c0ab.gif

大学キャンパス巡り〜(^_-)-☆

時々市内にある「大学キャンパス巡り」として、大学の
諸施設を見学させて貰うイベントが有ります。
今回は、最近学内に「フィギュアスケート」専用のアイスアリーナを
持つ「中京大学」内を見学させて貰いました。
このアイスアリーナの他に「サブアイスアリーナ」も有るそうで名選手を生む
土壌は万全かと?感じました。凄いですね!!
名古屋市内と豊田市に学舎は別れていますが「アイスアリーナ」の
有るのは豊田学舎です。
勿論幾多のオリンピックの名選手を輩出した「体育学部」は競技別に
練習場を持ち広大な校内は緑豊かな静かな環境の所に有りました。



アイスアリーナの玄関前、白鳥が舞って居る様にも見える
彫像がとても綺麗でした。↓↓↓

030-n_500



先日現役復帰を発言した女子・フィギュアースケートの「浅田真央」さんの
母校です。
大学が単独で「アイスアリーナ」を持つのはこの大学しかないそうです。
午前中の見学会でしたので、学生たちは夫々授業を受けていて
校内は全く静かです。

誰かアリーナで練習中であれば良いと思いましたが、その時間は
授業中でした。
このアイスアリーナは大学の学生ばかりでは無く日本代表選手達も
練習が出来る連盟の規格に沿った公式練習場でも有るそうです。
真央ちゃんやその他、高橋大輔選手なども練習に訪れるのだそうです。

アリーナの中は室温「12度」外気温は「30度」気温の低い所で
選手達は練習をするのですね〜。
試合では「薄い生地で」作ったコスチュームです、寒い筈は有りません。
フィギュアーの選手達は余程体力が強靭でないと務まらない事が
良く判りました。

幾多の栄光に輝いたこの大学の足跡は社会にも大きな影響を
与えていると感じました。
名古屋市内から少し離れた所にある大学の敷地はとても広く
緑が多い大自然の中に佇んでいる様に思えました。
どんな種目の競技でも世界と闘える人材を育てて欲しいと思いました。





8893c0ab.gif

大相撲夏場所〜(^^♪

配達された新聞の折り込みに新聞社が作成した
「大相撲夏場所星取表」が入っていました。
最近の大相撲は何となく関心が薄れ「あぁ〜、相撲かぁ〜・・・」と
言った具合です。
それと言うのも「横綱」には一人も日本人が居ません。
日本の国技で有る筈の「大相撲」が海外の力士に席巻されてしまい
それが「関心」が薄れる原因なのでしょう。
これは飽くまでも私の思いに過ぎませんが、他の人達はどんな
印象を持っているのでしょう?




211-a_500



海外から来る力士たち、最初の頃は幾分「ご愛嬌」的な面も
有りました。
然し現在では高校時代から日本の「大相撲」目指して来日する為
私達日本人は複雑な気持ちです。
もう何年もの間日本人の「横綱」は不在です。

大相撲の力士で有る以上「日本式の醜名」をつけていますので
名前だけ見ている限り日本人か海外の人か見分けつきません。
時々勝って派手な「ガッツ」ポーズをする力士も現れその仕草が
私達は何となく日本の相撲を「変えて行く」様な気がしてなりません。
勝っても、負けても物静かに土俵を去るのがこれまで見てきた
日本の相撲です。

相撲は飽くまでも日本の「国技」であって、神事に繋がる神聖な
事柄です。
果たして海外から来て力士になった人達はその「神聖」さが
理解できているのかな?
これ以上無制限に海外からの力士が多くなる事は日本の「国技」と
して許されるのかなぁ?と素朴な疑問を持ってしまいます。

星取表は配布されましたが、恐らく私は「印し」を付ける事は
無いでしょう。
日本人力士よ、強くなって下さい!!
日本人横綱が不在で有る事に一番の淋しさを感じています。
そんな事を考えるのは、へそ曲がりの私だけかなぁ〜。





8893c0ab.gif

10秒の壁〜(^_-)-☆

昨日はスポーツニュースを見ていて嬉しくなる事が
報道されました。
日本の陸上界も長年男子100M競技で10秒前半までは
到達しても中々「10秒の壁」が厚かったようです。
一昨年高校生の「桐生選手」が「10秒1」と言う好記録を
樹立し、一躍脚光を浴びました。




055-z_500



オリンピックでも日本人選手は男子100Mに関しては
決勝には残れませんでした。
欧米の選手達と比較すれば一目瞭然、日本人の体格は
華奢です。
でも、今の時代科学的なトレーニングも開発されていますので
何時かオリンピックの晴れ舞台で走り抜けて欲しいと期待を
篭めています。

桐生選手の昨日の記録は
追い風3*3Mで記録は9秒87での快挙です。
然し追い風2M以上の場合は「公認記録」として残りません。
初めて「10秒の壁」を破り、人の事では有りますがとても
嬉しい気持ちになりました。
高校時代より体型が絞り込まれスプリンターとしての頼もしい
姿を感じました。

彼なら「追い風」が無くても、近い将来コンスタントに
9秒台で走る天性のものが備わっている様な気がします。
桐生選手の様な若くて素質の有る選手を育てて欲しいですね。
まだ彼はまだ19歳、これからです。
頑張ってください!!





8893c0ab.gif

女子マラソン〜 2  (^_-)-☆

女子マラソンの応援と自分のカメラで今年の大会の模様を
撮影したくて、自分のお気に入りの場所に陣取りました。
カラーコーンが幾つも配置されどんなに考えても画像にはかなり
「邪魔」なものが入り過ぎます。
それでも撮影したくて「陣取った」訳ですから私は最後まで
その場所から動かない覚悟で居ました。




2013-03-11 011-n_500



疾走する有名選手達は「あっ!!」と言う間に通り過ぎて行きます。
今年はメモリーカードもかなりの容量の物を用意していましたので
その点は安心です。
電池はスペアーを持っていますので大丈夫です。
世界選手権の代表の座を狙う選手達は「スピード」が違います。

どれ位シャッター切ったか?記憶が有りませんが動きの有る物の
撮影の難しさを感じながら私は夢中でした。
でも、切りがないので歩道の段差に腰を下ろして撮っていましたが
少々疲れましたので自宅に帰ろうと人垣の外に出ました。
「あらぁ〜sumikoさんじゃないですか?」と話しかけて来られたご婦人が
有りました。

次男の仲良しだったお友達のお母さんでした。
何年振りでしょう?!
懐かしい再会でしたが、彼女は杖をつき以前より小さな体になって
しまって居ました。
聞けば、これまでに回復出来たから良かったのですが彼女は
「脳梗塞」で三年もの間、入院生活を送っていたのだそうです。

積もる話は幾らも有りますが、ご主人が「記憶障害」が進んで来て
外出しても「帰宅」出来ない状態だそうです。
自分の健康の事も考えながら、ご主人の介護に当たらなくては
ならず「やっとの事で、毎日暮らして居ます」と言われます。
老々介護は厳しいですが明るい気持ちで暮らしたいと言われます。
杖を使ってでも
「女子マラソン見に出てきてsumikoさんに会えてこんな嬉しい
  日は有りません」と笑顔です。

「女子マラソンを見て元気を貰いました、私で頑張れる事は頑張って
 お父さんを守ります」と話されました。
人は病をすると「あんなにも小さく」なってしまうのかなぁ〜、とその
友達のお母さんの姿が眼に焼付きました。





8893c0ab.gif

女子マラソン〜(^_-)-☆

三月の第二日曜日は「NAGOYA WOMEN'S MARATHON」と
決まっています。
流石に4年前の東北の大災害の発生した年の大会は自粛でした。
快晴に恵まれ暖かな天候となり大勢の応援の人達が出掛けました。
昨年は私の都合で出掛けられませんでしたが、今年は是非応援と
船首の力走する姿を撮影したいと出掛けました。
比較的交通量の多い大きな交差点で撮影をしますが目印の
コーン等が多数並べられ又多すぎる関係者の数に戸惑いました。



大勢の市民らんなーの人達、何れも走る事が楽しそう。↓↓↓
706-v_500



報道関係の人達は障害物が入らない「特等席」で撮影です。
一般の私達は色々工夫をしても撮影の条件は良くありません。
素人の初心者で有れば已むを得ません。
先頭集団が折り返し点を過ぎて近くを走り過ぎてから、一般参加の
人達が続々と走り去ります。

一口に「42.195辧廚,言葉では簡単ですが女性に
取っては過酷な距離です。
まだ女子の「マラソン」が陸上競技の種目として行われる様に
なって、それほど古い事では有りません。
男子の「力強さ」女子の「華麗な走り」どちらも大変魅力的です。
最近は市民ランナーも参加できるようになり、盛り上がります。

沿道からは選手達に「頑張れ!!」「ファイト!!」等と男性から
声援が飛び交います。
そう言えば主宰する新聞社は今年は応援用の「旗」と出場選手の
名簿なども配布しませんでした。
経費「削減かな?」と思いました。

市民ランナーが参加するようになって、スタート地点が
瑞穂競技場からナゴヤドームに変更になりました。
スタート時刻も幾分早くなり、また走るコースも以前と異なり比較的
判り難いものとなっていました。
女子マラソンが来ると、愈々本格的な春が来ます。

日本人最高位の前田選手(ゼッケン14)は8年ぶりに2時間22分台の
好成績を出しました。
世界陸上出場の他の候補選手と比較して見れば前田選手が断然
良いタイムで走った事になります。
彼女が世界陸上に出られたら、良いですね。

名古屋のレースから高橋尚子選手や野口みずき選手等世界で
闘える選手を輩出しています。
前田選手はまだ若干23歳、これから経験を積んで世界に羽ばたき
活躍して欲しい選手です。





8893c0ab.gif

勝利インタビュー〜(^^♪

天候が定まらない中甲子園では雨中でも熱戦が展開されています。
出場する選手達は例え泥だらけになっても必死に頑張っています。
雨が降り出せば観戦中の人も応援団の人も皆困ります。
特に応援のブラスバンドの人達は楽器が雨にぬれる事を恐れます。
大会も全代表が全て出場し、この先勝ち残りの学校同士の熾烈な
闘いが予想されます。
何処の代表も自分達の仕上げた「最大限の練習成果」を見て貰う
絶好の機会です。



2013-08-20 026-q_500



毎年私は「勝利インタビュー」を楽しみにして聞かせて貰っています。
夫々の監督さんの考え方や思い入れが聞かせて貰えるから楽しみです。
唯、どこかの監督さんでしたがインタビュー中2〜3度選手達の事を
「子供達」とお話になりました。
勿論監督さんから見れば若くて「幼い技術」かもしれません。

監督さんより遥かに体格も大きく殆ど成人男性と変わらない高校生。
私は勿論「親しみ」を以ってお話をされているものと思いますが
「子供」呼ばわりをしても違和感が無いのは「中学生」までではないかと
感じています。
監督さんは選手達を「子供」「子供」と言わない方がよろしいのでは?と
感じましたが、私の受け止め方が間違っているのでしょうか?

大会が終了し何処かの学校が頂点に立つとします。
秋にはプロ野球のドラフト会議があり、有望と思われる何人かの選手諸君は
その会議にピックアップされる筈です。
そんな事を想定した時選手達は「大人の一歩手前」と考えなくてはなりません。
そんな高校球児を「子供たち」と言う言葉で扱っては如何なものかと
思いました。

高校生は既に義務教育を終えた人達です。
子供・児童と呼ぶのは「福祉法」では18歳未満を「児童」と呼びますが
甲子園で試合する高校生達は「子供・児童」と呼ぶには相応しくないと
思えます。





8893c0ab.gif





やはり熱闘甲子園〜(^_-)-☆

高校野球,二日目は愛知の代表「東邦」高校が出場。
やはり地元の高校が出る日は何となく落ち着きません。
何処の高校が県の代表になっても、私は地元の代表を応援します。
代表校になった高校にはこれまで長年練習して来た事柄や培った
野球のスタイルがある様に感じます。
それも「筋書きのないドラマ」であり、プロ野球には無い新鮮さがあります。



2013-08-05 044-a_500



まだ私が若かった頃は高校野球になると甲子園の外野には
「ラッキーゾーン」が作られラッキーゾーンへ入った打球はホームランでした。
然し何時頃からか記憶は有りませんが、高校生の体力の向上と野球の
技術の向上でラッキーゾーンは取り払われました。
プロの選手と同じ条件で試合をするのですから、高校生の力は確実に
進化をして来ています。

昔は「地方」に依っては気候的なハンディーもあり、温暖な地域の学校とは
力に格差が有ったことは確かです。
今は?と言えばそんなことは全く関係なく何処の地方の学校も科学的な
練習を積み力は大きな差が無い時代となりました。
プロ野球の選手と同じ条件で打球を遠くへ飛ばす技術は考えられない
進歩でしょう。

東邦高校は初戦突破。
岐阜:日大大垣高校は、「これ以上の練習は無い」と言われる練習量を
積んで来ました。
正しく「熱闘甲子園」の言葉通りの物凄い「逆転勝ち」
東海地方、今年の甲子園は滑り出し上々だと感じました。
暫く、高校生達の溌溂プレーが見られて、楽しみです。





8893c0ab.gif

高校野球:開会式〜(^_-)-☆


雲は湧き 光溢れて
天高く 純白の球 今日も飛ぶ
若人よいざ〜 まなじりは 歓呼にこたえ
いさぎよく 微笑む希望
ああ 栄冠は 君に輝く

昭和23年(1948年)発表の「全国高等学校野球大会」の
大会歌の一部を掲載してみました。

作詞 加賀 大介氏
作曲 古関 裕而氏 です。

今年もこの大会歌が歌われる中、高校野球の全国大会が始まりました。
若い人達の溌溂とした入場行進には力強さと、少々緊張した面持ちの
選手諸君の顔が新鮮な感動を呼び起こします。


2013-08-20 008-b-5



出場校は全国から「49校」と言われていますが、どの顔も若者らしい
良い顔をしています。
台風の影響で開会式が二日間も延びてしまい選手達の調整も夫々苦心
する面も有った事でしょう。
観客席には待ちに待った高校野球フアンが45000人も集まり盛況です。

あの、開会式直後の独特の雰囲気の中で始まった
龍谷大平安高校×春日部共栄高校の試合は、春・夏連覇を狙い出場した
龍谷大平安高校は何か精神的な安定を欠いた様な「らしくない」試合運び。
勿論、春日部共栄の強さも私はこれまでの戦いぶりで知っている筈でした。
然し再度「夏の王者」を目指して居たにも拘わらず初戦敗退となりました。

「甲子園には魔物がいる」と言う事は昔から言い伝えられていますが
選手達の精神的な面を邪魔する何かが有るのかも知れません。
いずれにしても、暫くは高校生達の「熱戦」を見せて貰え楽しみです。
開会式直後の試合で「甲子園の魔物」を見た様な気がします。
県予選では「平常心」で勝ち抜いたのに「甲子園」となると・・・。

扨、深紅の大優勝旗は何処の高校が獲得するのかな?
筋書きの無いドラマ、高校野球は国民的な行事と言っても過言では
ないかと思って居ます。





8893c0ab.gif

睡眠不足〜(^^♪

4年に1度の冬季オリンピックの開催中です。
私はスキーやスケートは自分では全く出来ない哀れな人なのですが
「観戦」する事は興味津々で、真夜中まで引き込まれるようにして観戦です。
当然日中は頭がスッキリせずに多少つらい面も有ります。
負けても、負けても日本の選手団を応援していますが、「残念ながら予選敗退!!」と
アナウンスされると気落ちをしますが、反面世界の選手達の強さを感じます。



021-u_500



嬉しいニュースも飛び込んで来ます。
女子スノーボード・パラレル大回転で「竹内 選手」が豪快な滑りで「銀メダル」を
獲得しました。
今回のソチ・オリンピックでは女子選手では最初のメダル獲得者です。
色んな種目が有り、日々新種目を見る度に新しい競技に打ち込む選手達が
輝いて見えます。

オリンピックも後半に入りました。
女子フィギュアスケートのメダルの行方も気になりますが、代表になった
3選手は何れも「愛知県」の出身です。
フィギュアスケートの審判達がどのような「採点」を付けるのか?気に掛かります。
ついつい夜更かしをして、睡眠不足のこの頃ですが、オリンピックの期間は
思えば「短い」期間です。

毎日楽しませて貰いましたが、オリンピックが終わったら一度に静かになり
淋しくなりますね〜。





8893c0ab.gif

眼精疲労?(^_-)-☆

圧倒的な強さを誇るヨーロッパ勢に混じり、どちらかと言えば
「亜熱帯」の日本人選手達が参戦する「冬季・オリンピック」です。
思えば日本の北海道より寒い国は色々有り、その地域に適したスポーツが
発展する事も頷けます。
「Legend Kasai」と呼ばれるスキー選手「葛西 紀明氏」の覚悟の顔つき。
年齢・41歳にして挑み続ける競技への愛着と拘り。



2012-02-16 033-b_500



葛西選手の名前を知る様になってから大凡20年。
7回連続で出場したオリンピックは私達の心を強く惹きつけました。
「ゴールドメダル」に恵まれなかった過去の何度かのオリンピックでしたが
今回はW杯でも好成績を残し、ヨーロッパの選手達からも敬意の面持ちで
知られていた様です。

寒冷地に住むヨーロッパ勢は体格も大柄で日本人選手達はとても小さく
感じられます。
十代の若い選手達が活躍する中、個人競技として初めてスキージャンプ
ラージヒルで「銀メダル」の獲得は凄い出来事でした。
諦めない心・不屈の精神力は私達に「生きる喜び」を与えて貰いました。

男子フィギュアースケートの「ゴールドメダリスト」羽生選手の誕生は最も
明るい話題です。
彼も何時の日にか「Legend Hanyuu」と言われる様息の長い選手になって
欲しいと思います。
熾烈なメダル獲得合戦は厳しいですが、冬季オリンピックの種目の中でも
日本人選手向きの種目も無い訳ではありません。

眼精疲労?でか、昼間何となく頭がすっきりしないですが応援中です。
日本選手団、頑張れ!!





8893c0ab.gif

冬季オリンピック〜(^_-)-☆

実際には「4年毎」に開かれるオリンピックですが競技種目が多岐に
亘る為「冬季オリンピック」は普通のオリンピックの中間に開催されます。
確かに冬季オリンピックの記録映画を学校から授業の一環として見せて
貰った記憶があります。
情報伝達が現在の様に発達していない時代の事なのです。
オリンピックの記録映画を見せて貰い子供ながらに大変「感動」した事を
思い出します。


金色の鯉が泳いでいました。金メタル獲れると良いですね!!↓↓↓
085-e_500



今は?と言えば現地からの「生中継」があり、昔の様な記録映画に頼る
事なく自宅のTvさえつけて居れば現地からの「現在の姿が」見られます。
冬季オリンピックの開会式はやはり眠い眼をこすりながら見て居ました。
日本との時間差「5時間」と言いますが、この5時間の時間差が「くせもの」です。
人々の歓喜の姿や壮大なスケールの開会式の演出にはロシア独特のお国柄を
感じました。

日本の代表選手団の入場行進が待ち遠しかったですが、皆とても
「良い顔を」していました。
緊張の表情は見られなく、選手団も国際的なメンタル面の強さを発揮し出して
頼もしさを感じました。
世界で闘うには、欧米選手と同じようなメンタル面でのレベルで無くては
ならないでしょう。

幾つかの「金メタル」への期待も有りますが世界の壁は厚いです。
私達は二年毎に「オリンピック」・「冬季オリンピック」と楽しませて貰っています。

あれこれ言っている間に直ぐ「2020年・東京オリンピック」がやって来ます。
まだ先の事では有りますが、大きな夢と希望を抱きます。
暫くの間、睡眠不足になりそうですね〜。
日本選手頑張って!!





8893c0ab.gif

楽しみは次々と〜(^^♪

まだ先の事と思っていた「冬季オリンピック・ソチ大会」開幕が
目前に迫ってきました。
欧米の選手たちに比較して、体格が良くなったとはいえ日本の選手達は
一寸体格が小さいように感じます。
冬季のオリンピックはあの「トリノ大会」の惨敗を思い出すと悲しくなります。
女子フィギュアースケートの荒川選手の「金メタル」一つに終わったことは
つい先日の事の様に感じます。



070-g_500



色々有望選手の近況を報道機関では伝えて居ますが余り過剰な期待は
宜しくないと感じるのは私だけかな?
簡単に「金メタル目指して」と選手たちは発言していますが、報道されない外国勢の
実力が今一つ判りません。
最近は「楽しんで来ます」と発言する選手が時々居ますが、国民の税金で
遠征させて貰う立場。
「楽しんで来ます」なんて、物見遊山的な気分では困ります。

意地悪な事を言う事は極力避けたいですが選手のインタビューを受けた
時の言葉使いにも、もう少し「丁寧語」使う努力が必要です。
「フアンの皆が来てくれて・・・」とか「応援してくれて・・・とか」聞いてていても
嫌気が差してきます。
「応援して下さって有難うございます」これが普通の日本人の言葉使いでしょう。
フアンの皆さんに来て頂いて・・・」と言う位の言葉使いは努力次第で
出来るはずです。

日本語を話す限り「上から目線」の言葉使いは余り感心出来る事では
無いと思います。
沢山の有望選手を派遣していますが果たして「金メタル」獲得の瞬間の
インタビューの言葉は、どんな風に話すのでしょう。
楽しみは次々と変化していきます。

余り選手たちにメタルの色の予想を聞き出したり。。。
精神的に追い込まない方が却って良い結果が出る様な気がしていますが・・・。





8893c0ab.gif

歓喜の中で〜(^^♪

日本一を決める『日本シリーズ」は創設9年目で楽天イーグルスが勝ちました。
落ちこぼれ『球団」と揶揄されたのはつい先日の事の様に思われます。
短期間の間に選手の補強など努力を重ねた結果かと思いました。
兎に角『優勝・日本一」に輝いたのですから、「おめでとう」と言いましょう。
優勝した瞬間から、ずっと続く楽天選手のメディアへの登場が多くなりました。



2013-09-25 002-b-5



歓喜の中で、球団を去る選手も出て来ました。
名古屋を本拠地とする『中日ドラゴンズ』で長年活躍した井端選手が来期の
年俸の提示に納得せず「球団を退団」することを選択しました。
彼と荒木の通称「あら・いば」コンビは絶大な地元フアンの支持を得ていました。
何か彼らが球団から「去る」と言う選択をしたことに一抹の寂しさを感じています。

今年はBクラスに終わった中日ですが来期はどんな成績を残してくれるか?
若手の成長に期待を掛けたいです。
日本シリーズで再度優勝して欲しいですが、まず来季はv「Aクラス」に帰り咲く
事でしょうね〜。
歓喜に酔う者。
球団を去る者。
これが現実なのでしょうが、世の中難しいですね〜。





8893c0ab.gif

言葉の綾〜(^^♪

今年も夏の全国高等学校野球大会が甲子園で開かれています。
毎年感じる事ですが、高校生は既に国が決めた「義務教育」を
終えて高校生としての自覚を持っているものと思います。
高校野球の監督さんの中で時々「勝利インタヴュー」を受けながら
「子供達が〜」と言う表現で生徒の事を話します。
監督の体格を凌ぐ立派な生徒・選手を果たして「子供」呼ばわりを
してもそれが妥当なのか?一寸考えてしまいます。


これは甲子園では有りません、ある年の県予選会の画像です。↓↓↓
2010-07-21 011-b-5





















これは監督としての生徒達への「愛情の発露」なのか?
この言葉の綾には悪意は無いと思うのですが、でも「一寸違うでしょう?」と
言う違和感を感じています。
義務教育中の中学生までは「子供、子供」と発言しても殆ど違和感は
有りません。
現在の高校球児達、昔のようなラッキーゾーンが無くてもスタンドへ
打ち込むパワフルなバッティングをしています。

昔の高校生はラッキーゾーンを設けてそこに打球が入れば「ホームラン」と
認められました。
今はラッキーゾーンなど有りません。
それ程の立派な体格・パワーを持つ大人とまったく変わらない高校生を
「子供達」云々と言う表現はまったくおかしいと感じています。
「生徒達」とか「選手達」と発言した方が聞いていても耳障りではありません。

高校生はもう「子供」ではありません。
「子供」発言が監督さんの愛情の発露だとして、好意的に
受け止めたいですが何か違和感が有りますね〜。





469b0de8.gif

高校野球始まる〜(^^♪

毎年の事ながら真夏の日本の年中行事「高校野球大会」が
始まります。
今年は大会が始まって以来「95回大会」の記念すべき大会です。
大正9年に第1回大会があり、途中戦争で一時中断の時も有りました。
95年もの長い年月の間に幾多の名選手を輩出しました。
開会式で歌われる「大会歌」が歌われ出すと自然に元気付けられる
気持ちになって来ます。



2013-08-05 044-b-5



雲は湧き 光溢れて
天高く 純白の球 今日も飛ぶ
若人よいざ〜 まなじりは 歓呼にこたえ
いさぎよく 微笑む希望
ああ 栄冠は 君に輝く

昭和23年(1948年)発表の「全国高等学校野球大会」の
大会歌の一部を掲載してみました。

作詞 加賀 大介氏
作曲 古関 裕而氏 です。

この大会歌が発表される前は何か有ったのでしょうか?
昭和23年と言えば、戦後間もない頃の作品です。
この大会歌を発表以来毎年夏の大会では聴いていますが
毎年聴いて、毎年感動するのは私一人では無い筈です。
毎年感動すると言う事は「不朽の名作」と言っても過言では無いと
思います。

始まったばかりの高校野球ですが、今年はどんな筋書きの無い
ドラマを見せて貰えるか楽しみです。
全試合Tv観戦することは不可能ですが出来る限り見たいと
思っています。
たかが野球、されど野球ですね〜。





469b0de8.gif

5月23日の出来事〜(^_-)-☆

5月23日、本当はこの日は私にとっては余り良い日とはいえません。
所がTvのお昼の報道番組から知ったのですが
御年80歳になられる冒険家の「三浦雄一郎氏」がエヴェレスト登頂に
成功なさったと言う嬉しい感動的なニュースが有りました。
今は通信事情も10年前・20年前とは異なり、登頂したばかりの
三浦氏の生の声を聞く事が出来ました。


エヴェレストの画像が無いので富士山で。。。↓↓↓
ade212c1cb22975b6d14.jpg


何と言っても御年80歳でエヴェレストに行こうとする気力は大したものです。
体の強靭さは勿論ですが、日々の弛まない体力強化のご努力がある事を
忘れてはなりません。
足腰から人は衰えるとも言いますが、三浦氏の場合は優れた頭脳と計画的な
行動が相まって80歳でのエヴェレスト登頂に成功なさったものと思います。
勿論彼を支える家族の協力、支援者の協力なくしては成し得ない事で有ったでしょう。

久し振りに明るくて感動的な話題に接して、私は人の生命力の偉大さに
自分の事の様に嬉しい気分でした。
三浦氏の父上もご長命でいらしたので、是非ともお父様に続いてこの先も
生涯現役で貫いて頂きたいと思いました。
日本の富士山より遥かに高いエヴェレスト。
富士山にも登山した経験の無い私があれこれと言う事は許されませんが
兎に角三浦氏のエヴェレスト登頂成功は私にも生きる喜びと希望を
与えて貰った事は確かです。

後は無事下山をなさり、日本へ凱旋帰国をなさるよう祈っております。
エヴェレストは富士山の高さの何倍くらい有るのでしょうね〜。
80歳パワー、お見事でした。




469b0de8.gif

春は選抜から〜(^^♪

春は選抜から〜、と言われています。
春休みにも入っていますが、この所個人的な事で時間に追われています。
今年も「選抜:高校野球」が開催されています。
毎年、春が来たと実感出来るのは高校野球に始まり、プロ野球も
開幕します。
春は本来、長く厳しい冬から解放されてのんびり出来る季節なのですが
今年は高校野球の開会式の日の事も忘れてしまっていました。







それと言うのも、自分の住む県からの代表は全く無い状態で
なんとも力が入りません。
愛知からの代表が一校でも有れば、話は違います。
三重県と岐阜県の高校が選抜されました。
日曜日は、三重県代表の「菰野高校」が初出場で初戦突破を
試みましたが思わない点差で初戦突破は出来ませんでした。
チーム打率が出場校全体で最も高打率を誇っていたにも関らず
全く地についたプレーが出来ず涙を呑みました。

昔は寒い地域の高校は余り強いとは思いませんでしたが、最近は
地域で実力を推し量る事は出来ない時代になりました。

まだ未熟では有るけれど、全力で戦う高校生達、その溌剌プレーに
将来を担うプロ野球の選手が居るかも知れません。
高が野球されど野球、私達の世代は野球が大好きな人が多い世代です。







フィギュァ・世界選手権で〜(>_<)

カナダで開催されたフィギュァー世界選手権の女子フリーの
Tv放送を見ていました。
世界の女王が決まる権威有る大会です。
どの選手も参加はするものの、緊張で押しつぶされそうではないかと
気持ちを推察していました。
日本は次のソチオリンピックに向けて、出場枠「3」を取る事が
至上命令の様に感じていました。
何れも何処かの大会で優勝経験の有る「女王」が何人も終結しています。







何処かの国の選手が「ボレロ」と言う名曲に乗って滑走し始めました。
選手が滑走する時「曲名」はテロップに出ます。
それでなくても、私は「ボレロ」が大好きな曲なので、見事な滑走を
披露する選手に見とれていました。
この「ボレロ」はまだ幼かった頃、蓄音機と呼ばれる「プレーヤー」で
聴かせて貰っていた曲でした。
勿論、父親がこの「ボレロ」が大好きで、蓄音機の薇を自分で廻しながら
そしてレコード盤から音を出す為の「針」を丁寧な手つきで変えていた事を
思い出しました。

所が私は「ボレロ」の曲に合わせて滑走し見事な演技を見せてくれていた
選手にウットリとして、ふと思いつけば「ボレロ」の作曲者の名前が
どうしても出てきません。
こんな事は時々何かの拍子に有る事ですが、思い出そうにも全く頭から
抜け落ちて思い出せません。
これって**症の始まりかな?と思いつつも尚思い出そうとしていました。

私ばかり何故こんなに忘れっぽくて、また物を紛失させる名人なのか?
自分でも嫌になります。
う〜〜ん、思い出せないな〜。
こんな、昔から聞き慣れたメロディーと曲名は判っていても作曲者の
名前が全く出てきません。
情けない思いでした。





469b0de8.gif



livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
Categories
livedoor 天気
バックグラウンド ミュージック
  • ライブドアブログ